Archives

Ghost in the Shell

観ておいて良かった。

つい先日「SING」を観たときには「ゴースト・イン・ザ・シェル」について「レンタルで観ればいいやという気になってしまいました。」などと言っていた私ですが、もうすぐ上映が終わってしまうかもしれないと思うとやはり私は諦めきれず、結局先週の金曜日に仕事が終わって一旦帰宅した後、車で一時間近くも走ってイオンシネマ明石でレイトショーで観てきてしまいました。どうしてわざわざそんな遠くに、ということですが、先日も書いたように自宅近くのシネコンでは公開当初から吹き替え版のみの上映となっていて、市内にシネコンができるまで通っていた、次に近いイオンシネマ加古川では夕方の上映となっているので、字幕版にこだわるとやむを得ないわけです。しかし、わざわざ時間をかけて行った甲斐があって、期待していた以上に楽しむことができました。実は私はこれまで原作の漫画「攻殻機動隊」も、これまでに複数製作されているアニメ映画のいずれも観たことがなく、まったく予備知識がない状態で観たのですが、それはかえって良かったのでしょうか。

ストーリーは主人公である「少佐」の脳が義体と呼ばれるサイボーグの体に移植されるところから始まり、その一年後から主な物語が進行します。サイバー犯罪やテロを取り締まる「公安9課」を率いる少佐はその任務の過程で本当の自分の記憶に気づくことになり、隠されていた真実を明らかにしていく…というような感じのストーリーです。私がちょっと調べた感じでは、これまでの作品とは少佐の過去についての設定を共有していないように見えます。

この少佐を演じているのがScarlett Johanssonなので「日本人の役なのに白人が演じている」(= ホワイトウォッシュ) と言われて批判されてしまい、そのおかげなのか欧米では興行的に振るわなかったようなのですが、「なんで?」と思いますよね。少佐の名前はどう考えてもアジア系の名前ではありませんし、量産型の義体という設定なので人種なんてどうでもいいはずです。批判した人たちは実際にはこの作品を観ていないに違いありません。Scarlettという白人女優が演じていることについて私にはまったく違和感がありませんでした。Scarlettはこの批判で参ってしまって「もう二度とアジア人の役は演らない」と言ってしまっているようで、せっかくクールに演じてくれていたのに残念で仕方ありません。

また、ろくに事前情報を得ていなかった私が観る直前まで知らなかったのが、公安9課の課長である荒巻大輔をビートたけしが演じているということです。「日本語のセリフでいいなら」ということで引き受けたそうなのですが、なぜかこの荒巻だけが日本語で喋っているという不思議な映画になってしまいました。「滑舌が悪いので英語字幕を見ないとわからない」などとも言われているようですが、私にはそんなことはありませんでした。

この作品の見所の一つは舞台となっている未来都市の情景ではないかと思いますが、「ブレードランナー」の影響を色濃く受けているように思いました。あれほど暗い世界ではなく、それを現代のCG技術で実体化したような感じです。また全体的にかなりCGが活用されていて、アニメと実写の境界がどんどん曖昧になっていくのを感じます。しかし、実際には一見してCGと分かる部分は比較的難しいものではなくて、実写と区別がつかないもの、実写なのだと思ったらCGだったというようなものの方が難易度は高いのでしょうね。

ということで極力ネタバレしないように紹介したつもりなのでなんだか分からない部分もあったかもしれませんが、私の感想を一言で言うと「続きが見られないのが残念」でしょうか。ひょっとしたら少佐役を別のアジア系女優に代えて続いたりするのかもしれませんが、それではダメなような気がします。Scarlettが「やっぱりまた演る!」と言ってくれると嬉しいのですが…日本でもあまり盛り上がっていないようなので無いでしょうね。せいぜい遅ればせながら原作を読んでみることにします。

攻殻機動隊(1) (ヤングマガジンコミックス)

posted with amazlet at 17.04.23

講談社 (2014-06-27)売り上げランキング: 190

Amazon.co.jpで詳細を見る

Doctor Strange

少なくとも期待には応えてくれました。

香港を皮切りに各国での一般上映が始まったのが昨年10月、それから3ヶ月ほど経った昨日ようやく日本でも映画「ドクター・ストレンジ」が公開されました。この作品もMarvel Comicsのコミックシリーズを原作とするコミックの実写化作品の一つですが、主役のDoctor StrangeをあのBenedict Cumberbatchが演じているということで一部では大きな話題となっていました。Benedictといえば「スター・トレック イントゥ・ダークネス」で悪役のJohn Harrison、「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」では主役のAlan Turingを演じていましたが、演技派の本格俳優です。まあハリウッドの大作で主演を張る人が本格でないはずはありませんが、イギリスBBCのドラマシリーズ「SHERLOCK」の主役Sherlock Holmesでも大人気を博しており、そんなBenedictがMarvelの作品に出るというのは驚きがあったと思います。

ということで待ちに待った公開初日、仕事の後にカレーを食べてから、これまで何度か一緒に映画を観に行っているMarvelファンの職場のO君と二人で市内唯一のシネコンに行ってきました。初日といっても金曜日の夜7時半からだったので観客はまばらでしたが、それだけにわざわざ観に来ていた人たちなのでみなそれぞれ期待して来ていたのではないでしょうか。日本の映画館なので静かに観ていましたが、何となくいつもとは空気が違うような気もしました。たぶん気のせいですが。

Marvelの作品群の中でも日本では知名度の低いDoctor Strangeですが、本作は映画化シリーズの第一作ということで、いかにして魔術師Doctor Strangeが生まれたかという導入部分を描いているため、予備知識は一切必要ありません。主人公のStephen Strangeはニューヨークの病院で辣腕を振るう天才神経外科医ですが、なかなか鼻持ちならない野郎です。しかしある日、大事故に遭って後遺症が残るようになってしまい、そのままではもはや医者を続けることができないため八方手を尽くして最後にたどり着いたのがネパールの秘密の寺院Kamar-Tajであり、ここから不思議なストーリーが始まります。

Strangeの師となるAncient Oneはオリジナルのコミックでは老人男性のようですが、本作ではTilda Swintonが頭髪のない状態で演じています。作品中では年齢不詳の数百歳という役柄ですが、映像の中のTildaも56歳という歳には見えず、かと言って幾つくらいなのかもよくわからない不思議な感じです。兄弟子となるMordoはChiwetel Ejioforが演じていますが、これまでに他の作品で何度も観たおなじみの顔といった感じです。一方、敵役のKaeciliusはつい先日「ローグ・ワン」のGalen Erso役で見たばかりのMads Mikkelsenです。今週プロモーションのために来日して人柄の良さを振りまいていたようですが、「カジノ・ロワイヤル」の悪役Le Chiffreもこの人でしたね。

映像の方は魔術の演出にILMのCG技術を存分に発揮していますが、多くの撮影がグリーンバックで行われたのではないでしょうか。「インセプション」を彷彿とさせるような映像もありましたが、空間を自在に操るような魔術の映像はかなり見応えのあるもので、まさしく現代の技術がなければ映像化することのできない世界です。数十年前の人々には想像もできないものでしょうが、そうすると数十年後の映画は一体どのような進化をとげるのでしょうか。

しかしStrangeという名字もどうかと思いますが、そこには目を瞑るしかないのでしょうね。本当にそんな名前だったら子供の頃きっといじめられるでしょうが…

Rogue One: A Star Wars Story

“Rebellions are built on Hope!“

The Walt Disney CompanyがLucas Filmを買収するというあの電撃的なニュースから4年、毎年Star Warsシリーズの新作が公開されるというのはファンには夢のような状況ですが、少なくともこれが3年後の2019年まで続くというのはなんと素晴らしいことでしょうか。昨年はエピソード7に当たる「フォースの覚醒」が公開されて大いに盛り上がりましたが、今年は昨日、シリーズから派生した外伝的作品である「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」が公開されたということで、今日早速、朝一番の上映回で観に行ってきました。それほど楽しみにしていたのになぜ初日に観ないのかというと、昨年と同じく職場の忘年会が同じ日に設定されてしまったからです。来年こそは同じことにならないよう、日程調整の際に「この日はダメ」と予め言っておくことにします。

それはさておき、この作品は上に書いたように外伝、スピンオフである「アンソロジー・シリーズ」の第1弾となるもので、描かれたのはシリーズの原点であるエピソード4「新たなる希望」が始まる10分前、とされています。つまり、反乱同盟軍が帝国の究極兵器である初代デス・スターの設計図を奪うまでの決死の活躍を綴ったものになります。

主人公はつい先日観たばかりの「インフェルノ」でヒロイン役だったFelicity Jonesが演じるJyn Ersoですが、女性の主人公は「フォースの覚醒」のReyに続いてということになります。私は何の不満もありませんが、そういう時代ということなのでしょうか。JynはReyと違って何ら特殊な能力もパイロットの技能も持ちませんが、反乱軍に育てられたことで戦闘能力は高いようです。

そしてJynと行動を共にするのが幼い頃から反乱同盟軍で活動してきたCassian AndorでDiego Lunaが演じます。そしてこのCassianの相棒がK-2SOというもともと帝国軍の