Archives

Kings Canyon and Sequoia National Park

大きすぎてわからなくなってきます。

ヨセミテ国立公園の次に向かったのはキングズキャニオン国立公園というところです。あまり名前は知られていないと思いますが、ヨセミテの南側、ロッキー山脈の西側にある国立公園で、セコイア国立公園と隣接しており、現在は合わせて1つの国立公園として管理されているようです。

キングズキャニオン国立公園では沈静化しつつあるものの現在進行形で山火事が発生しており、その大部分は立入禁止となっていました。しかし、今回見に行きたかったグラント将軍の木のある地区だけは公開されていたのでほぼ問題ありません。このグラント将軍の木というのは世界最大の木の称号を争った2本のジャイアントセコイアの巨木のうちの一つで、地面からの高さ81.5m、幹の周囲32.8mというものです。数字が大きすぎて全くイメージが湧きませんが、駐車場で車を停めてそばにあった木と車を見比べてみた時、現実離れしたスケール感に思わず薄ら笑いを浮かべてしまいました。

ここはジャイアントセコイアを中心とした森なので、そこらじゅうに巨木が立っています。そんな中で最大というのはどういうものなのかと思っていましたが、確かに大きいけれども圧倒的というほどではありません。周りの木もそれだけ大きい物ばかりということなのですが、まあこんなものか、ということで次へ進むことにしました。

次というのは隣のセコイア国立公園です。この日の宿はセコイア国立公園の中にあるWuksachi Lodgeというところにしたのですが、こちらはヨセミテのTenaya Lodgeよりもちょっと古いためか施設は簡素で、宿泊棟が管理棟とは離れていて非常に静かなところでした。一方、レストランは味もサービスも良く、空調が良くないのとWi-Fiも携帯電話の電波も非常に弱く不安定だったことに目をつぶれば、すなわち現代的な生活を少々諦めればいいところだったと思います。

このWuksachi Lodgeには昼過ぎくらいに到着したのでチェックインには早く、レストランで昼食だけ食べてまたすぐに出発しました。このセコイア国立公園ももちろん名前のとおりセコイアの立ち並ぶ森となっているのですが、こちらには世界最大の木であるシャーマン将軍の木があります。また、もう一つ見ておきたかったのがTunnel Logで、横倒しになって道路を塞いだ巨大な丸太を車が通れる大きさに繰り抜いてトンネルにしたというものです。ちなみに、多くの人がどこかで写真を見たことがある、立っている巨木を繰り抜いてトンネルにしてしまったのはこれとは別で、ヨセミテにあったWawona Treeという木だったのですが、1969年に雪の重みに耐え切れず倒れてしまい現存しないとのことです。

Tunnel Logを見るためにはGiant Forest Museumというところに車を停めてシャトルバスに乗る必要があるのですが、そのバスが最初に停まったところで降りてみたところ、そこはMoro Rockという巨大な岩の足元で、岩の上まで階段通路が作られているということなので登ってみることにしました。この岩の高さは75mなのでちょっとしたもののはずですが、そもそも標高2000mの場所なので若干空気が薄く、日頃の運動不足のせいもあって結構な負荷でした。しかし、頂上は眺めのいい展望台になっていて登った甲斐がありました。

Tunnel LogはそのMoro Rockからまた5分ほどシャトルバスに乗ったところにありますが、思っていたよりも大きなものではないように感じてしまいました。しかし実際には日本にはこのような太さの木はなかなかありませんし、あまりに立派なセコイアばかり見てきたので麻痺してしまっただけなのだと思います。そうこうしているうちに時間も経ってしまったのでこの日はロッジに戻り、シャーマン将軍の木は翌日としました。

シャーマン将軍の木は専用の駐車場に車を停めて、そこから歩いて降りていったところに立っています。この木は高さ83.8m、幹の周囲31.1mということで、グラント将軍の木よりも若干高く若干細いということになりますが、体積で比較するとこの木が世界で一番大きいということだそうです。樹齢はおよそ2200年ということですが、古代ローマの時代からここに立っているということになり、その時の周囲の状況がどんなだったのか色々想像が膨らみます。

ということで、シャーマン将軍の木は朝一番に立ち寄って、この日はすぐにサンフランシスコへ向かって走ったのでした。 (続く)

Yosemite National Park

水はなくても。

ということで、カリフォルニア旅行最初の夜はヨセミテ国立公園のすぐ外側にあるTenaya Lodgeというところに泊まりました。国立公園に行くなら公園内の自然に囲まれたロッジがいいなあ、ということで選んだのですが、何の事はない、ちょっと高級なリゾートホテルでした。レストランも美味しかったものの結構高額で、無用な贅沢をしてしまった気分でした。とはいえ、ホテルにしてもレストランにしても公園の近くには選択肢がないので仕方ありません。ロッジについては公園の中心部にもありますが、私が予約しようとした時にはこちらは既に満室だったので、やはりいいところに泊まろうと思ったら早めに動き出しておく必要があります。

Tenaya Lodgeから公園の中心、Yosemite Villageへは車でちょうど1時間ほどかかります。高い木に囲まれた山道をひたすら走っていくことになりますが、もうすぐ着くというところでトンネルを抜けるとYosemite Valleyが一望できる展望台があります。ここから見る巨大な岩山が作る渓谷と谷底を覆うように立ち並ぶ木々の壮大な眺めには、私も思わず息を呑みました。またちょっと先にはブライダルベール滝が見られるポイントもありますが、ヨセミテの滝や川は基本的に雪解け水なのでもっと早い時期でないと流れを見ることはできないようです。

Yosemite VillageではYosemite Valley Floor Tourというものに申し込んでいたのでこれに参加しました。トレーラーの荷台にオープンの座席が付いているような乗り物で谷底部分を周って案内してくれるというもので、若い女性のレンジャーが一生懸命飽きないように説明してくれました。途中2箇所で止まって降りることができますが、延べ2時間かけてゆっくりと見て回ることができるのでこれだけで随分満喫できたような気がします。

ツアーの後はVillageにあるフードコートで食事を済ませ、Mirror Lakeに行ってみようということで車を移動し、駐車場からトレイルの入り口まではバスに乗って行きました。こういうバスが無料で頻繁に運行されていたり、レンジャーがガイドツアーをやっていたりするというのは日本の国立公園にはないことで、名前は同じでも非常に大きな違いです。

さてそのMirror Lake、写真を見ると非常に綺麗なのですが、Wikipediaにも「季節限定の湖」とある通り…水が全くありませんでした。片道2km弱のトレイルですが、馬で行く人が多いのか大量の馬糞にまみれていて非常に歩きにくかったということもあり、もしやとは思っていたものの見事に水が一滴もなかったのには驚きました。ちゃんと調べてから行けということではありますが、ちょっとした運動になりましたし、他に特に行くところがあるわけでもないのでいいのです。

ということで、Tenaya Lodgeには2泊しましたが、ヨセミテ国立公園に行ったのはこの一日で、翌朝には次の目的地であるキングズキャニオン国立公園へと向かったのでした。 (続く)

Niagara Falls

3回目でもそれなりに。

カナダへのドライブ旅行3日目最終日の目的地は日本の小学生でも知っている(?)ナイアガラの滝です。デトロイトに一番近く一番有名な観光地というとここなので、日本から来た人を連れて行ったり、駐在員として赴任して間もない場合の旅行先として最初に思い付くことになります。私達も最初の旅行先としてトロントとナイアガラの滝を選択しましたし、この夏弟の家族が遊びに来ていた際にもミニバンをレンタカーで借りて連れて来ました。ということで私は既に3度目ですし、前回からまだ2ヶ月ほどしか経っていないので見なくても良かったのですが、他の3人はまだこの夏ミシガンに来たばかりで初めてなので、トロントまで来てナイアガラを見ないというのは考えられません。

トロントからはオンタリオ湖を挟んで反対側になりますが、車で1時間半もあれば着いてしまいます。ホテルのある高台部分の駐車場は一日$5程度と格安なのですが、そこから坂を降りて滝の近くへ行くと一気に跳ね上がり、私達が駐車したカナダ滝近くの駐車場は一日$13でした。といっても社会人には払えない額ではありませんし、米加国境に架かるレインボーブリッジ近くの駐車場は1時間$5にもなっていましたので、それに比べれば十分リーズナブルというものです。

そしてまずはカナダ滝を滝口の辺りから眺めますが、ここは何度見ても豊富な水量とそれによる轟音と盛大なしぶきに圧倒され、飲み込まれそうになります。普段は滝というと滝口から滝壺、そしてせいぜいその下流しか見ませんでしたが、その上流を見てみるとどんどん途切れずに流れてくる水がいったいどこからやって来るのだろうなどとも考えてしまいました。

そしてここでひとしきり写真を撮るなどした後は滝壺付近までのクルーズ船Hornblowerへと3人を送り出し、私は一息ついていることにしました。このクルーズはナイアガラの滝一番のアトラクションと言えますが、さすがに2ヶ月前に乗ったところなので今回は良いでしょう。昨年までは「霧の乙女号」という名でカナダ側とアメリカ側の両側から運行されていましたが、今年からカナダ側の運行会社が変わって名前も船も変わったというものです。アメリカ側の霧の乙女号の方が若干安いようですが、Hornblowerの方は双胴船を使用しているため船体が安定していてデッキが広いという利点があります。

3人がミストを浴びてスッキリした顔で帰ってきた後、お土産屋を見てから今度はアメリカ側へと渡るため、レインボーブリッジへと向かいました。ここからアメリカ側に渡るのは私も初めてです。国を出る時にはいともあっさりしているのはカナダも同じで、全く無人のゲートとなっていましたが、パスポートを持たずにここを出てしまうと橋の上からカナダにもアメリカにも簡単には入れてくれなくなってしまうのでしっかり確認が必要です。橋の中央付近には国境線が引かれていてプレートもあるので記念写真スポットとなっているのでしょうが、実際この橋の上から眺める滝もなかなかのものでした。橋を渡った先でのアメリカ側の入国審査は他のところに比べて若干簡単かもしれませんが、やはり敵の多い国なのでそれなりに厳しい感じですね。ちなみに、カナダ側から橋を渡る時には¢50の料金が必要ですが、逆に戻る際には不要です。

橋の袂近くには霧の乙女号の乗り場がありますが、今回はこれに乗っても意味がありませんので前を通り過ぎ、しばらく歩いて「風の洞窟」Cave of the Windsというアトラクションを目指しました。カナダ側からアメリカ滝を見た時に左側に人が歩く通路が見えるのですが、これがそのアトラクションです。クルーズ船がアメリカ滝の前で止まった時にはさらに間近に見えるのですが、離れてみても相当濡れているのが分かるので、いったいどれほどのものかと楽しみにしていたものです。

チケットを$12で購入すると、入り口でビニール袋を手渡されます。これを不審に思いながら先へ進むと、今度は靴のサイズを聞かれ、答えると新品のサンダルを渡されます。要はこれに履き替えて、履いていた靴をビニール袋に入れて持てということなのです。言われるがままに履き替えて進み、エレベーターに乗って下へ降りると、今度はポンチョです。非常にいい加減な作りのポンチョでしたが、とりあえず濡れなければ良いのでなんとか着用し、通路を進むとそこはもう滝のすぐ脇でした。カナダ滝に比べるとだいぶ落差も小さいアメリカ滝ですが、間近で見た時の迫力はやはり相当なものです。木で作られた通路はところどころわざと濡れるようになったポイントがあったり、ハリケーンデッキと名付けられた嵐のような激しさで水を浴びるようなポイントもあったり、バカバカしいばかりの楽しいアトラクションでした。ポンチョの下から出てしまったズボンの裾はびしょびしょになりましたが、この日も非常に天気が良かったのでしばらくしたら乾いて問題なしです。しかし、やはりサンダルは必須ですね。

この後は公園で軽く昼食を摂って、来た道を駐車場へと戻り、近くのスーパーで土産物を買い足して一路デトロイトへと戻りました。帰り道は北側にあるブルーウォーターブリッジを渡って帰りましたが、月曜日ということで橋の交通量も少なく、順調そのもので、以前には橋を渡るのに1時間以上かかってしまったこともありましたが、今回はわずか数分でした。待たされる時にはもっとゲートを増やしたらいいのにと思ってしまいますが、こういう日もあるのだとすると仕方ないのかもしれません。

ということで、私にとっては3度目ということでほとんど期待していなかったナイアガラの滝ですが、なかなかどうして風の洞窟は楽しめました。また3日間を通して、トロントの街を歩き、アルゴンキンのトレイルを歩き、ナイアガラの滝を見ながら歩き、とずいぶん歩き続けたように思いますが、それぞれ3日間全く違う趣の場所だったので楽しかったです。しかし、これだけ歩けばちょっとは痩せただろう…と思って自宅で体重計に乗ってみても全然変化がないのはいつも以上に食欲が湧いてしまったせいでしょうか。