Archives

Kings Canyon and Sequoia National Park

大きすぎてわからなくなってきます。

ヨセミテ国立公園の次に向かったのはキングズキャニオン国立公園というところです。あまり名前は知られていないと思いますが、ヨセミテの南側、ロッキー山脈の西側にある国立公園で、セコイア国立公園と隣接しており、現在は合わせて1つの国立公園として管理されているようです。

キングズキャニオン国立公園では沈静化しつつあるものの現在進行形で山火事が発生しており、その大部分は立入禁止となっていました。しかし、今回見に行きたかったグラント将軍の木のある地区だけは公開されていたのでほぼ問題ありません。このグラント将軍の木というのは世界最大の木の称号を争った2本のジャイアントセコイアの巨木のうちの一つで、地面からの高さ81.5m、幹の周囲32.8mというものです。数字が大きすぎて全くイメージが湧きませんが、駐車場で車を停めてそばにあった木と車を見比べてみた時、現実離れしたスケール感に思わず薄ら笑いを浮かべてしまいました。

ここはジャイアントセコイアを中心とした森なので、そこらじゅうに巨木が立っています。そんな中で最大というのはどういうものなのかと思っていましたが、確かに大きいけれども圧倒的というほどではありません。周りの木もそれだけ大きい物ばかりということなのですが、まあこんなものか、ということで次へ進むことにしました。

次というのは隣のセコイア国立公園です。この日の宿はセコイア国立公園の中にあるWuksachi Lodgeというところにしたのですが、こちらはヨセミテのTenaya Lodgeよりもちょっと古いためか施設は簡素で、宿泊棟が管理棟とは離れていて非常に静かなところでした。一方、レストランは味もサービスも良く、空調が良くないのとWi-Fiも携帯電話の電波も非常に弱く不安定だったことに目をつぶれば、すなわち現代的な生活を少々諦めればいいところだったと思います。

このWuksachi Lodgeには昼過ぎくらいに到着したのでチェックインには早く、レストランで昼食だけ食べてまたすぐに出発しました。このセコイア国立公園ももちろん名前のとおりセコイアの立ち並ぶ森となっているのですが、こちらには世界最大の木であるシャーマン将軍の木があります。また、もう一つ見ておきたかったのがTunnel Logで、横倒しになって道路を塞いだ巨大な丸太を車が通れる大きさに繰り抜いてトンネルにしたというものです。ちなみに、多くの人がどこかで写真を見たことがある、立っている巨木を繰り抜いてトンネルにしてしまったのはこれとは別で、ヨセミテにあったWawona Treeという木だったのですが、1969年に雪の重みに耐え切れず倒れてしまい現存しないとのことです。

Tunnel Logを見るためにはGiant Forest Museumというところに車を停めてシャトルバスに乗る必要があるのですが、そのバスが最初に停まったところで降りてみたところ、そこはMoro Rockという巨大な岩の足元で、岩の上まで階段通路が作られているということなので登ってみることにしました。この岩の高さは75mなのでちょっとしたもののはずですが、そもそも標高2000mの場所なので若干空気が薄く、日頃の運動不足のせいもあって結構な負荷でした。しかし、頂上は眺めのいい展望台になっていて登った甲斐がありました。

Tunnel LogはそのMoro Rockからまた5分ほどシャトルバスに乗ったところにありますが、思っていたよりも大きなものではないように感じてしまいました。しかし実際には日本にはこのような太さの木はなかなかありませんし、あまりに立派なセコイアばかり見てきたので麻痺してしまっただけなのだと思います。そうこうしているうちに時間も経ってしまったのでこの日はロッジに戻り、シャーマン将軍の木は翌日としました。

シャーマン将軍の木は専用の駐車場に車を停めて、そこから歩いて降りていったところに立っています。この木は高さ83.8m、幹の周囲31.1mということで、グラント将軍の木よりも若干高く若干細いということになりますが、体積で比較するとこの木が世界で一番大きいということだそうです。樹齢はおよそ2200年ということですが、古代ローマの時代からここに立っているということになり、その時の周囲の状況がどんなだったのか色々想像が膨らみます。

ということで、シャーマン将軍の木は朝一番に立ち寄って、この日はすぐにサンフランシスコへ向かって走ったのでした。 (続く)

Yosemite National Park

水はなくても。

ということで、カリフォルニア旅行最初の夜はヨセミテ国立公園のすぐ外側にあるTenaya Lodgeというところに泊まりました。国立公園に行くなら公園内の自然に囲まれたロッジがいいなあ、ということで選んだのですが、何の事はない、ちょっと高級なリゾートホテルでした。レストランも美味しかったものの結構高額で、無用な贅沢をしてしまった気分でした。とはいえ、ホテルにしてもレストランにしても公園の近くには選択肢がないので仕方ありません。ロッジについては公園の中心部にもありますが、私が予約しようとした時にはこちらは既に満室だったので、やはりいいところに泊まろうと思ったら早めに動き出しておく必要があります。

Tenaya Lodgeから公園の中心、Yosemite Villageへは車でちょうど1時間ほどかかります。高い木に囲まれた山道をひたすら走っていくことになりますが、もうすぐ着くというところでトンネルを抜けるとYosemite Valleyが一望できる展望台があります。ここから見る巨大な岩山が作る渓谷と谷底を覆うように立ち並ぶ木々の壮大な眺めには、私も思わず息を呑みました。またちょっと先にはブライダルベール滝が見られるポイントもありますが、ヨセミテの滝や川は基本的に雪解け水なのでもっと早い時期でないと流れを見ることはできないようです。

Yosemite VillageではYosemite Valley Floor Tourというものに申し込んでいたのでこれに参加しました。トレーラーの荷台にオープンの座席が付いているような乗り物で谷底部分を周って案内してくれるというもので、若い女性のレンジャーが一生懸命飽きないように説明してくれました。途中2箇所で止まって降りることができますが、延べ2時間かけてゆっくりと見て回ることができるのでこれだけで随分満喫できたような気がします。

ツアーの後はVillageにあるフードコートで食事を済ませ、Mirror Lakeに行ってみようということで車を移動し、駐車場からトレイルの入り口まではバスに乗って行きました。こういうバスが無料で頻繁に運行されていたり、レンジャーがガイドツアーをやっていたりするというのは日本の国立公園にはないことで、名前は同じでも非常に大きな違いです。

さてそのMirror Lake、写真を見ると非常に綺麗なのですが、Wikipediaにも「季節限定の湖」とある通り…水が全くありませんでした。片道2km弱のトレイルですが、馬で行く人が多いのか大量の馬糞にまみれていて非常に歩きにくかったということもあり、もしやとは思っていたものの見事に水が一滴もなかったのには驚きました。ちゃんと調べてから行けということではありますが、ちょっとした運動になりましたし、他に特に行くところがあるわけでもないのでいいのです。

ということで、Tenaya Lodgeには2泊しましたが、ヨセミテ国立公園に行ったのはこの一日で、翌朝には次の目的地であるキングズキャニオン国立公園へと向かったのでした。 (続く)

Grand Canyon

最初に見ておいた方が良いのかもしれません。

毎日自然の脅威に驚かされ続けたグランドサークルの旅もついに最後の目的地、グランドキャニオン国立公園となりました。ここは世界自然遺産にも登録されており、今回の旅行で周ったどこよりも世界的に知名度の高いところではないかと思いますが、やはり世界中からの観光客が集まってきていて、これまでで最も活気のある所となっていました。また、日本人観光客も少なくないようで、公園入口のゲートでレンジャーに「日本人か?」と聞かれて日本語のガイド紙をもらいましたが、それは他のところではないことでした。

ここグランドキャニオンでも公園内の眺めの良いポイントを車で回ることもできますが、他にはないものとしてここでは観光客の移動用にシャトルバスが日中常時運行されており、車を駐車場に停めておいてバスで移動しつつ歩きたいところを歩くということができるようになっています。ただ、駐車場の混雑もまた大変なもので、しばらくウロウロしてようやく空いたところを見つけられるというような状態でした。

ともかくビジターセンター近くの駐車場に車を停めて、ちょうど昼時だったのでそこにあったカフェでサンドイッチなどで腹を満たしました。そしてその後、ビジターセンター裏のMather Pointを起点にHermits Rest行きバスの乗り場があるBright Angel Trailheadの辺りまで、キャニオンの縁(rim)沿いに4kmほどのトレイルを歩いてみることにしました。ここも高低差がそれほどあるわけではなく、またしっかりと舗装された道なので非常に歩きやすかったのですが、これまでに訪れたところに比べると若干気温が高く、途中数カ所の休憩所などで休み休みとなりました。しかし途中には眺めの良い所がたくさんあり、深い谷底をじっくりと見ることができました。

最後にBright Angel Fountainでアイスクリームを食べつつ休憩した後、バス乗り場へ行ってみるとそこには長い列ができており、食べながら並んでいれば良かったと少々後悔しましたが仕方ありません。本来バスは15分おきに運行されることになっているものが、特に混んでいるためか10分おきの運行となっていましたが、それでも私達が乗るまでには4台ほど待たなければなりませんでした。

ともかくそのバスに乗って、途中のHopi Pointで降りて眺めを楽しみつつ写真を撮り、そしてまた来たバスに乗ってPima Pointで降りて、そして終点へは向かわず今度は逆向きのバスに乗って最初に乗ったところに戻る、という形で乗りました。途中で降りるポイントは何となく適当に選んだだけですが、どちらもキャニオンに広く面しているところでした。これらのポイトからは谷底を流れるコロラド川も見ることができましたが、その川面との標高差は1500m程もあるということです。それほど深い谷であるということがなかなか実感できないのは全体的なスケールが大きすぎるためでしょうか。

このあとはビジターセンターへ向かう別のバスに乗って駐車場へと戻り、そのまま公園の下にあるツサヤンという町に取ったホテルに向かいました。ここへ向かう前の最後のバスで大きく何本もに枝分かれした立派な角を持つ鹿がすぐそばを歩くのを見たのもちょっとした感動だったのですが、このツサヤンでびっくりしたのは町の中の道路を鹿が何頭も堂々と歩いていて、道路沿いの植木などの葉を食べていることでした。観光客も見慣れてしまっているのか、落ち着いて写真も撮ることができましたが、やはり町の人にとっては植木への被害が無視できないようで、ところどころに網で囲んで保護してある植木もありました。

それなりの町なのだからそこそこのものを食べさせる店はあるだろうとこの日の夕食は油断していたのですが、現地で調べてみるとどこも今ひとつという感じでした。この近辺では公園内のロッジのレストラン、El Tovarが最も評判が良いようで、戻ろうかという考えも頭をよぎりましたがそれは諦め、町の中では一番まともそうなThe Coronado Roomというところへ行ってみました。確かにここの料理は美味しかったのですが、私達には少々高級過ぎて、気楽に食べられる感じではありませんでした。相変わらずちょっと変わったものを食べてみようという私が注文したのはBaffalo Short Ribsというものですが、バッファローも牛の一種に過ぎないので、全くクセはなく、長時間かけて煮こまれた柔らかい肉を美味しくいただいただけでした。

ということで、最後に訪れたグランドキャニオンは上から眺めるだけだったためか、これまでの他の場所に比べると感動が薄かったのですが、スケールの大きさにはやはり圧倒されるものがありました。そしてついに、長かった旅もこれで終わり、後はミシガンへ戻るのみとなってしまいました。 (続く)