Archives

結婚20周年

まったくあっという間です。

毎年家族の誕生日と結婚記念日には休暇を取ることにしている私ですが、今年は特別です。私たち夫婦が結婚したのは1997年の今日、今からちょうど20年前のことです。20年なんて自分たちにも信じられないくらい時の経つのを速く感じますが、長男が来月18歳になるのですからそれはそうですね。

20年前には私も26歳で、振り返れば結構早いうちに結婚してしまったものですが、今はもう40台後半に入ってしまっており、れっきとした中年です。お互い若い頃とはもちろん違いますし、小さな諍いはしょっちゅうです。しかし、特に秘訣といえるようなものがあるわけでもなく、妻の方がどう思っているかわかりませんが、今でも夫婦仲は比較的良い方ではないかと思います。そうしていられるのも妻が我慢してくれているからでしょうし、幸せな家庭を築いてこれたのも妻の協力があってこそ、深く感謝しています。

結婚20年目は磁器婚式ということになっているので、磁器の器でも贈れば良いのかもしれませんが、やはり例年通り二人でランチを食べに行ってきました。ただ、20周年なのでちょっといつもよりは豪華に、近くにあるリゾートホテルのレストランで、たまにはということでフレンチです。予約も入れずに行ってしまいましたが、平日の遅めの時間だったのでゆっくりと贅沢な時間を過ごすことができました。あまり趣味の重なるところのない二人ですが、食に関しては一緒に楽しむことができるだけ幸せかもしれません。

ということで、今後も25年、30年と一緒に、元気に歳を重ねていければと思っています。

工場夜景撮影

最初にしてはまずまず?

先週金曜日は「ストロベリームーン」とやらで満月の写真を撮る人がたくさんいたようですが、「“イチゴの月” と名付けられた『ストロベリームーン』は、通常の月と違って赤みがかっているのが特徴だ。」などと平気で嘘をつくメディアモドキに騙されてしまった人も少なくないようです。実際は「米国でいちごの収穫時期に見えることからつけられた呼び名らしい。」とのことで、月はいつでも昇り始めるときには赤っぽく見えるものです。

ということで私はそれとはまったく無関係に、ふと思い立って帰宅後にカメラを持って出掛けてきたその行き先は瀬戸内海沿岸の工場地帯で、そのターゲットは工場です。「姫路工場夜景 撮影スポット情報」というウェブサイトを参考に姫路市の網干(あぼし..「ぼ」だけを高く発音します)にあるダイセルと日本触媒の工場を撮りに行ってきました。実は私は結婚当初に網干にある社宅に住んでいたのでかなり久しぶりにその近所に行ったのですが、当時はそれらの工場には近寄らなかったのでそんなに立派な工場があるとは知りませんでした。

最初に行ったダイセルの方は網干なぎさ公園という公園から見えるのですが、公園の駐車場に車を停めて真っ暗な公園を歩くのはちょっと心細いものの、懐中電灯で照らしながらずんずん歩いていくと眼前に工場が美しく浮かび上がってきました。岸壁からと、ちょっと離れた見晴台からと撮ったのですが、私は夜型ではないのでまりゆっくりといる気になれず、もう帰ろうかという気になってしまいました。しかしせっかく出てきたのだからと日本触媒の方にも向かいます。

こちらは興浜海岸からとなるのですが、工場のフェンスは目隠しがされてしまっているので車道からはあまりきれいに撮れず、岸壁に登ってということになります。この岸壁にはところどころにステップがついているのですが、傾斜が急なのと、岸壁の幅が50cmほどしかないので高いところが苦手な人には辛いでしょう。私もちょっとふらついたら終わりなので緊張しながらなんとか撮りました。ここには私が行ったときに同好の士が1人だけいましたが、慣れた感じで私が帰る時にもまだずっと撮り続けていたようです。

カメラの設定としては、全体的にシャープに撮りたいので絞りをf=8に絞り、できるだけノイズを抑えたいのでISO感度は100、シャッター速度を15秒から20秒までの間で変えて露出を調節してみました。こういう時に、とりあえず撮ってみてすぐに写り具合を確認して設定を変えてみる、ということができてしまうのはデジタルならではのことで、とてもありがたいことです。フィルムの時代であればいろいろ設定を変えて撮ってみて、あとで現像してから良いものを選ぶ、ということになるでしょうから、アマチュアにはフィルム代もかかりますし、慣れるまでは失敗してフイにしてしまうことも少なくなかったでしょう。

初めてにしては思った以上にきれいな写真が撮れたので、また別のところで夜景を撮ってみたくなってきました。特に、工場ではありませんが伊勢湾岸道から見える名古屋港のガントリークレーン、通称「キリン」がとても美しいので、いつか撮りに行きたいと思っています。

QLine

きれいなうちに乗ってみたい。

アメリカでは公共交通機関で満足に移動できるのはニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコといった数えるほどの大都市だけで、その他の地域では日本に住んでいる人には想像できないほどの車社会になっています。しかし、実は第二次世界大戦の頃まではそこまでではなく、鉄道網がそれなりに整備されていて、各都市には路面電車などが走っていたのですが、長距離の移動は飛行機に、近距離は自家用車に置き換えられてしまったのでした。

アメリカのモータリゼーションの中心地であるデトロイトもその例外ではなく、1863年から1956年までの100年弱の間、市内を路面電車が走っていたとのことです。結局それはバスによって置き換えられることになってしまったのですが、終焉から50年後に復活が検討され始め、それからさらに11年後の今年、つい先週末にQLineという愛称で再び走り始めることとなったのでした。

工事は私が駐在している2013年末頃から始まっていたので、帰国までに完成して乗ることができないだろうかと思っていたもののそれは叶わなかったのですが、Twitterの公式アカウントなどで状況を逐次確認しながら楽しみに待っていて、ようやく晴れの日を迎えたということでめでたく思っているところです。最初の週は無料で乗車できるということだったので市内も賑わったのではないかと思いますが、復活しつつあるデトロイトの街にまた明るい話題となってくれているようです。

路線はミシガン州の州道1号線の一部でもあるWoodward Avenue上のほぼ真っすぐの路線であまり面白みのあるものではありませんが、利用者が多くなれば路線の延長や追加も検討されるのではないでしょうか。悪名高いデトロイトの中でも比較的治安の良い地区を走っているのはもちろんですが、ダウンタウン中心部からの5kmほどの沿線にはDetroit Tigersの本拠地Comerica Park、来シーズンからDetroit Red WingsとDetroit Pistonsの本拠地となるLittle Caesars Arenaがあり、Detroit LionsのFord Fieldもすぐ近くで、さらにデトロイト美術館の前も通るようになっています。Amtrakの駅にも接しているので、鉄道の利便性も上がるでしょう。

料金は3時間以内$1.50、一日$3.00ということなので、気軽に利用できるのではないでしょうか。私が住んでいたアナーバーのバス料金も1回$1.50でしたが、乗り換えは1回のみ、一日券は$4.50だったのでそれよりは安価です。なお、チケットは電停の端末の他にiOSかAndroidのアプリやウェブでも購入できるということで、こういうところがアメリカの先進的で柔軟なところだと思います。

車両はアメリカのBrookvilleという会社のLiberty Modern Streetcarsというものが6編成購入されたようです。リチウムイオン電池を搭載していて、架線のない区間も走行できるようになっている先進的なシステムにより、路線の60%の区間は架線が設置されていないとのことです。アメリカ人によるアメリカのための路面電車として売っているようですが、各地で見直されてきているのでそれなりの市場規模があるのでしょうか。

ということで、私はまだ写真や動画でしか見ていないので、早くこの目で見て、できれば乗ってみたいと思っているのですが、出張の間にデトロイトのダウンタウンへ行くというのは難しいかもしれません。