Archives

The Circle

結末に不満あり。

今年は11月から12月にかけて、毎週末に観たい映画の公開が続いていて嬉しいような困ったようなというところなのですが、先週末は出掛けていたので「マイティ・ソー バトルロイヤル」はちょっと見送りました。Marvel作品群は長男も好きで観たがっているのですが、大学受験を控えているため自制しているので、私も受験が終わったあとにAmazonかAppleかの動画配信で観ようかと思っています。

ということで今週はHermioneことEmma Watson主演の「ザ・サークル」を観てきました。映画として面白いかどうかだけではなく、ネットワーク界隈の話題としておさえておくべきところではないかと思って気になっていました。Emma演じるMae HollandがThe CircleというIT企業の顧客窓口として働き始めてしばらくして、CEOであるEamon Baileyの目に留まってSeeChangeなるSNSで私生活を含めてトイレ以外の24時間すべて公開することになりますが、これによって世界中から多くの視聴者を集めることになりますが、Mae自身と身近な人々に様々な影響を及ぼすことになる、というものです。

SeeChangeについて、現時点では送信側のデバイスは現在の技術で実現できるものではないと思いますが、それ以外のインフラや受信側についてはすぐにでも実現可能なもの、というより最近始まったInstagramのStoriesのようなものとそれほど違うものではないかもしれません。SNSで日常を公にすることについては私も妻にあれこれ言われていますが、現状はあくまで主体的なものであり、それが自動的なものになるというのはさすがに私でもかなりの抵抗があります。いくらさらけ出しているように見える人でも、相当限定的なものでしょう。

The CircleのCEOを演じているのがTom Hanksなのですが、本当にカリスマのある経営者のように説得力のあるプレゼンテーションに見えました。Steve Jobsなどのプレゼンテーションを研究したことは間違いないでしょうが、研究材料には事欠かないのではないでしょうか。また、The CircleのキャンパスもAppleの新社屋やGoogle、Facebookのキャンパスを彷彿とさせるものになっていますが、映画用にさらにそれを極端にした感じでしょうか。

このあたりの業界に関心の強い私には終盤までなかなか楽しむことができたのですが、最後の最後、肝心なところが尻すぼみになってしまったような感じでとても欲求不満の貯まるような終わり方になっているのがとても残念でした。しかし、これは映像化の時点でうまく描けなかっただけでDave Eggersによる原作ではうまくまとめられているのではないかという気がするので、ぜひ読んでみようと思っています。その際にはこの映画で見たイメージが重なり合ってよりリアルに感じられるのではないでしょうか。

ザ・サークル

posted with amazlet at 17.11.11

デイヴ エガーズ Dave Eggers 早川書房 売り上げランキング: 74,982

Amazon.co.jpで詳細を見る

Beauty and the Beast (2017)

ディズニー映画の正統。

つい先日の「ゴースト・イン・ザ・シェル」の時にも「アニメと実写の境界がどんどん曖昧になっていく」と書きましたが、これは何もSF的な作品に限ったことではありません。今回観た2017年版「美女と野獣」では予告で「あの名作をディズニーがついに完全実写化! 」と謳っていましたが、さすがに歌ったり踊ったりする家具調度類を実写で撮ることなどできないので、もちろんかなりの割合でコンピューター・グラフィクスが活用されているわけですが、ここで言う「実写」の定義はいったい何なのかと問うてみたくなります。ちなみにWikipediaの「実写」の項目には

実写 (じっしゃ)とは、本来は実況や実景を文章や絵で表現、またフィルムなどに写しとること(たもの)であり、記録映画を指す言葉である。アニメーションやCGなどの映像に対して、実際に撮影された映像を指す言葉としても使われており、本記事ではその意味として解説する。 (2017-05-02現在)

と書かれており、どうもこれに当てはまるとは思えませんが、かと言ってアニメーション映画化なのかというとそう言ってしまうのもかなり強引ですが、いずれにしても「完全実写化」は言い過ぎではないでしょうか。

それはさておき、ディズニーが満を持して、Emma Watsonを主役のBelleに据えて送り出してきた大作ですから、駄作であるはずもありません。1億6千万ドルという途方もない製作費がかかっているそうですが、そんなものは余裕でクリアしてしまう10億ドル以上の興行収入をすでに現時点で得てしまっているそうですから恐れ入ります。1991年版のアニメ映画も大ヒットしたので本作も約束されたようなものだったかもしれませんが、主題歌をAriana GrandeとJohn Legendのデュエットでカバーしているなどの話題作りも奏功したかもしれません。

「美女と野獣」という作品はもともと1740年にヴィルヌーブ夫人により書かれたものが最初だそうですが、その後派生したものの一つがディズニー版ということのようで、本作のストーリーは1991年版からはほとんど変わっていないようです。すでに完成されたファンタジーですから、下手に手を入れない方が間違いないでしょう。

それにしてもEmmaはとても綺麗になっていて、品もあるのでディズニープリンセスにぴったりではないでしょうか。ハリー・ポッターシリーズでHermioneを演じていた頃からその秀才キャラクターを演じるにふさわしい聡明さを感じさせていましたが、本作のBelleも本をよく読み自由な考え方を持つところなど共通点があります。観てしまった後ではEmma以外にBelleを演じるにふさわしい女優が他には思い浮かびませんが、他の人だったらまた違った雰囲気の映画になってしまっていたかもしれません。

作品自体も歌とファンタジーの世界を堪能できてとても楽しく観ることができましたが、ちょっとかわいそうなのは野獣役のDan Stevensですね。野獣の姿では微妙な表情の変化でしか顔を見ることができず、人間の姿に戻ると野獣のときとの迫力の違いで「え?」という弱々しさ、準主役で重要な役柄なのにかなり損な役回りなような気がします。Danの経歴からすると本作は大抜擢という感じのように見えますが、本人としてもこれが代表作とは言いにくいのではないでしょうかね。