Archives

Guardians of the Galaxy Vol. 2

「リミックス」の意味わかってますか?

今日は次男の15回目の誕生日ということで例年通り休暇を取って家にいたのですが、当然ながら次男本人は学校に行っていたので、結局それは休暇を取るための口実というかきっかけに過ぎません。そういうことでもないと有給休暇を消化することもできないので、私は毎年家族の誕生日と結婚記念日には休むようにしていますが、だからといってどこかへ出掛けたり、ごちそうの準備をしたりするというわけではなく、ただただのんびりしているのが通常のパターンです。ただその代わり、昨日の日曜日には次男と駅前へ行って服を買ってやり、映画を一緒に見て、美味しいバーガーを食べてきたのでまあ問題ないでしょう。

ということで昨日観てきた映画というのがとても面白かった「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の続編、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス」です。原題では”… Vol.2″となっていて今後の続編にも問題ないようになっているのですが、「リミックス」の次はどうするつもりなのかちょっと心配です。いつも思うことですが、邦題の付け方にどうも考えが足りないような気がします。それはさておき、今回もとても面白い作品に仕上がっていました。

冒頭のMarvelロゴがAvengersのキャラクターたちが描かれたちょっとリッチなものに変わっていて「おっ」と思った後、オープニングからBaby Grootのかわいさ全開です。前作の最後の方で仲間をかばってバラバラになってしまったものの、残った枝をRocketが挿し木して育てたのがBaby Grootですが、今作では最初から最後までかわいくて仕方がありません。一番たまらないのは宇宙船のシートに座ってM&M’sか何かを食べているショットでしょうか。

また今回も全編に渡って笑いがいっぱいです。前作はアメリカで観たので笑うところがわからなかったということもありましたが、今回は字幕の助けを借りて大いに楽しみました。しかし、字幕とセリフではタイミングが違うので、字幕が先に出てネタバレのようになってしまうこともあって難しいところです。また、本作をより楽しむためには80年代のTVドラマ「ナイトライダー」について知っておいた方がいい、というか「ナイトライダー」を知らないと何が面白いのかわからないということになると思います。ネタバレになると悪いのでこれ以上は言いませんが、知らない人はWikipediaでも読んでおくといい…と言いたいところですが、このページは情報量が膨大ですね。

他にも様々なネタが仕込まれていて、今回は下ネタもあってレーティング的にも問題ないんだっけというのはあったのですが、エンドロールまで小ネタがあって楽しめます。最高なのはエンドロールの最後の方にあるのですが、恐らく日本人には気づきにくいところではないかと思います。観た後で気になる方はScreen Rant: Guardians of the Galaxy 2: All 5 Post-Credit Scenes Explainedというページの前置き部分に書かれているのでご覧になってください。なお、このページで紹介されている通り、本作はエンドロールに入ってから5つもポストクレジットシーンがあるので、最後の最後まで席を立たないことをお勧めします。

もう一つ、本作ではやはり音楽が大きな役割を果たしていて、70、80年台のノリの良いポップスが何曲もかかって楽しいです。これは前作でPeterが母親から最期の時に贈られたカセットテープに入っていた、ということになっているようですが、それが本作のサウンドトラックとして映画公開のしばらく前から発売されていたので私も購入して、これがどんなシーンでかかるのかなと思いながら聴いていました。映画を観たあとはそのシーンを思い浮かべながら聴くことになるので、印象もまたちょっと変わりますね。ちなみに次作ではZuneを使うのでしょうか。Zuneなんてまた懐かしい…と思いましたが、結局日本では発売されなかったのですね。

Guardians Of The Galaxy, Vol. 2

posted with amazlet at 17.05.14

Va Hollywood Records (2017-04-28)売り上げランキング: 27

Amazon.co.jpで詳細を見る

ということで、次男にはちょっとわからなかったところがあったものの、それでもそれなりに楽しめたようです。しかし、やはりこの作品は私の世代向けかもしれません。

The Hunger Games: Mockingjay – Part 2

本当の悪は…

ハリー・ポッター然り、トワイライト然り、最近の大ヒット小説シリーズの映画版は最後の部が前後編2作に分かれてしまうことが多くなりました。成功の約束されたヒット作でもっと儲けようという意図があからさまな感じで私は好きではありませんが、それまでのシリーズをすべて観てきたら最後だけ観ないというわけにもいかないので、足元を見られているような気になりつつも観に行ってしまうわけです。今回観た「ハンガー・ゲーム」シリーズの最終作「ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション」もまさしくそんな感じです。なお、前編「ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス」も昨年アメリカにいる間に観ていたのですが、後編も観てからでいいかと記事にしませんでした。

前作を観てから1年経ってしまったので内容もだいぶ忘れてしまっていて大丈夫かと思ってましたが、今回は冒頭に日本オリジナルでこれまでのあらすじをまとめて見せてくれたので、「ああそうだったそうだった」と思い出すことができたのは思いがけず良かったです。シリーズ前半の2作ではほとんど殺し合いゲームだけだったのに、いつの間にか圧政に立ち向かう反政府レジスタンスの物語になっているわけですが、原作ファンの中高校生はしっかりついていけたのでしょうか。

今回の見所は何かというと、大統領Snowが反政府軍に対して仕掛けた罠でしょうか。相当派手で残酷な仕掛けを施していて、そこまでやるかという感じなのはファンタジーだからでしょう。今回も沢山の人が死んでいきますが、みな随分残虐なやり口でやられていくので、私は映画で描かれていない細かいところまで想像してしまわないように注意しなければなりません。しかしそれでも一切血は描かれていないので、レイティングはPG-13で済んでいるというのも不思議なものです。

主人公のKatnissを演じるJennifer Lawrenceもシリーズの初めはまだ少女らしさが残っていたのに、すっかり大人の女性になってしまいました。まあ、現在25歳、第1作時点でも既に20代だったので、あれはあくまで映画の演出でしかなかったのかもしれません。一方、GamemakerであるPlutarch Heavensbeeを演じていたPhilip Seymour Hoffmanは製作中に46歳の若さで亡くなってしまいました。彼の出演シーンはほとんど撮り終えていたと発表されていますが、あまり目立ちはしないものの実際にはかなり重要な役柄なので、最後がああいう形になっているのはこの影響なのかもしれません。CGで合成したりはしていないということですが、もちろん本人のためにはその方が良いですね。

全体的に映像が派手な割に、あるいはそのせいで内容が薄く感じられてしまったのですが、最後には大きなどんでん返しがあってちょっと救われたような気がします。映画だってやはり第一に重要なのは物語で、それをいかに映像として描くかということですよね。

Guardians of the Galaxy

かっこいいだけじゃダメ。

話題作同士はわざとぶつけてくるのかどうかわかりませんが、だいたい観たい映画というのは時期的に集中してしまうことが多いような気がします。この夏も毎週のように興味を引かれる映画が公開されていて、かといって全て見るというわけにもいかないのである程度の取捨選択が必要になり、諦めなければならない作品も出てきてしまいます。しかしそんな中で、私としては全く注目していなかった「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」という作品がRotten TomatoesのTomatometerで92%という非常に高い評価を得ており、見逃してはならないという思いにかられて次男を連れて観に行ってきました。もちろんTomatometerが全てとは思っていませんが、客観的には信頼できるのではないかと思います。

ストーリーとしてはそれほど凝ったものではありません。少年時代に母親を病気で亡くした主人公Peter Quillはその直後に宇宙海賊に誘拐されて育てられます。その26年後、それが何であるかを知らず売るためにある球体を盗み出したQuillは、それを取り戻そうと送り込まれた暗殺者Gamoraに襲われ、そこをさらに賞金稼ぎのRocketとGrootに襲われますが、最終的には皆当局に捕まって監獄に送られます。その後いろいろあり、彼らは手を組んで脱走を企てますが…というような感じです。

ビジュアルとしては、遺伝子操作されたアライグマであるRocketと、木のようなヒューマノイドGrootがユニークで目を引きます。見た目は可愛らしいRocketですが口が悪く、勇敢で知性もあり侮れません。Grootも喋れるものの語彙が”I am Groot”の3語しかないのですが、そのイントネーションの違いなどからRocketにはそれで言いたいことが伝わるらしい、というのも面白い設定です。

主人公のPeter Quill役はLEGOムービーでも主人公のEmmetの声を演じていたChris Prattです。ただかっこいいだけでなく優しげでとぼけた感じもあるのが役に合っているのではないでしょうか。Gamoraを演じているのはZoë Saldañaですが、アバターで青色の異星人を演じていた彼女が今度は緑色の肌です。今後もそういう役ばかりが続かないといいですが。

この作品で印象的な役割を果たしているのが音楽です。それも70〜80年代のポップミュージックで、Quillが母親を亡くす前からカセットテープのWalkmanで聞いていたものを、その後もずっと手放さずに聞いているのです。作品中でも挿入歌としてふんだんに使用されており、この作品全体の雰囲気にも大きく影響しているのは間違いないと思います。このテープという設定でサウンドトラックも発売されていますが、これもなかなか良いです。

Guardians of the Galaxy

この作品もMarvelのコミックを原作とするものですが、これについては映画を知るまでは全く名前も聞いたことがありませんでした。しかし、原作を知らなくても映画として非常に面白く楽しめるものになっており、幅広い年齢層に受け入れられているのではないでしょうか。ただ、周りが笑っているのに何が面白いのかわからない場面もあり、言葉の壁だけではなく文化的なものもあるように思います。その辺りをどのように字幕や吹き替えで日本人にも理解できるものにするのか、私には全くわかりませんが、それが翻訳家の腕の見せどころなのでしょう。