Archives

Blockhead

改良の余地あり。

Appleの製品を何か購入したことがある人はおそらくご存知だと思いますが、Appleの電源アダプターは電源プラグ部分が各国の仕様に合わせて交換できるようになっており、製品購入時にはアダプターに直接プラグを付けるタイプと、Macbook Proなどではさらにアダプターからプラグまでの間を1.8mのケーブルで延長するタイプのものが同梱されています。これらも自由に変えて使うことができるのですが、この延長ケーブルがかなりしっかりした太いもので取り回しづらく、持ち運びには適さないので私は専ら直接プラグのタイプを使用しています。ちなみにこの延長ケーブルは単品で買うと定価2200円もするようです。

しかし、このプラグの向きが平たいアダプター本体に対してブレードが並行になる形になっているので、壁コンセントに挿した場合に本体が大きく突き出してしまい、邪魔かつ不安定という問題があります。これを解決しようというのがBlockheadという製品で、プラグの向きを90°回転させてアダプター本体に垂直になるようにするものです。こんな製品が最近になってようやく登場したというのが不思議なくらいですが、アイデア製品ということでたかが電源プラグなのに$20となかなかの価格になっています。私はアメリカ出張のついでに購入してきましたが、日本ではフォーカルポイントが代理店となって販売しているようなので普通に購入できるでしょう。

Ten One Design Blockhead (MacBook/iPad 電源アダプタ対応 横向き変換プラグ) 【日本正規代理店品】TEN-OT-000003

posted with amazlet at 17.08.25

Ten One Design 売り上げランキング: 15,008

Amazon.co.jpで詳細を見る

純正のプラグではちょっと緩い壁コンセントの場合に自重で抜けてしまうという問題が私にとっては一番大きかったのですが、Blockheadを使用すると本体の重心がコンセントに近くなり安定するという効果が期待できそうです。品質はしっかりしているようで、スムーズに装着できてガタツキもありません。

しかし、携行して使用しようとすると実は大きな欠点があります。純正のプラグはブレード部分を折って樹脂部分に格納できるようになっているのですが、Blockheadでは固定されてしまっていてそれができないのです。これは私もうっかりしていたことですが、プラグが他の荷物などで圧迫されて曲がってしまうということは少なくないことなので、気を付けなければいけません。しかもBlockheadでは特に90°横に出ることになってしまうので、アダブターに付けたままにしておくのは難しいかもしれません。結局私は純正プラグを本体に付けておいて、Blockheadは一緒に携行する電源分岐用のケーブルに挿しておいてブレードを保護するということになりそうです。

実は見た目さえ気にしなければ一般的なメガネタイプの電源をそのまま挿すこともできるので、私は自宅の机の上で使う時はカメラの充電器に挿されているメガネプラグを抜いて使ったりもしています。端子がメガネプラグの短い電源ケーブルを使えば同じようなことはできそうな気もしますが、メガネプラグだけでアダプターの重みを支えることはできないので、このような構造が必要で高くなってしまっているのでしょうね。まあ何より見た目はすっきりしていて、かっこいいと感じる人もいるかと思います。

Pebble 2

最新にして最後のPebbleは最高のスマートウォッチでしょうか。

つい最近、fitbitからIonicなるスマートウォッチが発表されましたが、そのfitbitに売却されて消滅してしまったのが私の愛用していたPebbleです。この時点で第2世代のPebble 2とPebble Time 2が発表されていて、Pebble 2はすでに出荷が始まっていましたが、製造は打ち切られ、Time 2の開発は中止されてしまいました。私もPebble Time 2をオーダー済みだったのにキャンセルされてしまって苦い思い出となりましたが、しっかり返金されたので諦めるしかありませんでした。

ところが、Pebble 2はすでにある程度の数製造されていたようで、今でもAmazonなどで購入することができ、もう在庫処分に近い状態になっているのか当初よりもだいぶ安く買うことができるようになっています。ということでちょっと前から気になっていたのですが、先日私のPebble Timeの前面パネルとケースの接着が剥がれてきてしまったので、エイヤッと購入してしまいました。

Pebble 2 + Heart Rate Smart Watch White スマートウォッチ [並行輸入品]

posted with amazlet at 17.08.30

Pebble Technology Corp 売り上げランキング: 35,466

Amazon.co.jpで詳細を見る

このPebble 2はPebble Timeはもちろん、初代Pebbleよりも軽量化されて31.7gとなっており、腕につけた瞬間にその違いが実感できます。実はしばらく初代を使っていたのですが、当初7日間持ったはずのバッテリーも劣化が進んでしまって2日しか持たなくなっていました。それが今度は10日間持つようになったということで、1日経っても残量が90%と大変安心感があります。数日程度の旅行や出張なら充電ケーブルを忘れても大丈夫というのは精神的に楽で、時計ならこうであってほしいものです。

機能として初代から備わっていた電子コンパスはなくなっているのですが、これまでの使用状況から無くなっても全く問題ないと判断しました。代わりに心拍計が追加されており、これも特にフィットネスなどしない私にはちょっと面白いという程度で便利というほどではありませんが、運動する人には良い機能なのでしょうか。まあ、ちょっとは運動した方がいいのかな、という気持ちにはさせられます。また、Timeで追加された歩数計や睡眠分析機能も装備されています。

初代Pebbleの方が全面がポリカーボネートの一体成型で丈夫なように見えますが、Pebble 2はグラスファイバー入りのポリカーボネートのボディにゴリラガラス、裏蓋付きの3ピース構造となっています。Timeの接着が剥がれてしまったのを見た私には少々不安が感じられますが、デザイン的にはスッキリしています。文字盤は初代と解像度も同じモノクロ液晶ですが、視認性は抜群に良いのでカラーよりも時計としては実用的でむしろ好ましく、これぞPebbleと言えます。おまけとしては、Kickstarterで購入してPebble Timeで使用していた充電台TIMEDOCKがそのまま使えるのもとても嬉しい点で、無駄にならなくて良かったです。

では一体何が良くなったのかというと、CPUがTimeと同等に高速になり、メモリ容量が増えた、という非常に地味な内容になっています。しかし、初代Pebbleがそれだけ完成度の高いものであったということなので、あくまで日常において腕時計として使用する上ではこれ以上の機能は必要ありません。私がスマートウォッチに最も求める機能はスマートフォンからの通知なので、その任務を安定して果たしてくれればいうことはありません。ただ、Pebble 2のバイブがちょっと弱くなっているのは少々気になっているのですが…

ちなみにfitbit Ionicですが、Pebbleの技術人の多くは引き継いだものの中心人物はついていかなかったようで、その精神までは引き継ぐことができなかったようです。スマートフォンから独立して機能させようとして$300と中途半端に効果になってしまい、Apple Watchより優れているのはバッテリーの持ちくらいとの酷評です。私は心情的にもともと応援しにくいのですが、ちょっとこのスペックでは厳しいのではないでしょうか。GPSはちょっと欲しいですが、GPSを動作させると10時間しか持たないのではどうしようもありませんね。

PS Vita修理

こんな壊れ方もあるんですかね。

先日、次男が自分のPlayStation Vitaが壊れたと言ってきました。どうも、電源ボタンとPSボタンが反応しなくなったとのことなのですが、電源ボタンの方は電源を入れたり、長押ししてセーフモードで起動することはできるのに電源を切ることができないという不可解な状態でした。しかし、この2つが反応しないので一度何かゲームを起動するとそれを終了することができず、他のゲームに切り替えられないばかりかバッテリーが切れるまで電源が入ったまま放置するしかないという非常に不便なことになっていたようです。

電源を入れることはできるということや、機能が近い2つのスイッチが同時に反応しなくなったということから断線のようなハードウェア的な故障ではなくソフトウェアの不具合を疑い、何らかの対応方法があるのではないかとちょっと検索してみました。すると、やはり同じような症状になった人は何人かいて、一旦バッテリーを完全に放電させたら直ったとか、初期化させたら直ったと言っているのでいずれも試してみましたが、まったく効果がありませんでした。

そうなると修理に出すしかないかとなるのですが、ソフトウェアの不具合だとすると代金を払って直してもらうというのも癪な話です。まあそう言っていても仕方がないのでとりあえずサポートにメールで問い合わせてみると、やはりプレイステーションクリニックへ送ってくれとのことなのでオンライン修理受付サービスで修理申し込みをしてから送料着払いで送りました。その後何の連絡もないのでちゃんと届いたのかどうか不安になりましたが、発送してから一週間以内にしっかり直って帰ってきました。

同梱されていたアフターサービス保証書を見ると「液体乾き痕」があったとのことで、また修理内容としてはボタン関連部品の交換となっているので、それによりショートして何かの素子が破壊したということなのでしょうか。しかし飲み物をこぼしたということもないようなので次男は「手汗か!?」と焦っていました。その程度のことではないように思いますが、心当たりもないようなので今後もまた同じことがあるのではないかとちょっと心配ではあります。

修理代金は税込み5400円とのことで、たかだか2万円の製品には高いような気もしてしまいますが、往復の送料が含まれているので診断と部品交換の技術料として正味3000円程度なのであれば妥当なところではないでしょうか。欲を言えば現品を受け付けた時か修理が終わったときにでも一報あると安心できて良いので、それは事後のアンケートで伝えておきましたが、一週間足らずで直してくれる迅速なサービスはとても気持ちの良いものです。