Archives

Spider-Man: Homecoming

アメリカの高校生らしい。

日本では70年台に東映がテレビシリーズを製作していたこともあってMarvel作品の中では圧倒的に知名度の高い「スパイダーマン」シリーズですが、実写映画はこれまでTobey MaguireとKirsten Dunstの「スパイダーマン」からの3部作のあとリブートされてAndrew GarfieldとEmma Stoneの「アメイジング・スパイダーマン」シリーズ2作が製作されていました。Gwen Stacyが亡くなってしまったあとはどうするのかと思っていましたが、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」で新世代のスパイダーマンとしてTom Hollandがデビューし、そして今回「スパイダーマン: ホームカミング」として本編が公開されることとなりました。

ヒロインは一応Laura Harrier演じる1年先輩のLizということになるのでしょうが、物語の中では重要な位置にはあるもののそれほどクローズアップされておらず、むしろ端々で登場するZendayaが演じているMichelle “MJ” Jonesの方が目立っていますし、次回作ではさらに重要な役どころになる可能性があるように感じました。しかし、スパイダーマンでMJといえばMary Jane Watsonですし、特に最初の三部作でMJを演じていたKirsten Dunstに思い入れのある私としては少々複雑な気持ちです。

それはともかく、この作品は「シビル・ウォー」直後の話となります。「シビル・ウォー」を観ていないと序盤は何のことやらということもあるかもしれませんが、大きな問題はないでしょう。また、Tony Starkとアイアンマンが結構登場しますが、やはり存在感があるのでスパイダーマンもMarvel Universeの一員に加わったと印象づけているように感じました。また、リブートではありますがPeter Parkerがスパイダーマンとなった経緯や伯父Benの死についてはほとんど触れられていないので、全体的に明るい感じになっているのではないでしょうか。

違和感が拭えなかったのは伯母のMayが衝撃的に若くなっていることです。これまでの作品ではBenとMayの夫婦は老夫妻というような年齢に設定されていたのですが、今回Mayを演じているMarisa Tomeiは現時点でも52歳で、しかも白人にしては実年齢よりも若く美貌を保っているように見えます。私は最初Anna Kendrickと見間違えてしまったので、それがMayであるとはすぐに理解できませんでした。MarisaとAnnaってちょっと似ていませんか?

全体的には、Peterがとても若々しくてとても良かったと思います。スパイダーマンのスーツがアイアンマンばりにハイテクなのはこれまでになかった設定ですが、今後もそれで行くのでしょうか。蜘蛛の力で超能力、という設定がぼやけてしまわないかと余計な心配もしてしまいますが、面白く仕上がればそれでもいいと思います。

Transformers: The Last Knight

主役は人間。

映画「トランスフォーマー」シリーズは私の次男が小さい頃から好きなのですが、最初の作品「トランスフォーマー」が公開されたのは2007年ということなので今からちょうど10年前ということになります。その時次男はまだ5歳だったということになりますが、劇場に連れて行って一緒に観たところ「かっこいい~」と気に入ったようです。確かに1作目はトランスフォーマーたちの変形シーンが当時とても斬新で、私にも非常にかっこよく見えました。

それから10年経ち次男も中学3年生となりましたが今でも好きなようで、「トランスフォーマーを一緒に観に行くか」と声を掛けると「行きたい」とのことだったので、この週末公開されたシリーズ最新作「トランスフォーマー/最後の騎士王」を次男と二人で観てきました。これまでの私の印象では第一作が一番シンプルにトランスフォーマーたちをかっこよく描いていて、二作目三作目と進むごとにストーリーも演出も派手で複雑になってきて、映像の技術的にも進んでいるのですが、単純な痛快さが無くなってきてしまったように感じていました。果たして今作ではどうだったでしょうか。

人間の主人公は前作でMark Wahlbergに交代しましたが、彼の演技はとても良かったのでこれは私にとって嬉しいことでした。また、Josh Duhamelが復帰していますが、ちょっと見ない間に若干太って老け込んでしまったようで、以前のような精悍さは見られなくなってしまったのが残念です。ちなみにJoshの奥さんはBlack Eyed PeasのFergieでしたが、そのFergieのウェブサイトにある写真に写っているJoshの方が映画よりもシュッとしているような気がします。そして、John Turturroもまた相変わらず変な役柄で復帰しています。

さて、作品全体としてはどうだったかというと、やはりやや話を詰め込みすぎな印象は否めません。なにしろアーサー王伝説や第二次世界大戦など、古代から現在に至るまでの間のトランスフォーマーたちと人間との関わりに加え、トランスフォーマーたちの故郷であるサイバトロン星まで話に絡んできているので、149分という上映時間でも語り尽くせていないようなところがあります。それだけ盛り沢山な内容で退屈するようなことはないのですが、もう少し落ち着いて観させてほしいという感じでしょうか。決してつまらなかったわけではありません。

また、Optimus Primeが思ったよりもあっけないというのも感想の一つです。もう少し粘るのかと思っていましたが、これ以上はネタバレになるので黙っておきます。もう一つ言えば、変形シーンをもっと見たいというのもあって、その場でゆっくり変形してくれるようなシーンがないので第一作にあったような感動がなくなってしまっているのが残念です。ただ、特にBumblebeeが新しい変形パターンを幾つか見せてくれるのは楽しめました。

ところで、トランスフォーマーシリーズではこれまでに何度もデトロイトでのロケが行われてきて、前作では私もダウンタウンの空き地に組まれた撮影セットを目撃しているのですが、今作でも多くのシーンがデトロイトで撮影されているようです。そして、その見返りとして2100万ドルの補助金がミシガン州から与えられているということで、それに見合うだけの雇用や経済への影響があるということなのでしょうが、それだけ映画製作というものが巨大な産業であるということですね。

John Wick Chapter 2

怖いのはアメリカだけじゃなかった…

「スピード」で一躍有名となり、「マトリックス」で一世を風靡したKeanu Reevesですが、なんとなく朴訥な感じがするところに好感が持てるのではないかと思います。しかし、ハリウッドスターらしいキラキラしたところがないためか作品に恵まれないところがあるような気がします。そんなKeanuの最近のヒットとなった「ジョン・ウィック」の待望の続編、「ジョン・ウィック: チャプター2」が日本でもこの週末から公開となったので、その初日に私も早速観に行ってきました。

前作では亡くしたばかりの最愛の妻の形見を奪われ、復讐の鬼となった元暗殺者の主人公John Wickでしたが、今回の冒頭でようやくそれにケリが付くことになります。しかし、一度足を踏み入れてしまうと安穏としてはいられないのが裏の世界で、その掟に縛られて新しい仕事に手を付けざるを得なくなる、というのが今回の話になります。

何人かのキャストは前作から引き続きの登場となっていますが、今作ではLaurence FishburneがThe Bowery Kingという堂々たる役で出演しています。KeanuとLaurenceは「マトリックス」シリーズ三部作以来の共演となるとのことですが、それぞれ独特の存在感を持ち活躍する二人なので、他になかったというのがちょっと意外なくらいではないでしょうか。

Rotten TomatoesのTomatometerは前作の84%を凌ぐ89%となっていますが、アクションのスケールなどは確かに前作を大幅に上回るものとなっています。この作品の中でJohnがあの世に送った人数は一体何人になるのでしょうか。しかし、街中であれだけ銃声が鳴り響き、格闘が行われ、血しぶきが上がっているというのに、サイレンの音は聞こえても警官の姿は一度も見ることがありません。一体どうなっているのでしょうか。

なお、このシリーズはハードなアクションとよく練られた脚本がとてもいいのですが、もう一つ、音響も非常に良く出来ているのではないかと思います。ガンアクションに欠かせないのはもちろん銃声ですが、重みとキレのある音で大変迫力があります。本物の銃声を生で聞いたことはないので真実味があるのかどうかは判断できませんが、アクションに勢いとテンポを与えるという点では素晴らしいのではないでしょうか。

ということで、今作もとても面白い作品に仕上がっているので、ハードボイルドなアクション作品が好きな15歳以上の人はぜひ観てほしいと思います。