Archives

Logan

ヒーローだって年を取ります。

LoganといえばX-Menの中心人物の一人であるWolverineですが、アメリカで次男が通っていた小学校がLogan Elemetary Schoolというところで、かつ住んでいたミシガン州の「州の動物」や住んでいたアナーバーにあるミシガン大学のマスコットがWolverine (クズリ)だったりとなんとなく色々関わりがあるのですが、だからと言ってどうというわけではありません。ただそのWolverineを主人公に据えたX-Menシリーズのスピンアウト三部作の最後、映画「LOGAN/ローガン」を観てきたという話です。

舞台は2029年、今から12年後のアメリカ、テキサス州のメキシコとの国境辺りです。近未来の話ではありますが、ちょっと車が未来的なデザインになっていたりするくらいで現代とはほとんど変わりません。ただ、変わっているのは登場するWolverineやProfessor Xが年を取ってしまっているということで、その姿は結構ショッキングです。この時点で25年間新しいミュータントが生まれていないということもあり、かなり絶望的な空気が漂っています。

そんな状態からどのように物語が進むのかということですが、終わってみると心温まるところもある、なかなかいい映画だったと思います。ただ、日本ではR15、アメリカではRのレイティングとなっており、結構な残虐描写が含まれています。これによって特にアメリカでは観客をかなり制限することになってしまっているのでしょうが、これは登場人物らの残忍性をしっかり表現するためには必要なものなのではないかと私も思います。

主人公のWolverine/LoganことJames Howlettはこれまで通りHugh Jackmanが演じていますが、Wolverine役で大当たりとなった彼にとって年老いて衰えたLoganを演じるというのはどういう思いだったでしょうか。また、Professor Xを演じているのはPatrick Stewartで、彼ら二人とも実年齢よりも20歳ほど老けた役となっていますが、二人ともこの作品がX-Menシリーズでの見納めとなってしまうようです。また、謎の少女Lauraの役で存在感を示しているのはDafne Keenという12歳の少女です。実年齢相応のかわいさのある彼女ですが、イギリスとスペインのハーフらしくラテン系の顔立ちをしているのでメキシコ人の役でもまったく違和感はありません。また今後が楽しみな子役が出てきたのではないでしょうか。

ということで、今作ではWolverineらもかなり酷い目に遭ったり、衝撃的なシーンも多々あるので観ていて辛いところもあったのですが、終盤にはとても美しいシーンもあり、とても見応えのある作品になっているのではないかと思います。少なくとも、アメコミものにありがちなヒーローがやたら強い薄っぺらいものとは一線を画した、ドラマとして観られるものになっているのではないでしょうか。

Guardians of the Galaxy Vol. 2

「リミックス」の意味わかってますか?

今日は次男の15回目の誕生日ということで例年通り休暇を取って家にいたのですが、当然ながら次男本人は学校に行っていたので、結局それは休暇を取るための口実というかきっかけに過ぎません。そういうことでもないと有給休暇を消化することもできないので、私は毎年家族の誕生日と結婚記念日には休むようにしていますが、だからといってどこかへ出掛けたり、ごちそうの準備をしたりするというわけではなく、ただただのんびりしているのが通常のパターンです。ただその代わり、昨日の日曜日には次男と駅前へ行って服を買ってやり、映画を一緒に見て、美味しいバーガーを食べてきたのでまあ問題ないでしょう。

ということで昨日観てきた映画というのがとても面白かった「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の続編、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス」です。原題では”… Vol.2″となっていて今後の続編にも問題ないようになっているのですが、「リミックス」の次はどうするつもりなのかちょっと心配です。いつも思うことですが、邦題の付け方にどうも考えが足りないような気がします。それはさておき、今回もとても面白い作品に仕上がっていました。

冒頭のMarvelロゴがAvengersのキャラクターたちが描かれたちょっとリッチなものに変わっていて「おっ」と思った後、オープニングからBaby Grootのかわいさ全開です。前作の最後の方で仲間をかばってバラバラになってしまったものの、残った枝をRocketが挿し木して育てたのがBaby Grootですが、今作では最初から最後までかわいくて仕方がありません。一番たまらないのは宇宙船のシートに座ってM&M’sか何かを食べているショットでしょうか。

また今回も全編に渡って笑いがいっぱいです。前作はアメリカで観たので笑うところがわからなかったということもありましたが、今回は字幕の助けを借りて大いに楽しみました。しかし、字幕とセリフではタイミングが違うので、字幕が先に出てネタバレのようになってしまうこともあって難しいところです。また、本作をより楽しむためには80年代のTVドラマ「ナイトライダー」について知っておいた方がいい、というか「ナイトライダー」を知らないと何が面白いのかわからないということになると思います。ネタバレになると悪いのでこれ以上は言いませんが、知らない人はWikipediaでも読んでおくといい…と言いたいところですが、このページは情報量が膨大ですね。

他にも様々なネタが仕込まれていて、今回は下ネタもあってレーティング的にも問題ないんだっけというのはあったのですが、エンドロールまで小ネタがあって楽しめます。最高なのはエンドロールの最後の方にあるのですが、恐らく日本人には気づきにくいところではないかと思います。観た後で気になる方はScreen Rant: Guardians of the Galaxy 2: All 5 Post-Credit Scenes Explainedというページの前置き部分に書かれているのでご覧になってください。なお、このページで紹介されている通り、本作はエンドロールに入ってから5つもポストクレジットシーンがあるので、最後の最後まで席を立たないことをお勧めします。

もう一つ、本作ではやはり音楽が大きな役割を果たしていて、70、80年台のノリの良いポップスが何曲もかかって楽しいです。これは前作でPeterが母親から最期の時に贈られたカセットテープに入っていた、ということになっているようですが、それが本作のサウンドトラックとして映画公開のしばらく前から発売されていたので私も購入して、これがどんなシーンでかかるのかなと思いながら聴いていました。映画を観たあとはそのシーンを思い浮かべながら聴くことになるので、印象もまたちょっと変わりますね。ちなみに次作ではZuneを使うのでしょうか。Zuneなんてまた懐かしい…と思いましたが、結局日本では発売されなかったのですね。

Guardians Of The Galaxy, Vol. 2

posted with amazlet at 17.05.14

Va Hollywood Records (2017-04-28)売り上げランキング: 27

Amazon.co.jpで詳細を見る

ということで、次男にはちょっとわからなかったところがあったものの、それでもそれなりに楽しめたようです。しかし、やはりこの作品は私の世代向けかもしれません。

Doctor Strange

少なくとも期待には応えてくれました。

香港を皮切りに各国での一般上映が始まったのが昨年10月、それから3ヶ月ほど経った昨日ようやく日本でも映画「ドクター・ストレンジ」が公開されました。この作品もMarvel Comicsのコミックシリーズを原作とするコミックの実写化作品の一つですが、主役のDoctor StrangeをあのBenedict Cumberbatchが演じているということで一部では大きな話題となっていました。Benedictといえば「スター・トレック イントゥ・ダークネス」で悪役のJohn Harrison、「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」では主役のAlan Turingを演じていましたが、演技派の本格俳優です。まあハリウッドの大作で主演を張る人が本格でないはずはありませんが、イギリスBBCのドラマシリーズ「SHERLOCK」の主役Sherlock Holmesでも大人気を博しており、そんなBenedictがMarvelの作品に出るというのは驚きがあったと思います。

ということで待ちに待った公開初日、仕事の後にカレーを食べてから、これまで何度か一緒に映画を観に行っているMarvelファンの職場のO君と二人で市内唯一のシネコンに行ってきました。初日といっても金曜日の夜7時半からだったので観客はまばらでしたが、それだけにわざわざ観に来ていた人たちなのでみなそれぞれ期待して来ていたのではないでしょうか。日本の映画館なので静かに観ていましたが、何となくいつもとは空気が違うような気もしました。たぶん気のせいですが。

Marvelの作品群の中でも日本では知名度の低いDoctor Strangeですが、本作は映画化シリーズの第一作ということで、いかにして魔術師Doctor Strangeが生まれたかという導入部分を描いているため、予備知識は一切必要ありません。主人公のStephen Strangeはニューヨークの病院で辣腕を振るう天才神経外科医ですが、なかなか鼻持ちならない野郎です。しかしある日、大事故に遭って後遺症が残るようになってしまい、そのままではもはや医者を続けることができないため八方手を尽くして最後にたどり着いたのがネパールの秘密の寺院Kamar-Tajであり、ここから不思議なストーリーが始まります。

Strangeの師となるAncient Oneはオリジナルのコミックでは老人男性のようですが、本作ではTilda Swintonが頭髪のない状態で演じています。作品中では年齢不詳の数百歳という役柄ですが、映像の中のTildaも56歳という歳には見えず、かと言って幾つくらいなのかもよくわからない不思議な感じです。兄弟子となるMordoはChiwetel Ejioforが演じていますが、これまでに他の作品で何度も観たおなじみの顔といった感じです。一方、敵役のKaeciliusはつい先日「ローグ・ワン」のGalen Erso役で見たばかりのMads Mikkelsenです。今週プロモーションのために来日して人柄の良さを振りまいていたようですが、「カジノ・ロワイヤル」の悪役Le Chiffreもこの人でしたね。

映像の方は魔術の演出にILMのCG技術を存分に発揮していますが、多くの撮影がグリーンバックで行われたのではないでしょうか。「インセプション」を彷彿とさせるような映像もありましたが、空間を自在に操るような魔術の映像はかなり見応えのあるもので、まさしく現代の技術がなければ映像化することのできない世界です。数十年前の人々には想像もできないものでしょうが、そうすると数十年後の映画は一体どのような進化をとげるのでしょうか。

しかしStrangeという名字もどうかと思いますが、そこには目を瞑るしかないのでしょうね。本当にそんな名前だったら子供の頃きっといじめられるでしょうが…