Archives

プレミアムフライデー

ロゴは「自由に使える」と言いながら申請して承認されないと使えないので自粛します。

昨年は某社で新人社員が長時間労働の挙句自殺したというのが大きな話題になりましたが、首相官邸が「働き方改革」なるものを掲げるのはその影響でしょうか。私の勤務先でも社長がいち早く取り組むことを公表し、いろいろなところにその影響が現れてきています。最たるものは水曜日と金曜日は残業禁止、その他の平日は夜10時以降の勤務を禁止する、というものです。一応事前に申請すれば許可されるので、やむを得ない場合には認められますし、それが常態化してしまっている人もいるのではないかと思われますが、社長命令ということで結構厳しく管理されているので水金はみな早く帰るようになったのではないかと思います。なお私はめったに10時まで残っていないので、そちらがどうなっているのかはよく知りません。

そしてまた官邸が新たに言い出したのが「プレミアムフライデー」なるものですね。毎月最後の金曜日は仕事を早く切り上げて充実した週末を過ごそう、というようなものです。さすがにこれは難しいだろうなあと思っていたのですが、先日とうとう人事部門からメールで通達がやって来て、半日休暇などを利用して早く帰宅することを「推奨する」とのことです。しかし「これはあくまで『推奨』であって強制ではない」などとわざわざ言うあたりがなんともアレですが、きっとあちこちから問い合わせがあったのでしょう。

しかしこのような政策や会社の施策も絵に描いた餅、絵空事ではないかと思えてなりません。もともと私の勤務先にはフレックスタイム制度がありますし、裁量労働制も導入されているのでそもそも業務負荷に応じてある程度勤務時間は自由に設定できるはずです。なかなかそれができないのでこうした呼びかけが行われるということなのでしょうが、実際にはあまり自由にされると会議ができないとか、工場もあるので勤務時間が自由でない現場勤務の人たちが不満を感じるだとか、おかしな理由でフレックスタイムも自由に使えない状況なのです。前者は会議があるなら業務なのだからそれを優先すれば済むことですし、後者はそうした勤務形態を選択したのは現場の人自身なのだから言わせておけばいいことではないでしょうか。

…勢いでちょっと言い過ぎたかもしれませんが、本当は日本の企業文化に問題があるのだと思っています。アメリカでの数年の勤務で実感したことですが、日本の企業(と一般化してよいのかわかりませんが、少なくとも私の勤務先)では負荷100%を前提に人員配置が行われていて、少しでも余裕のある人がいるとサボっているとみなされたり、暇だと思われて新しい仕事を押し付けられたりしてしまいます。そんな状況では少しでも予定外のことが起これば残業して対応せざるを得ませんし、もっと突発的なことがあれば深夜までということになってしまいます。それが常態化していて、結局毎日遅くまで残業ということになっているのではないでしょうか。

一方でアメリカ企業の場合は平常時は皆のんびりと仕事をしていて、何もなければ3時頃になると少しずつ人が帰り始めますので、道路の帰宅ラッシュは4時から5時の間がピークです。しかし、もちろん何か問題が起こればしっかり残業する人はしますし、それはその人の評価につながることになるのでできる人は真剣です。ただし、アメリカでも毎日深夜まで働いている人も少なからずいますが、そういう人たちは普通のサラリーマンではなくエリートで、それなりの高給取りではないかと思います。要するに、成果に応じた評価と報酬がきっちり得られるのがアメリカのシステムです。

両者を比較してみると、日本の企業文化やシステムはまだまだ未成熟だというのが私の感じていることです。とっかかりとしてプレミアムフライデーを掲げるのもいいですが、みんなダラダラ働いているわけではないのですから人を増やさなければどうにもならないのではないでしょうか。そもそもできないことまで頑張ってなんとかしようと思うことが間違っているのではないかと思うのですが、そういう自分もなんだかんだ言って日本人なので割り切れないのですよね…

Silence

いろいろむごい。

今週水曜日は毎月1日の映画の日ということで、映画館の入場料金が大幅に割引されるわけですが、普段の1800円から1100円というのはだいぶ安くなっているものの、諸外国に比べるとまだまだ高いのではないでしょうか。日本でも深夜に及ぶ上映はレイトショーとして1200円程度になるサービスがありますが、アメリカでは時間帯や曜日などによってかなり柔軟に値段が変えられていて、週末でも午前中の回は3ドル程度で観られるというところもあります。逆に夜は割高になっていて、12ドル程度の場合もあってあまり日本と違わない場合もあります。それはそうとして、差額の絶対値だけ見るとたかだか数百円なので最近はあまり気にしなくなっていて、今週はだいぶ久しぶりに映画の日に映画館に足を運びました。

今回観たのはMartin Scorsese監督の「沈黙 -サイレンス-」という作品です。このところ娯楽作品ばかりで長らく観ていなかった重厚な作品になりますが、遠藤周作の「沈黙」を原作とする作品です。私の母が遠藤周作のファンのようで、幼い頃から家にハードカバーの本が揃っているのを見ていた記憶がありますが、実際に読んでみたことはありません。

沈黙 (新潮文庫)

posted with amazlet at 17.02.04

遠藤 周作 新潮社 売り上げランキング: 14

Amazon.co.jpで詳細を見る

本作は完全なハリウッド作品ですが、舞台となっているのは17世紀の日本、登場人物もほとんどが日本人です。キリスト教が禁じられ、信者が弾圧されていた当時の日本に、棄教したイエズス会神父Ferreiraを探しに二人の若い神父RodriguesとGarupeが密入国し、隠れキリシタンの村で危険を冒しながらも信仰を守る者たちに触れ、やがて捕らえられてもなお信仰を捨てない人々を見て苦悩する、という話です。

主人公の神父Rodriguesは「アメイジング・スパイダーマン」でPeter Parkerを演じていたAndrew Garfield、もう一人の神父Garupeは馴染みのある顔なのに思い出せない…と思っていたら「フォースの覚醒」でKylo Ren役のAdam Driverでした。そしてFerreiraを演じるのは「ファントム・メナス」のQui-Gon JinnことLiam Neesonで、私にはとても馴染み深い俳優たちのシリアスな演技を見ることができました。

また、日本人の登場人物は窪塚洋介、浅野忠信、塚本晋也、笈田ヨシ、イッセー尾形らにより演じられていますが、ハリウッド作品にありがちな韓国人や中国人、日系アメリカ人などではなくちゃんとした日本人の俳優により演じられているため、日本人が観てもまったく違和感がないだけでなく、日本人でなければ理解できない感情も表現されているように感じられ、作品を一層深いものにしているように思います。

なお本作は日本では17世紀の日本の風景を描くのは困難であるということから台湾で撮影が行われたとのことです。確かに日本では離島以外ではどこへ行っても本当の自然のまま残っているところなどはないでしょうから、これは仕方のないことでしょう。言われてみれば草木の茂り方などがなんとなく南国っぽいかもしれませんが、昔の日本がどうだったかということなど知らないので違和感などはまったくありません。

ところで作品中には重要な場面として何度か踏み絵が出てきます。小学校時代に教科書で習ったものですが、当時も「命がかかっていても踏めないものなのか」というのが疑問でなりませんでした。実は私はキリスト教一家で育ち、今はまったく熱心な信者ではないものの物心付く前から毎週日曜日には教会へ通っていたのですが、ちょっとしたためらいはあったとしても踏めと言われれば踏めると思います。私はきっと信仰というものの捉え方が人とは違うのだろうと思っていますが、果たしてどうなのでしょうか。

それはともかく、今回は久しぶりに良い映画を観たという気がします。「面白かった?」と聞かれると答に困りますが、間違いなく観て良かったです。

2017年 正月、ハンバーグ

おめでとうございます。

私の勤務先の冬休みもいよいよ今日が最終日となっていますが、みなさんは穏やかに年末年始を迎えられたでしょうか。我が家は東京の私の実家へ帰省したのですが、例年通りと行かなかったのは前回の盆休みの帰省で渋滞に巻き込まれて嫌気が差してしまった長男が行かないということで、3人だけでの帰省となったことです。しかも、行きは私と次男だけ1日早く車で行って妻は後から新幹線となったので、だいぶ違う感じになりました。

私たちは12月30日に移動したのですが、多くの人とは逆の上り方向なので渋滞は全く無く、朝8時過ぎに自宅を出てそのまま真っすぐ向かえば午後4時前には東京に着いてしまいそうでした。しかしそれではなんとなくもったいない気がしてしまったので、新東名高速道路を長泉沼津ICで降りて国道1号で箱根峠を越え、大涌谷に寄ってみることにしました。年末で連休の人も多いので駐車場待ちに30分ほどかかってしまいましたが、硫黄の匂いと独特の雰囲気があって行ってみて良かったと思います。しかしここも今や外国人観光客だらけで、ある程度有名な観光地はどこもそうですね。2,30年前に日本人が大挙して訪れていたヨーロッパの人々も同じように感じていたのでしょう。

大涌谷というのは箱根山の火口付近に形成された噴気地ですが、2015年には箱根山の火山活動が若干活発化したということで立ち入りが規制され、ロープウェイも一部区間で運休されたりしていたようです。それも昨年になって活動が落ち着いてきて、体制も整ったということで緩和されたのですが、今でも遊歩道は閉鎖されたままとなっているのはちょっと残念です。しかし大涌谷といえば黒たまご。これは販売再開されていたので、20年以上ぶりに買って食べてみることにしました。

5個単位でしか売らず、そして5個で500円というのはだいぶ高いように思いますが、それでも販売所には長蛇の列ができていました。殻の表面が真っ黒になっているのは卵を硫黄泉で茹でることにより表面に硫化鉄の膜が形成されるから、ということで手が黒くなるようなことはありません。味は普通のゆで卵と変わらないのではないかと思いますが、寒いところで茹でたての熱いゆで卵を食べると美味しく感じてしまうものです。固茹で卵はあまり好きではない私もなんとなく2個食べてしまいました。

その後夕食は懐かしいハングリータイガーで食べようと思いついて店に向かったものの、途中渋滞もあって保土ヶ谷本店にたどり着いたのは夜7時頃という混雑のピークで、2時間待ちとのことでした。普通なら諦めて他の店に向かうところですが、店内に充満する美味しそうな肉の香りで次男が「待つ」と言うので頑張って待ちました。やはりそれだけ待って食べたハンバーグの美味しさはひとしおで、次男も大満足して店を後にしましたが、実家に着いたのは夜11時頃です。

大晦日は次男に「ローグ・ワン」を店に連れて行ったりして、元日は弟一家もやって来てゆっくり過ごし、2日には祖母に顔を見せてから帰途につきました。帰りは静岡県で有名な炭焼きレストランさわやかで名物のげんこつハンバーグを食べることにしました。「またハンバーグ?」と思われることでしょうが、ドメイン名をgenkotsu-hb.comとするくらいのものですから、並大抵のものではないはずです。こちらもちょうどランチタイムに到着してしまったので、1時間少々待つことになりました。

モノとしてはほとんどハングリータイガーのハンバーグと同じで、熱い鉄板に載って出てきた厚みのあるハンバーグを客のテーブルで半分に切って提供するというスタイルもまったく同じですが、現在のハングリータイガーではしっかり熱が通った状態で提供されるのに対し、さわやかではかなりレアの状態で食べることができます。また、さわやかの方がだいぶ安い代わりに店内の雰囲気はファミリーレストランのようで、ハングリータイガーの方がかなり落ち着いていて高級感があります。まあどちらもそれはそれでアリでしょうが、レアのハンバーグが好きな人は静岡まで遠征する価値があるだろうと思います。

その後はまっすぐ自宅へ向かいましたが、途中四日市付近で30分ほどの渋滞に捕まった他は順調で、夜8時前後には自宅付近に到着し、近所で食事をしてから帰宅しました。翌3日は近くの妻実家で集合してまた満腹になり、この年末年始で私の体重も過去最高を記録してしまったのでなんとか絞っていかなければいけません。といっても思い立って何かを始めるということはなくて、食べすぎないように意識するというくらいだと思いますが、さすがに40代も後半になったので健康には気をつけなければいけません。

ということで、本年もよろしくお願いします。