Archives

PENTAX K-70

7年間の進歩。

私は中学生の時に父にSuper-Aという一眼レフのフィルムカメラを買わせてから、しばらく間は空いていますがPENTAXのカメラを使ってきました。ニコンやキヤノンと比べるといろいろな意味で一段落ちる位置づけではありますが、軽量コンパクトなボディや比較的安価なレンズ群などが素人趣味には向いていると思って使い続けています。というか、レンズ交換可能なカメラではいくつかレンズを買ってしまうと乗り換えるには勇気も資金力も必要なので離れられません。

そんなペンタックスもHOYAに買収されたかと思ったら今度は2011年についにリコーの1ブランドになってしまったりして先行き不安な状況が続いているのですが、今まで使っていたK-7を購入したのがもう7年も前になっていて色々限界を感じてきたので、今年発売されてなかなか良さそうなK-70を購入してしまうことにしました。

PENTAX デジタル一眼レフ K-70 ボディ 【ブラック】 K-70 BODY BLACK 16245

¥ 69,476

(2016-10-19現在)

リコーのウェブサイトで過去の製品も含めて仕様比較ができるので私がこれまでに使用したK-7と*ist Dsと比較してみると、技術の進歩が明らかになります。特に画素数が610万→1460万→2424万と11年で6倍にもなりましたが、撮像素子の大きさは変わっていないので取り込む光の量を考えると画素数が多ければいいというものではないので、もちろん高精細な画像が得られるのは良いと思いますが、実は私はそこにはそれほどこだわっていません。

今回私が注目していたのはISO感度が3200までだったものが102400までと飛躍的に向上していることです。K-7の致命的な弱点はちょっと暗くなると画質もAFもまったく駄目になってしまうことで、ISO 1600にもなるとノイズだらけで使えたものではなく、暗いところではすっかり諦めてしまっていました。しかしそれが102400までというのはどんな魔法かというほどのもので、大変楽しみにしていたのでした。

その高感度撮像素子の実力はどんなものなのか、ということでわざわざ暗いところ、鍾乳洞へ行って撮影してみました。洞内には色付きの照明がつけられていて変な雰囲気ではあったのですが、目が慣れるまでは暗くてよく見えない、という程度には暗かったので、テストにはちょうどよかったかもしれません。実際に使用してみるとK-70ではISO 3200くらいまでは大幅な画質の低下は見られず、十分に実用感度と言えそうです。ただ、ISO 3200でも本当に暗いところでは手持ちで撮れる限界を超えてしまいますが、そういうところではストロボや照明を使うか、撮影を諦めるかするべきなのでしょう。しかし、ISO 102400という最高感度ではノイズは乗るにしてもなんとかなってしまうのかもしれないので、試してみるべきだったと後悔しています。

実はK-7からK-70というのは発売当時のフラッグシップモデルから初中級機への乗り換えなのですが、上面液晶パネルがないとか上面左側にダイヤルがないとかいう操作性の違いはあるものの、技術の進歩があるので性能的にK-7より劣ってしまうのは最高シャッタースピードとバッテリーの小型化による連続撮影枚数くらいのものです。これまでの初中級機ではペンタミラーだったのが私にとっては最大の障害になっていたのですが、K-70ではしっかりペンタプリズムになっています。液晶パネルはバリアングルになりましたし、連写性能、ファインダー倍率、動画撮影サイズなど、上記の高感度性能以外もいろいろ良くなっていて、まったく問題は感じません。

また、本機には無線LANも付いていて、ボタンを長押しするだけで有効になり、iOSとAndroidのアプリで画像を取り込んだりリモート撮影の操作をしたりできるようになっています。ただ、あまりアプリの使い勝手が良くないのと、画像の転送には結構時間がかかるので、これまで使っていたFlashAirと比べてそれほどいいものではありません。ただ、アプリで接続している間はオートパワーオフが無効になるようなのと、大容量なSDXCカードが使えるというのはメリットと感じています。

ということで、さすがに何十万円もするようなカメラとは違いますが、価格を考えると非常に良い買い物だと思っています。まだ数十枚程度しか撮影できていないので本当の実力はわかりませんが、少なくともK-7からの買い替えで後悔することは何もないでしょう。

トロピカーナ ココナッツウォーター トロピカルブレンド

おいしく水分補給。

「人体の70%は水」などと言われている通り、人間にも水は欠かせないものですが、最近は「水を飲む」ということも定着してきているようで、個人用のボトルに水を入れて携帯して飲んでいる人も多く見られるようになりました。特に熱中症対策には十分な水分が欠かせないものですから、Pokémon GOで歩いていて具合が悪くなったなどという事のないように、特に夏場のポケモン探しの旅の際には給水を欠かさないようにしましょう。

さて、水分補給のためにはミネラルウォーターというか真水が一番なのでしょうが、ちょっと味のあるものを飲みたいということもあります。また、汗をかいて失ったナトリウムを主とするミネラル分を補給したいということもあるでしょう。こういう時のためにスポーツドリンクというものがあるのだと思いますが、ちょっと味が濃すぎてよけいに喉が渇くように感じたり、カロリーが高すぎたりという問題もあります。また、私の場合は軽い高血圧で薬を飲んでいますので、できるだけナトリウムは避ける必要があります。

そこでちょっと前に見つけたのがトロピカーナのココナッツウォーター トロピカルブレンドというものです。

トロピカーナ ココナッツウォーター トロピカルブレンド PET (470ml×24本)

¥ 2,248

(2016-07-26現在)

トロピカーナブランドでキリンビバレッジが製造販売しているもののようで、最近までコンビニでよく見かけたのですが、昨日の出勤途中に会社最寄りのファミリーマートに寄ってみると商品入れ替えでなくなってしまったようで非常に残念でした。しかたがないのでAmazonでケースで注文し、明日届く予定になっているので、凍らせて持って行こうかと思っているところです。

この製品は姉妹品のココナッツウォーターのココナッツ果汁に加え、マンゴー、パッションフルーツ、グレープフルーツの果汁でトロピカルで爽やかな甘みを加えたもの、ということになっています。トロピカルフルーツ、特にマンゴーが大好きな私にはとても好みの感じですが、パッションフルーツやグレープフルーツの酸味のおかげで爽やかに仕上がっているのが絶妙です。

このフルーツの味のおかげで塩分を抑えることができているというのが私にとっては嬉しいポイントで、ナトリウムは100mlあたり1mg (食塩相当量で3mg) にとどまっています。これはココナッツウォーターでは28mg、アクエリアスで40mg、ポカリスエットでは49mgとなっているので、無視できない非常に大きな違いではないかと思います。逆にナトリウムを補給したいという人には向かないということになりますね。カロリーの点ではポカリスエットの25kcalに対して29kcalと若干高めですが、これは大した違いではないでしょう。

ということで、成分的にも私には非常に良い具合ですが、なにより味が大変好みなので今後もお気に入りであり続けると思います。しかし問題は日本の商品の回転が速すぎるということですね。どんなに気に入っていても無慈悲に消えていってしまい、よほどのヒット作か無難な製品でないと息長く続けてもらえないというのはなんとかならないものでしょうか。日本人は飽きやすいから、なんていうのは目新しさだけで売ろうとするからそうなるのであって、良い物は長続きすると思うのですけどね。

GATSBY プレシェーブジェル

これも環境に応じた進化の一つ?

女性の化粧ほどではありませんが、男性が煩わされているのが毎朝の髭剃りだろうと思います。無精髭はセクシーで好き、と言う女性もいますが、大抵の場合それは手入れされた「無精髭風」なスタイルのヒゲであって、本当に無精して伸びたようなヒゲはやはり汚らしくて、好みにもよるかもしれませんがいいものではないと思います。口ひげあごひげを生やしている私もそれらはちゃんと整えていますし、それ以外の部分は毎朝剃っています。

その髭剃りの友に私が長年愛用しているのがGATSBYのプレシェーブジェルという製品です。

ギャツビー プレシェーブジェル 140ml

¥ 399

(2016-07-14現在)

これは電気髭剃りを使用したいわゆるドライシェービングの際に、髭剃りの滑りを良くするための微細なパウダーを配合したローションで、ローション自体はアルコールなのですぐに乾き、パウダーだけが肌に残ってスムーズに髭剃りができるというものです。ジェルといっても実際には粘度はかなり低くほとんど液体ですが、ローションタイプのものよりも肌に塗りやすいので私はこちらを気に入って使っています。

特に湿度が高く、また朝から汗ばんでしまう夏場、これがあるのと無いのとでは剃りやすさが格段に違うのですが、アメリカに行ってみると似たような製品を見つけることができませんでした。そこで3月に家族を連れて行くために一時帰国した際に4本ほど買い込んで行ったのですが、実は結局封を開けることもなく全く使わずに持って帰ってくることになってしまったのでした。というのも、ミシガンの家は全館冷暖房が効いていて寝汗をかくようなこともない上に、そもそも屋外の湿度もかなり低いので運動でもしないかぎり汗をかく事自体がほとんどないのです。したがって、このようなローションを使わずとも毎朝乾燥気味な肌の上を髭剃りがスムーズに滑るので、そんな製品には存在価値がないということだったわけです。

というわけで持って帰ってきたローションは今になって使っているのですが、1回に使う量がわずかなので140mlしか入っていない割にかなり長持ちします。日本でも冬場は必要ないということもあり、1本で1年ほどは持ってしまうのではないでしょうか。買い置きはまだ3本ありますのであと3年は心配しなくていいということになりますが、最後の方は買ってから8年というようなことになると品質的な問題はないのかと気になってきますね。まあ400円程度のものなので惜しまず新しい物を買えばいいのですが。