Archives

QLine

きれいなうちに乗ってみたい。

アメリカでは公共交通機関で満足に移動できるのはニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコといった数えるほどの大都市だけで、その他の地域では日本に住んでいる人には想像できないほどの車社会になっています。しかし、実は第二次世界大戦の頃まではそこまでではなく、鉄道網がそれなりに整備されていて、各都市には路面電車などが走っていたのですが、長距離の移動は飛行機に、近距離は自家用車に置き換えられてしまったのでした。

アメリカのモータリゼーションの中心地であるデトロイトもその例外ではなく、1863年から1956年までの100年弱の間、市内を路面電車が走っていたとのことです。結局それはバスによって置き換えられることになってしまったのですが、終焉から50年後に復活が検討され始め、それからさらに11年後の今年、つい先週末にQLineという愛称で再び走り始めることとなったのでした。

工事は私が駐在している2013年末頃から始まっていたので、帰国までに完成して乗ることができないだろうかと思っていたもののそれは叶わなかったのですが、Twitterの公式アカウントなどで状況を逐次確認しながら楽しみに待っていて、ようやく晴れの日を迎えたということでめでたく思っているところです。最初の週は無料で乗車できるということだったので市内も賑わったのではないかと思いますが、復活しつつあるデトロイトの街にまた明るい話題となってくれているようです。

路線はミシガン州の州道1号線の一部でもあるWoodward Avenue上のほぼ真っすぐの路線であまり面白みのあるものではありませんが、利用者が多くなれば路線の延長や追加も検討されるのではないでしょうか。悪名高いデトロイトの中でも比較的治安の良い地区を走っているのはもちろんですが、ダウンタウン中心部からの5kmほどの沿線にはDetroit Tigersの本拠地Comerica Park、来シーズンからDetroit Red WingsとDetroit Pistonsの本拠地となるLittle Caesars Arenaがあり、Detroit LionsのFord Fieldもすぐ近くで、さらにデトロイト美術館の前も通るようになっています。Amtrakの駅にも接しているので、鉄道の利便性も上がるでしょう。

料金は3時間以内$1.50、一日$3.00ということなので、気軽に利用できるのではないでしょうか。私が住んでいたアナーバーのバス料金も1回$1.50でしたが、乗り換えは1回のみ、一日券は$4.50だったのでそれよりは安価です。なお、チケットは電停の端末の他にiOSかAndroidのアプリやウェブでも購入できるということで、こういうところがアメリカの先進的で柔軟なところだと思います。

車両はアメリカのBrookvilleという会社のLiberty Modern Streetcarsというものが6編成購入されたようです。リチウムイオン電池を搭載していて、架線のない区間も走行できるようになっている先進的なシステムにより、路線の60%の区間は架線が設置されていないとのことです。アメリカ人によるアメリカのための路面電車として売っているようですが、各地で見直されてきているのでそれなりの市場規模があるのでしょうか。

ということで、私はまだ写真や動画でしか見ていないので、早くこの目で見て、できれば乗ってみたいと思っているのですが、出張の間にデトロイトのダウンタウンへ行くというのは難しいかもしれません。

NHL初観戦

やっぱり楽しんだ者勝ち。

全米4大プロスポーツのうち最高の人気を誇るアメリカンフットボールのNFLは明日、優勝決定戦であるSuper Bowlを迎え、わずか5ヶ月という短いシーズンを終えます。しかし、これに次ぐ人気を誇るのがアイスホッケーのNHLの今年のシーズンは労働争議のロックアウトによって開始が1月中頃にまでずれ込み、通常の82から48にまで試合数が削減されてしまうという、非常に短いシーズンとなってしまいました。当初の状況からは今年はまったく無くなってしまうのではないかとも思われたので、それよりはだいぶマシとはいえ寂しい限りです。最近には日本のプロスポーツ界にもこのような労働争議が持ち込まれつつありますが、ファンにとってはただただ残念であり、任期の低下を招いて自らの首を絞めることにもつながりかねず、決して真似すべきものではないと思います。

ところで、先日このNHLの地元チームDetroit Red Wingsの観戦チケットが思いがけず、その試合の当日に手に入りました。入手できたのが2枚だったので一応家族にも声をかけたものの、冷めた子供達に拒否されてしまったので、仕方なくというわけではありませんが同僚駐在員のK君と二人で観に行くことにしました。まあK君には赴任以来非常にお世話になっていますし、赴任4年目ながらまだ観たことがなかったということなのでちょうど良かったです。

Red Wingsの本拠地はやはりデトロイトのダウンタウンにあるJoe Louis Arenaというところで、先日のMadonnaのライブが行われた場所です。しかし一度来たところとはいえ、やはりホッケーが行われる日はまったく雰囲気が違います。観客はRed Wingsのジャージや防止など何かしらのアイテムを身に着けている人ばかりなので、非常に赤色が目につきます。私もこの中に加わらなくてはということで、ベースボールキャップを購入して仲間入りしました。対戦相手はDallas Starsですが、Starsを応援する人など1人も見当たらずスタンドは赤一色、Red Wingsはデトロイトの4大プロスポーツチームのうちでは最も優勝に近い実力を持つチームということで人気も非常に高いのです。

試合は開始直後、3秒もしないうちに殴り合いが始まり、トップリーグでもこれなのかとのっけから思い知らされました。写真を撮ろうとして目を離していた私はきっかけを見逃したのですが、観客がいきなり盛り上がって立ち上がるから何かと思えばコレか、という感じです。その他の試合中は集中していないとパックの行方を見失ってしまうためか非常に静かに見守っているのに、格闘になると皆で大盛り上がりというのが妙です。得点した時よりも盛り上がっているのではないかとさえ思えます。

第一ピリオドは両者得点なく終わったものの、第2ピリオドにStarsに先取点を取られつつも逆転して2-1、第3ピリオドにも追加点を与えて終わってみれば4-1というRed Wingsの快勝でした。もともと強いチームのはずですし、ホームゲームということで勝って当然というところではあるかもしれませんが、まだシーズン開幕から間もないということもあって勝率は高くなかったのでホッとしました。その後昨日のゲームも勝利しているので、徐々に上がってきているようです。

先日観戦したジュニアリーグではこぢんまりしていたのでリンクの間近で見ることができたためスピード感と迫力が感じられたのに対し、さすがにNHLでそんなにリンクに近い席のチケットは買えないのでだいぶ上の方から見ることになりましたが、沢山の観客に混じって応援する一体感のようなものはNHLでないと味わえないものだと思いました。面白かったのは隠居中のようなおじいさんたちがたくさん見に来ていたことで、日本なら相撲を楽しむような層がアメリカではホッケーを観戦するのかもしれません。

そういうことでどちらもそれぞれ楽しめるのだと思いますが、チケットの値段がかなり違うので頻繁に見に行けそうなのはジュニアの方ですね。Red Wingsも今シーズン中にもう一度見に行けるといいですが。

Detroit Institute of Arts Museum

たまには芸術に触れるのも。

毎週土曜日に子供達を日本語補習校へ通わせている我が家では、子供を学校へ送ったその足で夫婦で買い物などに行くのが恒例になっています。しかし、そう毎週毎週買い物ばかりもしてはいられないので今週はどうしようかと考えたところ、子供と一緒でない方がいい所ということで思いついたのが美術館です。本当は小さいうちから芸術にはある程度触れておくべきだと思うのですが、残念ながらこれまでなかなかそういう機会を作れなかったので急には無理です。

ということで、今日はデトロイト美術館ことDetroit Institute of Arts Museumへ行ってきました。この美術館は全米有数の犯罪都市デトロイトの中心部に近いところにありますが、美術館周辺は昼間なら安全と言われています。まあそうでなかったら誰も見に行きませんよね。しかしながらフリーウェイを降りてからそこにたどり着くまでの沿道には廃墟や空き地が多く、やはり気を抜くことができません。

ビクビクしながら駐車場を見つけて車を停め、館内に入ればもう安心です。入館料は大人$8ともともと安いのですが、近隣の郡の住民は無料となっているようです。私の家はその隣の郡になっているためこの特典を受けることはできませんが、とてもいいことではないでしょうか。日本の公立の美術館にもぜひ見習ってほしいものです。

展示は古代エジプト・ギリシャやアメリカ原住民の美術品からヨーロッパとアメリカの近現代の作品まで揃っていますが、特にアメリカの作品が充実しているとのことです。これは日本ではあまり見ることができないものですから、私達にとっては貴重といえるかもしれません。またその他、ゴッホやルノワール、ピカソなどの有名作品も収蔵されているのですが、作品の前には何も隔てるものがなく、人だかりがあるわけでもないので、これらの作品の間近に寄ってじっくりと見ることができるというのが素晴らしいことです。どんなに貴重な作品であってもあまりにさり気なく展示されているため、ついつい見過ごしてしまいそうになるほどです。

私が今回特に見ておきたかったのはゴッホの自画像のうち、麦わら帽子をかぶったものです。これは後輩Mが見たいと言っていたためですが、確かに数あるゴッホの自画像の中でも最も明るい雰囲気のもので、彼の精神状態も一番安定していた時期のものなのではないでしょうか。これまで写真で見たことはありましたが、実際に見てみると思っていたよりも小さなものでした。

他に見た中で特に強く印象に残ったのはブロンズィーノの「エレオノーラ・ディ・トレドと子息ジョバンニの肖像」です。この作品に描かれているエレオノーラのドレスの生地がまるで写真のようで、シルクの光沢と立体的な刺繍が本物を見ているようにしか思えず、本当に驚かされました。またこれが500年近くも昔の絵と知って、さらに驚かされずにはいられません。

もうひとつ驚いたのは、美術館の建物に、実際のフランスのチャペルの一部が組み込まれてしまっていることです。ここには細かいステンドグラスが嵌めこまれているのですが、まるでヨーロッパの本物の教会のようだと思って近寄ったらフランスのチャペルだと銘板にあってびっくりしたのでした。1923年に実業家が購入し美術館に寄付したものだということですが、財力に物を言わせてこのようなものまで運んできてしまうとは恐れ入ります。

ということで、色々と驚かされるものもありましたが、こうしてたっぷり芸術に浸ってみると心が満たされるような気がしました。西洋美術を見るのはかなり久しぶりで、実は大人になって初めてではないかという気もするのですが、これまでとは違う見方ができて楽しむことができました。しかし今回はとても全部を見ることができず、まったく入ることもできなかった部屋もいくつもありますし、現代美術なども早足で見ただけで終わってしまいましたので、またもう一度ゆっくりと見に行きたいと思います。