Archives

Three 海外データSIM

どうしてこんなことが可能なのでしょうか。

いつでもどこでもスマートフォンでメッセージのやりとりができて必要な情報が得られるということに慣れきった私のような者にとって、携帯電話の電波の圏外にいるというだけで底知れぬ不安を感じたりするものです。以前はそもそも旅行中に連絡が取れなくなるというのは当たり前だったにも関わらず、海外へ行くとなった場合でもそれは同様で、なんとかして通信手段を確保しようとしてしまいます。これまでアメリカの場合はWi-Fiも普及しているのでそれで我慢してきたのですが、先日のイタリア出張の際にはヨーロッパの通信事情がよくわからなかったためちょっと調べてみたところ、便利なものがあることがわかったので利用してみることにしました。

類似の製品は他にもいくつかあるようですが、私が使ってみたのはこちらの商品で、香港のCK Hutchisonという会社が傘下のThreeというブランドでイギリスを中心に展開している携帯電話サービスをベースに、ヨーロッパを中心に43カ国で利用できるというデータSIMを販売しているものです。有効日数やデータ使用量により色々なタイプがあるのですが、私が選んだのはこのタイプです。

【お急ぎ便】 ヨーロッパ・アメリカ・オートラリア・ニュージーランド・インドネシア プリペイドSIM 4G・3Gデータ通信12GB

posted with amazlet at 17.03.19

Three.co.uk 売り上げランキング: 53,349

Amazon.co.jpで詳細を見る

Amazonの当日お急ぎ便で購入でき、その後も手続きは必要ありません。SIMロックフリーのスマートフォンに挿入し、添付の紙に記載されているサービスを選択するだけで使用できるようになりましたが、自動選択ではうまくいかない場合もあるようです。一度石造りのレストランで圏外となった後、そのままでは復帰できず一旦機内モードにして戻すと復帰した、ということがありましたが、その他にはこれといった問題は特になく、私がいたオランダのアムステルダムと、イタリアのトリノとミラノでは電波の状態も安定していたのではないかと思います。

香港以外では3Gのみの利用となるようですが、メールやメッセージの送受信、写真のアップロード、検索などでは問題となるほど遅いわけでもなく、むしろ国内MVNOで平日のランチタイムに極端に遅くなった状態よりも速いので、ストレスはほとんど感じませんでした。そういえばLTEが始まった当初は自宅の無線LANよりも速いと感動したものですが、みんなが使い始めたことでそんな快適な状況はどこかへ行ってしまいましたね。

残念なのはテザリング不可なのでモバイルWi-Fiルーターでも使用できないということですが、これだけ安くて便利なら諦めるしかないでしょう。容量制限があるならテザリングさせてもいいような気はしますが、負荷とすることで安くできているなら仕方ありません。しかしそれにしても使用開始から30日間、12GBまで利用可能で3680円というのは破格ではないでしょうか。他にも、30日間1GBまでで2180円、90日間3GBまでで2690円、360日間12GBまで6280円などなど実に様々なタイプが揃っていますが、30日間3GBまで2600円というのもあるので、次回はこれでも十分かもしれません。

ちなみにヨーロッパのWi-Fi事情ですが、アメリカほど便利に使える状況ではないようでした。Free Wi-Fiを提供している店もないわけではありませんがまだ一般的なレストランまでは普及しておらず限定的です。また、ホテルのネットワークも非常に遅くて使いづらかったのですが、現地事務所のWi-Fiも驚くほど低速だったので、ヨーロッパの全体的な通信事情がその程度なのかもしれません。やはり日本の高速通信ネットワークは驚異的だと思います。

Pebbleがfitbitに買収される

あくまで主語はPebbleです。

今週、私は非常に悲しいニュースに触れて打ちひしがれています。私が初代Pebble、第2世代のPebble Timeを購入して愛用してきて、もうすぐ第3世代のPebble Time 2を発売するはずでそれを待ちわびていたPebbleが開発メンバーと知的財産権をfitbitに売却し、スマートウォッチの製造を打ち切るというのです。Pebble Time 2と同時に発表されたPebble 2は一足先に量産が始まっており、すでにユーザーの手元に渡っていますが、当初11月に発売予定だったTime 2は生産に移ることなくプロジェクトを終了し、入金済みの人には返金するとのことです。

PebbleといえばクラウドファンディングサイトKickstarterの最高の成功事例として知られたものですが、Pebble 2 / Pebble Time 2で1200万ドル以上集めても行き詰まってしまうということは、会社が大きくなりすぎたということではないでしょうか。単発のプロジェクトには有効でも、継続的に運営する企業活動にクラウドファンディングは向かないということなのかもしれません。考えてみれば、商品開発に先行して現金を集めることはできても割安に提供しなければならないとなればそれだけ利益は目減りしてしまいますし、一時的に大きな金額が集まってもその後継続的な収益がなければ経営は成り立たないでしょう。

製品としてのPebbleやPebble Timeは非常に素晴らしいもので、携帯電話を持つようになってから腕時計をしなくなっていた私もしっかり毎日腕にはめるようになりました。何が良いのかというと、一番役立つのは電話やメールの着信とその他の通知をバイブレーションで知らせてくれて、その一部を画面で見ることができるということです。これによって電話に出そびれたり、長い間メッセージに気付かないといったことがなくなりました。もちろん時計の文字盤を色々変えられるとか、アプリが使えるといったことも楽しいのですが、それよりもこの通知機能が一番役立つのです。

この先も既存のPebbleがこれまで通り使えるように努力してくれるとは言っていますが、それもいつまで続くのかは怪しいものです。もうファームウェアのアップデートはしないとも言っていますし、文字盤やアプリのストアもいつまで運営してもらえるのかわかりません。ここでユーザコミュニティから立ち上がる人がいて、非公式にサポートを続けてくれるという可能性もないではなく、他力本願ながら私はそこにも期待しています。

一つ明るいニュースは、個人でCloudPebbleを立ち上げてその後Pebble開発チームに合流した、コミュニティの一番の功労者であるKatharine Berry氏はfitbitには移らず、Intelで新しいデバイスの開発に携わると表明していることです。これはいつかIntelからなにか面白いものが出てくるという可能性を示唆するものですので、私はその何かわからないものを楽しみに待つことにしたいと思います。そして少なくともそれまでの間、私の左腕には常にPebble Timeがあり続けることでしょう。

PENTAX K-70

7年間の進歩。

私は中学生の時に父にSuper-Aという一眼レフのフィルムカメラを買わせてから、しばらく間は空いていますがPENTAXのカメラを使ってきました。ニコンやキヤノンと比べるといろいろな意味で一段落ちる位置づけではありますが、軽量コンパクトなボディや比較的安価なレンズ群などが素人趣味には向いていると思って使い続けています。というか、レンズ交換可能なカメラではいくつかレンズを買ってしまうと乗り換えるには勇気も資金力も必要なので離れられません。

そんなペンタックスもHOYAに買収されたかと思ったら今度は2011年についにリコーの1ブランドになってしまったりして先行き不安な状況が続いているのですが、今まで使っていたK-7を購入したのがもう7年も前になっていて色々限界を感じてきたので、今年発売されてなかなか良さそうなK-70を購入してしまうことにしました。

PENTAX デジタル一眼レフ K-70 ボディ 【ブラック】 K-70 BODY BLACK 16245

¥ 69,476

(2016-10-19現在)

リコーのウェブサイトで過去の製品も含めて仕様比較ができるので私がこれまでに使用したK-7と*ist Dsと比較してみると、技術の進歩が明らかになります。特に画素数が610万→1460万→2424万と11年で6倍にもなりましたが、撮像素子の大きさは変わっていないので取り込む光の量を考えると画素数が多ければいいというものではないので、もちろん高精細な画像が得られるのは良いと思いますが、実は私はそこにはそれほどこだわっていません。

今回私が注目していたのはISO感度が3200までだったものが102400までと飛躍的に向上していることです。K-7の致命的な弱点はちょっと暗くなると画質もAFもまったく駄目になってしまうことで、ISO 1600にもなるとノイズだらけで使えたものではなく、暗いところではすっかり諦めてしまっていました。しかしそれが102400までというのはどんな魔法かというほどのもので、大変楽しみにしていたのでした。

その高感度撮像素子の実力はどんなものなのか、ということでわざわざ暗いところ、鍾乳洞へ行って撮影してみました。洞内には色付きの照明がつけられていて変な雰囲気ではあったのですが、目が慣れるまでは暗くてよく見えない、という程度には暗かったので、テストにはちょうどよかったかもしれません。実際に使用してみるとK-70ではISO 3200くらいまでは大幅な画質の低下は見られず、十分に実用感度と言えそうです。ただ、ISO 3200でも本当に暗いところでは手持ちで撮れる限界を超えてしまいますが、そういうところではストロボや照明を使うか、撮影を諦めるかするべきなのでしょう。しかし、ISO 102400という最高感度ではノイズは乗るにしてもなんとかなってしまうのかもしれないので、試してみるべきだったと後悔しています。

実はK-7からK-70というのは発売当時のフラッグシップモデルから初中級機への乗り換えなのですが、上面液晶パネルがないとか上面左側にダイヤルがないとかいう操作性の違いはあるものの、技術の進歩があるので性能的にK-7より劣ってしまうのは最高シャッタースピードとバッテリーの小型化による連続撮影枚数くらいのものです。これまでの初中級機ではペンタミラーだったのが私にとっては最大の障害になっていたのですが、K-70ではしっかりペンタプリズムになっています。液晶パネルはバリアングルになりましたし、連写性能、ファインダー倍率、動画撮影サイズなど、上記の高感度性能以外もいろいろ良くなっていて、まったく問題は感じません。

また、本機には無線LANも付いていて、ボタンを長押しするだけで有効になり、iOSとAndroidのアプリで画像を取り込んだりリモート撮影の操作をしたりできるようになっています。ただ、あまりアプリの使い勝手が良くないのと、画像の転送には結構時間がかかるので、これまで使っていたFlashAirと比べてそれほどいいものではありません。ただ、アプリで接続している間はオートパワーオフが無効になるようなのと、大容量なSDXCカードが使えるというのはメリットと感じています。

ということで、さすがに何十万円もするようなカメラとは違いますが、価格を考えると非常に良い買い物だと思っています。まだ数十枚程度しか撮影できていないので本当の実力はわかりませんが、少なくともK-7からの買い替えで後悔することは何もないでしょう。