Archives

Silence

いろいろむごい。

今週水曜日は毎月1日の映画の日ということで、映画館の入場料金が大幅に割引されるわけですが、普段の1800円から1100円というのはだいぶ安くなっているものの、諸外国に比べるとまだまだ高いのではないでしょうか。日本でも深夜に及ぶ上映はレイトショーとして1200円程度になるサービスがありますが、アメリカでは時間帯や曜日などによってかなり柔軟に値段が変えられていて、週末でも午前中の回は3ドル程度で観られるというところもあります。逆に夜は割高になっていて、12ドル程度の場合もあってあまり日本と違わない場合もあります。それはそうとして、差額の絶対値だけ見るとたかだか数百円なので最近はあまり気にしなくなっていて、今週はだいぶ久しぶりに映画の日に映画館に足を運びました。

今回観たのはMartin Scorsese監督の「沈黙 -サイレンス-」という作品です。このところ娯楽作品ばかりで長らく観ていなかった重厚な作品になりますが、遠藤周作の「沈黙」を原作とする作品です。私の母が遠藤周作のファンのようで、幼い頃から家にハードカバーの本が揃っているのを見ていた記憶がありますが、実際に読んでみたことはありません。

沈黙 (新潮文庫)

posted with amazlet at 17.02.04

遠藤 周作 新潮社 売り上げランキング: 14

Amazon.co.jpで詳細を見る

本作は完全なハリウッド作品ですが、舞台となっているのは17世紀の日本、登場人物もほとんどが日本人です。キリスト教が禁じられ、信者が弾圧されていた当時の日本に、棄教したイエズス会神父Ferreiraを探しに二人の若い神父RodriguesとGarupeが密入国し、隠れキリシタンの村で危険を冒しながらも信仰を守る者たちに触れ、やがて捕らえられてもなお信仰を捨てない人々を見て苦悩する、という話です。

主人公の神父Rodriguesは「アメイジング・スパイダーマン」でPeter Parkerを演じていたAndrew Garfield、もう一人の神父Garupeは馴染みのある顔なのに思い出せない…と思っていたら「フォースの覚醒」でKylo Ren役のAdam Driverでした。そしてFerreiraを演じるのは「ファントム・メナス」のQui-Gon JinnことLiam Neesonで、私にはとても馴染み深い俳優たちのシリアスな演技を見ることができました。

また、日本人の登場人物は窪塚洋介、浅野忠信、塚本晋也、笈田ヨシ、イッセー尾形らにより演じられていますが、ハリウッド作品にありがちな韓国人や中国人、日系アメリカ人などではなくちゃんとした日本人の俳優により演じられているため、日本人が観てもまったく違和感がないだけでなく、日本人でなければ理解できない感情も表現されているように感じられ、作品を一層深いものにしているように思います。

なお本作は日本では17世紀の日本の風景を描くのは困難であるということから台湾で撮影が行われたとのことです。確かに日本では離島以外ではどこへ行っても本当の自然のまま残っているところなどはないでしょうから、これは仕方のないことでしょう。言われてみれば草木の茂り方などがなんとなく南国っぽいかもしれませんが、昔の日本がどうだったかということなど知らないので違和感などはまったくありません。

ところで作品中には重要な場面として何度か踏み絵が出てきます。小学校時代に教科書で習ったものですが、当時も「命がかかっていても踏めないものなのか」というのが疑問でなりませんでした。実は私はキリスト教一家で育ち、今はまったく熱心な信者ではないものの物心付く前から毎週日曜日には教会へ通っていたのですが、ちょっとしたためらいはあったとしても踏めと言われれば踏めると思います。私はきっと信仰というものの捉え方が人とは違うのだろうと思っていますが、果たしてどうなのでしょうか。

それはともかく、今回は久しぶりに良い映画を観たという気がします。「面白かった?」と聞かれると答に困りますが、間違いなく観て良かったです。

Sully

“Brace for impact.”

私は子供の時から乗っていたせいもあって飛行機は好きな乗り物の一つ、というか乗り物ならなんでも好きな感じですが、「あんなものがどうして空を飛ぶのか信じられない」と言って乗りたがらない人もいます。確かにあんなに大きな金属でできたものが浮くというのは理屈がわかっていてもちょっと不思議なものです。また、飛行機は飛んでいるときに何かあったらもう助からない、と言って怖がる人もいますが、飛行機に乗っていて事故に遭う確率は自動車事故よりも低いとも言われ、最も安全な乗り物だという人もいます。一旦事故に遭うと被害が甚大なために派手に放送されるので、その印象が強くなってしまって不安な人はより不安になるのでしょうか。

また飛行機に乗ると離陸前に必ず安全ビデオやクルーからのレクチャーがありますが、救命胴衣などを説明されてもどうせ役に立つことはないだろうと私も思っていました。太平洋を横断中に何かがあって海に着水したとしてもおそらく機体はバラバラでしょうし、そこで生き残っても救助が来るまで持つとはとても思えません。

ところが2009年、ニューヨークのラガーディア空港を離陸した旅客機がバードストライクにより両翼のエンジン推力を同時に失い、ハドソン川に不時着水するという事故がありました。このとき世間が驚かされたのは、一人の犠牲者も出なかったということです。この「ハドソン川の奇跡」と呼ばれる出来事はまさに奇跡としか言いようがありませんが、この事故と、その後に起こったことを映画化したのが「ハドソン川の奇跡」という作品です。

原題のSullyというのは事故機の機長だったChesley Sullenbergerのあだ名ですが、この事故の後、Sullyは世間には英雄としてもてはやされマスコミの取材が殺到する一方、国家運輸安全委員会 (NTSB) にはその判断が適切なものだったのかを疑問視され、追求を受けることになってしまいます。自分の職責を完全に果たし乗客乗員全員の命を守ったにもかかわらず、苦悩の日々を送る中、副操縦士のJeff Skylesや妻に支えられて公聴会の日を迎える、というものです。

日本人にはハドソン川といってもほとんど馴染みがないでしょうが、マンハッタン島の横を流れる川だといえば何となく分かるでしょうか。超高層ビルの立ち並ぶマンハッタンを眼下に見ながら、動力を失った巨体をどこに降ろすかという冷静な判断と決断は讃えることに何の疑問も感じられません。数百人の命を預かるというのはこういうことなのでしょう。

この映画は上映時間96分という、まれに見る短さのものです。しかし、無駄に話を引き伸ばすことなく余計な演出もせずにこの出来事を描いていて、とてもシンプルな映画だというのが鑑賞直後に私が感じたことです。それが逆にこの「奇跡」とSullyの英断を引き立てているのではないでしょうか。Sullyを演じるTom HanksやJeff役のAaron Eckhartらも本人たちそっくりの雰囲気を作っていて、作り話のように感じてしまうこともなかったように思います。

とにかくシンプル、潔い映画でした。

シン・ゴジラ

大人向けです。

日本人の平均より映画館に足を運んでいると思う私ですが、もっぱら観るのはいわゆる洋画、ハリウッド作品がほとんどで、邦画を観ることはほとんどありません。それは別に邦画を見下しているというようなわけではなく、変に身近に感じてしまって現実とのズレを感じてしまうとか、画面のこちら側、つまりカメラの後ろがどうなっているかが想像されてしまうからとかいうようなことではないかと思っています。また、市場の大きさがまったく違うために製作予算もまさしく桁違いであり、邦画の場合にはたまに粗が見えてしまうということもあるかもしれません。とはいえ、近年のCG技術の進歩に伴う低コスト化のおかげで、予算の違いによる映像への影響はそれほど明らかなものではなくなってきているのではないでしょうか。

それはともかく、ゴジラシリーズの29作目となる「シン・ゴジラ」にももともとほとんど関心がなかったのですが、まず予告を見て「ちょっと面白いかもしれない」と興味を持ち、そして公開されてからのSNS等での評判を見ているととても良さそうに感じたので、たまには邦画もいいかもしれないと観てみることにしました。なお、先日「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」を一緒に観たMarvel好きのO君がこれから観たい映画としてこの作品を挙げていたのでもう観たかどうかを聞いてみたところ、彼もまだだということだったので昨日の仕事の後に二人で行ってきました。

SNSでの雰囲気から、予備知識は持たない方が楽しめそうだったので私もあえて何も調べずに臨みましたが、知っていても困らない情報としては「これは怪獣映画ではなく政治ドラマである」ということが言えると思います。怪獣映画を期待して観に行くと後悔する可能性がありますが、現実にゴジラが生まれ、東京に上陸したとしたら日本政府はどう対応するだろうか、日本の社会がどうなるだろうか、ということをリアルに描き出そうとした作品である、というのが面白さをスポイルしない範囲で言えることでしょう。まあ「東京に上陸」というのはネタバレかもしれませんが、それはお約束なのでいいですよね。

作品自体はとても面白かったのですが、ちょっと気になってしまったのは石原さとみ演じるKayoko Ann Pattersonというのが日系3世のアメリカ人という設定なのですが、カタカナ語を英語の発音にしてそれっぽくしてはいるものの、やはり英語のセリフには無理があってどう聞いても日本人の英語なのです。むしろ総理大臣とアメリカ大統領とのホットラインで通訳をする官僚役の人の発音の方が上手くて、少々残念でした。美貌と演技力と英語力とを併せ持つという人はなかなかいないのかもしれませんが、今後もこういう役が度々あるとすれば、俳優も英語力で仕事がもらえるようになったりはしないのでしょうかね。普通の人は気にしないので無理でしょうか。

ゴジラといえば2014年のハリウッド2作目「ゴジラ」と、その後にシリーズの原点である1954年版「ゴジラ」も観ましたが、この作品はそのどちらともかなり異なるものになっていました。そして、これらの中では今回の「シン・ゴジラ」が一番好みだったと思います。ハリウッド版もあれはあれでハリウッドが作るとこうなる、ということでは素晴らしかったと思うのですが、やはり餅は餅屋ということでしょうか。ちなみに今回の作品は「円谷英二の生まれなかった世界」だそうで、怪獣という言葉は使われずに「巨大不明生物」と呼ばれていますが、これは製作時に実際の官僚が発言した言葉から取られたとのことです。こういうところからもリアリティが深まっているのでしょうね。