Archives

Mastodon

今更ですがあえて。

今から1か月以上前のことになりますが、私が風邪で寝込んでいる間にインターネット界隈ではMastodonというマイクロブログが急に話題になっていました。Twitterが何年経ってもまともな収益が得られずに身売り話が出ているというのに一体何が新しいのだろうか、と頭痛でボーっとする頭で思いながらとりあえずIDを確保しておこうと登録だけしておいて、調べ始めたのは回復してきてからとなりました。

調べてみるとこのMastodonは分散型のマイクロブログで、GitHubで公開されているサーバーソフトウェアのMastodonを立ち上げれば相互に接続してフォローや返信、リツイートに相当するブーストなどができるというものでした。これはOStatusという分散型マイクロブログを接続するオープンな規格に基づいていて、GNU socialなどの実装とも相互に接続することができます。ユーザーはインスタンスと呼ばれる各サーバーに登録することになりますが、アカウントはインスタンスごとにそれぞれ独立したものになります。

これがなぜか日本でブームとなり、大学院生のnullkal氏が自宅サーバーで運営していたmstdn.jpがユーザー数世界一となったり、過負荷でサーバーが応答しなくなったり、さくらインターネットのサーバーに移転したり、その手腕を買われてドワンゴに入社したり…とごくごく短い間にいろいろありました。また、インスタンスごとのユーザー数ランキングではmstdn.jpとpixivのpawoo.netが1, 2位を占め、その他のインスタンスでも日本人のアカウントが増えることとなり、タイムラインは日本語のトゥート(ツイートに相当、象の鳴き声toot)で占有されるような状態になってしまいました。これが外国人ユーザーの目にどう写ったかはちょっと心配だったのですが、どうやら問題になるほどではなかったようです。

分散型であるということは運営側にとってコントロールが難しいということになります。タイムラインを見ていると無意味に卑猥な言葉をトゥートするユーザーが何人もいたりしますし、pixivが運営するpawoo.netでは法的あるいは道徳的に問題のあるイラストなどを投稿する人が多かったため他のインスタンスから接続を切られてしまうという事がありました。しかし、企業や権力によりコントロールされておらず自由であること、そして技術的にオープンであることには大きな魅力がありますので、ブームから1か月経って落ち着いてきたところから、どうなっていくのか興味深いところです。

Casey Neistat

日本からはなかなか生まれないかも。

液晶モニタが大きくきれいになってからYouTubeの動画をよく見るようになったというのはこれまでに書いていますが、以前ハマっていた日本在住外国人YouTuberの動画についてはもう最近ほとんど見なくなってしまいました。その理由はいくつかありますが、まず彼らの多くが日本への滞在が一時的なものであり、しばらくすると日本を離れてしまいチャンネルの更新もやめてしまうということが挙げられます。そうするとまた別の人を見つけない限り見るチャンネルが減っていってしまうのは自然なことでしょう。

そしてもう一つは彼らのほとんどが動画制作に関しては素人であり、顕著な才能を持っているというわけではないということです。基本的にYouTubeには誰でも自由に動画投稿できてしまいますが、視聴者の興味を引く品質の動画を作り続けるというのはそう簡単なことではありません。私のこのブログのように知人以外はたまたま検索で引っかかっただけという人に読んでもらえればいいというのであれば楽ですが、チャンネル登録を維持するというのはそういうレベルのことではないと思います。

では、今でもYouTube動画を見ているのだとすると最近は何を見ているのかということになりますが、この連休中に知って以来何十本もひたすら観てしまっているのがCasey Neistatというニューヨーク在住のアメリカ人YouTuberのチャンネルです。Caseyはマンハッタン島内のどこかに住み、どこかにスタジオを持っていて、日々の出来事をビデオブログ(vlog)として配信しています。現時点での動画数は1000強というところですが、チャンネル登録者数は最近700万人を超え、週に何度か投稿される動画はそれぞれ200万回から600万回程度の再生回数を得ており、総再生回数は16億回を上回っています。登録者数最多のPewDiePieは5500万弱で総再生回数152億回とまさしく桁違い、日本人YouTuberでははじめしゃちょーが登録者数500万弱、総再生回数36億回ということでまだだいぶ上回っているようですが、どちらも対象がまったく異なるので比較にあまり意味は無いでしょう。

もともと映画製作を志していたものの活動の拠点をYouTubeに移しているので、YouTubeを足がかりにマスメディアに進出しようとしている人達とは方向性も動画の品質も異なります。ニューヨークの街自体が絵になるということはあるでしょうが、タイムラプスやテロップ、カット割り、BGMの使い方などが非常に洗練されていて、編集技術の高さが際立っています。また、彼のスタジオも大変個性的で、それ自体が魅力に満ちたものになっていますが、そのスタジオ内はMKBHDというチャンネルの”Casey Neistat Studio Tour!“という動画で紹介されており、よく考えられたものであることがわかります。スタジオの棚には彼の撮影機器などが所狭しと置かれていますが、心置きなく撮影できるように同じカメラを何台も持ち、良い映像のために惜しげなく荒々しい使い方をする様子などは、日本人には若干抵抗のあるところかもしれません。

様々な会議や講演に参加するために世界中を旅することの多い彼の動画では、各航空会社のファーストクラスのレポートなどもしていて私は興味深く観ているのですが、一方でマンハッタンの道路でスノーボードをしたり、大型ドローンに引かれてスノーボードをしたりといった無茶なこともしています。また最近は家族との時間を大切にするためにやめたようですが、妻のCandiceや娘のFrancineもかつては頻繁に動画に登場していました。また、特にニューヨークには彼のチャンネルを見ているという人がたくさんいるので、移動中にもちょくちょく声を掛けられて挨拶を交わす様子も動画に出てきますが、こうしたフレンドリーなやり取りはアメリカならではですね。

なお、Caseyは動画の中でマンハッタン中をBoosted Boardという電動スケートボードで縦横無尽に走り回っていますが、交通渋滞が慢性化していて、平坦なマンハッタン島内では特に効率的な移動手段なように思えます。これが認められているアメリカと比べると日本の規制の厳しさが異常にも思えますが、よくあれで深刻な事故に合わないものだというのもすぐに感じることです。しかし、ボードで走りながら多くの警官とも親しげに挨拶を交わしていますので、まったく問題はないのでしょう。”ARRESTED FOR RIDING A BOOSTED BOARD?“という動画もあって注意を受けていますが、それは公園内のサイクリングロードを電動の乗り物で走ったことについてのようで、本来は車道を走らなければいけない、しかしそれは安全を考えるとお勧めできない、とのことで、やはりニューヨークでも電動スケートボードに適した環境が整備されているというわけではないようですが、それでも頭ごなしに禁止されている日本との違いは大きいでしょう。

Three 海外データSIM

どうしてこんなことが可能なのでしょうか。

いつでもどこでもスマートフォンでメッセージのやりとりができて必要な情報が得られるということに慣れきった私のような者にとって、携帯電話の電波の圏外にいるというだけで底知れぬ不安を感じたりするものです。以前はそもそも旅行中に連絡が取れなくなるというのは当たり前だったにも関わらず、海外へ行くとなった場合でもそれは同様で、なんとかして通信手段を確保しようとしてしまいます。これまでアメリカの場合はWi-Fiも普及しているのでそれで我慢してきたのですが、先日のイタリア出張の際にはヨーロッパの通信事情がよくわからなかったためちょっと調べてみたところ、便利なものがあることがわかったので利用してみることにしました。

類似の製品は他にもいくつかあるようですが、私が使ってみたのはこちらの商品で、香港のCK Hutchisonという会社が傘下のThreeというブランドでイギリスを中心に展開している携帯電話サービスをベースに、ヨーロッパを中心に43カ国で利用できるというデータSIMを販売しているものです。有効日数やデータ使用量により色々なタイプがあるのですが、私が選んだのはこのタイプです。

【お急ぎ便】 ヨーロッパ・アメリカ・オートラリア・ニュージーランド・インドネシア プリペイドSIM 4G・3Gデータ通信12GB

posted with amazlet at 17.03.19

Three.co.uk 売り上げランキング: 53,349

Amazon.co.jpで詳細を見る

Amazonの当日お急ぎ便で購入でき、その後も手続きは必要ありません。SIMロックフリーのスマートフォンに挿入し、添付の紙に記載されているサービスを選択するだけで使用できるようになりましたが、自動選択ではうまくいかない場合もあるようです。一度石造りのレストランで圏外となった後、そのままでは復帰できず一旦機内モードにして戻すと復帰した、ということがありましたが、その他にはこれといった問題は特になく、私がいたオランダのアムステルダムと、イタリアのトリノとミラノでは電波の状態も安定していたのではないかと思います。

香港以外では3Gのみの利用となるようですが、メールやメッセージの送受信、写真のアップロード、検索などでは問題となるほど遅いわけでもなく、むしろ国内MVNOで平日のランチタイムに極端に遅くなった状態よりも速いので、ストレスはほとんど感じませんでした。そういえばLTEが始まった当初は自宅の無線LANよりも速いと感動したものですが、みんなが使い始めたことでそんな快適な状況はどこかへ行ってしまいましたね。

残念なのはテザリング不可なのでモバイルWi-Fiルーターでも使用できないということですが、これだけ安くて便利なら諦めるしかないでしょう。容量制限があるならテザリングさせてもいいような気はしますが、負荷とすることで安くできているなら仕方ありません。しかしそれにしても使用開始から30日間、12GBまで利用可能で3680円というのは破格ではないでしょうか。他にも、30日間1GBまでで2180円、90日間3GBまでで2690円、360日間12GBまで6280円などなど実に様々なタイプが揃っていますが、30日間3GBまで2600円というのもあるので、次回はこれでも十分かもしれません。

ちなみにヨーロッパのWi-Fi事情ですが、アメリカほど便利に使える状況ではないようでした。Free Wi-Fiを提供している店もないわけではありませんがまだ一般的なレストランまでは普及しておらず限定的です。また、ホテルのネットワークも非常に遅くて使いづらかったのですが、現地事務所のWi-Fiも驚くほど低速だったので、ヨーロッパの全体的な通信事情がその程度なのかもしれません。やはり日本の高速通信ネットワークは驚異的だと思います。