Archives

イタリア出張

「良かった?」とか聞かないでください。

アメリカ赴任前後の1,2年は年に何度かアメリカへ出張する機会もできましたが、それまでの何年かは海外はおろか国内でさえ出張の機会はほとんどなく、業務はほとんど事業所の中で済んでしまっていました。出張に出掛けると日常的な業務が滞りがちなので調整が必要にはなるのですが、基本的に出掛けることが好きな私にはちょっと淋しい状態だったとも言えます。しかしそんな私に今度はイタリア出張の機会が巡ってきたので、ここではもちろん仕事のことは触れず大変なことは何もなかったかのように、旅としての部分で見てきたこと、感じたことをお伝えしたいと思います。

まず、今回の目的地はイタリア北部ピエモンテ州の州都、トリノです。自動車メーカーFIATの城下町として栄えた工業都市であり、また一方世界遺産「サヴォイア王家の王宮群」を持つなど古い歴史を持つ街でもあります。さらにまた2006年にトリノオリンピックを開催したことからもわかるようにアルプス山脈の麓に位置し、見通しの良いところでは美しい山々に囲まれることが実感できます。

また、サッカー好きな人にとってはセリエAの名門チームJuventusとTorino FCの本拠地として知られているでしょうし、お酒好きな人にとってはMartiniやCinzanoで、はたまたキリスト教系オカルティズムではトリノ聖骸布のあるところとして認識されているかもしれません。このように色々と有名なものを持ちながらも日本ではあまりピンとこないのは、FIATが今ひとつ冴えないせいで街自体の活気も足りないせいかもしれません。

トリノにはトリノ空港があるので私達はここから入りましたが、ミラノから120km程度しか離れておらず、長距離便の場合はミラノの空港を使用するようです。トリノ空港に着陸する直前には今回宿泊するホテルの建物を上空から見つけることができました。というのは、今回のホテルはFIATが工場として使用していたLingottoという建物をRenzo Pianoの設計でリノベーションしたものなのですが、何といっても特徴的なのは屋上部分に長円形のテストコースを持っていたということで、それは現在でも保存されており、見学も可能となっています。そのおかげで、初めて見る私でもしっかり視認できたというわけです。

イタリアと言えばやはりイタリア料理です。滞在中にも現地事務所の歓待を受けましたが、連れて行ってもらったレストランはどこもとても美味しく、毎晩満足させてもらいました。本場の料理は日本人の口に合わなかったりということもありがちですが、そのようなことは全く無く、当然アルデンテのパスタやリゾット、新鮮な海の幸山の幸、ふんだんに使われたチーズなどどれをとっても素晴らしかったです。

ただ若干閉口するのは夕食の集合時間が8時だったりして食べ始めるのが遅く、またさらに長時間に渡るので食事だけなのにホテルに帰るのが毎晩12時前後になってしまうということでした。精一杯のもてなしをしてくれているのですからもちろん文句はありませんが、もうちょっとゆっくりして疲れを取りたかったというのが本音です。

また、イタリアでコーヒーと言えばエスプレッソです。これは何の誇張でもなく、レストランなどでただ「コーヒー」と注文すると当然のようにエスプレッソが出てきます。日本で普通のドリップコーヒーに近いものを飲みたければ「アメリカン」(アメリカーノ)と頼めばエスプレッソをお湯で割ったアメリカーノが飲めると思いますが、イタリアではあくまでエスプレッソが基本なのでこれ以上は難しいようです。しかしそのエスプレッソの味はさすがで、日本のその辺の店ではなかなか飲めないような濃厚なものを楽しむことができるので、コーヒー中毒の私にはとても嬉しいです。

今回のトリノ市内の移動はタクシーを利用することが多くなりましたが、乗っていて感じるのは日本やアメリカとは大きく異る交通秩序です。決して無法地帯というわけではなく、信号はしっかり守られているようです。しかし信号が赤から青に変わって走り出すのが1秒でも遅れれば後続車からホーンが鳴らされますし、あまり車両通行帯がないので進路は幅寄せで奪い合うような感じになっていて、常に気が抜けないような感じなので、仮に現地に駐在するとなった場合には大きな障害かもしれないと思いました。

ということで帰国時には乗り継ぎの都合でアムステルダムで一泊したので市内を散策してきましたが、ここもイタリアとは何もかもが違うところで、ヨーロッパ各国もアメリカも含めて「欧米」と一括りにするのはあまりに乱暴だということを改めて実感しました。日中韓だけでもかなり違って一括りにはできないのですから、当然のことですけどね。

奈義町現代美術館 NagiMOCA

思いがけない感動。

昨日は朝夕に部活の試合が行われる中学校へ次男を送り迎えする必要があったので、その間にどこかへ出かけようと思ったのですが、ある時間までに戻らなければいけないとなるとそれに対して余裕を持って行動する必要があるのであまり遠くへ行かずに楽しいところがあるだろうかといろいろ考えていました。その時、旅行に特化したキュレーションサイトRETRIPの「息をのむほどの美しさ。日本にある“フォトジェニック”な美術館7選」という記事が目に付いたのですが、その中の一つが今回行くことにした奈義町現代美術館 (Nagi-cho Museum of Contemporary Art)です。

奈義町は岡山県の北東部に位置する人口6000人ほどの農林業を主要な産業とする小さな町です。しかしここに、素晴らしい美術館があるというのです。自宅からは一般道でも2時間かからない距離なので、思い立ったが吉日ということでさっそく行ってみることにしたのでした。しかし「フォトジェニックな美術館」というのは美術館としてはどうなのかと少々疑問を抱きながらだったのですが、行ってみるとそれは完全に払拭されました。

建物は磯崎新の設計によるものですが、目立つのは斜めにそそり立つ円筒形の構造物です。前掲のRETRIPの記事はあえてほとんど読まずに行ったのでこれが何なのかは知らないままだったのですが、あとで考えればそれがかえって良かったかもしれません。窓口で丁寧に説明してくれた時に「右側奥の黒い螺旋階段を登ると円筒に入ることができる」と教えてくれたのですが、まさか中がこんな風になっているとは思わず、とても感動してしまいました。

常設展示は3点の小さな美術館なのですが、入り口を入って最初にあるのは磯崎新の妻である宮脇愛子による『大地 ≪うつろひ-a moment of movement≫』です。この作品は半分が屋外、もう半分が屋内となっているので、季節によって感じ方が異なるかもしれません。壁に沿ってベンチが並んでいるので、座ってゆっくり時間の流れを感じると良さそうです。

そして今回最も感動したのがあの円筒の中、螺旋階段を登っていった先にある荒川修作+マドリン・ギンズの『太陽 ≪遍在の場・奈義の龍安寺・建築する身体≫』です。私はこの作品を目の当たりにした時の感動を言葉でも写真でも表現することができません。見たままを言うと、真南を向いて傾斜して設置された天面側が光を取り入れるようになっていて、その反対側は黒、そして側面に沿って左右に龍安寺の石庭、下にはベンチとシーソー、鉄棒があり、上には同じものが1.5倍の大きさになって設置されています。こうして写実的に説明しても感動はさっぱり伝わらないはずですが、それがどう凄いのか、それは実際に足を運んで見てみるしかないでしょう。あくまで私にとってはですが、この作品にはそれだけの価値があると思います。

ちなみにあとで調べて知ったのですが、この作品の作者、荒川修作とMadeline Ginsの二人ですが、私が以前帰省の途中にわざわざ立ち寄って入口まで行ったにも関わらず閉園日で入れなかった養老天命反転地の作者だったのでした。つい先日後輩Mが養老天命反転地に行ったそうで、その話を聞いた翌日だったというのは奇遇というものですが、ぜひもう一度行って体験しなければという思いを強くしました。

そしてもう一つの常設展示は『月 ≪HISASHI-補遺するもの≫』ですが、この作品が私には最も難解でした。部屋の形が三日月型をしているので「月」というのはいいのですが、HISASHIなるものが実に不思議な物体です。作者の説明によると「『補遺』という概念を的確に表わしているもの」なのだそうですが、その「的確」という単語の定義すらあやふやに感じてしまうほど、得体の知れない感じです。一般の人が「現代美術」というものに持っているイメージはまさにこういうものかもしれません。

この作品、というよりこの部屋が面白いのは、意図的なのかどうかわかりませんが音が非常によく響くということです。自分の咳払いや足音、カメラのシャッター音も大きく響き渡るので、もしもたくさんの人が同時にこの部屋にいたら騒がしくて仕方がないかもしれません。なお、この日私は午前中に訪れたのですが、他の見学者は2,3人いたようですが同じ部屋にいることはなく、それぞれの作品を自分ひとりで占有することができてとても良かったです。

ここでは常設展の料金で特別展も見ることができるのですが、この日は特別展として田代卓展をやっていました。田代卓の作品は広告などでも使われているので多くの人が一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。鮮やかな色使いと目の大きな可愛らしいキャラクターで非常にポップなイラストが特徴ですが、見ているだけで楽しくなるような作品が並んでいました。

ということで、めったに美術館になど行かない私ですが、ここは本当に行ってみて良かったです。周りには何もないところなので遠くからはなかなか訪れにくいかと思いますが、直島へ行くついでにでもいかがでしょうか。といっても私はまだ直島へ行ったことがないので、次は是非と思っているところですが。なお、私も念のため確認しましたが、この奈義町現代美術館では写真撮影は基本的に、営利目的などでなければ問題ないようです。ただし通常、特別展の撮影は禁止されているようですが、今回の田代卓展は「田代卓展/奈義町現代美術館」とクレジットを入れることでSNSなどへの投稿も許可する、との柔軟な姿勢でした。

書寫山圓教寺

お城だけではありません。

(ちょっとレイアウトが上手くいかず、読みにくくて申し訳ありません)

私の自宅は兵庫県姫路市にあるのですが、姫路といえば何といっても世界遺産で国宝の姫路城です。ここ数年、特に昨年大規模保修工事が終わってからは海外からの観光客もたくさん訪れるようになっていて、大変な賑わいとなっています。しかし、皆姫路にやって来てもお城を観たらすぐに次の観光地へと移動してしまうので、なかなか市内にお金が落ちていかないのではないかと思われるのが残念です。

では一体何があるというのかですが、姫路市内のもう一つの名所と言えるそれは、城から見て北西の方向にある書寫山圓教寺です。比叡山、大山と並んで天台宗の3大道場と呼ばれた格式の高い寺で、かつては京都からわざわざ天皇や鳳凰も訪れていたとのことです。

この圓教寺には姫路駅から書写ロープウェイ行のバスに乗り、終点の書写駅バス停から書写山ロープウェイに乗り換えます。また、ロープウェイ山麓駅のそばには無料の駐車場もあるので、車で行っても年始などでなければ停める場所に困ることはないでしょう。

ロープウェイの乗車時間は4分ほどで、山上駅で降りてから25分ほど参道を登ると摩尼殿にたどり着きます。また、山上駅を降りるとすぐ参拝料を支払うところがあるのですが、ここで500円余分に払うと摩尼殿そばまでのマイクロバスに往復乗ることができますので、歩くのが辛い人や時間のない人はこれを利用すると良いでしょう。

摩尼殿は京都の清水寺のような舞台造りの建物になっています。清水寺ほどの規模ではありませんが、趣では負けていないのではないかと思います。昔の人はなぜわざわざこんな斜面に建てたのかと不思議に思えますが、現在の建物は1933年に完成したものだそうで、実はそれほど古いものではありません。したがって、一番立派な建物に見えながら、重要文化財には指定されていません。

一方、さらに先へ歩くと大講堂と食堂(じきどう)、常行堂という3つの建物が並んでいます。これらは14世紀から15世紀に建てられたもので、いずれも重要文化財に指定されています。食堂は一般公開されていて自由に中に入ることができますが、これだけの大きさの総二階だての仏堂というのは珍しいものだそうです。また、この建物はいろいろな映画の撮影にも使われていて、最も有名なのがラストサムライです。この撮影の際にはTom Cruiseも姫路に来たということで騒ぎになったものですが、さすがに街中を普通に歩いたりはしなかったようなので私が見る機会もありませんでした。

これらの他にもいくつもの建物があり、そのうち重要文化財に指定されているものも少なくありません。また自然が残されていて、本当に山の中に建物が建っているような形になっていますので、ちょっとしたハイキング気分も楽しむことができます。さらに、ロープウェイに乗らずに山麓から歩いて登ることももちろんできるので、軽い登山を楽しんでもいいと思います。

ということで、昨日妻と二人で紅葉を見に行ってきたのですが、紅葉はピークを過ぎてはいたもののまだきれいな木も残っていてなかなか楽しむことができました。来週末にはもみじまつり(PDF)も予定されていて賑わうのだろうと思いますが、残念ながら紅葉自体には若干遅いものの、ライトアップも行われるのでそれなりに美しい紅葉を楽しむことができるのではないでしょうか。

ラスト サムライ [Blu-ray]

¥ 838

(2016-11-20現在)