Archives

S&B 噂の名店 大阪スパイスキーマカレー

スパイス好きにはたまらないはず。

つい先日、Instagramでハッシュタグをフォローすることができるようになり、これにより自分の関心のあるタグをフォローしておくことでプッシュ的に情報を得ることができるようになりました。これまでは自分がフォローしている人がフォローしている相手の中から関心のある写真をよく投稿している人をフォローする…という回りくどいやり方が必要でしたが、これからは自分のタイムラインに自動的に関心のある写真が入ってくるということになり、とても便利な機能ではないかと思います。そのためには適切なハッシュタグが付けられていることが重要になってきますが、私も早速美味しそうなカレーの店を見つけるために #curry というハッシュタグをフォローしてみたところ、カレーの写真に混じってNBAの現役最高のスタープレイヤーの一人、Stephen Curryの写真が入ってくるようになってしまいました。そんなことはありますが、これはなかなか素晴らしい機能追加です。

ところで、そんなカレー好きな私は地元では目ぼしい店はほとんど行き尽くしてしまっているのですが、神戸や大阪に行くとたくさんのカレー店があり、行ってみたい店がいくつもあります。そんな中でも特に優先順位が高いのが大阪は北浜というカレーの激戦区にあるColumbia8というところです。残念ながらまだここに行く機会はないのですが、写真を見ても独特でとても美味しそうなカレーはぜひ一度味わってみなければと思っています。

そんなところで驚いたのですが、ハウス食品と並ぶカレーの巨人、エスビー食品のレトルトカレーで、カレーの有名店の監修でその味を再現した「噂の名店カレー」シリーズの商品の一つとして、噂の名店 大阪スパイスキーマカレー お店の中辛という、まさしくColumbia8監修の商品が発売されたのです。製品パッケージに載せられた写真は紛れもなくInstagramで見たColumbia8のカレーそのもので、評判を聞いてもなかなか再現性は高いということだったのですぐにでも食べてみたいと思いました。しかし、残念ながら8月に発売されたというのに市内のスーパーにはなかなか入荷されず、スーパーを見つけてはカレー売り場をチェックするということを続けること3か月、諦めかけた頃にようやく見つけることができました。まあAmazonでは売っているので、今思えばさっさと買えばよかったのかもしれません。

S&B 噂の名店 大阪スパイスキーマカレー お店の中辛 212g×3個

posted with amazlet at 17.12.17

エスビー食品 売り上げランキング: 3,548

Amazon.co.jpで詳細を見る

ということで今日、ようやく食べることができたのですが、箱の中身は3つの袋に分かれていて、まずライスの上にスパイスの袋をあけ、その上から温めたレトルトのキーマカレーを回しがけ、さらにその上からカシューナッツをまぶすという構成です。このようなちょっと凝った形になっているおかげで、スパイスからは高い香りが立ち上り、ナッツのカリカリした歯ざわりも楽しいというものになっています。

これがどれくらいお店の味に近いのかはわからないのですが、少なくとも300円少々で購入できるレトルトカレーとしてはかなり満足感の高いものになっているのではないかと思います。Columbia8としても店の名前を出すからにはその名に恥じないものでなければ困りますし、エスビー食品としても下手なものを出すわけにいかず、難しい企画なのではないかと思いますが、見事に成し遂げたという感じでしょうか。私はこれで店に行かなくてもよいと思ったかというとそんなことはなく、むしろますます本物を食べたいという気持ちが強くなりました。しかし、同じ関西と言いながら大阪も近いようで100kmほど離れていますので、いつになったら行く機会があるかわかりませんが、近いうちに是が非でもと思っています。

タカキベーカリー 4種のレーズンミニブレッド

パンよりぶどうの方が多そう。

たまに「米とパンとどちらが好きか」という質問があるかと思いますが、それはおかずとともに食べるエネルギー源としての主食についてのものでしょうか。としてエネルギー源として摂取するもので、美味しいからという理由で食べることはあまりありません。ただ、五穀米、十穀米や炊き込みご飯、チャーハンは好きですし、さらにカレーライスとなればもう大好物ですが、それは「米」が好きというのとはちょっと違いますよね。

パンの場合には日本独特の惣菜パンの類を除くとこういったアレンジが効きにくいのではないかと思いますが、それでも私はパンが大好きです。コンビニでおにぎりと惣菜パンのどちらを買うかといえば大抵はパンの方にします。具の入っているパンでなくても、ちょっと味のあるパンならそれだけで食べるのも好きです。特に好きなのはフルーツやナッツが入っているもので、またベースとなるパンではドイツのものが好みです。こんなことなので私には低炭水化物ダイエットは向かないと思っています。

ところで、先日妻が駅前のスーパーマーケットで買ってきたのが今回ご紹介するタカキベーカリーの4種のレーズンミニブレッドというパンです。その名の通りカレンズ、モハベレーズン、ミゼットレーズン、サルタナレーズンという4種類のレーズンがふんだんに使われたぶどうパンなのですが、袋ごと持った時にそのずっしりとした重みにびっくりしました。断面を見るとパン生地の部分とレーズンとの部分の比率が普通ではなく、まるで高級なフルーツケーキのようです。ミニサイズの薄切り食パン4枚だけなのですが、半分でもかなりの満足感がありますので一人で一気に食べ切ることはないでしょう。妻は私のために買ってきてくれたわけではないのですが、全部食べてしまいたいくらいですし、また自分でも買いに行きたいくらい気に入りました…というか、実際に買いに行ってみたのですが、その日は売り切れなのか入荷しなかったのか、店頭で見つけることができなかったので、それを妻に伝えたところまた別の日に買ってきてくれました。

タカキベーカリーといえば広島のパン屋さんですが、東京などではアンデルセンの名前の方が知られているでしょうか。私は若い頃はアンデルセンのビスケットドーナツが大好きでよく買っていたのですが、今はもう売られていないのでしょうか。いくら好きでもそう言っているだけではダメで、実際に買い続けないといけませんね。そういえば、駅前にあったはずのアンデルセンの店舗もなくなってしまったようですが、大した人口ではないのにDONQ、ローゲンマイヤー、ポンパドウルなどが揃っている激戦区なので仕方ありません。

ちなみに、私にはちょっと意外なことだったのですが、アメリカのパンは美味しくありません。日本人がやっている、日本にあれば特別美味しいわけでもないごく普通のパン屋が成り立っているくらいなのです。私は郷に入れば郷に従えということでこのパン屋も避けてきましたが、現地の人にもファンはいるようでした。パンの美味しさについてはヨーロッパがとても羨ましかったのですが、もちろんニューヨークやシカゴ、ロサンゼルス、サンフランシスコなどの大都市は別で、そういうところには世界中から一流の人が集まってくるので、とても美味しいパンが食べられるはずです。ミシガンはちょっと田舎なので仕方ないということですね。

東京往復ドライブ 食事編

何はなくとも食は大事。

今回の東京往復ドライブはなかなか過酷なものとなってしまいましたが、それも美味しいものが食べられれば救われるものです。道中ではなるべくその地のものを食べられるようにしていますが、今回はまあまあうまく行ったように思います。なお、スターバックスには何度も行きましたが、それは除いています。

まず行きの昼食は御前崎の海鮮なぶら市場に入っている、魚屋が経営しているという寿司店海幸の「まぐろの切り出し丼」です。ここはプラスチックの容器に入れられて持ち帰りも可能なカジュアルな店で、丼も500円からあるのですが、切り出し丼は980円となっています。新鮮なマグロが文字通り山盛りとなっていて、たっぷり味わうことができてこの値段というのは実にお得感があります。容器がチープであることだけが難点ですが、それで何百円も高くなるよりはこの方がいいでしょう。

夕食はちょうど静岡にいる時に思いついたらすぐ近くにあった炭焼きレストランさわやかの静岡瀬名川店で名物のげんこつハンバーグをいただきました。250gとボリュームたっぷりのハンバーグをレアでいただけるのに税別980円というのは企業努力も相当あるでしょう。美味しさは間違いありません。前回は大型連休のランチタイムだったので1時間以上待った記憶がありますが、さすがに平日の夜はガラガラだったので一人でも気を使わずに済みました。

2日目の朝晩は実家で食べたので昼食だけ外で食べることになったのですが、昼食のつもりで食べたスターバックスのサンドイッチではやはり足りず、4時頃に空腹に耐えられず近くにあった揚州商人の飯田橋ラムラ店にフラフラと入ってしまい、ネギラーメンを食べてしまいました。揚州商人は首都圏の4都県にのみ展開されているチェーン店ですが、以前出張で滞在していた新横浜で見つけて以来、私のお気に入りとなっています。地元にもできたらいいのにとは思いますが、無理はしないでもらいたいです。

帰路では昼食に高遠の紅さくらという店で30分ほど待って高遠そばを食べました。もともと高遠が信州そばの発祥の地だったようですが、地元の人は自分たちでそばを打って食べていたので蕎麦屋ができたのはつい最近のことだそうです。今回訪れた紅さくらも1年前にできたばかりの新しいお店でしたが、川沿いのとても気持ちのいい店で美味しくいただくことができました。なお、高遠そばの食べ方の特徴は焼き味噌と辛味大根をそばつゆに混ぜて食べるということのようですが、薬味のミョウガも効いて実に良かったです。また、そばには小鉢がいくつかとデザートが付きますが、この日のデザートは凍らせた柿で、これも甘くて美味しかったです。

最後に、夕食は岐阜市内で食べることになったのですが、岐阜ならではというとなんだろうということで思いついたのが台湾ラーメン大吉です。台湾ラーメン自体は名古屋めしとされていますが、名古屋文化圏にある岐阜にその名店があるということです。私はちょっと汁物は暑かったので台湾ラーメンは避けて、そこから派生した台湾まぜそばを食べることにしました。熱々の麺にピリ辛の肉味噌と卵黄を薬味と一緒に絡めて食べるというものですが、さすがに順番待ちが耐えない名店だけあってとても美味しかったです。周りの人は皆ラーメンを美味しそうに食べていたので、私も次があれば試してみたいと思いますが、まぜそばも期待以上に良かったと思います。

ということで、ちょっと麺類の割合が高くはなりましたが、特徴的な美味しいものをいろいろ食べられて、食の面でも満足の旅となりました。最初の御前崎以外は行き当たりばったりなのですが、結果的に良い店を見つけられたのは幸運でした。