Archives

Ghost in the Shell

観ておいて良かった。

つい先日「SING」を観たときには「ゴースト・イン・ザ・シェル」について「レンタルで観ればいいやという気になってしまいました。」などと言っていた私ですが、もうすぐ上映が終わってしまうかもしれないと思うとやはり私は諦めきれず、結局先週の金曜日に仕事が終わって一旦帰宅した後、車で一時間近くも走ってイオンシネマ明石でレイトショーで観てきてしまいました。どうしてわざわざそんな遠くに、ということですが、先日も書いたように自宅近くのシネコンでは公開当初から吹き替え版のみの上映となっていて、市内にシネコンができるまで通っていた、次に近いイオンシネマ加古川では夕方の上映となっているので、字幕版にこだわるとやむを得ないわけです。しかし、わざわざ時間をかけて行った甲斐があって、期待していた以上に楽しむことができました。実は私はこれまで原作の漫画「攻殻機動隊」も、これまでに複数製作されているアニメ映画のいずれも観たことがなく、まったく予備知識がない状態で観たのですが、それはかえって良かったのでしょうか。

ストーリーは主人公である「少佐」の脳が義体と呼ばれるサイボーグの体に移植されるところから始まり、その一年後から主な物語が進行します。サイバー犯罪やテロを取り締まる「公安9課」を率いる少佐はその任務の過程で本当の自分の記憶に気づくことになり、隠されていた真実を明らかにしていく…というような感じのストーリーです。私がちょっと調べた感じでは、これまでの作品とは少佐の過去についての設定を共有していないように見えます。

この少佐を演じているのがScarlett Johanssonなので「日本人の役なのに白人が演じている」(= ホワイトウォッシュ) と言われて批判されてしまい、そのおかげなのか欧米では興行的に振るわなかったようなのですが、「なんで?」と思いますよね。少佐の名前はどう考えてもアジア系の名前ではありませんし、量産型の義体という設定なので人種なんてどうでもいいはずです。批判した人たちは実際にはこの作品を観ていないに違いありません。Scarlettという白人女優が演じていることについて私にはまったく違和感がありませんでした。Scarlettはこの批判で参ってしまって「もう二度とアジア人の役は演らない」と言ってしまっているようで、せっかくクールに演じてくれていたのに残念で仕方ありません。

また、ろくに事前情報を得ていなかった私が観る直前まで知らなかったのが、公安9課の課長である荒巻大輔をビートたけしが演じているということです。「日本語のセリフでいいなら」ということで引き受けたそうなのですが、なぜかこの荒巻だけが日本語で喋っているという不思議な映画になってしまいました。「滑舌が悪いので英語字幕を見ないとわからない」などとも言われているようですが、私にはそんなことはありませんでした。

この作品の見所の一つは舞台となっている未来都市の情景ではないかと思いますが、「ブレードランナー」の影響を色濃く受けているように思いました。あれほど暗い世界ではなく、それを現代のCG技術で実体化したような感じです。また全体的にかなりCGが活用されていて、アニメと実写の境界がどんどん曖昧になっていくのを感じます。しかし、実際には一見してCGと分かる部分は比較的難しいものではなくて、実写と区別がつかないもの、実写なのだと思ったらCGだったというようなものの方が難易度は高いのでしょうね。

ということで極力ネタバレしないように紹介したつもりなのでなんだか分からない部分もあったかもしれませんが、私の感想を一言で言うと「続きが見られないのが残念」でしょうか。ひょっとしたら少佐役を別のアジア系女優に代えて続いたりするのかもしれませんが、それではダメなような気がします。Scarlettが「やっぱりまた演る!」と言ってくれると嬉しいのですが…日本でもあまり盛り上がっていないようなので無いでしょうね。せいぜい遅ればせながら原作を読んでみることにします。

攻殻機動隊(1) (ヤングマガジンコミックス)

posted with amazlet at 17.04.23

講談社 (2014-06-27)売り上げランキング: 190

Amazon.co.jpで詳細を見る

Sing

洋楽好きの大人も。

Sofia Coppola監督の映画「ロスト・イン・トランスレーション」を観てからか、Scarlett Johanssonが出演しているとどうも気になってしまうのですが、先週公開された「ゴースト・イン・ザ・シェル」は白人のScarlettが日本人の役を演じているのが差別的だということで批判されているようです。日本人にしてみればそんなことはまったくなんとも感じないところではないかと思いますが、そのせいで興行的に失敗に終わってしまうのはとても残念なことです。私は予告を見たときからとても観たかったのですが、なぜか地元の映画館では吹き替え版のみの上映というわけのわからないことをしてくれているのでレンタルで観ればいいやという気になってしまいました。

その代わりというわけではありませんが、昨日観てきたのはScarlettがヤマアラシの少女Ashの声で出演しているアニメ作品「SING」です。もちろん、Scarlettの声を聞かなければ意味がない…というのもありますが、この作品では数々の新旧ヒット曲が歌われ、私はそれを楽しみに観るので字幕版です。この作品については映画館も頑張っていて、レイトショーのアニメ映画字幕版なので大した人数が入らないのがわかりきっているのに大きなスクリーンに割り当てられていてどういうことかと思ってしまいましたが、そのスクリーンはいい音響設備が入っているのでした。わかってるじゃないですか。

どんなストーリーの映画かといえば、賞金1000ドルのはずが10万ドルと印刷されてしまったチラシのせいで大盛況となってしまった歌のコンテストと、その出演者が巻き起こす様々なトラブルのドタバタコメディとでも言えばいいでしょうか。まあ大人が観て感動するような話ではないので、見どころはやはりコンテスト出場者の歌ではないでしょうか。

日本語吹き替え版でもMISIA、スキマスイッチの大橋卓弥、河口恭吾といった本職の歌手が参加していますが、一方で長澤まさみや山寺宏一といった人たちも歌を披露しているようで、大丈夫なのかと余計な心配をしてしまいます。まあ私が観ることはないのでまさに余計なことなのですが。

また、レッサーパンダの少女5人組のThe Q-Teezがきゃりーぱみゅぱみゅの歌を歌う日本人グループで、セリフも変な日本語でしたが、こういうところは吹き替え版ではどう処理されているのか、ちょっと気になるところです。なお、The Q-Teezはキャストが公開されておらず不明なようです。

ということでいくつか良い歌があったのでサウンドトラックも欲しくなってしまいました。特にElton JohnのI’m Still StandingをゴリラのJohnnyが歌うシーンがとても良かったです。帰宅してからElton Johnの元歌も聴いてみたところ、これもやはり名曲なのですが、Taron Egertonが歌うJohnny版のホーンが入った豪華で今風のアレンジと比べるとちょっと物足りないというか、だいぶシンプルな感じでした。ちなみに、サントラにきゃりーの曲は入っていません。

Lucy

思っていたよりも上級者(?)向け。

最近映画を観るときに上映される予告で気になっていたのが、Luc Besson監督でScarlett Johansson主演の「LUCY/ルーシー」という作品でした。日本でも8/29公開ということですが、あまり話題になっていないようなのはなぜでしょうか。まあそれは私が気付いていないだけなのかもしれませんが、Luc Bessonの個性的な作品に期待して観てみました。結果、それはある意味期待以上だったとも言えます。

物語は台湾の台北から始まります。主人公のLucyはアメリカの親元を離れて台北に留学しているのですが、そこで知り合った新しいボーイフレンドに嵌められて、CPH4というドラッグの運び人に仕立てられてしまいます。そのドラッグを腹部に埋め込まれて海外へと運ばされることになってしまうのですが、その前に暴力を受けた際にドラッグの入った袋が裂けて大量の薬物を摂取したことにより、Lucyの体に大きな変化が起こり…というような話です。

ドラッグを摂取したからといって物理法則を無視するような変化が起こることはないだろう、というのはあくまでお話なので置いておくとしても、終わり方が今ひとつというか、脚本を書いていてどう終わらせたら良いのかわからなくなってしまったかのような感じでした。しかし、ひょっとすると実は私にも理解できていない深い意味があるのかもしれず、上級者向けなのではないかとも思いました。

映像表現として面白かったのは、Morgan Freeman演じるSamuel Norman博士の発表などに合わせて、プレゼンそのもののようなイメージ映像が挿入されていることでした。テレビ的とも感じられる表現でしたが、このイメージ映像に色彩豊かで鮮やかな自然のものが多く使われていたため、暴力的で陰鬱にもなりがちな作品全体に彩りを与えているようにも感じました。

主演のScarlettは未だに「『ロスト・イン・トランスレーション』の」という枕詞を付けられてしまうことを嫌っているそうですが、確かにそんな10年以上前の十代の頃に出た作品で未だに評価されるのは不本意でしょう。その後数多くの作品に出て存在感を示しているというのに、あんまりな扱いです。この作品ではまるでScarlettのファンのための作品と言ってもいいほどのものとなっていますが、それに十分応えることができているようです。

全体的な作品としての評価は微妙なところですが、興行的にはまずまずの成功となったようです。しかし、私が観ていた時には観客席の一部から笑いが起こっていたのですが、それがなんだか冷たいものに聞こえてしまったのは私の考え過ぎなのでしょうか…単に私が作品について行けなかっただけなのかもしれません。