Archives

Amazon Prime Reading

入門編ということ?

ヤマト運輸の配送能力が限界に達していてAmazon.co.jpの要求に耐えきれない、というようなことが話題になって「配送業者を酷使するAmazon」というような印象を持ってしまった人もいて、また日本で法人税を納めていないという話もあって、一部ではAmazon離れというのが起こっているようです。しかし私はAmazon.co.jpが始まる前からAmazon.comを利用していて、今やAmazonで買えるものはなんでもAmazonで買うという状態に近く、なかなか他へ移るということは考えづらいです。Amazonの何がそんなに良いかというと、安いとか送料無料だとかいうことではなくて、欲しいものがすぐ確実に見つかるということです。ヨドバシカメラもいい線いっているので乗り換えの第一候補ですが、楽天の検索は最悪なので、楽天を利用するのは買う店が決まっているときだけです。

Amazonから離れがたい理由のもう一つはKindleの存在でしょうか。私は2年前に購入したKindle Paperwhiteを利用していますが、ちょうど今もクーポンを利用すると7000円弱で購入できてしまうKindle発売5周年記念セールというのをやっているようですが、この端末のおかげで電子書籍を読むのが非常に快適になったように思います。電子ペーパーが目に優しいとか、バッテリーが1か月以上持ついうだけでなく、コンテンツを自動的に同期してくれるWhisperSyncも秀逸です。

Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ブラック、キャンペーン情報つき

posted with amazlet at 17.10.22

Amazon (2015-06-30)売り上げランキング: 4

Amazon.co.jpで詳細を見る

このAmazonが最近始めたのがPrime Readingという、プライム会員なら誰でも対象の書籍が無料で読み放題になるというサービスです。これまでもKindle Unlimitedという似たようなサービスはありましたが、こちらは月額980円の利用料が必要でした。Prime ReadingではAmazonプライムの会費の中で賄ってしまうという太っ腹なサービスで、ただでさえアメリカのPrimeの年会費$99に対して3900円と格安なのに無理がないのか心配してしまうほどです。

しかし、実はそんな美味しい話は簡単にないわけで、今日現在でKindle Unlimitedでは174,326タイトルが対象となっているのに対し、Prime Readingではたったの699タイトルとなっているのです。単純計算で実に250倍の差がありますが、1000冊足らずでは自分の興味のあるものがどれだけあるでしょうか。まあ、対象のタイトルはたびたび入れ替えられていくでしょうから、うまく巡り会えればラッキーくらいのものかもしれません。これくらいの数だと全部確認できてしまいますが、とりあえず読んでみたのは「奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録」です。

無料だという以外に特別なことはなく、いつもどおりに読むことができるのですが、これはあくまでレンタルなので読み終わったら返却が必要です。期間や冊数の制限はないようですが、持ち続けているとどうなるのかもよくわかりません。この返す手間さえ気にならなければ、手当たり次第に借りてみてもいいかもしれません。しかし実はこれはKindle Unlimitedに客を導くための仕掛けなのでしょうね。タイトル数が圧倒的に違うのでKindle Unlimitedの方では読みたい本がいくつもあることは間違いありませんし、毎月1冊以上本を買っているような人であればすぐに元が取れるでしょう。私もおそらく毎月平均1000円以上の本は買っているでしょうから、利用しようかな…と思ったのですが、それは読みたいと思った本が対象になっているかどうかを確認してからですね。対象の中から本を選ぶというのは自分の意志を制限されているようで、ちょっといい気がしません。

フィッシングメールにご注意

みんな気を付けてよ!

先日、いつもどおり始業時刻の1時間前に出社してPCを立ち上げると、勤務先のメールボックスに他部署の業務に関する、しかし明らかに私には無関係な内容のメールに対して、まったく関係なさそうな他の部署の人が「宛先違いなので自分を宛先から除いてください」と全返信で返しているメールが入っていました。元のメールは入っていないのに返信だけ入っているというのも妙だったのですが、それをわざわざ送り主以外の全員に返信する意味がわからないなあと思って眺めていました。そもそも、送信先に私のアドレスは入っていなかったのですが、どうやら勤務先全従業員を対象にしたエイリアスを誤って送り先に入れてしまったようで、事業所のトップ以下数千人にそのようなゴミメールを送り付けてしまっていたはずです。

それだけなら「困った人だ」くらいで済むのですが、その後徐々に出社してきた人がPCを立ち上げて「私も…」とやり始めて、結局20人程度の人が同じようなゴミの投げ合いを始めてしまいました。最初の数人はまだしも、そんなメールが何通も届いているのを見て「何か変だ」とは思わないものなのでしょうか。まあ、数千人のうちの20人なので全体の1%にも満たないわけで、その程度の割合では避けられないものなのかもしれません。

それとは直接関係ないのですが、今日は私の私用のメールボックスにAmazon.co.jpから「注文通知」という件名の見たことのないメールが届きました。内容は「請求書」となっていて、Launchpad MiniなるUS$114.99の製品をトルコの人に配達することになっていて、「この注文があなたのやり方でない場合は、この注文をキャンセルしてください と表示されます」という妙な文章のうち、「この注文をキャンセルしてください」の部分がハイパーリンクになっています。

日本語のたどたどしさ以外にも、日本のAmazonなのに価格がUSDだったり、キャンセル方法だけが詳しかったりと怪しい所だらけでいかにもなフィッシングなのですが、もちろんこのハイパーリンクこそが釣り針で、短縮URL経由でどこかの怪しいウェブサイトへ飛ばされていくようです。ご丁寧にも短縮URLはamzauthlogなんてそれっぽい文字列にしてありますので、ちょっとだけ注意深くURLを確認してみた人もうっかり引っかかってしまうのかもしれません。

このメールはどうもあちこちに送られているようでITMediaやInternet Watchなどでも報じられているようですが、上で述べた「1%」に当てはまるような人のうちのまた何分の一かの人が釣られてしまうのでしょうね。インターネットのおかげであらゆることが便利になっていますが、犯罪者にとっても便利になってしまっているということも忘れないようにしましょう。

Novation パフォーマンスコントローラ Launchpad Mini MK2

posted with amazlet at 17.09.22

Novation (2015-08-28)売り上げランキング: 3,008

Amazon.co.jpで詳細を見る

IIJサービス利用に関するお願い

まさか自分が該当するとは。

昨日、私が利用しているインターネットプロバイダのIIJから、「貴殿あてに、本年7月18日付けで、下記のとおりの内容を書面にて通知しておりますのでご確認ください。」という一文で始まる「IIJサービス利用に関するお願い」というメールが届きました。まだ書面は届いていませんが、メールにも本文がそのまま記載されているようなので、一体何が起こっているのかということはわかります。

曰く、「貴殿の送出するトラヒック量が平均的なデータ転送量を著しく上回っていることにより、複数のお客様で共有されるネットワーク設備および通信帯域を専有してしまう状況が発生しております。」とのことで、要するに通信料が異常に多いからなんとかしろ、ということなのですが、それでは一体どれだけ使っているのかというのは「別紙」として以下のような表が記載されています。

| 07/11| 07/12| 07/13| 07/14| 07/15| 07/16| 07/17| Total(GB)
————————————————————
| 0 | 0 | 1 | 25 | 128 | 43 | 182 | 382

なんと、5日前までは1日1GB程度までだったものが一気に25GBに増えたかと思うと17日には382GBもの通信量になってしまっていたというわけです。さすがに私もこれには驚きましたが、そんなに何に使っていたのかといっても動画を共有していたとか、何かいかがわしいことをしていたというわけでは決してありません。

ではなぜかというと、先日、Google Backup and Syncが公開されたというので早速インストールしてみたのですが、この設定が以前のバージョンから完全に引き継がれておらず、これまでに撮ったすべての写真がRAWファイルも含めてそのままのサイズでアップロードされてしまっていたのでした。実際にアップロードされたファイルのサイズは全体でも100GB程度のはずですが、通信としてはいろいろなオーバーヘッドがあってこのようなサイズになってしまうのでしょう。まあいずれにしてもIIJが目安としているらしい1日15GB以下というラインを超えてしまっているのは事実のようなので、慌ててバックアップを止め、もう厄介なのでアンインストールしてしまいました。

メールの文面では「お客様」ではなく「貴殿」となっているなど、言葉遣いは丁寧ながら厳しい調子で、「お願い」と言いながらも明らかな「警告」です。もちろん私にまったく悪気はありませんが、自分の過失であることは間違いないので、もうただ謝るしかありません。さすがにバックアップを止めていればせいぜい1日数GB程度までには収まるでしょうから、なんとか許していただきたいところです。この時代、ネット接続が止められてしまうとかなり厳しいものがあります。