Archives

Sing

洋楽好きの大人も。

Sofia Coppola監督の映画「ロスト・イン・トランスレーション」を観てからか、Scarlett Johanssonが出演しているとどうも気になってしまうのですが、先週公開された「ゴースト・イン・ザ・シェル」は白人のScarlettが日本人の役を演じているのが差別的だということで批判されているようです。日本人にしてみればそんなことはまったくなんとも感じないところではないかと思いますが、そのせいで興行的に失敗に終わってしまうのはとても残念なことです。私は予告を見たときからとても観たかったのですが、なぜか地元の映画館では吹き替え版のみの上映というわけのわからないことをしてくれているのでレンタルで観ればいいやという気になってしまいました。

その代わりというわけではありませんが、昨日観てきたのはScarlettがヤマアラシの少女Ashの声で出演しているアニメ作品「SING」です。もちろん、Scarlettの声を聞かなければ意味がない…というのもありますが、この作品では数々の新旧ヒット曲が歌われ、私はそれを楽しみに観るので字幕版です。この作品については映画館も頑張っていて、レイトショーのアニメ映画字幕版なので大した人数が入らないのがわかりきっているのに大きなスクリーンに割り当てられていてどういうことかと思ってしまいましたが、そのスクリーンはいい音響設備が入っているのでした。わかってるじゃないですか。

どんなストーリーの映画かといえば、賞金1000ドルのはずが10万ドルと印刷されてしまったチラシのせいで大盛況となってしまった歌のコンテストと、その出演者が巻き起こす様々なトラブルのドタバタコメディとでも言えばいいでしょうか。まあ大人が観て感動するような話ではないので、見どころはやはりコンテスト出場者の歌ではないでしょうか。

日本語吹き替え版でもMISIA、スキマスイッチの大橋卓弥、河口恭吾といった本職の歌手が参加していますが、一方で長澤まさみや山寺宏一といった人たちも歌を披露しているようで、大丈夫なのかと余計な心配をしてしまいます。まあ私が観ることはないのでまさに余計なことなのですが。

また、レッサーパンダの少女5人組のThe Q-Teezがきゃりーぱみゅぱみゅの歌を歌う日本人グループで、セリフも変な日本語でしたが、こういうところは吹き替え版ではどう処理されているのか、ちょっと気になるところです。なお、The Q-Teezはキャストが公開されておらず不明なようです。

ということでいくつか良い歌があったのでサウンドトラックも欲しくなってしまいました。特にElton JohnのI’m Still StandingをゴリラのJohnnyが歌うシーンがとても良かったです。帰宅してからElton Johnの元歌も聴いてみたところ、これもやはり名曲なのですが、Taron Egertonが歌うJohnny版のホーンが入った豪華で今風のアレンジと比べるとちょっと物足りないというか、だいぶシンプルな感じでした。ちなみに、サントラにきゃりーの曲は入っていません。

TWICE

我ながらちょっと意外。

おそらく音楽的な好みが決まるであろう中学生時代をイギリスで過ごした影響が大きいのだと思いますが、私はいわゆる邦楽もほとんど聴かず、英米の音楽を中心に聴いているのでK-Popには一切興味を持たずに来ました。ただPSYの江南スタイルくらいはアメリカでも爆発的に売れていたので私も知っていますが、それ以外は本当に知りません。まあそんなことは強く主張する必要もないのですが、そんな私が、日本のアイドルや女優にもほとんど関心を持たない私が、なぜか急に気になってしまったのがTWICEです。

1ヶ月ほど前に急にテレビ各局が「TTポーズが話題」と言い出して紹介していたので多くの方がご存知だと思いますが、TWICEというのは韓国人5人、日本人3人、台湾人1人の9人組ガールズユニットです。韓国では2015年10月にデビューしていましたが、今年6月28日に日本デビューとのことなので、急に露出するようになったのはその準備のための第1弾ということで仕掛けられたものだったのでしょうか。

実は私はテレビで見るようになるちょっと前に、次男が学校で聴いて気に入ったというのを聞いて、YouTubeで「TT」を試しに聞いていました。その「TT」はキャッチーでポップな曲で、歌詞は韓国語の中に英語のフレーズが入るような感じなのでもちろん意味はわからないのですが、それでも可愛らしく楽しく、なんとなくまた聴いてしまいたくなるような感じでした。

そしてそのうちPV以外にYouTubeで見ることができる動画を漁るようになったのですが、特に気になってしまったのが日本人メンバーの一人、モモこと平井ももです。京都府京田辺市出身の彼女は3歳からダンスを習っていたらしくTWICEの中でもパフォーマンス担当として「ダンスならモモ」という感じになっているようです。私が何に惹かれてしまったかといえば、20歳にしては幼すぎるようにも見えるものの、ちょっとたどたどしく、若干舌足らずに韓国語を喋る姿かもしれません。でも、テレビなどで喋れるほどに外国語を習得するというのは並大抵のことではありませんよね。それだけでも日本人メンバー3人は応援したくもなるというものです。ちなみにモモの他の2人も大阪と兵庫の出身で、揃って関西出身というのも親近感が湧いたりしています。

ということで、「TT」の動画再生回数がピコ太郎を超えたとか、TTポーズとかはどうでもいいことで、彼女らにはちょっと頑張って欲しいと思っているのですが、マスコミに無理やり持ち上げられたせいでデビュー前にすでに飽きられてしまっていないかがやや心配です。この記事もすでに今更感が漂っていて、どうしようかと思っていたくらいなのですが…

George Michael 1963-2016

“You’ll never find peace of mind until you listen to your heart.” – George Michael

Michael Jackson、David Bowie、Princeに続いてまた一人、80年台のポップスターが旅立ってしまいました。George Michaelが53歳の若さで自宅で亡くなったとのことです。当初死因は明らかにされていませんでしたが、今は心不全と報道されているようです。

本名をΓεώργιος Κυριάκος Παναγιώτου (Georgios Kyriacos Panayiotou)というギリシャ人の血を引く、ギリシャ系らしい彫りの深い彼はAndrew RidgeleyとともにポップデュオWham!でデビューして一躍アイドル的人気を得ました。この頃ヒットしたCareless WhisperやLast Christmasといった名曲は今でも今でも度々耳にするどころか、Last Christmasはクリスマスの定番として長らく親しまれていますので、仮に彼を知らなかったとしても彼の歌声を聞いたことが無い人はいないのではないでしょうか。その彼が奇しくもクリスマスの晩に亡くなるとはどういうことなのでしょう。

その後人気絶頂のさなか、1985年にコンビは解散してしまい、それぞれソロで活動していくことになります。Wham!の音楽面をGeorgeが支えていたということもあり、解散後パッとしないAndrewに対してGeorgeは人気を維持していきました。しかしその後しばらくして公然わいせつ、薬物影響下の運転などで度々逮捕されるなど、私生活面は決して豊かなものではなかったようです。

ソロとなってから最初のアルバムFaithは大ヒットとなりましたが、それに比べるとそれほどでもなかったのが第2作のListen Without Prejudice Vol.1です。しかし、私はこのアルバムがとても好きです。Wham!時代やFaithとは打って変わってアコースティックギター中心のフォークな感じの曲が落ち着いていて、Georgeのしっとりした優しい歌声がとても良く合っているのです。

Listen Without Prejudice

¥ 1,441

(2016-12-27現在)

実は来年の3月3日に25周年記念としてこのアルバムのデラックス版が発売されることになっています。ただ、このアルバムが発売されたのは1990年なので、それからは25年以上経ってしまっており、一体何の25周年なのかはよくわかりません。まあそんなことはどうでもいいので、私はとりあえず購入することになるでしょう。

ちょうどWham!がヒットを重ねていた頃に私は父の転勤でイギリスに引っ越したので、彼らの曲はテレビなどで頻繁に聞いていて、日本の某(元)アイドルグループの解散などより断然ショックです。命あるものいつかは…と分かっていても、53歳というのはあまりに若すぎます。しかし、そんなことを言っていても仕方ありません。私は今も彼の歌を聞きながらこの記事を書いていますが、今年の残り数日はそうして過ごしたいと思います。