Archives

東芝が東証二部に降格

よもやこんなことになるとは。

今日はついにというかなんというか、衝撃的なニュースが舞い込んできました。日本のいわゆる総合電機メーカー三社の一角、あの東芝がとうとう8月1日付で東証二部に降格されることが決まってしまったとのことです。

東芝といえば1875年創業の電信機工場に端を発する日本国民の誰もが知る伝統ある企業でしたが、2006年に買収した原子力会社Westinghouse Electricの巨額の損失と、それを隠すための粉飾決算とで社会的な問題となり、ついにここまで没落してしまいましたが、その責任のすべては経営陣にあると言って間違いないでしょう。100年以上の歴史も崩れ去るのはあっという間、いとも簡単に地に落ちてしまうものです。

メーカーと言えど、良いものを作っているだけでは成り立たないというのも明らかになりました。我が家の家電製品で東芝製のものはテレビくらいのような気がしますが、これは今でもまったく問題なく活躍しており、当時大枚はたいて購入しただけのことはあると思っています。また、そうして目に見えるもの以外にも、フラッシュメモリを始めとして各種製品に組み込まれている電子デバイスも数知れないでしょう。そういえばFlashAirも東芝製でした。このように有力なブランドであっても、吹き飛んでしまうのです。

二部に落ちたからと言って潰れてしまうわけではないのでそう悲観する必要はないのかもしれませんが、20年以上前の私の就職活動中に視野にあった三洋やシャープもあのような残念なことになってしまいましたし、これらとは一線を画す一流企業だと思っていたあの東芝が、というのが非常にショックです。私はなぜか東芝を選択肢に入れませんでしたが、東芝に入社した私の友人もいますし、何かが違っていたら私も当事者になっていたかもしれません。ちなみにその友人はすでに転職して難を逃れているようです。

実は私の勤務先も入社して間もなく「経営の危機」などと言われて緊縮政策がしかれたりして、その後なんとか持ち直して今は安定しているように見えますが、まさに一寸先は闇、今後何がどうなるかはわかりません。中国を始めとする各国が日本を追い越そうとしていますので、安泰というようなことはないのだと思います。明日は我が身と思って気を引き締めて参りましょう。

Carrie Fisher 1956-2016

彼女にフォースのあらんことを。

2日続けてこんな記事を書かなければならないとは思いませんでした。Star Warsの旧三部作のレイア姫として知られるCarrie Fisherが亡くなってしまいました。23日に飛行機内で心臓発作を起こして心肺停止したものの、その後一命を取り留めて集中治療室で容態は安定したと伝えられていましたが、昨日27日に急変して帰らぬ人となってしまったのです。60歳でした。

Star Warsの大ファンである私は大変ショックでならないのですが、それもつい先日Rogue Oneを観たところなのでなおさらです。本人の姿は昨年のThe Force Awakensで見て、このあとEpisode 8, 9と続けて出てくれるものと思っていただけに非常に残念です。幸い、Episode 8のCarrieの出演シーンは撮影を完了していたということで、来年の公開時には彼女の元気な姿を見ることができるわけですが、その次はありません。物語の辻褄は合わせてしまうのでしょうが、姿を見たときにはまた涙してしまうかもしれません。

レイア姫として一躍有名になっただけにその印象が強すぎて、女優としても個人としても悩みはたくさんあったのではないかと思いますが、Force Awakensへの出演で彼女は大切なものを取り戻すことができたのではないでしょうか。せめて亡くなる前にそれで彼女が救われたのだと良いのですが…あまりに残念で、語る言葉が出てきません。

George Michael 1963-2016

“You’ll never find peace of mind until you listen to your heart.” – George Michael

Michael Jackson、David Bowie、Princeに続いてまた一人、80年台のポップスターが旅立ってしまいました。George Michaelが53歳の若さで自宅で亡くなったとのことです。当初死因は明らかにされていませんでしたが、今は心不全と報道されているようです。

本名をΓεώργιος Κυριάκος Παναγιώτου (Georgios Kyriacos Panayiotou)というギリシャ人の血を引く、ギリシャ系らしい彫りの深い彼はAndrew RidgeleyとともにポップデュオWham!でデビューして一躍アイドル的人気を得ました。この頃ヒットしたCareless WhisperやLast Christmasといった名曲は今でも今でも度々耳にするどころか、Last Christmasはクリスマスの定番として長らく親しまれていますので、仮に彼を知らなかったとしても彼の歌声を聞いたことが無い人はいないのではないでしょうか。その彼が奇しくもクリスマスの晩に亡くなるとはどういうことなのでしょう。

その後人気絶頂のさなか、1985年にコンビは解散してしまい、それぞれソロで活動していくことになります。Wham!の音楽面をGeorgeが支えていたということもあり、解散後パッとしないAndrewに対してGeorgeは人気を維持していきました。しかしその後しばらくして公然わいせつ、薬物影響下の運転などで度々逮捕されるなど、私生活面は決して豊かなものではなかったようです。

ソロとなってから最初のアルバムFaithは大ヒットとなりましたが、それに比べるとそれほどでもなかったのが第2作のListen Without Prejudice Vol.1です。しかし、私はこのアルバムがとても好きです。Wham!時代やFaithとは打って変わってアコースティックギター中心のフォークな感じの曲が落ち着いていて、Georgeのしっとりした優しい歌声がとても良く合っているのです。

Listen Without Prejudice

¥ 1,441

(2016-12-27現在)

実は来年の3月3日に25周年記念としてこのアルバムのデラックス版が発売されることになっています。ただ、このアルバムが発売されたのは1990年なので、それからは25年以上経ってしまっており、一体何の25周年なのかはよくわかりません。まあそんなことはどうでもいいので、私はとりあえず購入することになるでしょう。

ちょうどWham!がヒットを重ねていた頃に私は父の転勤でイギリスに引っ越したので、彼らの曲はテレビなどで頻繁に聞いていて、日本の某(元)アイドルグループの解散などより断然ショックです。命あるものいつかは…と分かっていても、53歳というのはあまりに若すぎます。しかし、そんなことを言っていても仕方ありません。私は今も彼の歌を聞きながらこの記事を書いていますが、今年の残り数日はそうして過ごしたいと思います。