Archives

S&B 四川風ラー油

かけ過ぎ注意。

以前「辛そうで辛くない少し辛いラー油」というものが大流行して、スーパーマーケットなどでも軒並み品切れという騒ぎになったことがありますが、私が記事にしたのを見ると2010年1月ということなのでかれこれ7年も前の話になります。今では普通に店に並んでいるのでいつでも買えるようになっていますが、それだけでなく本家の桃屋のものの他にエスビーなどから類似品が出たり、類似品の方はシリーズ展開していたりするのは、いっときのブームで終わってしまうかと思いきやしっかり市場に定着しているということになります。

ところで、記事のタイトルでバレているとは思いますが、我が家で最近一大ブームとなっているのがエスビー食品の四川風ラー油というものです。今日も夕食の焼売につけて家族で「ウマー」と言っていました。

S&B 四川風ラー油 31g×10個

¥ 1,510

(2017-02-12現在)

私は辛いもの好きなのでラー油もいろいろなものにかけてしまったりするのですが、ラー油の中でも特に美味しいと思っていたのがかどや製油の黒ごまらー油というものでした。もともとごま油で有名な企業ですが、そのごま油をベースの油として使用したもので、胡麻の香りがとても良い製品です。しかし、最近は近所のスーパーで見つけることができなくなってしまっていて、しばらく購入できていません。

先日もこのかどやのラー油をスーパーの棚で探していて見つからず、しかたなく他に変わったものがないかと見ていた時に見つけたのが今回取り上げている「四川風ラー油」です。この製品の特徴は「花椒の香りとピリっとした辛味」とされており、瓶の底に花椒(ホァジョー)が何粒か沈んでいるのを見ることができます。実際に味わってみると、まず爽やかな香りがパァッと漂ってきて、そしてキレの良い辛味があり…まさに謳い文句どおりです。とはいってもまあ安い量販品なので、世の中にはもっとずっと美味しいものもきっとあるに違いありませんが、手近なところで手に入るというのも重要なことです。

私の次男はもともと辛いものを苦手としていたはずで以前は餃子などにもラー油は付けていなかったのですが、美味しいから騙されたと思って食べてみろ、とこのラー油を味見させたところ、「ウマっ」と声を発してそれで目覚めたらしく、それ以来普通に辛いものも食べられるようになってしまいました。

しかし気をつけなければいけないのは、香りがとても強いのでかけすぎると元の味が隠れてしまうということです。いくら花椒が好きという人でも、なんでもかんでも花椒の味になってしまっては辟易することでしょうから、物事なんでも程々が肝心です。

2017年 正月、ハンバーグ

おめでとうございます。

私の勤務先の冬休みもいよいよ今日が最終日となっていますが、みなさんは穏やかに年末年始を迎えられたでしょうか。我が家は東京の私の実家へ帰省したのですが、例年通りと行かなかったのは前回の盆休みの帰省で渋滞に巻き込まれて嫌気が差してしまった長男が行かないということで、3人だけでの帰省となったことです。しかも、行きは私と次男だけ1日早く車で行って妻は後から新幹線となったので、だいぶ違う感じになりました。

私たちは12月30日に移動したのですが、多くの人とは逆の上り方向なので渋滞は全く無く、朝8時過ぎに自宅を出てそのまま真っすぐ向かえば午後4時前には東京に着いてしまいそうでした。しかしそれではなんとなくもったいない気がしてしまったので、新東名高速道路を長泉沼津ICで降りて国道1号で箱根峠を越え、大涌谷に寄ってみることにしました。年末で連休の人も多いので駐車場待ちに30分ほどかかってしまいましたが、硫黄の匂いと独特の雰囲気があって行ってみて良かったと思います。しかしここも今や外国人観光客だらけで、ある程度有名な観光地はどこもそうですね。2,30年前に日本人が大挙して訪れていたヨーロッパの人々も同じように感じていたのでしょう。

大涌谷というのは箱根山の火口付近に形成された噴気地ですが、2015年には箱根山の火山活動が若干活発化したということで立ち入りが規制され、ロープウェイも一部区間で運休されたりしていたようです。それも昨年になって活動が落ち着いてきて、体制も整ったということで緩和されたのですが、今でも遊歩道は閉鎖されたままとなっているのはちょっと残念です。しかし大涌谷といえば黒たまご。これは販売再開されていたので、20年以上ぶりに買って食べてみることにしました。

5個単位でしか売らず、そして5個で500円というのはだいぶ高いように思いますが、それでも販売所には長蛇の列ができていました。殻の表面が真っ黒になっているのは卵を硫黄泉で茹でることにより表面に硫化鉄の膜が形成されるから、ということで手が黒くなるようなことはありません。味は普通のゆで卵と変わらないのではないかと思いますが、寒いところで茹でたての熱いゆで卵を食べると美味しく感じてしまうものです。固茹で卵はあまり好きではない私もなんとなく2個食べてしまいました。

その後夕食は懐かしいハングリータイガーで食べようと思いついて店に向かったものの、途中渋滞もあって保土ヶ谷本店にたどり着いたのは夜7時頃という混雑のピークで、2時間待ちとのことでした。普通なら諦めて他の店に向かうところですが、店内に充満する美味しそうな肉の香りで次男が「待つ」と言うので頑張って待ちました。やはりそれだけ待って食べたハンバーグの美味しさはひとしおで、次男も大満足して店を後にしましたが、実家に着いたのは夜11時頃です。

大晦日は次男に「ローグ・ワン」を店に連れて行ったりして、元日は弟一家もやって来てゆっくり過ごし、2日には祖母に顔を見せてから帰途につきました。帰りは静岡県で有名な炭焼きレストランさわやかで名物のげんこつハンバーグを食べることにしました。「またハンバーグ?」と思われることでしょうが、ドメイン名をgenkotsu-hb.comとするくらいのものですから、並大抵のものではないはずです。こちらもちょうどランチタイムに到着してしまったので、1時間少々待つことになりました。

モノとしてはほとんどハングリータイガーのハンバーグと同じで、熱い鉄板に載って出てきた厚みのあるハンバーグを客のテーブルで半分に切って提供するというスタイルもまったく同じですが、現在のハングリータイガーではしっかり熱が通った状態で提供されるのに対し、さわやかではかなりレアの状態で食べることができます。また、さわやかの方がだいぶ安い代わりに店内の雰囲気はファミリーレストランのようで、ハングリータイガーの方がかなり落ち着いていて高級感があります。まあどちらもそれはそれでアリでしょうが、レアのハンバーグが好きな人は静岡まで遠征する価値があるだろうと思います。

その後はまっすぐ自宅へ向かいましたが、途中四日市付近で30分ほどの渋滞に捕まった他は順調で、夜8時前後には自宅付近に到着し、近所で食事をしてから帰宅しました。翌3日は近くの妻実家で集合してまた満腹になり、この年末年始で私の体重も過去最高を記録してしまったのでなんとか絞っていかなければいけません。といっても思い立って何かを始めるということはなくて、食べすぎないように意識するというくらいだと思いますが、さすがに40代も後半になったので健康には気をつけなければいけません。

ということで、本年もよろしくお願いします。

水車亭 塩けんぴ

思わず爆買い。

どこかへ旅行に行くとお土産を買ってきて周りの人に配る、というのは日本独特の文化の一つですが、幸せのお裾分けということで悪くない習慣だと思います。ただ、休暇を取ったら迷惑を掛けた職場の人に買って帰らなければいけない、というような強迫観念は褒められたものではないでしょう。休暇というのは労働者に与えられた権利なのですから、遠慮せず利用しないとお互い休みにくくなってしまうだけで、雇用者の思うつぼです。

それはさておき、先日の四万十への旅行の際にも家族に何か買って帰ろうと思ったのですが、新鮮な魚介類を買ってもクーラーボックスなどもなく炎天下の車の中に置いておくわけにいきません。さて、と思っていたところ、友人から水車亭 (みずぐるまや)の塩けんぴがお薦めだという情報をもらいました。この水車亭の看板は往きの道中でもいくつも目にしましたし、帰りには店の前を通る予定になっていたので好都合、ということでこれに決めました。

あまりのんびりもしていられず宿を7時過ぎに出発したのですが、開店は9時ということだったのでちょっと店先で待たないといけないかな、と思っていたところ、ありがたいことに8時半過ぎに到着した時にはすでに営業を開始していました。さすがに客はちょうど入れ違いで帰る人がいただけで店内はガラガラでしたが、土佐人の朝は早いのでしょうか。

目当ての塩けんぴは店先にも山積みになっていましたが、店内には様々な種類の芋けんぴその他の菓子が置かれていました。しかし、やはり一押しは塩けんぴです。これはちょっと塩味を利かせた芋けんぴなのですが、芋をカットして揚げたあと、室戸海洋深層水の入った蜜でコーティングしているのだそうです。これの他に塩味は付いていない普通の芋けんぴもあるのですが、塩けんぴの方は普通のものよりだいぶ細くカットされていて食べやすくなっています。

味の方はちょっと食べた感じではほんのり甘じょっぱい程度なのですが、しばらく食べ続けていると確かに塩辛さが口の中に残る感じがします。しかし、普通の芋けんぴだとあまり食べると甘ったるく感じてくるのですが、塩けんぴは甘さと辛さのバランスがいいのか、食べ始めると止まらないのが困りものです。

私はもともと芋けんぴ自体が好物でしたが、これが高知県の名物であるとは知りませんでした。素朴でどこにでもある菓子のようですが、塩けんぴはひとひねり効いていてまさにお土産にもってこいです。1kgのお徳用大袋を自宅に2つ、500gの袋を妻の実家と兄弟に合わせて5つ、合計4.5kgも買ってしまい、大きな手提げ袋に大人買いのようになってしまいました。しかし1kgでも税込み842円ということなので非常にお手頃で、土佐のお土産には私もお薦めしたいと思います。