Archives

TWICE

我ながらちょっと意外。

おそらく音楽的な好みが決まるであろう中学生時代をイギリスで過ごした影響が大きいのだと思いますが、私はいわゆる邦楽もほとんど聴かず、英米の音楽を中心に聴いているのでK-Popには一切興味を持たずに来ました。ただPSYの江南スタイルくらいはアメリカでも爆発的に売れていたので私も知っていますが、それ以外は本当に知りません。まあそんなことは強く主張する必要もないのですが、そんな私が、日本のアイドルや女優にもほとんど関心を持たない私が、なぜか急に気になってしまったのがTWICEです。

1ヶ月ほど前に急にテレビ各局が「TTポーズが話題」と言い出して紹介していたので多くの方がご存知だと思いますが、TWICEというのは韓国人5人、日本人3人、台湾人1人の9人組ガールズユニットです。韓国では2015年10月にデビューしていましたが、今年6月28日に日本デビューとのことなので、急に露出するようになったのはその準備のための第1弾ということで仕掛けられたものだったのでしょうか。

実は私はテレビで見るようになるちょっと前に、次男が学校で聴いて気に入ったというのを聞いて、YouTubeで「TT」を試しに聞いていました。その「TT」はキャッチーでポップな曲で、歌詞は韓国語の中に英語のフレーズが入るような感じなのでもちろん意味はわからないのですが、それでも可愛らしく楽しく、なんとなくまた聴いてしまいたくなるような感じでした。

そしてそのうちPV以外にYouTubeで見ることができる動画を漁るようになったのですが、特に気になってしまったのが日本人メンバーの一人、モモこと平井ももです。京都府京田辺市出身の彼女は3歳からダンスを習っていたらしくTWICEの中でもパフォーマンス担当として「ダンスならモモ」という感じになっているようです。私が何に惹かれてしまったかといえば、20歳にしては幼すぎるようにも見えるものの、ちょっとたどたどしく、若干舌足らずに韓国語を喋る姿かもしれません。でも、テレビなどで喋れるほどに外国語を習得するというのは並大抵のことではありませんよね。それだけでも日本人メンバー3人は応援したくもなるというものです。ちなみにモモの他の2人も大阪と兵庫の出身で、揃って関西出身というのも親近感が湧いたりしています。

ということで、「TT」の動画再生回数がピコ太郎を超えたとか、TTポーズとかはどうでもいいことで、彼女らにはちょっと頑張って欲しいと思っているのですが、マスコミに無理やり持ち上げられたせいでデビュー前にすでに飽きられてしまっていないかがやや心配です。この記事もすでに今更感が漂っていて、どうしようかと思っていたくらいなのですが…

セーラー服と機関銃 (1981)

これがヒットしたとは…

今、「セーラー服と機関銃」といえば「奇跡の一枚」で一躍トップアイドルの仲間入りを果たした橋本環奈主演の「セーラー服と機関銃 -卒業-」なのでしょうが、この作品は1980年に公開された薬師丸ひろ子主演の「セーラー服と機関銃」の原作の続編「卒業-セーラー服と機関銃・その後」を映画化したものとのことです。私はてっきりリメイクなのかと思っていましたが、それなら続編を見る前に初編を観ておかなければならないでしょう。いえ、私は観るつもりはさらさら無いのですが、Amazonプライムビデオで観られるようになっていたので、どんな映画だったのかと観てみることにしました。

セーラー服と機関銃 ブルーレイ [Blu-ray]

¥ 1,854

(2016-03-05現在)

薬師丸ひろ子が扮する女子高生、星泉は男手一つで育ててくれた父親を不慮の事故で亡くしましたが、それと同じ頃に暴力団目高組の組長であった父親のおじが病死します。その組長の遺言でただ一人の親族である父親かその子供が組を継ぐことになり、泉が組長になるというところが物語の始まりで、泉は目高組とともに抗争に巻き込まれていくことになります。

クライマックスに例の「カ・イ・カ・ン」のセリフが来るのだろうと思いながら、それ以外の知識は持たずに観ていましたが、普通のアイドル映画だろうと思って軽い気持ちでいたら、顔もわからないようなロングショットや魚眼レンズ、長回しなど実験的とも言える撮影技術も多々使われていて、ちょっと変わった映画でした。

薬師丸のセリフは古臭いのか下手なのかよくわからない空々しい感じのものでしたが、周りを渡瀬恒彦、柄本明、三國連太郎といった面々に固められているおかげで、それなりの形になっているように見えました。薬師丸自身もアイドルが漫然と演じているような感じは全く無く、またばっさりショートカットにした髪型も可愛らしく個性的な印象です。

ちなみに1981年といえば私がまだ10歳の小学生の頃ですが、当時の東京ってこんなだったのかなあなどと思いながら観ていました。いつの間にかもう35年も前のことですからね…薬師丸ひろ子だってもう50歳を過ぎているわけで、古く見えてしまうのは仕方のないことですね。