Archives

Arrival

これが本当のサイエンスフィクション。

先週末公開された映画「メッセージ」は、予告にも登場する宇宙船の形状が米菓のばかうけに似ているということで巷では話題になっているようですが、これに対して監督が「ばかうけに影響を受けた」とジョークで応えたり、ばかうけの販売元が「”メッセージ”が”ばかうけ”しますように!」と大ヒット祈願したりと変な盛り上がりをしているようです。しかし私はこれとは無関係に、以前読んだ「あなたの人生の物語」が原作になっているということで観たいと思っていたのですが、地元シネコンでは平日には早退しなければ観られない時間かレイトショーでしか上映されていなかったので、先週末は都合が合わなかったので今日の夕方まで観ることができませんでした。

原作を読んだときにはこの作品を原作にしてどう映像化するのかと思っていましたが、まったく違和感もわかりにくいこともなく、非常に自然に映像作品となっていて素晴らしいです。結末部分は原作から少々アレンジされているようでしたが、それまでの部分はとても忠実に描かれており、そしてその結末部分も原作から大きく外れることはなく、むしろ原作の難しかった部分がわかりやすく説明されているように感じました。

突然地球上の12か所に同時に現れた宇宙船らしき物体で、宇宙人らしきものとコミュニケーションを図るために米軍に呼ばれたのがAmy Adams演じる主人公の言語学者Louise Banksで、科学面での分析のために呼ばれたのが理論物理学者のIan Donnellyで、こちらはJeremy Rennerが演じています。その「宇宙人」の音声は単語になっているのかさえわからず、どこから手を付けるべきかもわからない状況ですが、一方で米軍はその「宇宙人」がどこから来たのか、その来訪の目的は何なのかを一刻も早く聞き出すことを求めてきます。

しかし、実際に異星人と接触するとしたらこうなるのではないでしょうか。よくあるSF映画ではいつの間にか宇宙人と対話が成立していたりしますが、文化も科学レベルも違う相手とのコミュニケーションはそうそう簡単に成り立つものではないでしょう。まあそれ以前にいきなり対決姿勢になっているものも多いですが、それも実際ありうることでしょう。どんな星の言葉でも通訳できてしまう機械翻訳機があるという世界の作品もありますが、そんなものは魔法と大差ありませんね。ちなみに私が大好きなスター・ウォーズは、SFはSFでもスペースファンタジーの略なので別枠です。

ということで、この作品は極めてシリアスなサイエンスフィクションになっています。そんなことはありえないとわかっていても、なんだか納得できてしまう、そういうバランスが上質なSF作品の証でしょう。

Guardians of the Galaxy Vol. 2

「リミックス」の意味わかってますか?

今日は次男の15回目の誕生日ということで例年通り休暇を取って家にいたのですが、当然ながら次男本人は学校に行っていたので、結局それは休暇を取るための口実というかきっかけに過ぎません。そういうことでもないと有給休暇を消化することもできないので、私は毎年家族の誕生日と結婚記念日には休むようにしていますが、だからといってどこかへ出掛けたり、ごちそうの準備をしたりするというわけではなく、ただただのんびりしているのが通常のパターンです。ただその代わり、昨日の日曜日には次男と駅前へ行って服を買ってやり、映画を一緒に見て、美味しいバーガーを食べてきたのでまあ問題ないでしょう。

ということで昨日観てきた映画というのがとても面白かった「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の続編、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス」です。原題では”… Vol.2″となっていて今後の続編にも問題ないようになっているのですが、「リミックス」の次はどうするつもりなのかちょっと心配です。いつも思うことですが、邦題の付け方にどうも考えが足りないような気がします。それはさておき、今回もとても面白い作品に仕上がっていました。

冒頭のMarvelロゴがAvengersのキャラクターたちが描かれたちょっとリッチなものに変わっていて「おっ」と思った後、オープニングからBaby Grootのかわいさ全開です。前作の最後の方で仲間をかばってバラバラになってしまったものの、残った枝をRocketが挿し木して育てたのがBaby Grootですが、今作では最初から最後までかわいくて仕方がありません。一番たまらないのは宇宙船のシートに座ってM&M’sか何かを食べているショットでしょうか。

また今回も全編に渡って笑いがいっぱいです。前作はアメリカで観たので笑うところがわからなかったということもありましたが、今回は字幕の助けを借りて大いに楽しみました。しかし、字幕とセリフではタイミングが違うので、字幕が先に出てネタバレのようになってしまうこともあって難しいところです。また、本作をより楽しむためには80年代のTVドラマ「ナイトライダー」について知っておいた方がいい、というか「ナイトライダー」を知らないと何が面白いのかわからないということになると思います。ネタバレになると悪いのでこれ以上は言いませんが、知らない人はWikipediaでも読んでおくといい…と言いたいところですが、このページは情報量が膨大ですね。

他にも様々なネタが仕込まれていて、今回は下ネタもあってレーティング的にも問題ないんだっけというのはあったのですが、エンドロールまで小ネタがあって楽しめます。最高なのはエンドロールの最後の方にあるのですが、恐らく日本人には気づきにくいところではないかと思います。観た後で気になる方はScreen Rant: Guardians of the Galaxy 2: All 5 Post-Credit Scenes Explainedというページの前置き部分に書かれているのでご覧になってください。なお、このページで紹介されている通り、本作はエンドロールに入ってから5つもポストクレジットシーンがあるので、最後の最後まで席を立たないことをお勧めします。

もう一つ、本作ではやはり音楽が大きな役割を果たしていて、70、80年台のノリの良いポップスが何曲もかかって楽しいです。これは前作でPeterが母親から最期の時に贈られたカセットテープに入っていた、ということになっているようですが、それが本作のサウンドトラックとして映画公開のしばらく前から発売されていたので私も購入して、これがどんなシーンでかかるのかなと思いながら聴いていました。映画を観たあとはそのシーンを思い浮かべながら聴くことになるので、印象もまたちょっと変わりますね。ちなみに次作ではZuneを使うのでしょうか。Zuneなんてまた懐かしい…と思いましたが、結局日本では発売されなかったのですね。

Guardians Of The Galaxy, Vol. 2

posted with amazlet at 17.05.14

Va Hollywood Records (2017-04-28)売り上げランキング: 27

Amazon.co.jpで詳細を見る

ということで、次男にはちょっとわからなかったところがあったものの、それでもそれなりに楽しめたようです。しかし、やはりこの作品は私の世代向けかもしれません。

Ghost in the Shell

観ておいて良かった。

つい先日「SING」を観たときには「ゴースト・イン・ザ・シェル」について「レンタルで観ればいいやという気になってしまいました。」などと言っていた私ですが、もうすぐ上映が終わってしまうかもしれないと思うとやはり私は諦めきれず、結局先週の金曜日に仕事が終わって一旦帰宅した後、車で一時間近くも走ってイオンシネマ明石でレイトショーで観てきてしまいました。どうしてわざわざそんな遠くに、ということですが、先日も書いたように自宅近くのシネコンでは公開当初から吹き替え版のみの上映となっていて、市内にシネコンができるまで通っていた、次に近いイオンシネマ加古川では夕方の上映となっているので、字幕版にこだわるとやむを得ないわけです。しかし、わざわざ時間をかけて行った甲斐があって、期待していた以上に楽しむことができました。実は私はこれまで原作の漫画「攻殻機動隊」も、これまでに複数製作されているアニメ映画のいずれも観たことがなく、まったく予備知識がない状態で観たのですが、それはかえって良かったのでしょうか。

ストーリーは主人公である「少佐」の脳が義体と呼ばれるサイボーグの体に移植されるところから始まり、その一年後から主な物語が進行します。サイバー犯罪やテロを取り締まる「公安9課」を率いる少佐はその任務の過程で本当の自分の記憶に気づくことになり、隠されていた真実を明らかにしていく…というような感じのストーリーです。私がちょっと調べた感じでは、これまでの作品とは少佐の過去についての設定を共有していないように見えます。

この少佐を演じているのがScarlett Johanssonなので「日本人の役なのに白人が演じている」(= ホワイトウォッシュ) と言われて批判されてしまい、そのおかげなのか欧米では興行的に振るわなかったようなのですが、「なんで?」と思いますよね。少佐の名前はどう考えてもアジア系の名前ではありませんし、量産型の義体という設定なので人種なんてどうでもいいはずです。批判した人たちは実際にはこの作品を観ていないに違いありません。Scarlettという白人女優が演じていることについて私にはまったく違和感がありませんでした。Scarlettはこの批判で参ってしまって「もう二度とアジア人の役は演らない」と言ってしまっているようで、せっかくクールに演じてくれていたのに残念で仕方ありません。

また、ろくに事前情報を得ていなかった私が観る直前まで知らなかったのが、公安9課の課長である荒巻大輔をビートたけしが演じているということです。「日本語のセリフでいいなら」ということで引き受けたそうなのですが、なぜかこの荒巻だけが日本語で喋っているという不思議な映画になってしまいました。「滑舌が悪いので英語字幕を見ないとわからない」などとも言われているようですが、私にはそんなことはありませんでした。

この作品の見所の一つは舞台となっている未来都市の情景ではないかと思いますが、「ブレードランナー」の影響を色濃く受けているように思いました。あれほど暗い世界ではなく、それを現代のCG技術で実体化したような感じです。また全体的にかなりCGが活用されていて、アニメと実写の境界がどんどん曖昧になっていくのを感じます。しかし、実際には一見してCGと分かる部分は比較的難しいものではなくて、実写と区別がつかないもの、実写なのだと思ったらCGだったというようなものの方が難易度は高いのでしょうね。

ということで極力ネタバレしないように紹介したつもりなのでなんだか分からない部分もあったかもしれませんが、私の感想を一言で言うと「続きが見られないのが残念」でしょうか。ひょっとしたら少佐役を別のアジア系女優に代えて続いたりするのかもしれませんが、それではダメなような気がします。Scarlettが「やっぱりまた演る!」と言ってくれると嬉しいのですが…日本でもあまり盛り上がっていないようなので無いでしょうね。せいぜい遅ればせながら原作を読んでみることにします。

攻殻機動隊(1) (ヤングマガジンコミックス)

posted with amazlet at 17.04.23

講談社 (2014-06-27)売り上げランキング: 190

Amazon.co.jpで詳細を見る