Archives

2017年 正月、ハンバーグ

おめでとうございます。

私の勤務先の冬休みもいよいよ今日が最終日となっていますが、みなさんは穏やかに年末年始を迎えられたでしょうか。我が家は東京の私の実家へ帰省したのですが、例年通りと行かなかったのは前回の盆休みの帰省で渋滞に巻き込まれて嫌気が差してしまった長男が行かないということで、3人だけでの帰省となったことです。しかも、行きは私と次男だけ1日早く車で行って妻は後から新幹線となったので、だいぶ違う感じになりました。

私たちは12月30日に移動したのですが、多くの人とは逆の上り方向なので渋滞は全く無く、朝8時過ぎに自宅を出てそのまま真っすぐ向かえば午後4時前には東京に着いてしまいそうでした。しかしそれではなんとなくもったいない気がしてしまったので、新東名高速道路を長泉沼津ICで降りて国道1号で箱根峠を越え、大涌谷に寄ってみることにしました。年末で連休の人も多いので駐車場待ちに30分ほどかかってしまいましたが、硫黄の匂いと独特の雰囲気があって行ってみて良かったと思います。しかしここも今や外国人観光客だらけで、ある程度有名な観光地はどこもそうですね。2,30年前に日本人が大挙して訪れていたヨーロッパの人々も同じように感じていたのでしょう。

大涌谷というのは箱根山の火口付近に形成された噴気地ですが、2015年には箱根山の火山活動が若干活発化したということで立ち入りが規制され、ロープウェイも一部区間で運休されたりしていたようです。それも昨年になって活動が落ち着いてきて、体制も整ったということで緩和されたのですが、今でも遊歩道は閉鎖されたままとなっているのはちょっと残念です。しかし大涌谷といえば黒たまご。これは販売再開されていたので、20年以上ぶりに買って食べてみることにしました。

5個単位でしか売らず、そして5個で500円というのはだいぶ高いように思いますが、それでも販売所には長蛇の列ができていました。殻の表面が真っ黒になっているのは卵を硫黄泉で茹でることにより表面に硫化鉄の膜が形成されるから、ということで手が黒くなるようなことはありません。味は普通のゆで卵と変わらないのではないかと思いますが、寒いところで茹でたての熱いゆで卵を食べると美味しく感じてしまうものです。固茹で卵はあまり好きではない私もなんとなく2個食べてしまいました。

その後夕食は懐かしいハングリータイガーで食べようと思いついて店に向かったものの、途中渋滞もあって保土ヶ谷本店にたどり着いたのは夜7時頃という混雑のピークで、2時間待ちとのことでした。普通なら諦めて他の店に向かうところですが、店内に充満する美味しそうな肉の香りで次男が「待つ」と言うので頑張って待ちました。やはりそれだけ待って食べたハンバーグの美味しさはひとしおで、次男も大満足して店を後にしましたが、実家に着いたのは夜11時頃です。

大晦日は次男に「ローグ・ワン」を店に連れて行ったりして、元日は弟一家もやって来てゆっくり過ごし、2日には祖母に顔を見せてから帰途につきました。帰りは静岡県で有名な炭焼きレストランさわやかで名物のげんこつハンバーグを食べることにしました。「またハンバーグ?」と思われることでしょうが、ドメイン名をgenkotsu-hb.comとするくらいのものですから、並大抵のものではないはずです。こちらもちょうどランチタイムに到着してしまったので、1時間少々待つことになりました。

モノとしてはほとんどハングリータイガーのハンバーグと同じで、熱い鉄板に載って出てきた厚みのあるハンバーグを客のテーブルで半分に切って提供するというスタイルもまったく同じですが、現在のハングリータイガーではしっかり熱が通った状態で提供されるのに対し、さわやかではかなりレアの状態で食べることができます。また、さわやかの方がだいぶ安い代わりに店内の雰囲気はファミリーレストランのようで、ハングリータイガーの方がかなり落ち着いていて高級感があります。まあどちらもそれはそれでアリでしょうが、レアのハンバーグが好きな人は静岡まで遠征する価値があるだろうと思います。

その後はまっすぐ自宅へ向かいましたが、途中四日市付近で30分ほどの渋滞に捕まった他は順調で、夜8時前後には自宅付近に到着し、近所で食事をしてから帰宅しました。翌3日は近くの妻実家で集合してまた満腹になり、この年末年始で私の体重も過去最高を記録してしまったのでなんとか絞っていかなければいけません。といっても思い立って何かを始めるということはなくて、食べすぎないように意識するというくらいだと思いますが、さすがに40代も後半になったので健康には気をつけなければいけません。

ということで、本年もよろしくお願いします。

MINI 一年点検

一年たっても不満らしい不満はありません。

昨年10月に我が家にMINIがやってきてからほぼ一年が経過しました。毎月1回以上は1人で長距離ドライブに出かけているせいで、この1年間での走行距離は18000kmを超えてしまい、このままではあっという間に10万キロに達してしまいそうなので、長く乗るためにはちょっとペースを落とさないといけないかもしれません。しかし、買い物程度のちょっとした距離でも運転がとても楽しくて、週末のドライブを励みに働いているような感じなのでペースダウンするのも簡単ではありません。

それはさておき、ディーラーからも法定12ヶ月点検の案内も届いたので、私のMINIも整備を受けることにしました。最近の車では珍しくないと思いますが、MINIもエンジンを始動したときに10秒ほどの間だけメーターパネルに整備までの距離の目安が表示されるようになっています。この表示が最初は14000kmほどだったように思うのですが、当初の距離を過ぎても0にはならず、最終的には17000kmを過ぎてようやく0になったというのは車に優しい乗り方だったということでしょうか。最終的に入庫した今日の時点では-1000kmという表示になっています。

しかし驚きなのは、その間エンジンオイルの交換や継ぎ足しは一切せずに何の問題もなかったということです。オンボードコンピューターでオイルの量や状態も知ることができるようになっているのですが、その表示はずっと正常値のままでした。昔乗っていたVW Golf IIではたまたまガソリンスタンドでオイルゲージを見てもらったら「ほとんど入ってないよ!」と言われて慌てて交換したことがありますが、そんな風にオイルが減ることも、危なくなってから気づくというようなこともなくて安心して乗れるのは非常にいいことです。

また、一般的に輸入車といえば故障が多いというイメージがあるかと思いますが、私のMINIに関しては故障といえるようなものは一切なく、いたって快調です。上記とは別のGolf III VR6は小さなエンジンルームに無理やり押し込んだ大きくて特殊なエンジンのせいもあってトラブルが絶えず、年に何ヶ月もディーラーにあるというような有様でしたが、それを経験してある程度覚悟できている私にとっては本当に拍子抜けするくらいですが、問題がないならもちろんその方がいいに決まっています。

不満というのも強いて言えば時計がGPSに同期していなくて数ヶ月に1分くらいずれるとか、1年間に数回iPodが接続できなくなったことがあるとか、カーナビの地図が古くて載っていない道が結構あるというようなことくらい…全てナビ関係のことですが、車としてのMINIの品質には非の打ち所がありません。まあ、欧州車は電気系統が弱いと言われてきましたが、それはヨーロッパ系の部品メーカーの品質に寄るところも大きく、最近は日本製の部品も数多く使われるようになって全体的な品質が上がっているということもあるのではないでしょうか。欧米人だって壊れないならその方が嬉しいのは当然ですからね。

ちなみに今回の整備費用は車両購入時に加入したメンテナンスパッケージに含まれているので、支払いはありませんでした。総額で考えて得なのかどうかは怪しいものですが、費用を気にして整備を遅らせたせいで問題が大きくなるなんてことになるよりはいいでしょうね。とはいえ、とりあえず今回はブレーキパッドやタイヤ、バッテリーも大丈夫でしたが、次回は何か交換が必要かもしれないので出費を覚悟して置かなければいけません。

広島ドライブ

ただひたすら運転して、カレーを食べる。

この週末はアメリカ大統領が史上初めて広島を訪問したということで大きな話題になっていますが、先週末は私もドライブで広島に行っていました。滞在時間はわずか1時間ほどのことでしたが、原爆資料館などには近寄らなかったためか特に警備中の警察官などに遭遇することもありませんでした。

実はそもそもの目的地は福山市の鞆の浦でした。しかし当日の朝4時に目が覚めてしまい、明け方の道路が空いているうちに気分良く走りたいということで5時前に出発してしまったため、ひたすら一般道を走っていたにも関わらず鞆の浦にも8時半頃に到着してしまったのでした。そして現地に到着してはみたものの全く下調べしておらず、どこに何を見に行ったら良いものかがわからなかったので、車から町の雰囲気を見て、福山グリーンラインへ回って上の方から港を眺めただけで出発してしまいました。

そして次の目的地に決めたのが広島です。昼食には美味しいカレーを食べたいと思ったのですが、私好みのカレーは万人受けするものではないので、どうしても大きめの街でないと商売が成り立たないようで、この辺りだと広島に行かなければいけないようだったためなのですが、時間的にもちょうど良さそうだったということもあります。選んだのはnandiという店で、開店する11時より5分ほど早く到着してしまったために店先で待って一番乗りとなりました。こちらでは店名を冠したおすすめのカレーを食べてみましたが、スープカレーとは謳われていないもののそのような感じで、かなりスパイスが効いて辛いシャバシャバのカレーを固めのライスにかけて食べるとなかなか良かったです。

カレーを食べ終わってもまだ午前なのでまっすぐ帰るには早い、ということで以前散髪屋さんが何か言っていたのを思い出したので呉にある大和ミュージアムこと呉市海事歴史科学館に行ってみることにしました。

ここは愛称としては「大和」を掲げていますが、展示内容としては正式名称の通り造船と軍港の町としての呉の歴史を伝えるものとなっています。入口を入ったところには1/10サイズの戦艦大和の模型が展示されていますが、旧日本海軍軍艦の象徴として掲げているだけのようです。建物の外には陸奥の巨大な41cm砲の砲身が何気なく置かれていますが、館内では回天などが展示され、悲惨な歴史を伝えるものとなっています。

大和ミュージアムの向かいには海上自衛隊呉史料館・てつのくじら館があり、現代の呉の役割を知らせるものとなっています。呉地方隊では機雷除去を主要任務の一つとしているようで、機雷除去の仕組みや歴史という、普段なかなか知ることのできないものを学ぶことができました。また館外に設置されている潜水艦あきしおに建物から中に入ることができるというのもなかなか貴重ではないでしょうか。

ということで帰路を考えるとあまりのんびり見学していられなかったのですが、家族へのお土産に