Archives

Inferno

月曜の朝でも結構観客がいて意外。

宗教象徴学を専門とするハーバード大教授Robert Langdonを主人公とするシリーズの映画化作品、「ダ・ヴィンチ・コード」、「天使と悪魔」に続く三作目「インフェルノ」が先週末公開されました。最初の「ダ・ヴィンチ・コード」は今からちょうど10年前の2006年、それに続く「天使と悪魔」は2009年の作品でしたが、そこからしばらく間が空いてしまったのでもうシリーズは終わってしまったのかと思っていました。しかし、原作の方では三作目「ロスト・シンボル」が2009年には出版されていて、今回映画化された「インフェルノ」はその後2013年に出版されています。どうやら「ロスト・シンボル」の映画化も企画されていたようなのですが製作が難航し、その間に「インフェルノ」が先行してしまったということのようです。「ロスト・シンボル」はフリーメイソンを題材にしているようなので圧力がかかったのではないかと陰謀論好きは思うかもしれませんが、もともと原作では「天使と悪魔」が最初で二作目が「ダ・ヴィンチ・コード」なので、再び逆転したとしても大した問題ではありません。

ということで、海外出張から昨日日曜日に帰ってきたところなので代休をもらった今日、さっそく観に行ってきました。毎回高い教養を要求する謎解きで楽しませてくれる本シリーズですが、今作での主題となっているのは「ダンテ」です。といってもダンテといえば「神曲」というところまでが私の知っていることで、それ以上の知識は全くと言っていいほどありませんが、この作品を楽しむ上では問題ありませんでした。もちろん、ダンテとその作品などに関する専門的な知識があれば、さらに違う面白さも見出すことができるのではないでしょうか。

今回も主役のLangdon教授を演じるのはもちろんTom Hanksです。つい先日「ハドソン川の奇跡」のSullenberger機長役で観たところですが、やはりこちらは彼にとっての決まり役の一つかもしれません。また、今回の謎解きの相棒となるのはFelicity Jones演じるDr. Sienna Brooksです。私は時折見せる影のある表情というのが好きなようなのですが、Felicityも時々そんな顔を見せることがあってたまりません。また、映画には出てきませんが原作ではIQ=208という設定なので、 Siennaを演じるには聡明さを感じさせなければなりませんが、その点でも問題なかったのではないでしょうか。ちなみに、Siennaというのは珍しいファーストネームだなあと思いましたが、Sienna Millerという女優もいましたね。

さすがにTom Hanksも今年還暦ということでいい年なので、かどうかはわかりませんが、今作ではアクションの要素は減っていて、代わりにミステリー要素が強くなっているような印象です。なぜだかわからないけれどLangdonが病院で点滴を受けている、という冒頭からしてこれまでの穏当な始まり方とは違います。謎解きそのものはそれほど凝ったものではありませんでしたが、かと言って私にも予測できるような単純なものではなく、とても楽しむことができました。

ちなみに、実は原作を先に購入していて、映画を観る前に読んでおこうと思っていたのですが、そもそも読み始めるのが間に合いませんでした。しかしどちらが先でもそれぞれ楽しめると思うので、これからゆっくり読んでいきたいと思います。

インフェルノ(角川文庫 上中下合本版)

(2016-10-31現在)

Sherlock Holmes

またロンドンに行きたくなってしまいました。

Sherlock Holmesといえば言わずと知れたSir Arthur Conan Doyleによる推理小説の古典的シリーズとその主人公である私立探偵の名前ですが、少年時代に熱心に読んだという人も多いのではないでしょうか。私も小中学生の頃は推理小説に夢中になったものですが、当時からひねくれて王道を好まなかった私は微妙にひねってEllery Queenなどの方を読んでいて、当時ロンドンにも住んでいたにも関わらずSherlock Holmesのことはあまり知らなかったりします。とはいっても、Baker Street 221BにSherlockが住んでいた(事になっている)というのは私でも知っていることですし、地下鉄のBaker Street駅には山高帽を被りパイプを咥えた男の横顔がタイルに描かれていたりするのを見ればそれが誰なのかはすぐに分かります。

昨晩はそのSherlock Holmesが主人公の映画「シャーロック・ホームズ」が公開されたので早速観に行ってきたのですが、この映画を観るにあたって小説を知っている必要はほとんどありません。というのも、小説のいずれかのエピソードを映画化したというものではなく、Doyleの小説に影響を受けて作られたコミックを元にしているものであろ、キャラクター設定以外のストーリーなどは小説とはあまり関係がないからです。Doyle作品の熱心なファンには怒り出す人もいるかもしれませんが、それはそういうものとして観れば良いのではないでしょうか。

舞台となっているのは19世紀末のロンドン、道路を行き交うのは人と馬車という時代なのですが、その映像を見ても多くの建物が今もそのまま残っているようなものなのに少々驚きます。こういう所がこの街に歴史の重みを感じるところですが、同じ時代の日本の建物はその多くが空襲や震災により失われてしまっていますし、木造家屋の多い日本ではもともとそれほど長く残るように設計されていないでしょうから仕方ありません。

それはさておき、また驚くのが「Sherlock Holmesってこんな肉体派の人だっけ?」ということです。主演がIron Man/Tony StarkことRobert Downey, Jr.だということでそのIron Manのイメージを引きずっているところもあるかもしれませんが、これはやはり小説とは別物のコミックが原作だということなのでしょう。しかしだからといって面白くないというわけではなく、変にスカした頭でっかちの人ではなく、汗臭い人間味の有るキャラクターを演じていて非常に好感が持てます。

ちょっと面白かったのは格闘シーンです。実際にはものの数秒で終わってしまい「何だったのかな?」とよくわからないまま見過ごしてしまいがちなアクションを、Sherlockが頭の中で立てている作戦を解説を加えて予め映像化してみせておくことで「なるほど」と理解できるようにしているのです。私はこういう物を初めて観たような気がしますが、すでにどこかで使われている技なのでしょうか。

またもちろんSherlockの鋭い推理も見せ場の一つです。あまりに鋭すぎて相棒John Watsonの婚約者であるMary Morstanを怒らせることにはなってしまいますが、こういった演出もまた楽しからずや。さらにWatsonとの深い友情と息の合ったところも見どころでしょう。それこそがこの作品のテーマと言っても良さそうなほど印象に残るようになっています。

ということでSherlockianでない私もかなり楽しむことができました。しかしそれにしてもIrene AdlerにSherlockの心が惑わされるのもわかりますよ…Rachel McAdamsがすごく素敵です。

Angels & Demons

これではバチカンが快く思わないのも仕方ない。

ついに国内での新型インフルエンザの感染が確認され、学校関係者を初め諸関係者は対応に大わらわ、娯楽施設などは人出が減って大幅減収を免れない状況ではないでしょうか。しかも県内での発生なのでちょっと考えれば映画なんて観ている場合ではないような気もしたのですが、今朝の時点では県内とはいっても遠方であり、まだ明らかになっている人数も少なかったので大丈夫だろうとタカをくくり、妻と二人で「天使と悪魔」を観に行ってしまいました。とはいえ映画館という閉鎖空間で何もしないというのはさすがに気になったので、念のため観ている間マスクだけはしっかり着用していました。

この作品は言うまでもなく2006年の「ダ・ヴィンチ・コード」の続編として製作されたものですが、Dan Brownによる原作の方は「ダ・ヴィンチ・コード」の2003年に先立つ2000年に発行されているもので、時系列が逆になっています。とはいってもそれはストーリーには全く影響しないので気にする必要はありません。

物語は教皇が亡くなりコンクラーヴェの準備が始まるバチカンと、反物質の生成が試みられるCERNとから始まります。原作ではこのCERNの方ももう少し絡んでいたような気がするのですが、映画の方では反物質が作られる様子が描かれるのと、ヒロインがCERNの研究員であるということ以外は忘れ去られてしまいそうです。しかし、このCERNの加速器LHCが稼働する様子はリアリティはともかくかなりカッコいい映像になっていますし、LHCの制御板も無駄に豪華なGUIになっていていかにも未来的です。ちなみに反物質のウソホントについては物理学者とともに読む「天使と悪魔」の虚と実 50のポイントというページが面白くためになりそうです。

主な舞台となるのはバチカンとそれを取り囲むローマ市内なのですが、物語の内容がバチカンには受け入れられるものではなかったのか撮影許可が得られたのはごく僅かな場所でしかなかったのだそうです。しかし、映画を観ている限りではそんなことは全くわからず、ローマ市内を縦横無尽に動き回って撮影が行われたようにしか思えません。

主演はもちろんTom Hanksですが、シリアスな展開のこの作品では彼らしいコミカルな演技はほとんど見られません。まあ今となってはRobert Langdonを他の人が演じるには無理がありますね。原作で「ラテン系のインテリ美人」として描かれていたヒロインはAyelet Zurerが演じていますが、こちらも違和感は全くなく素敵な女性なので問題ありません。何にしてももう今年40歳を迎えるとはとても思えません。

全体的には原作を読んだときに

今回も読みながらつくづく感じましたが、やっぱりこの著者Dan Browmは映画を意識して書いているに違いありません。「映画化」を念頭に置いているというよりは「映画的」にストーリーを展開している、ということですが、やはりその分映画には向いていそうです。

と書いていますが、思った通りスピード感のあるアクション満載で盛りだくさんの映画となりました。予備知識がないとわからないような設定もあちこちにありましたが、知らないなら知らないでも特に差し障りなく、知っていればより楽しめるという程度のものなので説明不足とまでは感じないのではないでしょうか。まあ私はほとんど忘れてしまっていたとはいえ原作を一度読んでいるので、そうでない妻にはちょっと難しく感じられたところもあるようなので何とも言えませんが、そんな妻も面白かったとは言っているので、きっと楽しむことはできるでしょう。その上で原作を読んで補強するというのがいいかもしれません。