Archives

2016年アメリカ大統領選挙

まさかの展開かもしれませんが。

私もそれほど注目していたわけではないのですが、昨日アメリカでは大統領選挙の投票が行われ、共和党候補のDonald Trumpが民主党のHillary Clintonを抑えて当選確実となりました。この結果を勤務先で聞いて私も驚きましたが、事実は事実として受け入れるしかありません。

Hillaryは言わずと知れた第42代大統領Bill Clintonの婦人ですが、その後上院議員、Obama政権の国務長官を歴任してきたバリバリの政治家です。もしも当選していたら初の女性大統領になるということでも注目されていましたが、これが逆に仇になり、これまで2期続いた黒人大統領に続いて今度は女性、ということを嫌った白人男性の票がTrumpに流れたという話もあります。また、ファースト・レディの時から国政にだいぶ口出ししているように見えたので、女性でも保守的な人にはあまり良く思われていなかったのではないでしょうか。

一方Trumpの方は問題発言があったりもしましたが、アメリカが世界のすべて、強いアメリカこそ正義という人々にとっては耳障りの良いことをいっていたこともあって特に低所得者層の人気が高かったようですね。アメリカ人でも私や他の日本人の友人らと接しているような層の人々でTrump支持の人というのはほとんどいなかったようなので、同じアメリカでもくっきり別れた2つの世界があるような印象です。開票結果を見ても東海岸と西海岸の州ではHillary、中央部ではTrumpと見事に分かれています。

しかし結果が出た今、実はTrumpでもそれほど酷いことにはならないのではないかと私は思っています。実際、勝利演説ではかなりまともなことを言っているようですし、結局のところアメリカという超大国はたった一人の力でそんなに大きく舵を切れるものではなく、政権運営はどれだけ優秀なスタッフを揃えることができるかというところにかかっているはずです。これまで政治家としての経験のないTrumpの能力は未知数かもしれませんが、ビジネスにかけて超一流であることは間違いないわけで、ビジネスマンらしく思い切った経営手腕を発揮してくれるかもしれません。

それにしても、相当な僅差であったというのはかなり健全に思われます。どちらに転んでもおかしくないほど、ほぼ同程度にそれぞれ支持されているというのは、一気に民主党に傾いたり大きく揺り戻したりする日本よりもよほどバランスが取れています。もはや日本人は懲りてしまったかもしれませんが、日本にも本当に政権担当能力のある政党がもう一つあったらと思いますね。

イチローMLB 3000安打達成

ついに!

アメリカ、メジャーリーグのマイアミ・マーリンズに所属するイチロー選手が、昨日ついにメジャーリーグでの3000本安打の偉業を達成しました。今スポーツといえば世間はリオデジャネイロ・オリンピックでしょうが、その影でイチローはとうとうやってのけました。2998安打に来てから11打席ヒット無しと足踏みが続いていましたが、3000本目は3塁打というイチローらしい、史上2人目の珍しい記録です。

実は私自身は特に野球が好きというわけでもなく、むしろ日本のプロ野球は嫌いな方なのですが、イチローに限っては別です。彼の磨きぬかれた技術は練習に裏付けられ、考え抜かれたものです。最近もYouTubeでイチローの好プレーに見入っていたところですが、打ってよし、走ってよし、守ってよし、と野手としてこれほどまでに三拍子揃った選手が他にいる、いや過去にもいたのでしょうか。

イチローの3000本安打は42歳で達成されたということで、これまでの他の29人に比べて遅いと言われています。イチローの場合はMLBに移籍する前に日本のプロで9年間プレーして1278本のヒットを放っているわけですが、どちらが上とか下とかではなくNPBとMLBでは同じ野球でもかなり違うので、これを合算するのはまた意味が違うと私は思います。しかし時間はかかってしまいましたが、今回あくまでMLBで3000本という記録を達成したことで、イチローの凄さが紛れもないものになったというのは大きな意味があるのではないでしょうか。

それにしても、デトロイトにいる間にタイガーズの試合は5回ほど観戦に行っていて、日本人選手の姿も何度か見ているのですが、イチローの出る試合を見ることができなかったのは残念です。オリックス時代には観たはずなのですが、残念ながらその時には凄さを知らなかったのでよく覚えていません…

なにはともあれ、おめでとう!

Reese’s Pieces

いくら好きだからって。

アメリカ人のピーナッツバター好きは知っている人は知っているという程度でしょうか。私も聞いてはいたのですが、それがお菓子になっているとまでは知りませんでした。それがReese’sというもので、ピーナッツバターをそのままチョコレートでくるんだような、非常に甘くてこってり濃厚、かなりカロリーが高そうですが、実際2個入りのパッケージでは210kcal、ナトリウムも150mgも入っており、大変体に悪そうです。確かに子供の頃はピーナッツバターをパンに塗ったあと、そのスプーンを舐めるのが最高の喜びだったという人もいるかと思いますが、それならお菓子にしてしまえというのはいかにもアメリカ的な乱暴さです。

私も何度か食べたことがありますが、食べると必ず後悔します。美味しくないわけではないのですが、あまりに体に悪そうなので食べなくてもよかったのではないかと思ってしまうのです。しかしこの派生商品であるReese’s Piecesは私のお気に入りになってしまいました。

こちらはピーナッツバターをM&Mと同じようにキャンディーでコーティングしたもので、黄色、橙色、茶色の3色の粒になっています。Reese’sの問題の一つは非常に食べにくいことで、必ずチョコレートで手がベタベタになってしまうのですが、Reese’s Piecesはまったく手を汚さずに食べられるというのが利点です。また、小さな粒なので食べる量を調節しやすいというのもいいところです。しかしやはりカロリーは高く一人分で200kcalとなっていますが、ナトリウムは45mgと元のReese’sと比べるとだいぶ抑えられており、これも私にとっては嬉しいところです。とはいえ、決して少なくはないので食べ過ぎには気をつけなければならないでしょう。

これはHershey’sの製品ですが、さすがに売れないと思われているのか日本では販売されていないようです。まあやはり売れないだろうと私も思うので仕方ありませんが、先日の出張の際に久々に食べたくなって買ってきてしまいました。ちょっと大きめの袋で買ってきたのをZiplocのケース2つに移し替えて、1つを机の上に置いておいてちょっとずつつまんでいますが、たまに止まらなくなってしまうのが困りものです。ただ甘いだけでなく、ちょっと塩味が効いているので飽きてしまいにくいというのが長所でもあり短所でもあるのかもしれません。それがわかっていますし、やっぱり体に良くないのでもともとあまり買わなかったのですが、まあたまにはね。