Archives

Doctor Strange

少なくとも期待には応えてくれました。

香港を皮切りに各国での一般上映が始まったのが昨年10月、それから3ヶ月ほど経った昨日ようやく日本でも映画「ドクター・ストレンジ」が公開されました。この作品もMarvel Comicsのコミックシリーズを原作とするコミックの実写化作品の一つですが、主役のDoctor StrangeをあのBenedict Cumberbatchが演じているということで一部では大きな話題となっていました。Benedictといえば「スター・トレック イントゥ・ダークネス」で悪役のJohn Harrison、「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」では主役のAlan Turingを演じていましたが、演技派の本格俳優です。まあハリウッドの大作で主演を張る人が本格でないはずはありませんが、イギリスBBCのドラマシリーズ「SHERLOCK」の主役Sherlock Holmesでも大人気を博しており、そんなBenedictがMarvelの作品に出るというのは驚きがあったと思います。

ということで待ちに待った公開初日、仕事の後にカレーを食べてから、これまで何度か一緒に映画を観に行っているMarvelファンの職場のO君と二人で市内唯一のシネコンに行ってきました。初日といっても金曜日の夜7時半からだったので観客はまばらでしたが、それだけにわざわざ観に来ていた人たちなのでみなそれぞれ期待して来ていたのではないでしょうか。日本の映画館なので静かに観ていましたが、何となくいつもとは空気が違うような気もしました。たぶん気のせいですが。

Marvelの作品群の中でも日本では知名度の低いDoctor Strangeですが、本作は映画化シリーズの第一作ということで、いかにして魔術師Doctor Strangeが生まれたかという導入部分を描いているため、予備知識は一切必要ありません。主人公のStephen Strangeはニューヨークの病院で辣腕を振るう天才神経外科医ですが、なかなか鼻持ちならない野郎です。しかしある日、大事故に遭って後遺症が残るようになってしまい、そのままではもはや医者を続けることができないため八方手を尽くして最後にたどり着いたのがネパールの秘密の寺院Kamar-Tajであり、ここから不思議なストーリーが始まります。

Strangeの師となるAncient Oneはオリジナルのコミックでは老人男性のようですが、本作ではTilda Swintonが頭髪のない状態で演じています。作品中では年齢不詳の数百歳という役柄ですが、映像の中のTildaも56歳という歳には見えず、かと言って幾つくらいなのかもよくわからない不思議な感じです。兄弟子となるMordoはChiwetel Ejioforが演じていますが、これまでに他の作品で何度も観たおなじみの顔といった感じです。一方、敵役のKaeciliusはつい先日「ローグ・ワン」のGalen Erso役で見たばかりのMads Mikkelsenです。今週プロモーションのために来日して人柄の良さを振りまいていたようですが、「カジノ・ロワイヤル」の悪役Le Chiffreもこの人でしたね。

映像の方は魔術の演出にILMのCG技術を存分に発揮していますが、多くの撮影がグリーンバックで行われたのではないでしょうか。「インセプション」を彷彿とさせるような映像もありましたが、空間を自在に操るような魔術の映像はかなり見応えのあるもので、まさしく現代の技術がなければ映像化することのできない世界です。数十年前の人々には想像もできないものでしょうが、そうすると数十年後の映画は一体どのような進化をとげるのでしょうか。

しかしStrangeという名字もどうかと思いますが、そこには目を瞑るしかないのでしょうね。本当にそんな名前だったら子供の頃きっといじめられるでしょうが…

Suicide Squad

批評家の評価なんて気にしない。

先週末から日本でも公開された映画「スーサイド・スクワッド」ですが、批評家の評価から算出されたTomatometerの値が低すぎると怒ったファンが「Rotten Tomatoesを閉鎖させよう」という署名運動をchange.orgで始めたということでもニュースになりましたが、Tomatometerの値は26%ということで確かに(アメリカの)批評家の受けは良くなかったようです。しかし、観客による評価Audience Scoreの方は67%となっており、ちょうど2/3ほどの人は悪く無いと思ったようなので、そんなに酷いものでもないようです。そんな状況ではありましたが、予告を見る限りは非常に面白そうなので楽しみにしていましたし、観てみないことには良いも悪いも言えませんので、実際には私はまったく迷わずに公開初日の昨日観てきました。ちなみに上記の署名運動は目標の25000人には届かず失敗に終わったようです。

この作品はDC Comicsのスーパーヒーロー映画が共有する世界の映画作品群「DCエクステンデッド・ユニバース」の一作品で、Marvelでいうところの「マーベル・シネマティック・ユニバース」の作品に相当するものです。特に本作は各作品で悪役として登場しているキャラクターらを集めて「目には目を」的にテロ対策に使うということになっており、具体的には「バットマン」に登場するDeadshot、Harley Quinnなどが主役として登場し、Joker、Batmanはチョイ役となっています。

DC Comicsの各作品は独特のダークさがありますが、この作品でもそれは同様です。特にJokerの狂気というのはMarvelでは考えられないものでしょう。Marvelの各作品、特にディズニーのものは基本的に大人から子供まで楽しめるようになっているのではないかと思いますが、最近のDC Comicsの各作品はかなり大人向けの作りになっているような気がします。私はネアカに楽しめるMarvelも好きですが、どうもDCの影のある感じのほうが好みのようです。

しかし、この作品ではHarley Quinに惹かれてしまいました。Harley QuinnことHarleen Quinzelを演じているのはMargot Robbieですが、元気いっぱいでありながら狂っている、Jokerの恋人を非常にセクシーかつ可愛らしく演じています。しかもそれでいて、ふと見せる心の影の部分もあります。

Suicide Squadの中のもう一人、Katanaで出演している日系アメリカ人の福原かれんにも注目です。女優としてはこの作品がデビュー作らしく、いきなりハリウッド作品とは大抜擢です。日本人の役なので台詞がほとんど日本語で、他の俳優との掛け合いもあまりないので未知数ですが、この作品では出番もそれなりにあります。両親は日本人ながらアメリカで生まれ育ったアメリカ人なので英語にはまったく問題ないはずで、今後活躍できるといいですね。しかし彼女に限らず、ハリウッド映画では日本語のセリフが妙にたどたどしくなってしまうのはそう指導されるからなのでしょうか。めざましテレビのインタビューでは普通にしゃべっていたので日本語も問題ないはずなのですが、作品中のセリフではかなり不自然な発音になっています。

ということで、私は間違いなくBlu-rayを購入すると思うのですが、この作品はサウンドトラックもかなり良く、アルバムはアメリカのBillboard 200で初登場1位を記録し、4週目の現在でも6位となっています。私はプレオーダーで購入して聴いていますが、twenty one pilotsのHeathensが特にお気に入りで、アルバムをかなり聴き込んでから映画を観たので、「この曲はここでかかるのか」というのも一つの楽しみになりました。もちろん映画そのものの続編も非常に楽しみですが、次回作のサウンドトラックにも期待してしまいます。

SUICIDE SQUAD

¥ 983

(2016-09-11現在)

X-Men: Apocalypse

前日譚はここまでのようです。

X-Menの世界では人間の中から突然変異で特殊な能力を持つミュータントが生まれてきて、多くの場合は奇形として迫害される人生を送っている、ということになっているようです。その能力がいかに強力なものであっても一人では社会に対しては無力であり、そうしたミュータントたちがProfessor Xの元に結集することによって初めて実際の力を得ることができる、というわけです。

この設定に対して、例えばアメリカ人と日本人とでは捉え方が異なるということはないでしょうか。個人の実力を重んじて、集団に埋没するよりも個性を発揮することに価値を認めるアメリカでは非常に理不尽だとミュータント側に立って考えそうですが、協調性・和を尊ぶ日本ではミュータントたちとどうしたら上手くやっていくことができるだろうかと社会側に立つ人の方が多いような気がします。

これは今ふと思っただけのことですが、実写映画版X-Menシリーズの最新作「X-MEN: アポカリプス」が先週末から公開されているので、夏休み中の昼間に観に行ってきました。

今回は「X-MEN ファースト・ジェネレーション」、「X-MEN: フューチャー&パスト」に続く、X-Menが発足する直前の時代を描いています。特殊な能力を持つがゆえに学校でいじめられていたCyclopsことScott Summersや、ミュータントたちの中でも強力すぎて距離を置かれていたJean Greyなどの後の主要メンバーらも登場してきます。

敵役として登場するのは最初のミュータントと言われるEn Sabah Nur、通称Apocalypse (黙示録)です。彼の本来の能力が何であるのかははっきりしませんが、一番の特徴は自分の精神を他のミュータントの肉体に移すことで事実上の不死を得ており、かつその際にもともと持っていた能力に加えて移った先のミュータントが持っていた特殊能力も獲得してしまうという点で、本作登場時点ではすでに神と呼ばれるほどに強大な力を持っています。この敵を一体どうやって打ち負かすことができるのでしょうか。

私はMarvel原作の映画版の中でもX-Menは好きなのですが、本作では現シリーズでの演出がとても良くて好きなQuicksilverが活躍してくれるのが非常に楽しかったです。予告にも登場していたあのシーンでの活躍はコミカルに描かれていましたが、X-Menにとっては非常に重要なものだったはずです。第1作以降の作品には登場していなかったのですが、この後どうなってしまうのかが気になります。

なお、このシリーズはMarvelがDisneyの傘下となってからも20th Century Foxの製作となっているので、一部のキャラクターがAvengersの方では設定や俳優が違っていたりしますが、映像のトーンも若干違っているのもスタジオの影響があるのではないかと思います。しかし、エンドロールのあとに1シーンあるのはMarvel作品のお約束なのか、この作品でもしっかりありますのでこれから観るという人はお見逃しの無いように。アメリカではその後に何もない場合はエンドロールが始まったところで館内の照明が点いたので分かりやすかったのですが、ほとんどすべての人がエンドロールに入ったところで出て行ってしまうのでそうしているのか、それとも照明が点くから帰ってしまうのか、どちらが先なのかはわかりません。