Archives

白湯

深い意味はありません。

夜遅くに余計なものを食べてしまわないように、早めに歯磨きをしてしまうというのは私だけではないと思いますが、その後コーヒーやお茶も飲めなくなってしまうので、まだしばらく起きているというときはちょっと躊躇してしまいます。そうすると自分に甘い私は結局ついつい何かを口に入れてしまうということになってしまいます。とは言っても2時間以上の間何も飲まないとどうしても喉が渇きます。

ということで一昨日、試しに「白湯」を飲んでみることにしました。というとすっかり爺さんのようですが、それが案外悪くないのです。ティーバッグの紅茶を飲んだとき、たった1回淹れただけで捨ててしまうのがなんだかもったいなくて、もう一度使うというケチくさいことをしてしまうことがありますが、その時のうす~い紅茶と大して違わないことに気付くと、これはこれで悪くないという気になってしまいました。

実は「白湯」と書いて「さゆ」と読むというのは結構最近知ったことだったりします。「さゆ」という言葉は知っていたのだけれど、それと「白湯」が一致しなかったということなのですが、そもそもこれまで生活してきて飲み物としての白湯に触れることがほぼ無かったのだから仕方ありません。それがなぜ急に飲んでみることを思いついたかというと、先日観た映画「沈黙 -サイレンス-」で井上筑後守が美味しそうに飲んでいたのがなぜかとても印象深かったためです。清貧を尊ぶ武士とはいえ、あれほどの地位にある人でも白湯を飲むのだということが意外だったのだと思います。

「白湯」で検索すると「健康に良い」とか「ダイエットになる」とかいう記事がたくさん出てきますが、私はそのようなことには興味がない、というか信じていません。そのような記事でセットになっているのが「毒素を排出」「デトックス」というキーワードですが、白湯を飲むだけでそんな効果があるのだとしたらコーヒーや紅茶でも同じような効果が少なからずあるはずで、ことさら白湯だけ取り上げるのはおかしいでしょう。中には「白湯の作り方」を紹介しているものもあって、どこまで真剣にやっているのかと逆におかしくなります。「白湯は、通常の水よりも体内に吸収されやすい」とか何を言っているのでしょうか。通常の水が吸収されないのだとしたら、お腹がゆるくなるということでしょうか。「飲みすぎると腎臓の負担になってしまう」というのは水中毒のことでしょうか。

まあ常識的な量であれば問題ないはずで、私が飲むのはマグカップ1杯のコーヒーの代わりに白湯を飲むというだけなので、良いにつけ悪いにつけ健康への影響はほぼないでしょう。ただ単に飲み物として飲む、それだけのことです。

S&B 四川風ラー油

かけ過ぎ注意。

以前「辛そうで辛くない少し辛いラー油」というものが大流行して、スーパーマーケットなどでも軒並み品切れという騒ぎになったことがありますが、私が記事にしたのを見ると2010年1月ということなのでかれこれ7年も前の話になります。今では普通に店に並んでいるのでいつでも買えるようになっていますが、それだけでなく本家の桃屋のものの他にエスビーなどから類似品が出たり、類似品の方はシリーズ展開していたりするのは、いっときのブームで終わってしまうかと思いきやしっかり市場に定着しているということになります。

ところで、記事のタイトルでバレているとは思いますが、我が家で最近一大ブームとなっているのがエスビー食品の四川風ラー油というものです。今日も夕食の焼売につけて家族で「ウマー」と言っていました。

S&B 四川風ラー油 31g×10個

¥ 1,510

(2017-02-12現在)

私は辛いもの好きなのでラー油もいろいろなものにかけてしまったりするのですが、ラー油の中でも特に美味しいと思っていたのがかどや製油の黒ごまらー油というものでした。もともとごま油で有名な企業ですが、そのごま油をベースの油として使用したもので、胡麻の香りがとても良い製品です。しかし、最近は近所のスーパーで見つけることができなくなってしまっていて、しばらく購入できていません。

先日もこのかどやのラー油をスーパーの棚で探していて見つからず、しかたなく他に変わったものがないかと見ていた時に見つけたのが今回取り上げている「四川風ラー油」です。この製品の特徴は「花椒の香りとピリっとした辛味」とされており、瓶の底に花椒(ホァジョー)が何粒か沈んでいるのを見ることができます。実際に味わってみると、まず爽やかな香りがパァッと漂ってきて、そしてキレの良い辛味があり…まさに謳い文句どおりです。とはいってもまあ安い量販品なので、世の中にはもっとずっと美味しいものもきっとあるに違いありませんが、手近なところで手に入るというのも重要なことです。

私の次男はもともと辛いものを苦手としていたはずで以前は餃子などにもラー油は付けていなかったのですが、美味しいから騙されたと思って食べてみろ、とこのラー油を味見させたところ、「ウマっ」と声を発してそれで目覚めたらしく、それ以来普通に辛いものも食べられるようになってしまいました。

しかし気をつけなければいけないのは、香りがとても強いのでかけすぎると元の味が隠れてしまうということです。いくら花椒が好きという人でも、なんでもかんでも花椒の味になってしまっては辟易することでしょうから、物事なんでも程々が肝心です。

水車亭 塩けんぴ

思わず爆買い。

どこかへ旅行に行くとお土産を買ってきて周りの人に配る、というのは日本独特の文化の一つですが、幸せのお裾分けということで悪くない習慣だと思います。ただ、休暇を取ったら迷惑を掛けた職場の人に買って帰らなければいけない、というような強迫観念は褒められたものではないでしょう。休暇というのは労働者に与えられた権利なのですから、遠慮せず利用しないとお互い休みにくくなってしまうだけで、雇用者の思うつぼです。

それはさておき、先日の四万十への旅行の際にも家族に何か買って帰ろうと思ったのですが、新鮮な魚介類を買ってもクーラーボックスなどもなく炎天下の車の中に置いておくわけにいきません。さて、と思っていたところ、友人から水車亭 (みずぐるまや)の塩けんぴがお薦めだという情報をもらいました。この水車亭の看板は往きの道中でもいくつも目にしましたし、帰りには店の前を通る予定になっていたので好都合、ということでこれに決めました。

あまりのんびりもしていられず宿を7時過ぎに出発したのですが、開店は9時ということだったのでちょっと店先で待たないといけないかな、と思っていたところ、ありがたいことに8時半過ぎに到着した時にはすでに営業を開始していました。さすがに客はちょうど入れ違いで帰る人がいただけで店内はガラガラでしたが、土佐人の朝は早いのでしょうか。

目当ての塩けんぴは店先にも山積みになっていましたが、店内には様々な種類の芋けんぴその他の菓子が置かれていました。しかし、やはり一押しは塩けんぴです。これはちょっと塩味を利かせた芋けんぴなのですが、芋をカットして揚げたあと、室戸海洋深層水の入った蜜でコーティングしているのだそうです。これの他に塩味は付いていない普通の芋けんぴもあるのですが、塩けんぴの方は普通のものよりだいぶ細くカットされていて食べやすくなっています。

味の方はちょっと食べた感じではほんのり甘じょっぱい程度なのですが、しばらく食べ続けていると確かに塩辛さが口の中に残る感じがします。しかし、普通の芋けんぴだとあまり食べると甘ったるく感じてくるのですが、塩けんぴは甘さと辛さのバランスがいいのか、食べ始めると止まらないのが困りものです。

私はもともと芋けんぴ自体が好物でしたが、これが高知県の名物であるとは知りませんでした。素朴でどこにでもある菓子のようですが、塩けんぴはひとひねり効いていてまさにお土産にもってこいです。1kgのお徳用大袋を自宅に2つ、500gの袋を妻の実家と兄弟に合わせて5つ、合計4.5kgも買ってしまい、大きな手提げ袋に大人買いのようになってしまいました。しかし1kgでも税込み842円ということなので非常にお手頃で、土佐のお土産には私もお薦めしたいと思います。