Archives

Hidden Figures

決して終わったわけではありません。

つい先日観た映画「デトロイト」で描かれていたのとちょうど同じ時代ですが、1964年のLyndon Johnson大統領による公民権法制定の頃までのアメリカでは人種差別が堂々と行われており、特に南部の州ではジム・クロウ法による人種分離が法制化されて食堂やトイレ、学校、バスの座席その他あらゆるものが白人用と有色人種用途に別けられていました。しかし、そんな差別はすっかり過去のもの…と言いたいところですが、実際のアメリカでは今でも根強く残っています。現地の会社や学校のオリエンテーションでは各種差別の禁止について繰り返し説明がありましたが、それは結局そうしないと差別による問題が起こるということであり、声高に平等を叫ぶ人がいるというのはそれがアピールになるということです。私は何か白々しいものを感じていました。

また、日本ではまだまだながら先進諸国では今でこそ当然のように女性が社会で活躍していますが、当時はアメリカでも男性と対等といえるような状況ではありませんでした。今回観た映画「ドリーム」は人種と性別による二重の差別を乗り越えて活躍した3人の黒人女性の、実話を元にした物語です。

ドリーム 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

posted with amazlet at 18.02.17

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2018-02-02)売り上げランキング: 135

Amazon.co.jpで詳細を見る

日本では昨年9月に公開されて、すでに先月からBlu-rayなどで発売されている作品ですが、公開当時に地元では上映されず見逃していたものです。この作品が「近隣では上映館が少なかった、上映館がなかった良質な映画をセレクトして月に一度上映」という「プライムシネマ」という企画で取り上げられていることをその数日前に知ったので、木曜日ながら残業を1時間で切り上げて観に行ってきたのでした。

主人公のKatherine Goble Johnson、Dorothy Vaughan、Mary Jacksonの3人はNASAラングレー研究所のWest Area Computersという黒人女性だけで構成された部署でコンピューター、すなわち計算手として勤務していました。それぞれ優秀なエンジニアとしての能力を持ちながら人種や性別を理由に満足な地位を与えられずにいましたが、彼女ら自身の努力により道を切り開いて活躍する、というのが本作のかなり大雑把なストーリーです。当時はソビエト連邦がЮ́рий Гага́рин (ユーリ・ガガーリン)のВосток-1 (ボストーク1号)による有人宇宙飛行に成功し、アメリカに対して宇宙開発で先行していました。NASAはこれに追いつき追い越すために研究を重ね、Mercury Atlas 6 Friendship 7によりついに有人宇宙飛行に成功しますが、Katherineらの物語がこれに絡めて語られています。

Katherineは電子計算機が本格導入される以前のNASAで軌道計算を頭で行っていたそうで、今ではとても考えられない仕事ですが、アメリカの有人飛行の歴史は彼女なくては始まらなかったのかもしれません。DorothyはWest Area Computersで事実上の管理職となっていましたが、彼女らの仕事が電子計算機に取って代わられそうなことを見てFORTRANを独学で身につけ、当時導入されたばかりのIBMのメインフレームを使いこなして、その後計算機室長となります。Maryは当時有色人種には閉ざされていた技術者への門を開き、黒人女性初のエンジニアとなったそうです。このような彼女らの活躍は素晴らしいものですが、そこに「黒人初」「女性初」という言葉が付いてしまうこと自体が残念に感じます。本来であれば特筆すべき事ではないのに、せねばならない、そういう時代があったということが残念なことです。

事前の知識がほとんどなかったので知らなかったのですが、Katherineらの上司Vivian Mitchelの役でなぜか私が大好きなKirsten Dunstが出演していたのは嬉しい誤算でした。まああまり好感の持てる人物ではなかったかと思いますが、見られただけでも嬉しかったです。もう一人贔屓にしているElle Fanningとの共演の、もうじき公開されるビガイルドがさらに楽しみになりました。

なお、また邦題の話になってしまいますが、原題は”Hidden Figures“というのに対して「ドリーム」とは随分陳腐なものの、当初はこれに「私たちのアポロ計画」という副題が付いていたので、それが無くなっただけでもだいぶマシになりました。ただ、題材になっているのはマーキュリー計画なのになぜ「アポロ計画」なのかと批判された結果外されたようですが、彼女らの才能と努力がその後のアポロ計画にも繋がったのだと思えばあながち全くの見当外れでもないのかもしれないとは思いました。あえて好意的に解釈すれば、かもしれませんが。

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

観ておいて良かったです。

20世紀フォックスの子会社でインディペンデント系に強い映画製作会社のFox Searchlight Picturesという会社がありますが、「JUNO/ジュノ」や「スラムドッグ$ミリオネア」などの有名作品の他、良い作品を色々扱っていて私も常々注目しています。巨額の製作費をかけた超大作でなくても、面白い映画はいくらでもあるということを思い知らせてくれる良いスタジオだと思っていますが、日本では先週から公開されている「スリー・ビルボード」という作品がヴェネツイア国際映画祭に出品されて好評を博し、アカデミー作品賞にもノミネートされているなど高い評価を得ているようなので、私は普段あまり観ない犯罪ドラマというジャンルではありますが、土曜日の朝から映画館に観に行ってみました。

娘を強姦殺人で亡くしたMildred Hayesが、何ヶ月たっても一向に犯人を見つけることができない警察への抗議のため、町の寂れた道路に面する3枚の大きな看板に「RAPED WHILE DYING (レイプされて殺された)」「AND STILL NO ARRESTS? (なのにまだ逮捕なし?)」「HOW COME, CHIEF WILLOUGHBY? (どうして? ウィロビー署長?)」という広告を出すところから物語が始まります。これに対し、町の人々はMildredに同情しながらも、敬愛されるWilloughbyへの個人攻撃に対しては賛同しません。特にWilloughbyを慕うJason Dixonは激しく反応しますが、その後様々な展開が起こることになります。

Mildred役のFrances McDormandやDixonを演じているSam Rockwellの演技が特に高く評価されているようですが、確かにMildredの静かな狂気と対極的なDixonの激しさと終盤の二人は見応えがあると思います。また、Willoughby役のWoody Harrelsonは悪役で見ることが多いですが、本作ではとても良い人のように見えますし、とても存在感があります。ちなみに、WikipediaによるとWoodyの父親は「マフィアの雇われ殺し屋」で、終身刑で服役中に死去したとか…母の方は「弁護士秘書」だとかでそれも驚きですが、いずれにしても本人とは直接関係のないことですね。

本作は脚本が本当に良くできていて、私も面白くていつの間にか時間が経っていたという感じでした。製作費は1200万ドルということですが、たとえば昨年末の「最後のジェダイ」は2億ドルですから、やはり製作費と映画の面白さには直接の関係はないということです。脚本が全てということではありませんが、創造力、クリエイティビティしだいでいくらでも面白いものは作れるということではないでしょうか。もちろんStar Warsのようなものを作ろうとするとどうしてもお金は掛かってしまうのですが。

Detroit (映画)

なまじ知っているだけにリアル…

私が2年半ほど前まで駐在していたデトロイトといえばアメリカでも最も治安の悪い都市として悪名高いところですが、私たちが住んでいる間には特に危ない目に遭ったことはありません。しかし、治安の悪い地域というのは確かにあって、そういったところは一歩足を踏み入れただけでわかる何とも言えない空気があり、車で通り抜けるにも緊張したものです。運転している間もキョロキョロせずにまっすぐ前を向いて、笑われたと思って攻撃してくるので決して笑わず、写真を撮るなんてもっての外、と先にいた人には言われたものですが、それもただの脅しではないでしょう。実際、日本からの出張者が建物の写真を撮っていて絡まれ、カメラを壊されて現金を取られたというような情報もありました。

かつては全米4位の大都市であったデトロイトがそんな街になってしまったのは1943年と1967年の2度に渡る暴動によって白人の比較的裕福な層が郊外の衛星都市に流出してしまったためです。現地の日本人が現在住んでいるのもそうした衛星都市で、デトロイト市に住んでいるという人は皆無でしょう。

しかし私もそこまでは知っていても、アメリカの歴史というのは日本人にはほとんど知られていないもので、デトロイト暴動についても「そういうことがあった」という程度の知識でした。今回、その1967年の暴動を題材にした映画、その名も「デトロイト」が公開されたので、これは観ておかなければならないだろうということで、公開初日の金曜日に劇場へ行ってきました。初日の夜なのに観客は10人程度しかいないという、非常に寂しい状況だったので、やはり日本人受けはしないので仕方ないかと思いましたが、批評家の評価は高いものの、昨年12月の時点で3400万ドルの製作費に対して2150万ドルの興行収入しか得られなかったということで、難しいのは日本だけではなかったようです。

この映画では暴動の最中に実際にあった、Algiers Motelでの事件について、その当事者らの証言を元に描いたものだということです。したがって、市内の暴動の様子が描かれているのは冒頭の導入部ということになりますが、この場面は実際にデトロイトで撮影された部分もあるようで、なかなか臨場感があります。日本では一般大衆が参加するような暴動はなかなか起こらないのであまり想像できませんが、アメリカでは特に市民も銃を所持しているだけにほとんどゲリラ戦ですね。

この作品の主人公は一応Melvin Dismukesという近くのスーパーの警備員とされているようですが、これを演じているのがスター・ウォーズのエピソード7/8でFinを演じているJohn Boyegaです。Finのときはなんとも頼りない役柄ですが、本作では静かに正義感を湛える落ち着いた役を凛々しく演じています。また、若い警官Philip Krauss役のWill Poulter、事件に巻き込まれたボーカルグループThe DramaticsのリードシンガーLarry Reedを演じるAlgee Smithらの演技が特に高く評価されているようですが、たしかに迫真の演技と言えるでしょう。

実はここ数年のデトロイトは家賃が安いということもありスタートアップ企業に注目されているという話もあり、昨年からQLINEという路面電車も走り始めたり、NHLのDetroit Red Wingsが新しいアリーナを市内に建設して移り、そこにNBAのDetroit Pistonsも本拠地を移して郊外から戻ってきたり、と明るいニュースも多々あって、少しずつ着実に活気を取り戻してきているのは間違いないようです。私はやはり愛着もありますので、市の経済もなんとか持ち直してもらいたいと思っていますが、それはやはりデトロイトの自動車産業が鍵となっているのでしょうか。

ところで、Julie Ann役のHannah Murrayがベッキーに見えて仕方がなかったのですが、それはただ私の目が悪いせいでしょうか…