Archives

IIJmio meeting 15 大阪会場

かなりマニアックでした。

我が家では一昨年の帰国以来、通信環境が携帯電話にIIJmioみおふぉん、インターネット接続にはIIJmioひかりというIIJmio独占体制となっているのですが、平日の昼休み時間帯のデータ通信と夜9時以降のインターネット接続の混雑が激しく速度が著しく低下する以外、特に不満を感じていません。

まあ、「以外」とは言ったもののかなり致命的な問題ではあるのですが、これはどの会社を選んでも同じような状況で誰でも感じていることでしょうし、夜の通信速度が遅いとは言ってもアメリカにいた頃のCATVのピーク速度よりもまだ速いので、単に上を見れば切りがないということかと思います。また、我が家の場合はマンションのVDSLがボトルネックとなっている可能性もあり、その場合はどこかが戸別に光回線を引いてくれるようになるまではどうしようもないでしょう。

ところで、IIJでは3ヶ月に一度、東京都大阪の2か所でIIJmio meetingなるイベントを開催しています。曰く、

IIJmioの開発・運用・サポートを行っている中の人と、スマホやMVNOに興味がある皆さんとでざっくばらんにお話しするフリートークや、スマートフォン・モバイル通信に関する技術・法律の話題を紹介するトークセッションを開催しています。

とのことで、どのような話になるのか今ひとつわからなかったものの、ちょっと興味を感じたのでIIJmio meeting 15 大阪会場に申し込んでみました。それが2週間ほど前のことだったのですが、その後参加が受け付けられたのかどうか確認のメールなどもなかったためすっかり忘れてしまっていて、前日の金曜日になって「このメッセージを受け取られた方は、会場でご参加頂くことが可能です。」というメールが届いて慌ててしまいました。幸い特に予定を入れていなかったため急遽参加することにしましたが、しっかりカレンダーなどに登録しておくべきだったと反省しています。

それはともかく、会場は大阪梅田グランフロント大阪内のナレッジキャピタルというところです。私の自宅最寄り駅である姫路駅から大阪駅までは90kmほどの距離があるのですが、JR神戸線新快速に乗るとちょうど1時間ほどで着いてしまうので、首都圏での距離感とはだいぶ異なると思います。とはいえ、運賃は距離の分だけ必要なので経済的な障壁はそれなりにあります。

大阪駅到着後に腹ごしらえを済ませてから会場へと向かい、受付を済ませて中へ入ると、ひっそりしたフロアの中でその一室だけが熱気に満ちていました。今回で15回目となるイベントながら私は初参加なので少々状況が掴めずにいましたが、席について開会を待ちました。席には1枚ものの簡単な資料とアンケート用紙、協賛のHUAWEIのパンフレットと一緒に、SIMカードの形を忠実に再現した特製オリジナルクリップが配布されていました。そのちょっとした裏話がありましたが、ちょうど良いツカミになっていたように思います。

プログラムはIIJの堂前氏の司会進行で進められましたが、まず初心者セッションとして「みおふぉん教室『SIMロックを解除してau, SoftBankのスマホを使うとどうなるのか?』」という堂前氏の話から始まりました。SIMフリーとして売られているスマートフォンではなく、三大キャリアから購入したもののSIMロック解除の仕方、解除後にどのタイプのIIJmioのSIMカードが使えるのか、といったようなことを笑いを交えてわかりやすく、時にマニアックな情報も付け加えながら話していただけて、とても興味を持って聞くことができました。

休憩を挟んでその次は競合するライバルのmineoから上田氏、杉野氏のお二人と、IIJの佐々木氏と堂前氏による「mineo × IIJmio スペシャルトーク」と題したトークセッションでしたが、ITmedia mobile編集長の田中氏のモデレーションにより様々なトピックに対するそれぞれの考え方を聞くことができて、これもなかなか面白い内容だったと思います。mineoを運営するk-opti.comが関西電力参加の企業であり大阪を拠点としているためか、このセッションは大阪会場のみとなっていて、代わりに東京会場では総務省の方からの講演があるようです。

最後は佐々木氏による「IIJの目指すフルMVNOサービス」という内容の「中級者〜上級者向け」というセッションでしたが、これは難しいというよりもとても堅い話で、私もちょっと関心を持つことができませんでした。ただ、「フルMVNO」というのが何のことを指しているのか、それによってIIJは何を得てどうサービスが変わっていくのか、ということは理解できたので一応内容は伝わっているのではないでしょうか。

その後、HUAWEI nova liteを賭けてのジャンケン大会と、質疑応答の時間がありましたが、会場から次々と質問が出てくるのは凄いと思いました。ただ、どういう関心を持ってそういう質問をしているのか、それを知ってどうするのかというような質問もあって、私にはそれがちょっと理解できないところがありました。結局、この人達はそういう方面のマニアなのだろうと解釈して納得しましたが、本当のところはどうなのでしょう。

ということで一通りの内容が終わり、この後懇親会もあるということでしたが私は苦手なのでさっさと退散しました。今回とにかく感心したのは堂前氏のいわゆるマシンガントークで、とにかくとめどなく言葉が溢れてくる流暢な喋りに自社の製品・サービスに対する愛と熱意を感じました。氏は技術広報担当課長とのことですが、エンジニアがそういう職についているというのはあまりないことではないでしょうか。それとも技術を売りにする会社にはあたり前のことなのでしょうか。

なお、今回の資料は一週間後の東京会場が終わったところでIIJmio meeting ARCHIVEの方で公開されるそうですし、また東京会場の様子はインターネット中継も行われるということなので、関心のある方は覗いてみてはいかがでしょうか。

Three 海外データSIM

どうしてこんなことが可能なのでしょうか。

いつでもどこでもスマートフォンでメッセージのやりとりができて必要な情報が得られるということに慣れきった私のような者にとって、携帯電話の電波の圏外にいるというだけで底知れぬ不安を感じたりするものです。以前はそもそも旅行中に連絡が取れなくなるというのは当たり前だったにも関わらず、海外へ行くとなった場合でもそれは同様で、なんとかして通信手段を確保しようとしてしまいます。これまでアメリカの場合はWi-Fiも普及しているのでそれで我慢してきたのですが、先日のイタリア出張の際にはヨーロッパの通信事情がよくわからなかったためちょっと調べてみたところ、便利なものがあることがわかったので利用してみることにしました。

類似の製品は他にもいくつかあるようですが、私が使ってみたのはこちらの商品で、香港のCK Hutchisonという会社が傘下のThreeというブランドでイギリスを中心に展開している携帯電話サービスをベースに、ヨーロッパを中心に43カ国で利用できるというデータSIMを販売しているものです。有効日数やデータ使用量により色々なタイプがあるのですが、私が選んだのはこのタイプです。

【お急ぎ便】 ヨーロッパ・アメリカ・オートラリア・ニュージーランド・インドネシア プリペイドSIM 4G・3Gデータ通信12GB

posted with amazlet at 17.03.19

Three.co.uk 売り上げランキング: 53,349

Amazon.co.jpで詳細を見る

Amazonの当日お急ぎ便で購入でき、その後も手続きは必要ありません。SIMロックフリーのスマートフォンに挿入し、添付の紙に記載されているサービスを選択するだけで使用できるようになりましたが、自動選択ではうまくいかない場合もあるようです。一度石造りのレストランで圏外となった後、そのままでは復帰できず一旦機内モードにして戻すと復帰した、ということがありましたが、その他にはこれといった問題は特になく、私がいたオランダのアムステルダムと、イタリアのトリノとミラノでは電波の状態も安定していたのではないかと思います。

香港以外では3Gのみの利用となるようですが、メールやメッセージの送受信、写真のアップロード、検索などでは問題となるほど遅いわけでもなく、むしろ国内MVNOで平日のランチタイムに極端に遅くなった状態よりも速いので、ストレスはほとんど感じませんでした。そういえばLTEが始まった当初は自宅の無線LANよりも速いと感動したものですが、みんなが使い始めたことでそんな快適な状況はどこかへ行ってしまいましたね。

残念なのはテザリング不可なのでモバイルWi-Fiルーターでも使用できないということですが、これだけ安くて便利なら諦めるしかないでしょう。容量制限があるならテザリングさせてもいいような気はしますが、負荷とすることで安くできているなら仕方ありません。しかしそれにしても使用開始から30日間、12GBまで利用可能で3680円というのは破格ではないでしょうか。他にも、30日間1GBまでで2180円、90日間3GBまでで2690円、360日間12GBまで6280円などなど実に様々なタイプが揃っていますが、30日間3GBまで2600円というのもあるので、次回はこれでも十分かもしれません。

ちなみにヨーロッパのWi-Fi事情ですが、アメリカほど便利に使える状況ではないようでした。Free Wi-Fiを提供している店もないわけではありませんがまだ一般的なレストランまでは普及しておらず限定的です。また、ホテルのネットワークも非常に遅くて使いづらかったのですが、現地事務所のWi-Fiも驚くほど低速だったので、ヨーロッパの全体的な通信事情がその程度なのかもしれません。やはり日本の高速通信ネットワークは驚異的だと思います。

BookBook for iPhone 6s & 6s Plus

これはいい買い物。

毎年11月の第4木曜日はアメリカではサンクスギビング、感謝祭ということで、中国人にとっての春節のような特別な祝日ですが、もちろん日本にはそのような習慣はないので私も「向こうは休みだな〜」くらいの感じですが、続々届くダイレクトメールでその後にやってくるブラックフライデーのことを思い出しました。以前は翌週月曜日に職場のPCからオンラインストアに注文する人が多かったのでサイバーマンデーなどと言われていましたが、ブロードバンドやスマートフォンの普及した今は月曜日まで待たずとも、もうサンクスギビングの晩から簡単に注文できてしまうのでアメリカではあまり言われなくなっているのではないかと思います。むしろサンクスギビングなんて全く無関係な日本の業者の方がサイバーマンデーを強調していてやや滑稽な感じです。

さて、今年はもう日本までの送料がかかってしまうので、よほど安くないかぎりブラックフライデーセールの意味もありませんが、私にとっての掘り出し物だったのがTwelve Southの直販でBookBook for iPhone 6s & 6s Plusが半額の$30というものです。送料が$25ほどかかるため合計ではiPhoneのケースとしては決して安いものでなくなってしまいますが、日本では通常9000円ほどで売られているようなのでそれに比べればだいぶ安く買えることになり、私も注文を決断しました。

【日本正規代理店品】Twelve South BookBook for iPhone 6s Plus/6 Plus (本革ブック型ケース) クラシックブラック TWS-PH-000022c

私は昨年iPhone 6 Plusを使い始めるときに手帳型のカバーを購入して使っていたのですが、無名ブランドの安物だったので1年も経つとくたびれてしまい、カバーを閉じる金具もゆるくなっていたのでそろそろ買い換えたいと思っていたのでした。もともと以前からBookBookはいいなあと思っていたので6 Plusでは最初からBookBookを使いたかったのですが、6 Plus用はiPhoneの発売に間に合わなかったというどころかそれから何ヶ月もかかっていたのでどうしようもなかったのでした。

このケースの特徴は写真を見ての通り、古い革表紙の洋書を模したデザインです。特に背表紙に当たる部分は凝ったデザインになっていて、非常に良い雰囲気を持っています。表紙部分はプレーンで装飾はありませんが、ここにも表紙らしいデザインが施されているとさらに良いでしょうね。まあ値段はさらに上がってしまうのでしょうが。評判が良くないのは裏表紙部分で、カメラ部分が大きく切り欠かれてしまっているのが残念な感じです。

このiPhone 6 / 6 Plus用ではケースに入れたまま表紙から外せたり、表紙をスタンドとして使えるような機能が与えられているのですが、おそらくそれがカメラ部分の切り欠きを余儀ないものとしてしまっているのではないかと思います。私はきっとこれらの機能は使わないと思いますが、多くの人がそうなのだとすれば完全に蛇足だったということになります。デザインありきの製品なのですから、機能のためにそこで妥協してしまったのはいただけません。

とはいえ、裏表紙を上にして置かなければ気にならないので、私はまあまあ満足しています。なお、内側にはカード入れが5枚分もあって便利なのですが、実は私はこれも使っていません。ICOCAを入れたらiPhoneをタッチして電車に乗れて便利かなと思ったのですが、iPhoneのNFCが反応してApplePayが起動して、邪魔をしてしまいダメでした。日本ではApplePayが使えないので完全に厄介者ですね。