Archives

オムロン手首式血圧計 HEM-6324T

健康であれば本来必要ないものなのですが。

8年前に職場の健康診断で高血圧と診断されて以来、毎朝の服薬を続けなければいけないのがとても負担です。年齢にしては高め、というくらいで絶対的な血圧はそれほど高くなく軽度なもので、薬の価格も大したことはないのですが、最長でも2ヶ月に一度診察を受けて処方してもらわなければいけないというのが非常に面倒です。アメリカでは1年分の処方を受けることができて、3ヶ月に一度ネットで薬局に連絡すれば店頭で追加分を受け取ることができたのですが、この面倒臭さはなんとかならないものでしょうか。もちろん病気によっては急な症状の変化もあるので1年も放っておけないというのはわかりますが、なんでも一律2ヶ月までという融通の効かなさと、これが当たり前と思って甘受してしまうところは日本のダメなところだと思います。といっても私も何も行動を起こしているわけでなく、またアメリカにもダメなところはいくらでもあるのですが。

それはともかく、習慣的に血圧を測りなさいと言われて、8年前にはオムロン自動血圧計 HEM762というものを購入しました。それからしばらくの間はほぼ毎朝測定して、データをGoogle Spreadsheetに入力してかかりつけ医の診察時に見せるということをしていたのですが、アメリカに行って生活パターンがちょっと変わってしまって測定するタイミングを失ってしまったため、帰国後も薬が残り少なくなって診察が近づいてくると思い出したように測るだけになってしまいました。これではダメだと頭ではわかっていても、一度失った習慣を再び身につけるためにはきっかけが必要です。

ということでやって来たきっかけは、血圧計の故障でした。また薬がなくなってきたので先日診察を受けたのですが、その前に測定しておこうと血圧計を出してみると、液晶パネルが正常に表示できず、7セグメント表示の数字が読めなくなっていました。測定そのものができてもそれが読めないのではまったく意味がなく、まさかこういう形で壊れるものだとは思っていませんでした。仕方がないので買い換えることになるのですが、これまでの反省から選んだのが同じくOMRONの手首式血圧計 HEM-6324Tというものです。

オムロンヘルスケア 手首式血圧計 HEM-6324T

posted with amazlet at 17.11.19

オムロンヘルスケア 売り上げランキング: 6,067

Amazon.co.jpで詳細を見る

発売当初からだいぶ安くなってもそれでも1万円前後と血圧計としてはだいぶ高価な商品になりますが、最大の特徴はBluetoothを内蔵していてOMRON connectというアプリを介してiPhoneやAndroid phoneと同期できるということです。OMRON connectはそのアプリ上でデータを見ることができるのはもちろんですが、iOSではヘルスケアアプリでも表示することができます。これにより、ヘルスケアと連携できる他の健康関連データと一緒に総合的に管理することができます。

血圧計自体は上腕式の方が正確と言われていますし、OMRON connect対応の上腕式血圧計もありますが、多少の誤差があっても億劫にならずに毎日測定できる方が大事と考えて手首式を選びました。上腕式では特に冬場に上着を脱がなければいけないというのが億劫になる一因だったので、手首式では袖をちょっとまくるだけで良いのでこれは正解だったと思います。また、手首を通すカフと一体になっているため、コンパクトなケースに収めることができて机の上に置いておいても邪魔にならないというのも、サッと計測することができて良いところです。手首に巻いてしまったあとは「測定/停止」ボタンを1回押すだけで電源が入って測定が開始され、終わったらもう一度押すと電源が切れるので、操作も非常に簡単です。

2人分のデータが記録できるということの他に、バックライト付きで見やすいというのが下位機種HEM-6323Tとの差になりますが、単4電池2本で駆動するので持ち時間が若干心配になります。しかし、公称300回なので1年近く持つことになりますし、私はeneloopを使用するので電池のコスト自体はほとんど負担になりません。また、動作音はほとんどせず本当に静かで、自宅以外の場所で使用するという人にはとても良いのではないでしょうか。なお、手首は心臓と同じ高さにして測定する必要がありますが、その適切な高さを教えてくれる機能があり、慣れるまではこれもとても使いやすいです。他に、カフが正しく巻かれているか、測定中に体が動いてしまったか、ということも教えてくれます。

OMRON connectには血圧計の他に体重体組成計や活動量計にも対応したものがあります。活動量計はiPhoneとPebble 2で代用できるので不要ですが、体重体組成計はちょっと欲いという気持ちも湧いてきます。しかし、今でも普通の体重計で入浴前に毎日測定してPopWeightというアプリで入力できて、ヘルスケアにも同期できるので問題はありません。ちなみに、このPopWeightのユーザーインタフェースは非常に快適で素晴らしく、このUIで血圧も記録できていれば実はBluetoothでの同期も必要なかったのですが、これを発明した当初の開発元は会社を売却してしまったらしく、それ以来機能向上などのアップデートがほとんど行われておらず、現在の開発元で類似のアプリもリリースされていないようなので期待はできません。誰かが似たようなUIを使えば訴えられてしまうでしょうし、まったく残念です。

Blockhead

改良の余地あり。

Appleの製品を何か購入したことがある人はおそらくご存知だと思いますが、Appleの電源アダプターは電源プラグ部分が各国の仕様に合わせて交換できるようになっており、製品購入時にはアダプターに直接プラグを付けるタイプと、Macbook Proなどではさらにアダプターからプラグまでの間を1.8mのケーブルで延長するタイプのものが同梱されています。これらも自由に変えて使うことができるのですが、この延長ケーブルがかなりしっかりした太いもので取り回しづらく、持ち運びには適さないので私は専ら直接プラグのタイプを使用しています。ちなみにこの延長ケーブルは単品で買うと定価2200円もするようです。

しかし、このプラグの向きが平たいアダプター本体に対してブレードが並行になる形になっているので、壁コンセントに挿した場合に本体が大きく突き出してしまい、邪魔かつ不安定という問題があります。これを解決しようというのがBlockheadという製品で、プラグの向きを90°回転させてアダプター本体に垂直になるようにするものです。こんな製品が最近になってようやく登場したというのが不思議なくらいですが、アイデア製品ということでたかが電源プラグなのに$20となかなかの価格になっています。私はアメリカ出張のついでに購入してきましたが、日本ではフォーカルポイントが代理店となって販売しているようなので普通に購入できるでしょう。

Ten One Design Blockhead (MacBook/iPad 電源アダプタ対応 横向き変換プラグ) 【日本正規代理店品】TEN-OT-000003

posted with amazlet at 17.08.25

Ten One Design 売り上げランキング: 15,008

Amazon.co.jpで詳細を見る

純正のプラグではちょっと緩い壁コンセントの場合に自重で抜けてしまうという問題が私にとっては一番大きかったのですが、Blockheadを使用すると本体の重心がコンセントに近くなり安定するという効果が期待できそうです。品質はしっかりしているようで、スムーズに装着できてガタツキもありません。

しかし、携行して使用しようとすると実は大きな欠点があります。純正のプラグはブレード部分を折って樹脂部分に格納できるようになっているのですが、Blockheadでは固定されてしまっていてそれができないのです。これは私もうっかりしていたことですが、プラグが他の荷物などで圧迫されて曲がってしまうということは少なくないことなので、気を付けなければいけません。しかもBlockheadでは特に90°横に出ることになってしまうので、アダブターに付けたままにしておくのは難しいかもしれません。結局私は純正プラグを本体に付けておいて、Blockheadは一緒に携行する電源分岐用のケーブルに挿しておいてブレードを保護するということになりそうです。

実は見た目さえ気にしなければ一般的なメガネタイプの電源をそのまま挿すこともできるので、私は自宅の机の上で使う時はカメラの充電器に挿されているメガネプラグを抜いて使ったりもしています。端子がメガネプラグの短い電源ケーブルを使えば同じようなことはできそうな気もしますが、メガネプラグだけでアダプターの重みを支えることはできないので、このような構造が必要で高くなってしまっているのでしょうね。まあ何より見た目はすっきりしていて、かっこいいと感じる人もいるかと思います。

Pebble 2

最新にして最後のPebbleは最高のスマートウォッチでしょうか。

つい最近、fitbitからIonicなるスマートウォッチが発表されましたが、そのfitbitに売却されて消滅してしまったのが私の愛用していたPebbleです。この時点で第2世代のPebble 2とPebble Time 2が発表されていて、Pebble 2はすでに出荷が始まっていましたが、製造は打ち切られ、Time 2の開発は中止されてしまいました。私もPebble Time 2をオーダー済みだったのにキャンセルされてしまって苦い思い出となりましたが、しっかり返金されたので諦めるしかありませんでした。

ところが、Pebble 2はすでにある程度の数製造されていたようで、今でもAmazonなどで購入することができ、もう在庫処分に近い状態になっているのか当初よりもだいぶ安く買うことができるようになっています。ということでちょっと前から気になっていたのですが、先日私のPebble Timeの前面パネルとケースの接着が剥がれてきてしまったので、エイヤッと購入してしまいました。

Pebble 2 + Heart Rate Smart Watch White スマートウォッチ [並行輸入品]

posted with amazlet at 17.08.30

Pebble Technology Corp 売り上げランキング: 35,466

Amazon.co.jpで詳細を見る

このPebble 2はPebble Timeはもちろん、初代Pebbleよりも軽量化されて31.7gとなっており、腕につけた瞬間にその違いが実感できます。実はしばらく初代を使っていたのですが、当初7日間持ったはずのバッテリーも劣化が進んでしまって2日しか持たなくなっていました。それが今度は10日間持つようになったということで、1日経っても残量が90%と大変安心感があります。数日程度の旅行や出張なら充電ケーブルを忘れても大丈夫というのは精神的に楽で、時計ならこうであってほしいものです。

機能として初代から備わっていた電子コンパスはなくなっているのですが、これまでの使用状況から無くなっても全く問題ないと判断しました。代わりに心拍計が追加されており、これも特にフィットネスなどしない私にはちょっと面白いという程度で便利というほどではありませんが、運動する人には良い機能なのでしょうか。まあ、ちょっとは運動した方がいいのかな、という気持ちにはさせられます。また、Timeで追加された歩数計や睡眠分析機能も装備されています。

初代Pebbleの方が全面がポリカーボネートの一体成型で丈夫なように見えますが、Pebble 2はグラスファイバー入りのポリカーボネートのボディにゴリラガラス、裏蓋付きの3ピース構造となっています。Timeの接着が剥がれてしまったのを見た私には少々不安が感じられますが、デザイン的にはスッキリしています。文字盤は初代と解像度も同じモノクロ液晶ですが、視認性は抜群に良いのでカラーよりも時計としては実用的でむしろ好ましく、これぞPebbleと言えます。おまけとしては、Kickstarterで購入してPebble Timeで使用していた充電台TIMEDOCKがそのまま使えるのもとても嬉しい点で、無駄にならなくて良かったです。

では一体何が良くなったのかというと、CPUがTimeと同等に高速になり、メモリ容量が増えた、という非常に地味な内容になっています。しかし、初代Pebbleがそれだけ完成度の高いものであったということなので、あくまで日常において腕時計として使用する上ではこれ以上の機能は必要ありません。私がスマートウォッチに最も求める機能はスマートフォンからの通知なので、その任務を安定して果たしてくれればいうことはありません。ただ、Pebble 2のバイブがちょっと弱くなっているのは少々気になっているのですが…

ちなみにfitbit Ionicですが、Pebbleの技術人の多くは引き継いだものの中心人物はついていかなかったようで、その精神までは引き継ぐことができなかったようです。スマートフォンから独立して機能させようとして$300と中途半端に効果になってしまい、Apple Watchより優れているのはバッテリーの持ちくらいとの酷評です。私は心情的にもともと応援しにくいのですが、ちょっとこのスペックでは厳しいのではないでしょうか。GPSはちょっと欲しいですが、GPSを動作させると10時間しか持たないのではどうしようもありませんね。