Archives

Murder on the Orient Express

今はもう運行されていないのですね。

中学生の頃、私には個人的に欧米の古典推理小説ブームが来ていて、学校の図書館で借りて貪るように読んでいたものです。このジャンルではConan DoyleのSherlock Holmes、Maurice LeblancのArsène Lupin、Agatha ChristieのHercule Poirotが三巨頭と言っていいかと思いますが、実は天邪鬼な私が一番好きだったのはEllery Queenでした。といっても作品の内容はまったく覚えていないので、今から読み直しても新鮮に楽しめると思います。

この週末に公開された映画「オリエント急行殺人事件」は言わずと知れたAgatha Christieの代表作の一つ、「オリエント急行の殺人」を原作としているもので、この作品は私も間違いなく読んでいるのですが、内容は完全に忘れてしまっていました。ミステリーなのでその結末は知らないに越したことはないのでもちろん読み直すことなく観てきました。

イスタンブールからロンドンまで向かう長距離豪華寝台列車であるオリエント急行の中で乗客の一人が遺体となって発見されるという、列車を舞台にした一種の密室ミステリーとなっています。特徴的なのはそのキャストで、監督と主役を兼ねるKenneth Branagh以下、Penélope Cruz、Willem Dafoe、Judi Dench、Johnny Depp、Josh Gad、Michelle Pfeiffer、そして「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の主演で一躍スターの仲間入りを果たしたDaisy Ridleyと、大変豪華な面々となっています。しかしこれもこの作品の特徴からして必要なことで、1974年の映画でも同じように豪華なキャストで話題となったようです。このような作品で、原作に比較的忠実に作られているので新しさはありませんが、当時の上流階級の人々が登場人物であるということもあって、華やかさが印象的でした。

こんな列車に私も乗ってみたいとも思いましたが、日本では寝台列車はどんどんなくなってしまって予約を取るのも大変ですし、瑞風なんてそれだけでなく私にはとんでもない値段です。アメリカにいる間にAmtrakで大陸横断の旅ができたのは良かったのですが、豪華というのとはちょっと違うものでした。あれとカリブ海クルーズをあわせたような感じがちょうどなのでしょうか。まあ変に格式高いのも疲れるだけなので、カジュアルながら贅沢な感じというのが良いのですが、そんな都合のいいものはありませんね。その点Royal Caribbeanは我が家にはとても良いバランスだったのですが。

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

posted with amazlet at 17.12.09

アガサ クリスティー 早川書房 売り上げランキング: 461

Amazon.co.jpで詳細を見る

Justice League

二番煎じ感は否めない。

通常1800円の映画を1100円と格安で観ることができるという、映画ファンには嬉しい毎月1日の映画の日ですが、実際には曜日の都合が合わなかったり、その時に観たい作品がなかったりで私が利用できるのは年に数えるほどしかありません。今年も先月までに利用したかどうか怪しいくらいですが、今月はちょうど金曜日だったのと、観てみようと思っていて先週末は時間が合わなかった「ジャスティス・リーグ」がいい時間にあったので、久しぶりに利用してみました。しかし、1日が土日に重なると大変込み合ってしまう映画館も平日では普段よりちょっと多いかもしれないという程度で、映画産業の行く末が心配になってしまいました。

さて、このJustice LeagueというのはMarvelで言うところのAvengersのDC Comics版で、Superman、Batman、Wonder Womanを中心に、Aquaman、The Flash、Cyborgといったスーパーヒーローが集結したものです。今回の作品で登場するのはこの6人までですが、コミックの方ではGreen LanternやSHAZAM!その他、日本では一般に馴染みのないヒーローたちも加わっているようです。まあ、Marvelと比べてもDC Comicsの方が日本ではマイナーですし、そもそもDC自体があまり知られていないので仕方ありませんね。

本作は昨年春に公開された「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の続編にあたり、世界を守るために自らの命を犠牲にしたSuperman亡き後の、失意に覆われた世界が舞台です。大いなる脅威に立ち向かうため、BatmanことBruce Wayneが他のヒーロたちを探し出して同盟を呼びかけ、Justice League (正義の同盟)を結成するというものです。

DC Comicsの各作品はコミック、映画ともダークなところがMarvelとは違い、大人向けな感じがしていましたが、本作ではコミカルなシーンもだいぶ取り入れられて軽くなっているように思います。それが良いか悪いかは人によって評価の異なるところでしょうが、私はDark Knight 3部作の暗さが好きだったのでちょっと残念な感じはします。ちなみに監督は「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の他、「スーサイド・スクワッド」、「ワンダーウーマン」も手掛けたZack Snyderで、これらの作品はみな良かったのですが、彼には「エンジェル ウォーズ」という「前科」があるので要注意かもしれません。まあ私自身は「エンジェル ウォーズ」は大好きなのですが。

ということで私の印象で点数をつけるとすれば100点満点で70点位だったのですが、Bruce Wayneの”I’m rich.”のセリフは面白かったです。なお、Bruceはかなりの大富豪として描かれていますが、彼の資産は70億ほどとされているようなので、Forbesの実際の世界長者番付では100位以内にも入れず、ちょうど200位あたりのSilvio Berlusconi元イタリア首相と同程度のようです。その程度の資産で正義の味方になれるのであれば、200人のうちの誰かは本当にやってみてくれても良さそうなものですが、みな命は惜しいですよね。

The Circle

結末に不満あり。

今年は11月から12月にかけて、毎週末に観たい映画の公開が続いていて嬉しいような困ったようなというところなのですが、先週末は出掛けていたので「マイティ・ソー バトルロイヤル」はちょっと見送りました。Marvel作品群は長男も好きで観たがっているのですが、大学受験を控えているため自制しているので、私も受験が終わったあとにAmazonかAppleかの動画配信で観ようかと思っています。

ということで今週はHermioneことEmma Watson主演の「ザ・サークル」を観てきました。映画として面白いかどうかだけではなく、ネットワーク界隈の話題としておさえておくべきところではないかと思って気になっていました。Emma演じるMae HollandがThe CircleというIT企業の顧客窓口として働き始めてしばらくして、CEOであるEamon Baileyの目に留まってSeeChangeなるSNSで私生活を含めてトイレ以外の24時間すべて公開することになりますが、これによって世界中から多くの視聴者を集めることになりますが、Mae自身と身近な人々に様々な影響を及ぼすことになる、というものです。

SeeChangeについて、現時点では送信側のデバイスは現在の技術で実現できるものではないと思いますが、それ以外のインフラや受信側についてはすぐにでも実現可能なもの、というより最近始まったInstagramのStoriesのようなものとそれほど違うものではないかもしれません。SNSで日常を公にすることについては私も妻にあれこれ言われていますが、現状はあくまで主体的なものであり、それが自動的なものになるというのはさすがに私でもかなりの抵抗があります。いくらさらけ出しているように見える人でも、相当限定的なものでしょう。

The CircleのCEOを演じているのがTom Hanksなのですが、本当にカリスマのある経営者のように説得力のあるプレゼンテーションに見えました。Steve Jobsなどのプレゼンテーションを研究したことは間違いないでしょうが、研究材料には事欠かないのではないでしょうか。また、The CircleのキャンパスもAppleの新社屋やGoogle、Facebookのキャンパスを彷彿とさせるものになっていますが、映画用にさらにそれを極端にした感じでしょうか。

このあたりの業界に関心の強い私には終盤までなかなか楽しむことができたのですが、最後の最後、肝心なところが尻すぼみになってしまったような感じでとても欲求不満の貯まるような終わり方になっているのがとても残念でした。しかし、これは映像化の時点でうまく描けなかっただけでDave Eggersによる原作ではうまくまとめられているのではないかという気がするので、ぜひ読んでみようと思っています。その際にはこの映画で見たイメージが重なり合ってよりリアルに感じられるのではないでしょうか。

ザ・サークル

posted with amazlet at 17.11.11

デイヴ エガーズ Dave Eggers 早川書房 売り上げランキング: 74,982

Amazon.co.jpで詳細を見る