Archives

Transformers: The Last Knight

主役は人間。

映画「トランスフォーマー」シリーズは私の次男が小さい頃から好きなのですが、最初の作品「トランスフォーマー」が公開されたのは2007年ということなので今からちょうど10年前ということになります。その時次男はまだ5歳だったということになりますが、劇場に連れて行って一緒に観たところ「かっこいい~」と気に入ったようです。確かに1作目はトランスフォーマーたちの変形シーンが当時とても斬新で、私にも非常にかっこよく見えました。

それから10年経ち次男も中学3年生となりましたが今でも好きなようで、「トランスフォーマーを一緒に観に行くか」と声を掛けると「行きたい」とのことだったので、この週末公開されたシリーズ最新作「トランスフォーマー/最後の騎士王」を次男と二人で観てきました。これまでの私の印象では第一作が一番シンプルにトランスフォーマーたちをかっこよく描いていて、二作目三作目と進むごとにストーリーも演出も派手で複雑になってきて、映像の技術的にも進んでいるのですが、単純な痛快さが無くなってきてしまったように感じていました。果たして今作ではどうだったでしょうか。

人間の主人公は前作でMark Wahlbergに交代しましたが、彼の演技はとても良かったのでこれは私にとって嬉しいことでした。また、Josh Duhamelが復帰していますが、ちょっと見ない間に若干太って老け込んでしまったようで、以前のような精悍さは見られなくなってしまったのが残念です。ちなみにJoshの奥さんはBlack Eyed PeasのFergieでしたが、そのFergieのウェブサイトにある写真に写っているJoshの方が映画よりもシュッとしているような気がします。そして、John Turturroもまた相変わらず変な役柄で復帰しています。

さて、作品全体としてはどうだったかというと、やはりやや話を詰め込みすぎな印象は否めません。なにしろアーサー王伝説や第二次世界大戦など、古代から現在に至るまでの間のトランスフォーマーたちと人間との関わりに加え、トランスフォーマーたちの故郷であるサイバトロン星まで話に絡んできているので、149分という上映時間でも語り尽くせていないようなところがあります。それだけ盛り沢山な内容で退屈するようなことはないのですが、もう少し落ち着いて観させてほしいという感じでしょうか。決してつまらなかったわけではありません。

また、Optimus Primeが思ったよりもあっけないというのも感想の一つです。もう少し粘るのかと思っていましたが、これ以上はネタバレになるので黙っておきます。もう一つ言えば、変形シーンをもっと見たいというのもあって、その場でゆっくり変形してくれるようなシーンがないので第一作にあったような感動がなくなってしまっているのが残念です。ただ、特にBumblebeeが新しい変形パターンを幾つか見せてくれるのは楽しめました。

ところで、トランスフォーマーシリーズではこれまでに何度もデトロイトでのロケが行われてきて、前作では私もダウンタウンの空き地に組まれた撮影セットを目撃しているのですが、今作でも多くのシーンがデトロイトで撮影されているようです。そして、その見返りとして2100万ドルの補助金がミシガン州から与えられているということで、それに見合うだけの雇用や経済への影響があるということなのでしょうが、それだけ映画製作というものが巨大な産業であるということですね。

Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales

最後のシーンは感動的です。

今週はJohnny Deppも来日してプロモーションをしていたようですが、6年ぶりにCaptain Jack Sparrowがスクリーンに帰ってきました。前作「生命の泉」の公開は2011年の5月で、私がアメリカに赴任する前なので余計にだいぶ前のことに感じます。前回は小学校6年生だった長男と一緒に観に行きましたが、その長男も今や高校3年生になり、一応誘ってはみましたがさすがに一緒に行ってくれなかったので、仕方なく今回は一人で観ることにしました。ただし、公開初日の今日はちょうど毎月1日の映画サービスデーなので1100円で観ることができました。

シリーズ5作目となる今作「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」は、ストーリー的に前作よりも3作目の「ワールド・エンド」との繋がりの方が強いものとなっているようです。4作目には登場しなかったWill TurnerとElizabeth Swannの息子、Henry TurnerがJack Sparrowに次ぐ主要な役柄となっていて、そのHenryが父Willに掛けられた呪いを解くためにその鍵を握るJackを探し出すのが物語の始まりとなっていることからも言えることです。といっても、私も3作目のストーリーなどほとんど忘れてしまっていましたが、それでもまったく問題なく楽しむことができました。ただ、これまでの作品を一度観ておくとより楽しめる、ということは言えると思います。

なお、邦題は「最後の海賊」となっていて、今年公開の「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に似せたようになっているのが少々気になります。現代の”Dead men tell no tales.”というのは「死人に口なし」に当たることわざですが、セリフとしても登場するのでこれは大事にしてほしかったようにも思います。まあ、そのまま「死人に口なし」では時代劇のようですし、「デッド・メン・テル・ノー・テイルズ」では特に子供が分からないので仕方ないでしょうか。

ということで、やはりこのシリーズは娯楽作品として非常によく出来ていると思いました。笑いあり、戦いの緊張感・迫力あり、感動あり、とディズニーならではの完成度の高さです。Rotten TomatoesのTomatometerは29%と、かなり辛口の評価になっており、観客の満足度も66%と振るいませんが、アメリカ以外での興行成績は悪くないようです。ちなみに音楽はこれまでのHans ZimmerからGeoff Zanelliに交代しているのですが、作風は継承していてまったく違和感はありませんでした。長男だけでなく私もこのシリーズの音楽は大好きなので、さっそくサウンドトラックを購入したのでしばらく聞いていたいと思います。

パイレーツ・オブ・カリビアン / 最後の海賊 オリジナル・サウンドトラック

posted with amazlet at 17.07.01

V.A. WALT DISNEY RECORDS (2017-06-28)売り上げランキング: 332

Amazon.co.jpで詳細を見る

Logan

ヒーローだって年を取ります。

LoganといえばX-Menの中心人物の一人であるWolverineですが、アメリカで次男が通っていた小学校がLogan Elemetary Schoolというところで、かつ住んでいたミシガン州の「州の動物」や住んでいたアナーバーにあるミシガン大学のマスコットがWolverine (クズリ)だったりとなんとなく色々関わりがあるのですが、だからと言ってどうというわけではありません。ただそのWolverineを主人公に据えたX-Menシリーズのスピンアウト三部作の最後、映画「LOGAN/ローガン」を観てきたという話です。

舞台は2029年、今から12年後のアメリカ、テキサス州のメキシコとの国境辺りです。近未来の話ではありますが、ちょっと車が未来的なデザインになっていたりするくらいで現代とはほとんど変わりません。ただ、変わっているのは登場するWolverineやProfessor Xが年を取ってしまっているということで、その姿は結構ショッキングです。この時点で25年間新しいミュータントが生まれていないということもあり、かなり絶望的な空気が漂っています。

そんな状態からどのように物語が進むのかということですが、終わってみると心温まるところもある、なかなかいい映画だったと思います。ただ、日本ではR15、アメリカではRのレイティングとなっており、結構な残虐描写が含まれています。これによって特にアメリカでは観客をかなり制限することになってしまっているのでしょうが、これは登場人物らの残忍性をしっかり表現するためには必要なものなのではないかと私も思います。

主人公のWolverine/LoganことJames Howlettはこれまで通りHugh Jackmanが演じていますが、Wolverine役で大当たりとなった彼にとって年老いて衰えたLoganを演じるというのはどういう思いだったでしょうか。また、Professor Xを演じているのはPatrick Stewartで、彼ら二人とも実年齢よりも20歳ほど老けた役となっていますが、二人ともこの作品がX-Menシリーズでの見納めとなってしまうようです。また、謎の少女Lauraの役で存在感を示しているのはDafne Keenという12歳の少女です。実年齢相応のかわいさのある彼女ですが、イギリスとスペインのハーフらしくラテン系の顔立ちをしているのでメキシコ人の役でもまったく違和感はありません。また今後が楽しみな子役が出てきたのではないでしょうか。

ということで、今作ではWolverineらもかなり酷い目に遭ったり、衝撃的なシーンも多々あるので観ていて辛いところもあったのですが、終盤にはとても美しいシーンもあり、とても見応えのある作品になっているのではないかと思います。少なくとも、アメコミものにありがちなヒーローがやたら強い薄っぺらいものとは一線を画した、ドラマとして観られるものになっているのではないでしょうか。