Archives

IIJmioひかり

IIJmioひかり光あれ!

自他ともに認めざるをえないネット依存症の私にとって、インターネット回線というのは帰国後の重要な課題でした。アメリカにいる間はCATV会社のComcastISPとして利用していましたが、アメリカでは日本と比べると通信速度がとても遅く、「ブロードバンド」でも数十Mbpsといったところで、私が利用していたサービスも最大75Mbpsというものです。それでもインターネット接続のみだと月額$50なのですが、実際の通信品質はというと非常に波があり、酷い時には数Mbpsも出なかったりして動画を見ることができないような状態の時もありました。それは時間帯による混雑という感じではなく、数日間同じような状態が続いたかと思うと良くなったりして、いったい何が原因で遅くなっているのかはさっぱりわからず、かといってクレームを言うのも面倒だったので我慢してしまっていました。しかし日本ではそんな品質では全くやっていけないでしょう。

日本ではもう光接続が一般化していて、最大1Gbpsというそんな広帯域を何に使うのかというような速度で接続できるようですが、しかしそれは一戸建ての話で、私が住むのは築20年以上のマンションなので光接続なのはマンションの入口までで、その先はVDSLになってしまうので最大100Mbpsほどということになります。しかしそれでも安定して利用できれば全く十分な広帯域です。

私のマンションでは回線としては既にケイ・オプティコムeo光NTT西日本フレッツ光とが利用できるようになっていて、どちらからか選ぶことになります。渡米前にはeo光を利用していて特に不満はなかったのですが、単に携帯電話でみおふぉんを利用することにしたからというだけで、回線にフレッツ光を使用する同じIIJIIJmioひかりをISPとして利用することにしました。どうせそれほど大きな違いはないのに選択肢はたくさんあるので決め方もこんな感じで良いでしょう。

問題だったのは開通までの期間です。インターネット回線を利用するためにはちょっとした工事が必要になりますが、申し込んでから工事まで10日程かかってしまうのです。作業自体はちょっとしたもののはずですが、専門の技術者でないと作業できないので順番待ちになるのは仕方ないことなのでしょう。

ということで工事日までは帰国から2週間以上かかってしまいましたが、先日無事に工事も終わって快適なインターネット環境が我が家に戻ってきました。通信速度も計測してみましたが、Wi-Fiの実効速度以上のスピードが出ているようで全く問題ありません。YouTubeその他の動画も非常に快適に、高解像度で見ることができます。光がやって来るまでの間は通信量を気にしながらセルラー回線を利用していて少々ストレスを感じていましたが、ようやく開放されて精神的にも安らぎを感じています。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。