Archives

War for the Planet of the Apes

そしてオリジナルへと続く。

先日、猿の惑星シリーズの最新作、「猿の惑星: 聖戦記」が公開されました。これまで本シリーズは観てきていたものの、他に色々観たい映画はあるし、今回はもういいかなという気になっていたのですが、本作はTomatometerが93%という予想外の評判の良さで、「リブート三部作で最高」とか「オリジナル以来の出来」などと言われており、特にAndy Serkisの演技が高い評価を得ているようです。ダウンロード版か何かで観ればいいかなとも思ったのですが、やはり劇場で観た方が没入できる分感動は大きいので、水曜日に5:50からという字幕版が上映されるレイトショー以外で唯一の回で観てきました。地元の映画館では吹替版が優先されていて字幕版の扱いが酷いのが困りものです。

リブート後の第一作である「猿の惑星: 創世記」ではあくまで人間が主役、「猿の惑星:新世紀」では人間と猿とが同等に描かれている感じだったかと思いますが、今回は完全に猿を中心に物語が進行しています。これはまさしく地球上での主役が交代したということを表しているのでしょう。そしてその猿の中でも主人公であるCaesarを全2作に続いてAndy Serkisがモーションキャプチャーで演じていて、その演技が非常に高い評価を得ているわけですが、その他の猿についてもまったく違和感はなく、この技術についてはほぼ完成したと見ていいのでしょうね。

ストーリーについてもとても良くできていて、色々考えさせられることもあります。ただ、いつもこのシリーズを見ていて腑に落ちないというか、釈然としない物があるのは、高度な知能を得るのは類人猿だけで、馬などの家畜はあくまで家畜のまま猿に使われるだけの存在であり、その他の動物もそのままだということです。理屈として、猿にしか効果のないウィルスなのだという設定は理解できるのですが、それをアナロジーなのだと考えた時に「AとBは同等。しかしCは別。」という風に感じられてしまうのです。そこまで考える必要はないのでしょうが、私の違和感の原因はそこにあります。

ところで、最近はスタジオロゴもアレンジするのが流行っているようですね。私にはトランスフォーマーシリーズのものが印象的ですが、本作でも20th Century Foxの有名なファンファーレが変わっているので、これも一つのお楽しみではないでしょうか。

ちなみに本作の邦題は「聖戦記」と書いて「グレート・ウォー」と読ませるらしいのですが、さすがにこれは無理がないでしょうか。これでは結局誰もそんな呼び方はせずに皆「3作目」などというだけで終わってしまうのではないかと思われ、自分の仕事や商品に誇りを持って欲しいとまで思ってしまいます。その点、私の愛するスター・ウォーズシリーズは無難で堅実な、ほぼ直訳なのでホッとします。まあこの作品の原題は直訳も難しいですけどね。

Logan

ヒーローだって年を取ります。

LoganといえばX-Menの中心人物の一人であるWolverineですが、アメリカで次男が通っていた小学校がLogan Elemetary Schoolというところで、かつ住んでいたミシガン州の「州の動物」や住んでいたアナーバーにあるミシガン大学のマスコットがWolverine (クズリ)だったりとなんとなく色々関わりがあるのですが、だからと言ってどうというわけではありません。ただそのWolverineを主人公に据えたX-Menシリーズのスピンアウト三部作の最後、映画「LOGAN/ローガン」を観てきたという話です。

舞台は2029年、今から12年後のアメリカ、テキサス州のメキシコとの国境辺りです。近未来の話ではありますが、ちょっと車が未来的なデザインになっていたりするくらいで現代とはほとんど変わりません。ただ、変わっているのは登場するWolverineやProfessor Xが年を取ってしまっているということで、その姿は結構ショッキングです。この時点で25年間新しいミュータントが生まれていないということもあり、かなり絶望的な空気が漂っています。

そんな状態からどのように物語が進むのかということですが、終わってみると心温まるところもある、なかなかいい映画だったと思います。ただ、日本ではR15、アメリカではRのレイティングとなっており、結構な残虐描写が含まれています。これによって特にアメリカでは観客をかなり制限することになってしまっているのでしょうが、これは登場人物らの残忍性をしっかり表現するためには必要なものなのではないかと私も思います。

主人公のWolverine/LoganことJames Howlettはこれまで通りHugh Jackmanが演じていますが、Wolverine役で大当たりとなった彼にとって年老いて衰えたLoganを演じるというのはどういう思いだったでしょうか。また、Professor Xを演じているのはPatrick Stewartで、彼ら二人とも実年齢よりも20歳ほど老けた役となっていますが、二人ともこの作品がX-Menシリーズでの見納めとなってしまうようです。また、謎の少女Lauraの役で存在感を示しているのはDafne Keenという12歳の少女です。実年齢相応のかわいさのある彼女ですが、イギリスとスペインのハーフらしくラテン系の顔立ちをしているのでメキシコ人の役でもまったく違和感はありません。また今後が楽しみな子役が出てきたのではないでしょうか。

ということで、今作ではWolverineらもかなり酷い目に遭ったり、衝撃的なシーンも多々あるので観ていて辛いところもあったのですが、終盤にはとても美しいシーンもあり、とても見応えのある作品になっているのではないかと思います。少なくとも、アメコミものにありがちなヒーローがやたら強い薄っぺらいものとは一線を画した、ドラマとして観られるものになっているのではないでしょうか。

Silence

いろいろむごい。

今週水曜日は毎月1日の映画の日ということで、映画館の入場料金が大幅に割引されるわけですが、普段の1800円から1100円というのはだいぶ安くなっているものの、諸外国に比べるとまだまだ高いのではないでしょうか。日本でも深夜に及ぶ上映はレイトショーとして1200円程度になるサービスがありますが、アメリカでは時間帯や曜日などによってかなり柔軟に値段が変えられていて、週末でも午前中の回は3ドル程度で観られるというところもあります。逆に夜は割高になっていて、12ドル程度の場合もあってあまり日本と違わない場合もあります。それはそうとして、差額の絶対値だけ見るとたかだか数百円なので最近はあまり気にしなくなっていて、今週はだいぶ久しぶりに映画の日に映画館に足を運びました。

今回観たのはMartin Scorsese監督の「沈黙 -サイレンス-」という作品です。このところ娯楽作品ばかりで長らく観ていなかった重厚な作品になりますが、遠藤周作の「沈黙」を原作とする作品です。私の母が遠藤周作のファンのようで、幼い頃から家にハードカバーの本が揃っているのを見ていた記憶がありますが、実際に読んでみたことはありません。

沈黙 (新潮文庫)

posted with amazlet at 17.02.04

遠藤 周作 新潮社 売り上げランキング: 14

Amazon.co.jpで詳細を見る

本作は完全なハリウッド作品ですが、舞台となっているのは17世紀の日本、登場人物もほとんどが日本人です。キリスト教が禁じられ、信者が弾圧されていた当時の日本に、棄教したイエズス会神父Ferreiraを探しに二人の若い神父RodriguesとGarupeが密入国し、隠れキリシタンの村で危険を冒しながらも信仰を守る者たちに触れ、やがて捕らえられてもなお信仰を捨てない人々を見て苦悩する、という話です。

主人公の神父Rodriguesは「アメイジング・スパイダーマン」でPeter Parkerを演じていたAndrew Garfield、もう一人の神父Garupeは馴染みのある顔なのに思い出せない…と思っていたら「フォースの覚醒」でKylo Ren役のAdam Driverでした。そしてFerreiraを演じるのは「ファントム・メナス」のQui-Gon JinnことLiam Neesonで、私にはとても馴染み深い俳優たちのシリアスな演技を見ることができました。

また、日本人の登場人物は窪塚洋介、浅野忠信、塚本晋也、笈田ヨシ、イッセー尾形らにより演じられていますが、ハリウッド作品にありがちな韓国人や中国人、日系アメリカ人などではなくちゃんとした日本人の俳優により演じられているため、日本人が観てもまったく違和感がないだけでなく、日本人でなければ理解できない感情も表現されているように感じられ、作品を一層深いものにしているように思います。

なお本作は日本では17世紀の日本の風景を描くのは困難であるということから台湾で撮影が行われたとのことです。確かに日本では離島以外ではどこへ行っても本当の自然のまま残っているところなどはないでしょうから、これは仕方のないことでしょう。言われてみれば草木の茂り方などがなんとなく南国っぽいかもしれませんが、昔の日本がどうだったかということなど知らないので違和感などはまったくありません。

ところで作品中には重要な場面として何度か踏み絵が出てきます。小学校時代に教科書で習ったものですが、当時も「命がかかっていても踏めないものなのか」というのが疑問でなりませんでした。実は私はキリスト教一家で育ち、今はまったく熱心な信者ではないものの物心付く前から毎週日曜日には教会へ通っていたのですが、ちょっとしたためらいはあったとしても踏めと言われれば踏めると思います。私はきっと信仰というものの捉え方が人とは違うのだろうと思っていますが、果たしてどうなのでしょうか。

それはともかく、今回は久しぶりに良い映画を観たという気がします。「面白かった?」と聞かれると答に困りますが、間違いなく観て良かったです。