Archives

The Sound of Music

刷り込みのせい?

デトロイト空港はデルタ航空のハブ空港になっているため、日本との往復にはどうしてもデルタを使用することになります。だからこそありがたいことに直行便があるので文句も言えないのですが、つい数年前までのデルタの機材は酷いものでした。2010年に合併したノースウエスト航空から引き継いだ太平洋路線は航続距離の問題もあってしばらく機材も引き継いだB747-400を使用していましたが、退役時期を窺っていたのか機内エンターテイメントは一向に更新されず古いままで、前方のスクリーンにCRTプロジェクタで投影するという昭和のシステムがいつまでも使われていました。それが2012年になって個人用液晶モニタを装備した最新の「デルタスタジオ」に刷新されたのでした。何より嬉しいのは何十種類もの映画の中から自分の観たいものを観たい時に観ることができるということで、日本とデトロイトの間の13時間ほどのフライトの間には頑張れば6本もの映画を観られることになります。仕事で往復する人はそんな無茶なことはしないと思いますが、日本ではまだ公開されていないような最新の作品も含まれていますし、これを楽しみにしているという人も多いのではないでしょうか。

しかし、私は初めて観る映画をあの小さな画面では見たくなくて、今回の出張では行きは5回目の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」と「オデッセイ」、帰りは再び「フォースの覚醒」ともう1本は「サウンド・オブ・ミュージック」なんぞを観てしまいました。

サウンド・オブ・ミュージック 製作50周年記念版 ブルーレイ(3枚組) [Blu-ray]

¥ 5,150

(2016-04-02現在)

もう50年以上も昔の作品となりますが、この映画は母が若い頃から好きで、家にはサウンドトラックのアルバムがあってしょっちゅう聞いていたので、知らず知らずのうちに私も馴染みのあるものになってしまっていたのです。しかし、小さい頃にはテレビで観たことがあるとは思うのですが、大人になってからはまともに観たことがなく、改めて観てみようという気になったのでした。

映画そのものが古いだけでなく、舞台となっているのが第二次世界大戦直前の1938年のオーストリアということで、私も時代背景などがよくわからなかったのですが、難しいことは抜きにしてもミュージカル映画として気楽に楽しめば良いのだろうと思います。子供の頃から聞かされている私でなくても、「ドレミの歌」や「エーデルワイス」など日本でもよく知られている曲が歌われているので、初めて観る人にもとっつきやすいでしょう。

ただ、さすがに古臭さは否めません。せっかく音楽が中心なのに録音もあまり良くないので、この作品を現代の技術でリメイクしてもいいのではないでしょうか。根強い人気を誇る作品ですし、ひょっとしたら設定も少々アレンジした方がいいかもしれませんが、若い人にも再び認知されて売れるのではないかと思います。まあ私が言うまでもなく検討されて却下されているのでしょうが、サウンドトラックだけでも誰かがアルバムごとカバーしてくれないかなあと思います。ちなみに私は「ひとりぼっちの羊飼い」The Lonely Goatherdという、子どもたちがやる人形劇の歌が好きなのですが、この曲はGwen StefaniのWind It Upという曲で引用されていて、これもまた好きです。

しかし昔の映画が良いのは、無駄な緊張を強いられたりせずに安心して観ていられるということですが、それもこれも私が年を取ったということなのでしょうか。それにしても遡りすぎという気はしますが、実は最近は70〜80年代の映画を見返したりもしているのですが、Sean ConneryやRoger MooreのJames Bondなどは今観ても良い感じです。

Nicki Minaj – The Pinkprint Tour

自分の世界ではありませんでした。

先日、思いがけずNicki MinajのコンサートThe Pinkprint Tourのチケットが4枚手に入りました。ちょうど私の家族が帰国中でいなかったため、日本人の同僚の間で同行者を募ったのですが、残念ながら誰からも希望がなく、米人社員Aが彼女と行きたいというので2枚譲り、結局1枚は使わず私一人で行くことになってしまいました。Nicki Minajといえばそれなりのビッグネームだと思うのですが、やはりラップというのはとっつきにくいのか、そもそも関心もなく知らないのでしょうか。私もラップは苦手でほとんど聞きませんが、Nicki Minajはポップアーティストとも多く共演しており、またNicki自身の曲もポップチャートでいくつも大ヒットしているものがありますので、そういった曲だけでも楽しめればいいかという思いで行ったのでした。

場所はメトロデトロイトの北の方にあるDTE Energy Music Theatreという屋外コンサート会場で、Pine Knobというスキー場とゴルフ場に囲まれた緑豊かなところで、ここなら大きな音も迷惑になることはなさそうです。会場に到着するとまもなく前座が始まったのですが、事前に何も調べずに行ったので途中で知ったのは前座が4組もあるということです。それも全てラップでした。

前座は順にDej Loaf、Tinashe、Rae Sremmurd、Meek Millという私は名前も知らないような人たちでしたが、それでも何曲か聴いたことがある曲、Nowに入っていて持っているような曲もありましたし、会場はかなり盛り上がっていましたので無名の人たちではないようでした。特に、Meek MillはNicki Minajと婚約しているのだということをチケットを譲って一緒に行ったAから聞きました。ちなみにどうでもいいのですが、Meek MillはDream Chaser Recordsというレーベルを興しているらしいのですが、そのロゴがRolls Royceの丸パクリで、わざとやっているのかもしれませんが私には格好悪く見えて仕方ありませんでした。また、ヒップホップの世界では爆発音が流行っているのでしょうか。Nickiの時には使われませんでしたが、それ以外の前座の人たちはしきりに鳴らしていて、私はもう食傷気味でした。

それはさておき、9時頃になってようやくNicki Minajの出番となりました。Wikipediaにはセットリストが載っているのですが、それを見ると実に38曲、いったいどれだけの時間続くのだろうと思ってしまいました。しかし実際にはワンコーラスしかやらない曲が多かったり、観客に歌わせる曲なども含まれていたようで、ちょうど2時間ほどで終わりました。

私が知っている曲はヒットした4曲だけだったのですが、周りの人達は終始一緒に歌い踊っていて、私がこれまでに行ったことのあるコンサートとは大きく雰囲気が違い、客層もあってちょっと怖く感じてしまいました。黒人が多いのはいいのですが、髪型や服装が私と普段付き合いのある人達とは違うのです。まあどんな感じか行ってみよう、というのが私のモチベーションだったので、目的は達成できたとも言えます。しかし中には小学生くらいの子供を連れて来ている人もいて、セクシーさを強調したステージを見せて教育的に問題はないのか他人事ながら気になってしまいました。

辛かったのは音量の大きさです。前座の時点ですでに耳は正常に聞こえなくなってきていて、まともに音楽が聞けているのかどうか怪しい状態でした。終わったあともしばらく耳鳴りが続いていて、ようやく気にならなくなったのは3日くらい経ってからだったかと思います。しかし私はそんな状態なのに周りの人達は全く問題なさそうだったのですが、これはひょっとして歳のせいなのでしょうか。もう会場の前の方に座ってはいけないのかもしれませんし、コンサート用の耳栓を準備しておくべきなのかもしれません。実は以前も買っておこうと思いつつ、次の予定ができてからにしようと思っていたところ、今回は急だったので間に合わなかったのでした。次は同じことにならないよう、今から準備しておくべきですね。

印象的だったのは、歌い終わったあとにふと見せる、Nickiのなんとも言えない幸せそうな表情です。この人にとってはこれが天職なのだろうな、と思わせるようないい表情でした。

Footloose

古き良き時代?

このところいろいろ厄介ごとが続いたせいか精神的に疲れ気味で、なんだか無気力です。夜自宅にいてちょっと時間があっても何をする気にもならず、ちょうど今はアイスホッケーのプレーオフが盛り上がっているところなので試合のある日はそれを見るものの、それ以外の日はゲームなどでつまらない時間を過ごしてしまいます。

先日もそんな感じでテレビをつけて、なにか面白い映画でもないかとAmazon Prime Instant Videoを物色していてなんとなく引っかかったのが映画「フットルース」でした。1984年の作品ということで、もうかれこれ30年以上も昔の作品ですが、私も名前は知っていても観たことがなかったので、内容的に疲れることもなくこんな時にはいいだろうと観てみることにしました。

冒頭、タイトルロールはなかなかいい感じです。Kenny Logginsの有名なタイトルチューンをバックに、曲に乗ったダンサー達の足元だけが代わる代わる映されるというもので、非常にセンスがあると思います。私が一番気に入ったシーンはここだと言ってもいいかもしれません。音楽の方はこの曲のほか、この作品のサウンドトラックからBonnie Tylerの“Holding Out for a Hero”やShalamarの”Dancing In the Sheets”など今でもたびたび耳にするようなヒット曲が生まれています。

ストーリーとしてはシカゴから中西部の田舎町に引っ越してきた主人公Ren McCormackが、ダンスやロックミュージックの禁止された異様な地域社会に戸惑いながら立ち向かう、というようなものになります。インターネットの発達した現代ではまずありえないと信じたいところですが、どうでしょうか。30年前の作品ということでファッションなどはかなり古臭い感じはあるのですが、実はアメリカの田舎の方に行くと町の雰囲気は今でもあまり変わっていなかったりします。例えば、今はもう若者が集まることはないでしょうが、劇中に登場するようなドライブインは所々にあります。

Renがこの町で出会うことになるのは町の牧師の娘、Arielです。この娘はいわゆる「地雷」、付き合ってはならないタイプのように思ってしまいましたが、そんな精神状態なのには深い訳があり、それを解きほぐしていくのもこの物語の主題になっています。人を上辺だけで判断してはならないということでしょうか。

Renを演じているのはKevin Bacon、この時点ですでにいくつもの作品に登場していましたが、この作品で大きく躍進することができたのではないでしょうか。ヒロインのArielはLori Singerが演じていて、こちらはその後それほど注目されることはなかったようですが、今でも地道に役者としての活動は続けているようです。笑顔なんかは素敵なんですけどね。

この作品のメインテーマであるダンスですら、というかダンスこそ古臭くて見ていられないのですが、それはそれこそ表面的なもの、現代的なダンスに頭の中で置き換えて楽しみましょう。若い人にはこんな時代もあったのかという感じでしょうが、そういえばカセットテープやラジカセなんて見たことがなくて、あれは何だろうという人ももう少なくないのでしょうね。私はMDは一切使わなかったので、私の子供達もCDとiPodしか知りませんし、この作品を見せる場合もなにか説明が要りそうです。