Archives

Passengers

Passengers - Jennifer Lawrence as Aurora Lane & Chris Pratt as Jim Preston誰が彼を責めることができようか。

今日4月1日は毎月1日の映画の日ですが、土曜日であり春休み中ということもあって各地の映画館は混み合っていることでしょう。しかし私はそんな絶好の映画日和の前日に映画「パッセンジャー」を一人で、レイトショーで観てきました。というのは、この映画は観るだろうと思っていたので少しでも安くということで前売り券をムビチケで買っていたからなのですが、地元のシネコンでは先週末の公開なのに今週から字幕版はレイトショーの1回のみの上映という酷い扱いになってしまっているのです。したがって、せっかく前売りで安く買ったつもりだったのに結局普通に当日購入した方が安かったという、残念なことになってしまいました。よほど人気がないのかもしれませんが、私自身は結構楽しむことができました。

Homestead IIという植民惑星への120年間の航海の間、乗員と乗客5000人は人工冬眠状態で過ごし、その間宇宙船Avalonは自動操縦で進みます。本来、乗客が冬眠から目覚めるのは到着の4週間前とされていますが、主人公のJim PrestonとAurora Laneの二人だけは残り90年というところで目覚めてしまい、その絶望的状況に向き合うことになります。5000人乗りの宇宙船というと、私達が乗ったLiberty of the Seasよりさらにちょっと大きいくらいになりますが、明け方に下のデッキに降りていくと誰もおらずひっそりしていたので、あの感じがずっと続くというのが近いのかもしれません。
Passengers - Starship Avalon
設定上登場人物がかなり少ない作品になりますが、主役の二人を演じるのはChris PrattとJennifer Lawrenceです。Chrisはガーディアンズ・オブ・ギャラクシーStar Lordジュラシック・ワールドのOwen Gradyなど人気作品の主役でおなじみですね。一方JenniferはX-MenシリーズのMystiqueや「ハンガー・ゲーム」シリーズのKatniss Everdeenなどでも大人気ですが、実はかなりの実力派でアカデミー主演女優賞も22歳にして獲得しており、この作品でも素晴らしい表現力で魅せてくれます。そして背が高くスラッとしており、とても美しい…これはこの作品では大事な点でしょう。

そして美しいといえば、この二人が乗るAvalonという名の宇宙船のデザインもとても美しいと思います。進行方向に向かって反時計回りにゆっくりと回転しながら進む様子はとても優雅です。その中で孤独に人生を終えようとしているということを際だたせるために、その美しさもやはり重要です。これが仮に無骨で使い古されたような船であったなら、だいぶ違った印象を与えることになるのは間違いありません。

また、私は音楽もとても良かったと思います。「ウォーリー」とよく似た音楽だなあと思いながら聞いていたのですが、案の定音楽は同じくThomas Newmanの担当でした。といっても、最近のJames Bond作品など数多くの作品を手がけているので似たような曲ばかりというわけではなく、たまたまそういう曲もあったというだけのことでしょう。作業などのBGMとして流しておくとじゃまにならず良さそうです。

ところで、邦題が「パッセンジャー」なのはまだ許せますが、公式サイトなどでその邦題の下に”PASSENGER”と単数形で書かれているのは看過できません。これが単数であるか複数であるかというのは英語において非常に大きな意味の違いがありますが、そういうところを軽々しく変えてしまうというのがとても不思議です。もしかしたら2008年の同じ原題の映画「パッセンジャーズ」と区別するために安易な手を取ったのかもしれませんが、それなら英語表記まで変えて区別する必要はありませんよね。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。