Archives

The Circle

結末に不満あり。

今年は11月から12月にかけて、毎週末に観たい映画の公開が続いていて嬉しいような困ったようなというところなのですが、先週末は出掛けていたので「マイティ・ソー バトルロイヤル」はちょっと見送りました。Marvel作品群は長男も好きで観たがっているのですが、大学受験を控えているため自制しているので、私も受験が終わったあとにAmazonかAppleかの動画配信で観ようかと思っています。

ということで今週はHermioneことEmma Watson主演の「ザ・サークル」を観てきました。映画として面白いかどうかだけではなく、ネットワーク界隈の話題としておさえておくべきところではないかと思って気になっていました。Emma演じるMae HollandがThe CircleというIT企業の顧客窓口として働き始めてしばらくして、CEOであるEamon Baileyの目に留まってSeeChangeなるSNSで私生活を含めてトイレ以外の24時間すべて公開することになりますが、これによって世界中から多くの視聴者を集めることになりますが、Mae自身と身近な人々に様々な影響を及ぼすことになる、というものです。

SeeChangeについて、現時点では送信側のデバイスは現在の技術で実現できるものではないと思いますが、それ以外のインフラや受信側についてはすぐにでも実現可能なもの、というより最近始まったInstagramのStoriesのようなものとそれほど違うものではないかもしれません。SNSで日常を公にすることについては私も妻にあれこれ言われていますが、現状はあくまで主体的なものであり、それが自動的なものになるというのはさすがに私でもかなりの抵抗があります。いくらさらけ出しているように見える人でも、相当限定的なものでしょう。

The CircleのCEOを演じているのがTom Hanksなのですが、本当にカリスマのある経営者のように説得力のあるプレゼンテーションに見えました。Steve Jobsなどのプレゼンテーションを研究したことは間違いないでしょうが、研究材料には事欠かないのではないでしょうか。また、The CircleのキャンパスもAppleの新社屋やGoogle、Facebookのキャンパスを彷彿とさせるものになっていますが、映画用にさらにそれを極端にした感じでしょうか。

このあたりの業界に関心の強い私には終盤までなかなか楽しむことができたのですが、最後の最後、肝心なところが尻すぼみになってしまったような感じでとても欲求不満の貯まるような終わり方になっているのがとても残念でした。しかし、これは映像化の時点でうまく描けなかっただけでDave Eggersによる原作ではうまくまとめられているのではないかという気がするので、ぜひ読んでみようと思っています。その際にはこの映画で見たイメージが重なり合ってよりリアルに感じられるのではないでしょうか。

ザ・サークル

posted with amazlet at 17.11.11

デイヴ エガーズ Dave Eggers 早川書房 売り上げランキング: 74,982

Amazon.co.jpで詳細を見る

Blade Runner 2049

あの名作を継ぐもの。

最近、Harrison Fordらが来日してプロモーションしてテレビでもちょっと盛り上げていたようですが、映画「ブレードランナー2049」が先週末に公開されました。SF映画の金字塔「ブレードランナー」の実に35年ぶりの続編ということになりますが、前作の存在があまりに大きくなってしまっているので、続編を製作しているという話を聞いた時にもにわかに信じることができませんでした。あれだけの作品の続編となると製作陣も相当な意気込みであったろうと思いますが、Tomatometerも88%となかなかの評価となっているようです。私もとても楽しみに待っていたので早速観てきましたが、期待は裏切られることなく、前作ほどではないにしてもなかなかハードなSF作品に仕上がっていて楽しむことができました。

今回は前作で捜査官Deckardを演じていたHarrison Fordも同じ役で出演しているということですが、作品中でも30年経っている設定なので年を取ってしまっているのは問題ありません。これは「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のときと同じことですが、なんだか過去の栄光を引きずっているような感じなのを本人がどう思っているのかが気になってしまいます。一方、主人公のKを演じているのは顔も似ている2人のRyanのうち、「ラ・ラ・ランド」の方のRyan Goslingです。

今作の舞台はタイトルにある通り2049年という設定で、前作は2019年となっていましたが、幸か不幸かあと2年ではあの映画のような未来はやって来そうにありません。今から30年後がどうなっているかが見当がつかないように、30年前にもわからなかったのでしょうが、果たして今後30年のうちにレプリカントのような人造生命体は生まれるでしょうか。ひょっとすると何かのブレークスルーによって一気に現実味を帯びたりするのかもしれませんが、どうやら私が生きているうちには実現しそうになく、ちょっとホッとしています。まあ、SF作品は基本的に平行世界だと思って夢想してみればよいので、現実性を考える必要はないのですけどね。ただあの空飛ぶ自動車、Spinnerがどのような原理で宙に浮くのかは非常に不思議です。

一方、ホログラムをどうやって何もない空間に投影しているのかはとても不思議なところですが、それを除けばホログラムの恋人、Joiの存在は近い将来には実現しそうです。このJoiの役はAna de Armasが演じているのですが、とても可愛らしく、これが現実のものとなったらダメになる人がたくさんいそうです。しかし彼女にしか心を開けないKはとても哀しく見えますし、そんなKを真剣に想うJoiの姿は非常に切ないものです。

ところで、前作はシンセサイザー音楽家Vangelisの音楽が非常に印象的で、あのサントラ盤は私のお気に入りの一枚となっています。本作ではこのVangelis版のイメージを引き継いでHans ZimmerとBenjamin Wallfischが製作していますが、この作品の世界観は保っているのではないかと思います。ただ、Vangelisのような新しさはなく、少々無難なものになっているのは否めません。これはできることならVangelisにもう一度担当してほしかったところです。

Blade Runner 2049

posted with amazlet at 17.10.28

Epic (2017-11-17)売り上げランキング: 118

Amazon.co.jpで詳細を見る

ちなみに、本作では随所に日本語、特にカタカナ表記が目立ちます。あまりに普通に使われていて、コンピューターの発声もあるのですが、日本以外ではこれに字幕が付くのでしょうか。日本語字幕版だからこのメッセージも日本語なのだろうかと思ってしまうくらい自然に使われているので、英語版で観て確認したいくらいですが、おそらく英語の字幕が付くのでしょう。Kは普通に理解している風に応えていましたが、観ている人には伝わらないでしょうからね。

なお、本作を観るにあたって、前作をあらかじめ観ていた方がより楽しめることは間違いないと思いますが、観ていないとわからないというようなことはありません。本作を観て面白いと思ったら、それから前作を観てみるというのでもいいのではないでしょうか。

War for the Planet of the Apes

そしてオリジナルへと続く。

先日、猿の惑星シリーズの最新作、「猿の惑星: 聖戦記」が公開されました。これまで本シリーズは観てきていたものの、他に色々観たい映画はあるし、今回はもういいかなという気になっていたのですが、本作はTomatometerが93%という予想外の評判の良さで、「リブート三部作で最高」とか「オリジナル以来の出来」などと言われており、特にAndy Serkisの演技が高い評価を得ているようです。ダウンロード版か何かで観ればいいかなとも思ったのですが、やはり劇場で観た方が没入できる分感動は大きいので、水曜日に5:50からという字幕版が上映されるレイトショー以外で唯一の回で観てきました。地元の映画館では吹替版が優先されていて字幕版の扱いが酷いのが困りものです。

リブート後の第一作である「猿の惑星: 創世記」ではあくまで人間が主役、「猿の惑星:新世紀」では人間と猿とが同等に描かれている感じだったかと思いますが、今回は完全に猿を中心に物語が進行しています。これはまさしく地球上での主役が交代したということを表しているのでしょう。そしてその猿の中でも主人公であるCaesarを全2作に続いてAndy Serkisがモーションキャプチャーで演じていて、その演技が非常に高い評価を得ているわけですが、その他の猿についてもまったく違和感はなく、この技術についてはほぼ完成したと見ていいのでしょうね。

ストーリーについてもとても良くできていて、色々考えさせられることもあります。ただ、いつもこのシリーズを見ていて腑に落ちないというか、釈然としない物があるのは、高度な知能を得るのは類人猿だけで、馬などの家畜はあくまで家畜のまま猿に使われるだけの存在であり、その他の動物もそのままだということです。理屈として、猿にしか効果のないウィルスなのだという設定は理解できるのですが、それをアナロジーなのだと考えた時に「AとBは同等。しかしCは別。」という風に感じられてしまうのです。そこまで考える必要はないのでしょうが、私の違和感の原因はそこにあります。

ところで、最近はスタジオロゴもアレンジするのが流行っているようですね。私にはトランスフォーマーシリーズのものが印象的ですが、本作でも20th Century Foxの有名なファンファーレが変わっているので、これも一つのお楽しみではないでしょうか。

ちなみに本作の邦題は「聖戦記」と書いて「グレート・ウォー」と読ませるらしいのですが、さすがにこれは無理がないでしょうか。これでは結局誰もそんな呼び方はせずに皆「3作目」などというだけで終わってしまうのではないかと思われ、自分の仕事や商品に誇りを持って欲しいとまで思ってしまいます。その点、私の愛するスター・ウォーズシリーズは無難で堅実な、ほぼ直訳なのでホッとします。まあこの作品の原題は直訳も難しいですけどね。