Archives

iPhone 6 Plus バッテリー交換…失敗

結局何も解決せず…

年の瀬も迫った12月28日、多くのアメリカ人はクリスマス休暇の真っ最中のはずですが、Appleが同社ウェブサイトで「iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、お客様にお伝えしたいこと」という発表を行いました。Appleがバッテリーの劣化したiPhoneについて意図的に性能を制限しており、バッテリーを交換すれば問題ないのにそれを公表せず買い替えを促すようにしている、として集団訴訟が起こされたことへの対応ですが、そのタイミングからどれだけ重要な問題と捉えられているかがわかります。

「予期しないシャットダウンを防ぐため」というのがAppleの説明ですが、それをユーザーに知らせず無断でやっていたのが大きな問題でした。ユーザーのためを思ってと言うなら、「低電力モード」というものもあるのだからそれを常時オンにできるようにしたり、現状と同様の動作になる別のモードを設ければ良かった話であり、かなりの悪手であったことは間違いありません。おそらくこのせいでまた何人もの首が飛んだり降格されたりするのでしょう。

この問題が大きな話になってきたことから今回の発表に至ったわけですが、Appleから提示された解決策はバッテリー交換の費用をUS$50減額することと、バッテリーの状態が見られるようにiOSをアップデートするということでした。しかし、意図的な性能制限は解除できないようなので、これまでどおりの性能で動作するようにするにはバッテリーを交換するしかないようです。

私のiPhone 6 Plusも最近バッテリーの持ちが悪くなり、問題のiOS 11にアップデートした時から明らかに性能の定価や動作の不安定さが感じられていたので、これは朗報と捉えていました。とはいってもアップルストアは心斎橋まで行かないとないので面倒だなあと思っていたのですが、実は全国各地にApple 正規サービスプロバイダというものがあって、そこでも修理を受けることはできるのでした。そういえばそんな看板を見たことがありますし、iPhoneだけでも年間何千万台も売れているのですから、アップルストアだけで賄えるわけもありませんでした。ということで、私の自宅最寄りの窓口が駅前にあることがわかった、というか思い出したので、大晦日にウェブサイトから予約して、正月早々に対応してもらってきました。

なお、アメリカではすでに交換費用の減額が行われているそうですが、日本ではまだその対応は行われておらず、従来からの修理費用が必要なようです。しかし、わずか3000円ほどでバッテリーが交換できるとなればユーザーが殺到して窓口が非常に混雑することが目に見えているので、多少高くともそれには目を瞑って性能を取り戻したいというのが私の判断でした。

サービス窓口の方々の対応は終始丁寧で非常に気持ちよかったのですが、まず最初に私のiPhoneの診断を行ったところ、バッテリーの状態は「すこぶる健康」とのことでした。確かに私が自分でバッテリー診断アプリを使ってみた時にもそのような結果だったのですが、実際問題としてバッテリーの減り方は明らかに普通ではなく、私自身はその診断機能も正しく動作していないのではないかと疑っています。しかし、バッテリーを交換したとしても症状が解消するという保証がないというのは事実なので、今日のところは引き下がることにしました。完全初期化すればひょっとすると…とは言われましたが、その後バックアップから復旧してしまっては意味がないとのことなので、一からセッティングし直さねばならず、それはさすがに面倒なのでとりあえず今のまま使い続けることにします。

ということで、バッテリーを交換してまだしばらく粘ることができるなら今年秋の発売が予想されるiPhone Xの後継機に買い換えようと思っていたのですが、このままではあと1年近くも頑張れる気がしないので、近々iPhone 8 Plusあたりに買い換えることになるのではないかと思います。まあ、今回の措置ではバッテリーの状態にかかわらず交換を受け付けるという報道もあったので、キャンペーンが始まったところでまた窓口には行ってみることにはなるでしょう。

Blockhead

改良の余地あり。

Appleの製品を何か購入したことがある人はおそらくご存知だと思いますが、Appleの電源アダプターは電源プラグ部分が各国の仕様に合わせて交換できるようになっており、製品購入時にはアダプターに直接プラグを付けるタイプと、Macbook Proなどではさらにアダプターからプラグまでの間を1.8mのケーブルで延長するタイプのものが同梱されています。これらも自由に変えて使うことができるのですが、この延長ケーブルがかなりしっかりした太いもので取り回しづらく、持ち運びには適さないので私は専ら直接プラグのタイプを使用しています。ちなみにこの延長ケーブルは単品で買うと定価2200円もするようです。

しかし、このプラグの向きが平たいアダプター本体に対してブレードが並行になる形になっているので、壁コンセントに挿した場合に本体が大きく突き出してしまい、邪魔かつ不安定という問題があります。これを解決しようというのがBlockheadという製品で、プラグの向きを90°回転させてアダプター本体に垂直になるようにするものです。こんな製品が最近になってようやく登場したというのが不思議なくらいですが、アイデア製品ということでたかが電源プラグなのに$20となかなかの価格になっています。私はアメリカ出張のついでに購入してきましたが、日本ではフォーカルポイントが代理店となって販売しているようなので普通に購入できるでしょう。

Ten One Design Blockhead (MacBook/iPad 電源アダプタ対応 横向き変換プラグ) 【日本正規代理店品】TEN-OT-000003

posted with amazlet at 17.08.25

Ten One Design 売り上げランキング: 15,008

Amazon.co.jpで詳細を見る

純正のプラグではちょっと緩い壁コンセントの場合に自重で抜けてしまうという問題が私にとっては一番大きかったのですが、Blockheadを使用すると本体の重心がコンセントに近くなり安定するという効果が期待できそうです。品質はしっかりしているようで、スムーズに装着できてガタツキもありません。

しかし、携行して使用しようとすると実は大きな欠点があります。純正のプラグはブレード部分を折って樹脂部分に格納できるようになっているのですが、Blockheadでは固定されてしまっていてそれができないのです。これは私もうっかりしていたことですが、プラグが他の荷物などで圧迫されて曲がってしまうということは少なくないことなので、気を付けなければいけません。しかもBlockheadでは特に90°横に出ることになってしまうので、アダブターに付けたままにしておくのは難しいかもしれません。結局私は純正プラグを本体に付けておいて、Blockheadは一緒に携行する電源分岐用のケーブルに挿しておいてブレードを保護するということになりそうです。

実は見た目さえ気にしなければ一般的なメガネタイプの電源をそのまま挿すこともできるので、私は自宅の机の上で使う時はカメラの充電器に挿されているメガネプラグを抜いて使ったりもしています。端子がメガネプラグの短い電源ケーブルを使えば同じようなことはできそうな気もしますが、メガネプラグだけでアダプターの重みを支えることはできないので、このような構造が必要で高くなってしまっているのでしょうね。まあ何より見た目はすっきりしていて、かっこいいと感じる人もいるかと思います。

Jobs

どこまで事実なのかは…

Appleの創業者で元CEOのSteve Jobsが亡くなってから、いつの間にか4年も経ってしまいました。未だに新製品が発表されるたびに「ジョブズがいたら〜」という人がいますが、いい加減いつまでもすがっているべきではないでしょう。

最後の数年のWWDCなどでのプレゼンは欠かさず見ていたので、私にとっては偉大なプレゼンターという感じですが、死後まもなく発売された本人公認の伝記のおかげで彼についてはアップルファンでなくともよく知られているのではないでしょうか。また、この伝記をベースにしたりしなかったり、いくつかの伝記映画も製作されていて、その名も「スティーブ・ジョブズ」という作品はちょうど明日から公開されることになっています。おそらく私もこの作品は観に行くと思うのですが、その前にあまり評判の良くない2013年版「スティーブ・ジョブズ」を観てみました。

スティーブ・ジョブズ [Blu-ray]

¥ 3,926

(2016-02-11現在)

主役のSteve Jobsを演じているのはAshton Kutcherで、彼の役作りは頑張っていて、喋り方などもイメージ通りで、特に静止画で見ると悪くないと思うのですが、どうも歩き方が不自然で気になってしまいます。必要以上に猫背になっているのが良くないのかもしれません。私にはあまりそういう印象はないのですが、Jobsってそんなに猫背だったでしょうか。

一方、もう一人のSteve、WozはJosh Gadが演じていますが、こちらはさらにもう一歩です。束の間ながら実際に本人に会うことが出来たせいもあると思いますが、本物の人の良さそうなところが演じきれていないように感じました。この作品にとってもこれは大事なところなのではないかと思います。

物語として描かれているのは冒頭のiPod発表時の様子のほかは学生時代から初代Macintosh発売後に会社を追われるまでと、NeXTと共に返り咲くところのみで、エポックメイキングな最初のiMacやJony Iveにまつわるエピソードはあまり触れられておらず、物足りないように感じるのはそのせいなのだと思います。Iveには存在感を感じさせながら、深掘りしないというのはどういうことなのかという感じです。

しかしどうもJobsの身勝手さや取締役会に翻弄された様子などに力点が置かれていたようで、結局のところみんなが見たいJobsの映画ではなかったということなのだと思います。明日公開の「スティーブ・ジョブズ」の方は公認の伝記を映画化したものということなので、おそらくこちらは多くの人に支持されるのではないでしょうか。

ちなみにこの作品、今も養母のMarilyn Jobsが住むLos Altosの生家で実際にロケを行ったようですので、少なくともそのシーンの映像は事実にかなり近いということができるかもしれません。