Archives

Sing

Sing - Gunter洋楽好きの大人も。

Sofia Coppola監督の映画「ロスト・イン・トランスレーション」を観てからか、Scarlett Johanssonが出演しているとどうも気になってしまうのですが、先週公開された「ゴースト・イン・ザ・シェル」は白人のScarlettが日本人の役を演じているのが差別的だということで批判されているようです。日本人にしてみればそんなことはまったくなんとも感じないところではないかと思いますが、そのせいで興行的に失敗に終わってしまうのはとても残念なことです。私は予告を見たときからとても観たかったのですが、なぜか地元の映画館では吹き替え版のみの上映というわけのわからないことをしてくれているのでレンタルで観ればいいやという気になってしまいました。

その代わりというわけではありませんが、昨日観てきたのはScarlettがヤマアラシの少女Ashの声で出演しているアニメ作品「SING」です。もちろん、Scarlettの声を聞かなければ意味がない…というのもありますが、この作品では数々の新旧ヒット曲が歌われ、私はそれを楽しみに観るので字幕版です。この作品については映画館も頑張っていて、レイトショーのアニメ映画字幕版なので大した人数が入らないのがわかりきっているのに大きなスクリーンに割り当てられていてどういうことかと思ってしまいましたが、そのスクリーンはいい音響設備が入っているのでした。わかってるじゃないですか。
Sing - Johnny
どんなストーリーの映画かといえば、賞金1000ドルのはずが10万ドルと印刷されてしまったチラシのせいで大盛況となってしまった歌のコンテストと、その出演者が巻き起こす様々なトラブルのドタバタコメディとでも言えばいいでしょうか。まあ大人が観て感動するような話ではないので、見どころはやはりコンテスト出場者の歌ではないでしょうか。

日本語吹き替え版でもMISIAスキマスイッチ大橋卓弥河口恭吾といった本職の歌手が参加していますが、一方で長澤まさみ山寺宏一といった人たちも歌を披露しているようで、大丈夫なのかと余計な心配をしてしまいます。まあ私が観ることはないのでまさに余計なことなのですが。
Sing - Ash and Scarlett Johansson
また、レッサーパンダの少女5人組のThe Q-Teezきゃりーぱみゅぱみゅの歌を歌う日本人グループで、セリフも変な日本語でしたが、こういうところは吹き替え版ではどう処理されているのか、ちょっと気になるところです。なお、The Q-Teezはキャストが公開されておらず不明なようです。

ということでいくつか良い歌があったのでサウンドトラックも欲しくなってしまいました。特にElton JohnI’m Still StandingゴリラJohnnyが歌うシーンがとても良かったです。帰宅してからElton Johnの元歌も聴いてみたところ、これもやはり名曲なのですが、Taron Egertonが歌うJohnny版のホーンが入った豪華で今風のアレンジと比べるとちょっと物足りないというか、だいぶシンプルな感じでした。ちなみに、サントラにきゃりーの曲は入っていません。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。