Archives

Pebbleがfitbitに買収される

あくまで主語はPebbleです。

今週、私は非常に悲しいニュースに触れて打ちひしがれています。私が初代Pebble、第2世代のPebble Timeを購入して愛用してきて、もうすぐ第3世代のPebble Time 2を発売するはずでそれを待ちわびていたPebbleが開発メンバーと知的財産権をfitbitに売却し、スマートウォッチの製造を打ち切るというのです。Pebble Time 2と同時に発表されたPebble 2は一足先に量産が始まっており、すでにユーザーの手元に渡っていますが、当初11月に発売予定だったTime 2は生産に移ることなくプロジェクトを終了し、入金済みの人には返金するとのことです。

PebbleといえばクラウドファンディングサイトKickstarterの最高の成功事例として知られたものですが、Pebble 2 / Pebble Time 2で1200万ドル以上集めても行き詰まってしまうということは、会社が大きくなりすぎたということではないでしょうか。単発のプロジェクトには有効でも、継続的に運営する企業活動にクラウドファンディングは向かないということなのかもしれません。考えてみれば、商品開発に先行して現金を集めることはできても割安に提供しなければならないとなればそれだけ利益は目減りしてしまいますし、一時的に大きな金額が集まってもその後継続的な収益がなければ経営は成り立たないでしょう。

製品としてのPebbleやPebble Timeは非常に素晴らしいもので、携帯電話を持つようになってから腕時計をしなくなっていた私もしっかり毎日腕にはめるようになりました。何が良いのかというと、一番役立つのは電話やメールの着信とその他の通知をバイブレーションで知らせてくれて、その一部を画面で見ることができるということです。これによって電話に出そびれたり、長い間メッセージに気付かないといったことがなくなりました。もちろん時計の文字盤を色々変えられるとか、アプリが使えるといったことも楽しいのですが、それよりもこの通知機能が一番役立つのです。

この先も既存のPebbleがこれまで通り使えるように努力してくれるとは言っていますが、それもいつまで続くのかは怪しいものです。もうファームウェアのアップデートはしないとも言っていますし、文字盤やアプリのストアもいつまで運営してもらえるのかわかりません。ここでユーザコミュニティから立ち上がる人がいて、非公式にサポートを続けてくれるという可能性もないではなく、他力本願ながら私はそこにも期待しています。

一つ明るいニュースは、個人でCloudPebbleを立ち上げてその後Pebble開発チームに合流した、コミュニティの一番の功労者であるKatharine Berry氏はfitbitには移らず、Intelで新しいデバイスの開発に携わると表明していることです。これはいつかIntelからなにか面白いものが出てくるという可能性を示唆するものですので、私はその何かわからないものを楽しみに待つことにしたいと思います。そして少なくともそれまでの間、私の左腕には常にPebble Timeがあり続けることでしょう。

IIJmioひかり

光あれ!

自他ともに認めざるをえないネット依存症の私にとって、インターネット回線というのは帰国後の重要な課題でした。アメリカにいる間はCATV会社のComcastをISPとして利用していましたが、アメリカでは日本と比べると通信速度がとても遅く、「ブロードバンド」でも数十Mbpsといったところで、私が利用していたサービスも最大75Mbpsというものです。それでもインターネット接続のみだと月額$50なのですが、実際の通信品質はというと非常に波があり、酷い時には数Mbpsも出なかったりして動画を見ることができないような状態の時もありました。それは時間帯による混雑という感じではなく、数日間同じような状態が続いたかと思うと良くなったりして、いったい何が原因で遅くなっているのかはさっぱりわからず、かといってクレームを言うのも面倒だったので我慢してしまっていました。しかし日本ではそんな品質では全くやっていけないでしょう。

日本ではもう光接続が一般化していて、最大1Gbpsというそんな広帯域を何に使うのかというような速度で接続できるようですが、しかしそれは一戸建ての話で、私が住むのは築20年以上のマンションなので光接続なのはマンションの入口までで、その先はVDSLになってしまうので最大100Mbpsほどということになります。しかしそれでも安定して利用できれば全く十分な広帯域です。

私のマンションでは回線としては既にケイ・オプティコムのeo光とNTT西日本のフレッツ光とが利用できるようになっていて、どちらからか選ぶことになります。渡米前にはeo光を利用していて特に不満はなかったのですが、単に携帯電話でみおふぉんを利用することにしたからというだけで、回線にフレッツ光を使用する同じIIJのIIJmioひかりをISPとして利用することにしました。どうせそれほど大きな違いはないのに選択肢はたくさんあるので決め方もこんな感じで良いでしょう。

問題だったのは開通までの期間です。インターネット回線を利用するためにはちょっとした工事が必要になりますが、申し込んでから工事まで10日程かかってしまうのです。作業自体はちょっとしたもののはずですが、専門の技術者でないと作業できないので順番待ちになるのは仕方ないことなのでしょう。

ということで工事日までは帰国から2週間以上かかってしまいましたが、先日無事に工事も終わって快適なインターネット環境が我が家に戻ってきました。通信速度も計測してみましたが、Wi-Fiの実効速度以上のスピードが出ているようで全く問題ありません。YouTubeその他の動画も非常に快適に、高解像度で見ることができます。光がやって来るまでの間は通信量を気にしながらセルラー回線を利用していて少々ストレスを感じていましたが、ようやく開放されて精神的にも安らぎを感じています。

Apricot CX B2

モノは至って普通、可もなく不可もなく。

今どきどこの会社でもデスクワークにPCは欠かせないものとなっているかと思いますが、私の場合は一応エンジニア、それもプログラムを書くのが仕事ですから、まさしく商売道具です。それならさぞかし高性能なPCがあてがわれているかと思いきや、これまで使っていたのは4年程前の廉価モデルDell GX270というものでした。Pentium 4の時代のものでRAMも512MBしかなかったものですから、さすがにイライラさせられることが多かったのですが、ようやく昨日新しいモデルに入れ替えてもらうことができました。

やってきたのはApricot CX B2というものですが、このPCを誰が見ても最初に言う一言は「アプリコットってまだあったの!?」です。もともとアメリカのAppleに対抗してイギリスで生まれたApricotですが、当初それなりにシェアを持っていたもののIBM PC互換機の波に飲まれてしまい、その後三菱電機が買収して自社ブランドとしていました。それから三菱電機も一般消費者向けの販売からは撤退して事業者向けの製品のみとなっていますが、それも2001年頃からはNECからOEM供給を受けているようで、今回導入されたものはNECブランドの製品で言うとMate MBに相当するようです。

PCとしてのスペックはCPUがCore i3 3.06GHz、RAMは2GBということなので、やはり最先端からは程遠いものではありますが、これまでに使用していたものに比べれば雲泥の差です。これでさぞかし仕事もはかどるはず…となるといいのですが、少なくとも待たされてイライラしたり気が散ったりということはなくなるでしょう。基本的に事務用のPCなので特に面白い特徴などあるわけもなく、FDDがなくなってCDからDVDになったのが時代の変化を感じさせるくらいでしょうか。

実はついでに液晶ディスプレイの方も新しいものが支給されて、こちらはDell E2210Hという21.5インチでフルHD解像度の1920×1080ピクセルというものです。自宅で27インチの2709WFPを使っている身からするとドットが細かいだけで特に感動はありませんが、作業をする上では解像度が高いに越したことはありません。Excelのシートを開きながらテキストエディタでプログラムを見るというような場合でも、横に広いとウィンドウを並べて置けるので便利です。

ということで作業環境が一気に改善されたのはいいのですが、データや設定を新しいPCに移すのが結構大変な苦労です。元のPCはハードディスクの容量がわずか40GBで、それをほぼ全て使いきっているような状態だったのですが、それをコピーするのに正味8時間ほどかかってしまいました。社内のLANが遅いというのもあるのですが、コピー元のPCの性能の低さが影響したようです。しかし新しい方のPCには200GBのハードディスクが搭載されていますから、仮にこれをまた全て埋めてしまったとすると次の移行の時には大変なことになりそうです。まあそうは言っても本当に必要なデータがそんなにあるわけもないので、大丈夫だろうとは思っていますが、なんだかんだでまるまる1日他の仕事ができずに終わってしまったのは痛いところでした。