Archives

A Star Is Born (2018)

Gaga本人の実話ではないかと思えるほど。
🌟

先日の「ボヘミアン・ラプソディ」に続いて音楽に関する映画になりますが、今日は「アリー/スター誕生」を観てきました。この作品は1937年の映画「スタア誕生」の3回目のリメイクになるとのことですが、1937年版と1954年版はハリウッドの映画界を舞台としていたのに対し、1976年版と今作は音楽界に舞台を移したものとなっています。そしてもちろん細かい設定は現代的なものにアレンジされているので、原案程度のものなのだろうと思います。ちなみに1937年版はすでにパブリックドメインとなっていてYouTubeなどでも全編を観ることができるようになっているので、近いうちに観てみたいと思っています。

本作は人気歌手Jackson MaineとAllyが偶然の出会いから惹かれ合い、Allyの歌に惹かれたJacksonが彼女を自分の舞台に上げてAllyの作った歌をデュエットさせたことがマネージャーの目に止まって、トントン拍子でAllyもグラミー賞の新人賞を取るまでになり…という成功と苦悩と悲しい愛の物語です。

Jacksonを演じているのはBradley Cooperですが、本作はBradleyの初監督作品でもあります。主役を演じながら自ら監督するというのがどういうものなのか私には想像もできませんが、この作品ではさらに主題に深く関係する歌を歌っているのですから凄いことです。Bradley Cooperって歌手でもあったかな、と思うほどに歌も上手いのですが、天は二物をなんとやらというのは何だったのでしょうか。

そしてもうひとりの主役Allyを演じるのがLady Gagaであるということで本作は話題になっているのではないかと思います。もちろんGagaは歌手なので歌唱力を大いに発揮しているわけですが、演技の方もかなりのものではないでしょうか。複雑な感情の表現が求められる役柄であるのに、実に見事かつ自然に演じきっていました。批評家からも高い評価を得ているようで、本作自体はRotten TomatoesTomatometerは90%ということですから、これはもう絶対的な傑作と呼んでも良いはずです。ただ、Gaga自身の映画出演はこれが初めてではなく、これまではそう目立った活躍でもなかったことを考えると、本作の役柄が本人に上手く合ったということなのかもしれません。とはいえ、本作での演技については私も手放しで称賛したいと思います。

ということで、長い年月をかけて4回もリメイクされるというのも凄いことですが、これだけ成功したリメイクもなかなかないのではないでしょうか。なお、今回のリメイクにあたって当初はBeyoncéの主演が予定されていたそうですが、それが実現していたとしたらまた違ったものになっていたでしょうね。それもまた観てみたかったような気がしますが、それは叶わぬ夢ということで夢想するに留めるしかありません。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。