Archives

山口ドライブ

日本にもまだまだ魅力がいっぱい。

何らかの都合により果たせなかったことに再度取り組むことを「リベンジ」という人が多いと思います。他の人がそう言うのは全く構わないのですが、私はその言葉の元の意味を考えるとちょっときついのであまり好きでなく、自分で使うことはありません。では何と呼べばいいのか、あまり適当な言葉がないのでそこに「リベンジ」という言葉がフィットしたのでしょう。特に難しいことでもないなら「再挑戦」というのも大げさですからね。

さて、先日「ゴールデンウィークに体調を崩して3日も寝込んでしまい、ドライブ旅行を泣く泣くキャンセルした」と記事に書いたのですが、往生際の悪い私はどうしても諦めきれず、先週末に普通の週末の土日で行ってきてしまいました。「リベンジ」です。

普段は有料道路を使わない私ですが、今回は自宅からちょっと距離があるので途中まで高速道路を利用しました。朝6時前に自宅を出発し、山口市内で昼食を摂る予定にしていたので、山口市街地のちょっと手前、徳地ICで中国自動車道を降りて走っていたところ、大きなパラボラアンテナがいくつも並んでいるのが見えてきました。ちょっと気になったので近づいてみると、KDDI山口衛星通信センターという施設だそうで、アンテナの下までは入ることができないものの、一般向けにKDDIパラボラ館という見学施設が無料公開されていました。午前中の早い時間だったこともあるのか他には誰もいませんでしたが、10分間ほどウロウロして写真を撮らせてもらいました。気ままな一人旅ではこういう思いがけない発見がなかなか楽しくて良いです。

その後、昼食にはまだ早かったので寄ってみたのが市街地のすぐそばにある瑠璃光寺で、ここの五重塔が国宝に指定されていて一見の価値があるというのを見ていたのでした。実際に境内に足を踏み入れ、すぐ右側に見える光景には思わず息を呑みました。青々とした新緑に囲まれた五重塔の重厚な佇まいはとても素晴らしいもので、本当に見ておいて良かったと思います。紅葉の時期もきっときれいなはずなので、それもぜひ見てみたいものです。

その後、市内でお腹を満たした後に向かったのは国内最大規模の鍾乳洞、特別天然記念物秋芳洞です。日差しの強い日だったので駐車場から入口までちょっと歩くので疲れてしまいましたが、入り口が近づいてくるとひんやりした空気が流れてくるのが感じられます。洞内には川が流れていて、私がこれまで見たことがないような広々とした空間が開けていて、またなかなか幻想的な雰囲気がありました。しかし、洞内の気温が低いのはいいのですが、湿度がとても高いので歩いているうちにかいた汗が全く蒸発せず、実は外に出て風に当たった方が快適に感じられ、涼しいところで休もうと思ったのは少々期待はずれでした。まあそのために寄ったわけではないのですが。

次に寄って見てみたのは秋吉台のカルスト台地です。こちらも特別天然記念物に指定されていますが、南側から丘を上って見えてきたその景色には、誰もいないのに思わず「おおっ」と声が出てしまいました。なだらかな丘の起伏に沿って、草地の中にたくさんの石灰岩の柱が立ち並んでいるさまはこれまた幻想的です。夕暮れ時にはひと際かもしれません。

その後はしばらくドライブして、早めの夕食を摂ってからJR山陰本線の特牛駅へと行ってみました。ここはなんということのない、1日の平均乗車数がわずか20人ほどという田舎の寂れた駅なのですが、私は子供の頃にこの駅名をクイズで難読駅ということで見たので覚えているのでした。「特牛」と書いて「こっとい」だなんて知らなければとても読めませんが、その由来にはいくつかの説があるようですね。実際に見に行ってみるとやはりなんということのない駅でしたが、変に有名になってしまった駅が色気を出しておかしくなったというようなこともなく、逆に質素でいい味を出しているのではないかと思います。

そしてこのあと、今回の旅の最大の目的である角島大橋へと向かったのですが、夕暮れが近づいていて光線が良くなかったのと、見物客も多かったので翌朝出直すことにして、長門市内に取っていたホテルへと向かいました。

翌朝は5時に起き出してさっさとチェックアウトして、さすがに道路はガラガラなので6時前には角島大橋に到着しました。しかし現地には既に同好の士が数名いてカメラを向けていましたが、お互い譲り合って私もスムーズに写真に収めることができました。残念ながら空はやや霞んでいて真っ青な空と海というわけにはいかなかったのですが、それでも誰もいない橋を正面から撮ることができたりして、念願が叶いました。

そしてさらにこのあと、休む間もなく向かったのはこのすぐ近くで最近話題のもう一つの名所、元乃隅稲成神社です。この神社は海のすぐそばに100基以上の真っ赤な鳥居が並んでいてとてもエキゾチックな風景となっているのですが、CNNがJapan’s 34 most beautiful placesとして選んだうちの一つということで主に「インスタグラマー」の間で人気となっており、アクセス道路がとても細いこともあって渋滞となっているようなのでこれも早朝のうちに行ってしまいたかったのです。7時過ぎに到着してみるとやはり先客が数名いましたが、目の前の駐車場に難なく停めることができ、誰も邪魔にならずに写真を撮ることができました。周辺の道路は本当にすれ違えないほど細いですし、前日の午後には観光渋滞中という表示も出ていたので、週末の昼間ではこうは行かないのだろうと思います。

ということでこの時点ではまだ朝8時前でしたが、日本海沿いに出雲まで向かい、出雲大社をさっと見て帰るだけとしました。やはり道程が長いのと、翌日からまた仕事をしなければならなかったので、あまり欲張りすぎるとろくなことにならないと思ったのですが、もう既に盛りだくさんの旅だったので大満足です。もう一度行ってみたいと思うところもありましたし、今回は萩なども通過するだけになってしまったので、次はぜひ妻も連れて行ってみたいと思います。なお、今回の旅の食事は次の記事でご紹介します。

Kings Canyon and Sequoia National Park

大きすぎてわからなくなってきます。

ヨセミテ国立公園の次に向かったのはキングズキャニオン国立公園というところです。あまり名前は知られていないと思いますが、ヨセミテの南側、ロッキー山脈の西側にある国立公園で、セコイア国立公園と隣接しており、現在は合わせて1つの国立公園として管理されているようです。

キングズキャニオン国立公園では沈静化しつつあるものの現在進行形で山火事が発生しており、その大部分は立入禁止となっていました。しかし、今回見に行きたかったグラント将軍の木のある地区だけは公開されていたのでほぼ問題ありません。このグラント将軍の木というのは世界最大の木の称号を争った2本のジャイアントセコイアの巨木のうちの一つで、地面からの高さ81.5m、幹の周囲32.8mというものです。数字が大きすぎて全くイメージが湧きませんが、駐車場で車を停めてそばにあった木と車を見比べてみた時、現実離れしたスケール感に思わず薄ら笑いを浮かべてしまいました。

ここはジャイアントセコイアを中心とした森なので、そこらじゅうに巨木が立っています。そんな中で最大というのはどういうものなのかと思っていましたが、確かに大きいけれども圧倒的というほどではありません。周りの木もそれだけ大きい物ばかりということなのですが、まあこんなものか、ということで次へ進むことにしました。

次というのは隣のセコイア国立公園です。この日の宿はセコイア国立公園の中にあるWuksachi Lodgeというところにしたのですが、こちらはヨセミテのTenaya Lodgeよりもちょっと古いためか施設は簡素で、宿泊棟が管理棟とは離れていて非常に静かなところでした。一方、レストランは味もサービスも良く、空調が良くないのとWi-Fiも携帯電話の電波も非常に弱く不安定だったことに目をつぶれば、すなわち現代的な生活を少々諦めればいいところだったと思います。

このWuksachi Lodgeには昼過ぎくらいに到着したのでチェックインには早く、レストランで昼食だけ食べてまたすぐに出発しました。このセコイア国立公園ももちろん名前のとおりセコイアの立ち並ぶ森となっているのですが、こちらには世界最大の木であるシャーマン将軍の木があります。また、もう一つ見ておきたかったのがTunnel Logで、横倒しになって道路を塞いだ巨大な丸太を車が通れる大きさに繰り抜いてトンネルにしたというものです。ちなみに、多くの人がどこかで写真を見たことがある、立っている巨木を繰り抜いてトンネルにしてしまったのはこれとは別で、ヨセミテにあったWawona Treeという木だったのですが、1969年に雪の重みに耐え切れず倒れてしまい現存しないとのことです。

Tunnel Logを見るためにはGiant Forest Museumというところに車を停めてシャトルバスに乗る必要があるのですが、そのバスが最初に停まったところで降りてみたところ、そこはMoro Rockという巨大な岩の足元で、岩の上まで階段通路が作られているということなので登ってみることにしました。この岩の高さは75mなのでちょっとしたもののはずですが、そもそも標高2000mの場所なので若干空気が薄く、日頃の運動不足のせいもあって結構な負荷でした。しかし、頂上は眺めのいい展望台になっていて登った甲斐がありました。

Tunnel LogはそのMoro Rockからまた5分ほどシャトルバスに乗ったところにありますが、思っていたよりも大きなものではないように感じてしまいました。しかし実際には日本にはこのような太さの木はなかなかありませんし、あまりに立派なセコイアばかり見てきたので麻痺してしまっただけなのだと思います。そうこうしているうちに時間も経ってしまったのでこの日はロッジに戻り、シャーマン将軍の木は翌日としました。

シャーマン将軍の木は専用の駐車場に車を停めて、そこから歩いて降りていったところに立っています。この木は高さ83.8m、幹の周囲31.1mということで、グラント将軍の木よりも若干高く若干細いということになりますが、体積で比較するとこの木が世界で一番大きいということだそうです。樹齢はおよそ2200年ということですが、古代ローマの時代からここに立っているということになり、その時の周囲の状況がどんなだったのか色々想像が膨らみます。

ということで、シャーマン将軍の木は朝一番に立ち寄って、この日はすぐにサンフランシスコへ向かって走ったのでした。 (続く)

Yosemite National Park

水はなくても。

ということで、カリフォルニア旅行最初の夜はヨセミテ国立公園のすぐ外側にあるTenaya Lodgeというところに泊まりました。国立公園に行くなら公園内の自然に囲まれたロッジがいいなあ、ということで選んだのですが、何の事はない、ちょっと高級なリゾートホテルでした。レストランも美味しかったものの結構高額で、無用な贅沢をしてしまった気分でした。とはいえ、ホテルにしてもレストランにしても公園の近くには選択肢がないので仕方ありません。ロッジについては公園の中心部にもありますが、私が予約しようとした時にはこちらは既に満室だったので、やはりいいところに泊まろうと思ったら早めに動き出しておく必要があります。

Tenaya Lodgeから公園の中心、Yosemite Villageへは車でちょうど1時間ほどかかります。高い木に囲まれた山道をひたすら走っていくことになりますが、もうすぐ着くというところでトンネルを抜けるとYosemite Valleyが一望できる展望台があります。ここから見る巨大な岩山が作る渓谷と谷底を覆うように立ち並ぶ木々の壮大な眺めには、私も思わず息を呑みました。またちょっと先にはブライダルベール滝が見られるポイントもありますが、ヨセミテの滝や川は基本的に雪解け水なのでもっと早い時期でないと流れを見ることはできないようです。

Yosemite VillageではYosemite Valley Floor Tourというものに申し込んでいたのでこれに参加しました。トレーラーの荷台にオープンの座席が付いているような乗り物で谷底部分を周って案内してくれるというもので、若い女性のレンジャーが一生懸命飽きないように説明してくれました。途中2箇所で止まって降りることができますが、延べ2時間かけてゆっくりと見て回ることができるのでこれだけで随分満喫できたような気がします。

ツアーの後はVillageにあるフードコートで食事を済ませ、Mirror Lakeに行ってみようということで車を移動し、駐車場からトレイルの入り口まではバスに乗って行きました。こういうバスが無料で頻繁に運行されていたり、レンジャーがガイドツアーをやっていたりするというのは日本の国立公園にはないことで、名前は同じでも非常に大きな違いです。

さてそのMirror Lake、写真を見ると非常に綺麗なのですが、Wikipediaにも「季節限定の湖」とある通り…水が全くありませんでした。片道2km弱のトレイルですが、馬で行く人が多いのか大量の馬糞にまみれていて非常に歩きにくかったということもあり、もしやとは思っていたものの見事に水が一滴もなかったのには驚きました。ちゃんと調べてから行けということではありますが、ちょっとした運動になりましたし、他に特に行くところがあるわけでもないのでいいのです。

ということで、Tenaya Lodgeには2泊しましたが、ヨセミテ国立公園に行ったのはこの一日で、翌朝には次の目的地であるキングズキャニオン国立公園へと向かったのでした。 (続く)