Archives

Black Panther

少々主張が強すぎるような気はしますが。

このところアメリカの人種差別を一つのテーマにした作品が続いていますが、今回観たMarvelの「ブラックパンサー」も主役を始めとするキャスト、監督以下のスタッフ、サントラを提供する歌手などその多くを黒人が占めているということで話題となりました。特に黒人社会では「自分たちにもこんなかっこいい映画が作れるんだ」ということで大変な熱気となったようです。Rotten TomatoesのTomatometerも97%と非常に高い評価になっていますが、一方で観客によるスコアは79%と低く、「作品としての価値は高いが面白いかと言うと…」というようなものになっていないかが気がかりでした。しかし実際に観てみると決してそんなことはなく、大いに楽しむことができました。

諸外国にはアフリカの発展途上国の一つとしか認識されていないワカンダという小国が、実は一万年前に落下した隕石に含まれていたヴィブラニウムという希少金属のおかげで経済的にも科学技術的にも先進諸国を凌ぐ驚異的な発展を成し遂げています。そのワカンダを治める王はヴィブラニウム製のスーツに身を包み、代々の王にのみ与えられる特殊な薬草でスーパーパワーを得てブラックパンサーとなり国を守ります。この作品では主人公のT’Challaが王位に就き、ヴィブラニウムを狙うテロリストと戦う中で、これまでヴィブラニウムの秘密を守ってきたワカンダの新しいあり方を見つけることになります。

映画自体は良くも悪くも他のMarvel作品とあまり違いありません。ただ、やはり目立つのは登場人物のほとんどがいわゆる黒人であるということで、白人に虐げられていることに対して抵抗しなければならない、ということが基本的には肯定されているような気がしました。黒人も力を持たなければならない、と言って武器を手にしようとするか、平和的な解決を目指すかだけの違いなのです。日本にいる限りは黒人差別というものを日常生活で意識することはまずありませんが、特にアメリカでは、少なくとも黒人側は、ハリウッド映画に関わるような階層の人々であってもそういう意識が根強いということなのでしょう。

昨年末の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」での問題など、日本での各種表現が人種差別だと特にアメリカから批判されることが少なくありませんが、それは自分たちも有色人種とされている日本人が黒人に対して持つ感情が、アメリカの白人が持つものとは相当異なっているためでしょう。もちろんそういうことによって被差別側であるアフリカ系の人々が気を悪くするようなことは避けなければならないので、今回の件について擁護するつもりはありませんが、それを半差別意識の高い白人に攻撃されることには違和感があります。自分たちがそう考えているからといって相手も同じだと思うな、という「自己紹介乙」のようなものですね。

ということで映画自体の話から逸れてしまいましたが、本作はどうもメッセージ色が強すぎるような気がしてなりませんでした。ちなみにT’Challaの16歳の妹Shuriの役は現在24歳になるLetitia Wrightが演じているのですが、彼女はちょっと可愛いですね。ヒロインで恋人のNakiaはアカデミー女優のLupita Nyong’o、そして主役のT’Challa役はChadwick Bosemanですが、彼はこれまでに何度かアベンジャーズシリーズに出演してきているので顔なじみですね。まあ、黒人にもかっこいい映画はできるんだ、ということについては全くそのとおりだと思います。

The Beguiled (2017)

女性視点なのかな。

Sofia Coppolaといえば「地獄の黙示録」で有名な映画監督Francis Ford Coppolaの娘の映画監督ですが、私も初期の3作品「ヴァージン・スーサイズ」、「ロスト・イン・トランスレーション」、「マリー・アントワネット」を観て以来、ちょっとご無沙汰になっていました。その10年ちょっとの間に「SOMEWHERE」、「ブリングリング」という2本の映画を監督し、「SOMEWHERE」の方は第67回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を獲得するなど高い評価を得たようですが、私はそんなことは全く知らず観たことがありませんでした。

しかし、私がInstagramでフォローしている大好きな女優のうち2人、Kirsten DunstとElle Fanningが互いの写真に登場するようになったので共演しているのかな、と思っていたらその監督がSofia Coppolaであることがわかり、これはぜひ観なければと思っていたのが今週観た「The Beguiled / ビガイルド 欲望のめざめ」でした。

この作品は1971年にClint Eastwood主演で「白い肌の異常な夜」というタイトルでも映画化されている、Thomas P. Cullinanの小説”The Beguiled”を再度映画化したものとなっています。”beguiled”とは「だまし」というような意味になりますが、それがこの映画のストーリーに対して最適なタイトルなのかどうかはよくわかりません。邦題の方は原題そのものに「欲望のめざめ」と副題が付いていますが、これは直接的ながらストーリーからのずれはありません。1971年作品の方の邦題はなんだかいかがわしい印象をあえて持たせているような感じもありますが、当時の評判はどうだったのでしょうか。

物語は南北戦争中に南軍に付いていたバージニア州で、北軍の伍長であるJohn McBurneyが負傷しているところを寄宿制女学園の生徒に助けられ、校長らの手当てを受けて回復し、校長以下女性のみの学園で過ごしているうちに色々なことが起こり…というものです。どうやら後半以降の流れは原作や1971年版と異なっているようで、また1971年版は助けられた兵士側の視点で描いていたのに対し、本作では女性監督らしく女性側の視点となっているところも異なるようです。

女学園の校長Martha役はNocole Kidmanが演じており、さすがアカデミー賞やゴールデングローブ賞の受賞歴を持つ大女優だけあって迫力と妖艶さ、そして厳しさを見せてくれます。そしてただ一人の教員Edwina役がKirsten Dunst、奔放な女生徒Alicia役がElle Fanningとなっており、本作ではこの二人が重要な役どころとなってきます。また、助けられる兵士役はColin Farrellですが、かつて「最も美しい男」や「最もセクシーな男」の一人に選ばれているとのことで、そういう魅力のある男の代表として出ているということになるのでしょうか。

本作は戦時下の物語ということで慎ましやかな生活の様子なども見所の一つなのかと思いますが、特徴的なのがBGMがほとんど使われていないということです。それによって遠くから絶え間なく聞こえる大砲の音で先頭を身近に感じながら生活する彼女らを理解することになり、また夜には虫の声を背景に聞くことでこの学園が野原にぽつんと存在しているということを知ることができます。

また一つ驚いたのは、エンドロールの短さです。大作映画に慣れすぎてしまったためか、このあと細かいスタッフの名前がずらずらと表示されるのかと思ったらそこで終わってしまい、ものの数分でした。最近の作品はCGを多用しているために非常に多くの人々が関わることになっていますが、本来の実写映画というのはこの作品と同じくらいの規模で作ることができるものだったのかと再認識させられました。製作費は1000万ドルということですから、決して低予算というわけではないのですが、それはセットや衣装に費やされたのでしょうか。

Hidden Figures

決して終わったわけではありません。

つい先日観た映画「デトロイト」で描かれていたのとちょうど同じ時代ですが、1964年のLyndon Johnson大統領による公民権法制定の頃までのアメリカでは人種差別が堂々と行われており、特に南部の州ではジム・クロウ法による人種分離が法制化されて食堂やトイレ、学校、バスの座席その他あらゆるものが白人用と有色人種用途に別けられていました。しかし、そんな差別はすっかり過去のもの…と言いたいところですが、実際のアメリカでは今でも根強く残っています。現地の会社や学校のオリエンテーションでは各種差別の禁止について繰り返し説明がありましたが、それは結局そうしないと差別による問題が起こるということであり、声高に平等を叫ぶ人がいるというのはそれがアピールになるということです。私は何か白々しいものを感じていました。

また、日本ではまだまだながら先進諸国では今でこそ当然のように女性が社会で活躍していますが、当時はアメリカでも男性と対等といえるような状況ではありませんでした。今回観た映画「ドリーム」は人種と性別による二重の差別を乗り越えて活躍した3人の黒人女性の、実話を元にした物語です。

ドリーム 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

posted with amazlet at 18.02.17

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2018-02-02)売り上げランキング: 135

Amazon.co.jpで詳細を見る

日本では昨年9月に公開されて、すでに先月からBlu-rayなどで発売されている作品ですが、公開当時に地元では上映されず見逃していたものです。この作品が「近隣では上映館が少なかった、上映館がなかった良質な映画をセレクトして月に一度上映」という「プライムシネマ」という企画で取り上げられていることをその数日前に知ったので、木曜日ながら残業を1時間で切り上げて観に行ってきたのでした。

主人公のKatherine Goble Johnson、Dorothy Vaughan、Mary Jacksonの3人はNASAラングレー研究所のWest Area Computersという黒人女性だけで構成された部署でコンピューター、すなわち計算手として勤務していました。それぞれ優秀なエンジニアとしての能力を持ちながら人種や性別を理由に満足な地位を与えられずにいましたが、彼女ら自身の努力により道を切り開いて活躍する、というのが本作のかなり大雑把なストーリーです。当時はソビエト連邦がЮ́рий Гага́рин (ユーリ・ガガーリン)のВосток-1 (ボストーク1号)による有人宇宙飛行に成功し、アメリカに対して宇宙開発で先行していました。NASAはこれに追いつき追い越すために研究を重ね、Mercury Atlas 6 Friendship 7によりついに有人宇宙飛行に成功しますが、Katherineらの物語がこれに絡めて語られています。

Katherineは電子計算機が本格導入される以前のNASAで軌道計算を頭で行っていたそうで、今ではとても考えられない仕事ですが、アメリカの有人飛行の歴史は彼女なくては始まらなかったのかもしれません。DorothyはWest Area Computersで事実上の管理職となっていましたが、彼女らの仕事が電子計算機に取って代わられそうなことを見てFORTRANを独学で身につけ、当時導入されたばかりのIBMのメインフレームを使いこなして、その後計算機室長となります。Maryは当時有色人種には閉ざされていた技術者への門を開き、黒人女性初のエンジニアとなったそうです。このような彼女らの活躍は素晴らしいものですが、そこに「黒人初」「女性初」という言葉が付いてしまうこと自体が残念に感じます。本来であれば特筆すべき事ではないのに、せねばならない、そういう時代があったということが残念なことです。

事前の知識がほとんどなかったので知らなかったのですが、Katherineらの上司Vivian Mitchelの役でなぜか私が大好きなKirsten Dunstが出演していたのは嬉しい誤算でした。まああまり好感の持てる人物ではなかったかと思いますが、見られただけでも嬉しかったです。もう一人贔屓にしているElle Fanningとの共演の、もうじき公開されるビガイルドがさらに楽しみになりました。

なお、また邦題の話になってしまいますが、原題は”Hidden Figures“というのに対して「ドリーム」とは随分陳腐なものの、当初はこれに「私たちのアポロ計画」という副題が付いていたので、それが無くなっただけでもだいぶマシになりました。ただ、題材になっているのはマーキュリー計画なのになぜ「アポロ計画」なのかと批判された結果外されたようですが、彼女らの才能と努力がその後のアポロ計画にも繋がったのだと思えばあながち全くの見当外れでもないのかもしれないとは思いました。あえて好意的に解釈すれば、かもしれませんが。