Archives

QLine

きれいなうちに乗ってみたい。

アメリカでは公共交通機関で満足に移動できるのはニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコといった数えるほどの大都市だけで、その他の地域では日本に住んでいる人には想像できないほどの車社会になっています。しかし、実は第二次世界大戦の頃まではそこまでではなく、鉄道網がそれなりに整備されていて、各都市には路面電車などが走っていたのですが、長距離の移動は飛行機に、近距離は自家用車に置き換えられてしまったのでした。

アメリカのモータリゼーションの中心地であるデトロイトもその例外ではなく、1863年から1956年までの100年弱の間、市内を路面電車が走っていたとのことです。結局それはバスによって置き換えられることになってしまったのですが、終焉から50年後に復活が検討され始め、それからさらに11年後の今年、つい先週末にQLineという愛称で再び走り始めることとなったのでした。

工事は私が駐在している2013年末頃から始まっていたので、帰国までに完成して乗ることができないだろうかと思っていたもののそれは叶わなかったのですが、Twitterの公式アカウントなどで状況を逐次確認しながら楽しみに待っていて、ようやく晴れの日を迎えたということでめでたく思っているところです。最初の週は無料で乗車できるということだったので市内も賑わったのではないかと思いますが、復活しつつあるデトロイトの街にまた明るい話題となってくれているようです。

路線はミシガン州の州道1号線の一部でもあるWoodward Avenue上のほぼ真っすぐの路線であまり面白みのあるものではありませんが、利用者が多くなれば路線の延長や追加も検討されるのではないでしょうか。悪名高いデトロイトの中でも比較的治安の良い地区を走っているのはもちろんですが、ダウンタウン中心部からの5kmほどの沿線にはDetroit Tigersの本拠地Comerica Park、来シーズンからDetroit Red WingsとDetroit Pistonsの本拠地となるLittle Caesars Arenaがあり、Detroit LionsのFord Fieldもすぐ近くで、さらにデトロイト美術館の前も通るようになっています。Amtrakの駅にも接しているので、鉄道の利便性も上がるでしょう。

料金は3時間以内$1.50、一日$3.00ということなので、気軽に利用できるのではないでしょうか。私が住んでいたアナーバーのバス料金も1回$1.50でしたが、乗り換えは1回のみ、一日券は$4.50だったのでそれよりは安価です。なお、チケットは電停の端末の他にiOSかAndroidのアプリやウェブでも購入できるということで、こういうところがアメリカの先進的で柔軟なところだと思います。

車両はアメリカのBrookvilleという会社のLiberty Modern Streetcarsというものが6編成購入されたようです。リチウムイオン電池を搭載していて、架線のない区間も走行できるようになっている先進的なシステムにより、路線の60%の区間は架線が設置されていないとのことです。アメリカ人によるアメリカのための路面電車として売っているようですが、各地で見直されてきているのでそれなりの市場規模があるのでしょうか。

ということで、私はまだ写真や動画でしか見ていないので、早くこの目で見て、できれば乗ってみたいと思っているのですが、出張の間にデトロイトのダウンタウンへ行くというのは難しいかもしれません。

帰国

いつかはやって来るこの日。

私は今この記事を北極海上空を飛ぶ飛行機の中で書いています。つい先程、デトロイトの空港に見送りに来てくれた同僚出向者とその家族や、妻や次男の友人家族としばしの別れの挨拶を交わしてきたところです。

ミシガンに派遣されたのは今から3年8ヶ月ほど前の2012年1月、それからの月日は長いような短いようなでしたが、車社会アメリカで交通事故や交通違反もなく、大きな病気をしたり犯罪に巻き込まれたりということも、その他大きなトラブルに見舞われることなく、家族ともども楽しく健康に過ごすことができたのが何よりです。生活立ち上げや最後の店じまいは色々苦労や面倒もあり、特に最後はバタバタでしたが、終わってみればいい思い出しか残っていません。

一年のほぼ半分を占めるミシガンの冬は日本に比べて長く厳しいものでしたが、その分青空の美しい夏のミシガンは非常に爽やかで、短いからこそ存分に楽しもうとする地元の人々の気持ちが非常によく分かるものでした。一年を通して湿度が低くカラッとしているミシガンの気候は特に暑さに弱い私にはぴったりだったので、蒸し暑い日本の夏が今から恐怖です。

滞在中には長期休暇ごとにアメリカ国内の色々なところへ旅行へ行くこともできました。日本から観光のためにアメリカを訪れるという人は多くないのか、日本でも名の知れた観光名所というのは多くありませんが、アメリカならではの雄大な自然を目のあたりにすることができたのは幸せです。中でも渡米前から一番楽しみにしていたモニュメントバレーが私にとっては最高でした。

また、もともと美味しいものを食べ歩くのが好きでしたが、今では完全に趣味の一つと言い切ることができるようになりました。家や勤務先を中心に周辺で気になる店は行き尽くしたかにも思えますが、新しい店は次々できますし、ちょっと離れたところには行きそびれてしまった店がかなりあります。今後も出張でデトロイトに行くことは何度かありそうですが、その時に連れて行って欲しいとリクエストすることにします。

しかしこうして楽しい思い出ばかりというのは、職場の同僚や現地の友人知人、そしてインターネットを介して日本にいる友人からの支えがあったからに他なりません。すべての人に挨拶することはできませんが、この場を借りてお礼を述べさせていただきたいと思います。本当にありがとうございました。

帰国後の住まいは渡米前に住んでいた姫路のマンションに戻ります。今まで寝室が5つもある無駄に大きな家に住んでいたので、その家の1階部分より遥かに狭い家に帰るかと思うとゾッとしますが、まず心配なのは荷物が全部入るのかどうかです。出発した時よりそれほど荷物を増やしてはいないと信じているのですが、きっと色々なものを買って増えてしまっているのでしょうね。一昨日送り出した船便荷物が届くのは1ヶ月半後くらいということですが、その片付けはいったいいつになったら終わるでしょうか…

Wolverines Hockey

やっぱりプロとは違うのか。

私たちの住むAnn Arborはミシガン大学の城下町ということで、人々の暮らしに深く関わっているとまでは言いませんが、折に触れミシガン大学との関わりを意識します。特にカレッジスポーツの分野では存在感が強く、次男が学校のブラスバンドで習った課題曲がミシガン大学の応援歌だったりと、住民総出で応援するようなところがあります。そこで先日はアメリカンフットボールの試合を観戦し、なかなか楽しむことができたわけですが、アメリカでもカレッジスポーツはフットボールばかりではありません。特に男子バスケットボールは人気だけでなく実力も高く、昨シーズンは全米一を決めるNCAA Championshipの決勝戦まで進んだようで、今年も良い成績が期待できるようです。

しかし私は渡米以来アイスホッケーに非常に惹かれ、NHLのDetroit Red Wingsの試合はほぼ全てテレビ観戦するほどのめり込んでいるわけですが、それならミシガン大学のホッケーも一度見ておかなければ、というのも自然な流れです。どうやら実力はそれほどでもないようですが、少なくとも応援そのものを楽しむことはできそうな気がしました。家族はホッケーには関心を持ってくれないのでまた一人で行くことにしたのですが、全体的には完売に近いようなチケットも、一人分なら点々と空きがあり、幸運にもゴール斜め後ろの最前列という、私にとって最高の席を確保することができました。

ホッケーの会場はミシガン大学のスポーツ施設が集中している地区にあるYost Ice Arenaというスケート場になりますが、駐車場の数が限られていて、また$20と高いのが難点です。しかし会場に足を踏み入れて非常に驚いたのですが、とてもきれいで明るく、またリンクの上にあるスクリーンも巨大で明るく見やすく、これまでにデトロイトで見たどのプロスポーツのものよりも立派でした。ミシガンスタジアムも大変立派でしたが、やはり金を持っているということなのでしょう。公立大学なのに。

カレッジスポーツ独特なのはマーチングバンドと学生の応援があるということです。日本の大学の応援団のようなものはありませんが、会場の一角を占めるバンドと学生が一体となって振り付けとともに演奏し歌うというのは見ていて面白いものです。また一般の観客の中にも卒業生なのか応援に熱心な人があちこちにいて、曲に合わせて一緒に歌い踊っていました。私の隣にはやや高齢のご婦人が座っていましたが、そんな人もです。試合前にはやはり国歌斉唱がありますが、これもバンドの演奏と合唱によるもので、プロスポーツとは違う趣がありました。試合中も進行とともに応援があり、放送でアナウンスや音楽が流れるだけのものとは違い、応援している一体感が得られて楽しいものでした。

しかし、肝心の試合内容の方はいただけません。成績が収入に直結するプロとは真剣さが違うのか、あるいは単に技術的・体力的に未熟なのかわかりませんが、試合中なのに休んでしまっている選手がチラホラと見られ、パックを追いかける姿に必死さが見えませんでした。またくだらないミスも数多くあり、Plymouth Whalersの方が選手は若いのに断然面白い試合を見せてくれるように思いました。第1ピリオドのうちにそんなことを感じてしまったので、正直なところ最後まで見るのがだるいくらいだったものの、せっかくだしと最後まで見ても何も変わらず残念でした。

ということで、おそらく二度と見に行くことはないでしょうが、少なくとも応援の様子と会場は見た甲斐がありました。相手選手が反則を取られてペナルティーボックスへ入って行く時に、皆で何か声を出しながら横に手を振って見送り、入ったところで指をさして責め立てるような振り付けなどは面白かったのですが…