Archives

GUとH&M

この町で薄利多売が続くかどうか。

ちょうど今から1年前のゴールデンウィークに、私の地元駅ビル内にGUがオープンしました。GUといえばユニクロを運営するファーストリテイリングの廉価ブランドですが、そもそも「高品質なのに低価格」を売りにしているはずのユニクロよりも安い、ということは品質が犠牲になるのは避けられないだろうというのが自然な発想でしょう。そのため、これまで私は何度か店を覗いてみることはあったものの、実際に何かを買ってみるということがありませんでした。

しかしつい先日、GUで売り始めたスター・ウォーズコラボTシャツに良さそうなものがいくつもあるというのを知ったので、790円のTシャツなら何回か着てすぐヨレヨレになったとしても諦めが付くだろう、と買いに行ってみました。店頭で触れてみた感じでもユニクロのものより生地が薄いのはわかりましたが、縫製が雑というようなことはありませんでしたし、とにかく大事なのはスター・ウォーズのプリントです。ユニクロのスター・ウォーズコラボTシャツは、アメリカにいる間に着ていて見知らぬ人に褒められることが何度もあったので、まったく侮れません。ちなみにコラボTシャツはすぐに着てしまうのではなく、何年か寝かせてみんなが忘れた頃に着るという「熟成」がポイントです。

それはそれとして、問題はこの時レジに行く途中でつい手に取ってしまったビッグポロなるものです。クーポンを使うと990になるというだけで購入してしまい、店頭でろくに確認せずに買ったのが悪いのですが、そもそも黒無地のポロシャツなんてどれでも同じだと思っていたのが大間違いでした。よくよく考えると胸ポケットが付いている時点でダサいのですが、不思議な事に着てみた瞬間から「オジサンっぽい」のが鏡を見なくてもわかりました。もちろん、私は年齢的にはオジサンですが、それとは別の話です。妻も洗濯したものを畳んでいるだけでももう着てほしくないと思ったそうで、先程は一体どこからこのダサさが漂ってくるのか夫婦で議論してしまいました。微妙なバランスの違いでこうも印象が違うものか、と服飾デザイナーの仕事の難しさを再認識した一軒です。

ところで、今年の3月には同じ駅ビルの中にH&Mまでできてしまいました。H&Mといえば2008年に銀座に進出してきたスウェーデンの廉価ファッションブランドですが、こんな地方都市にまで進出してくるとは思ってもいませんでした。良く言えばベーシックで飽きのこない、悪く言えば地味で没個性なデザインのユニクロに対し、有名デザイナーを起用したりしていますし、そもそも海外のものなので日本では新鮮さがあります。アメリカではどこのショッピングモールにも入っているような感じであちこちにありましたが、アメリカで見ると良さがわからず店内に立ち入ることすら一度もなかったと思います。

やはりオープン当初は行列ができたそうなのですが、ゴールデンウィーク中とはいえそろそろ落ち着いているだろうと思って行ってみました。そこで購入したのがヤシの木柄のポロシャツとデザインTシャツの2点、合計2798円でした。本当は他にもっといい柄のTシャツがあったですが、店頭にはサイズが小さいものしかなくて残念でした。値段が値段なのでそんなにオシャレというものではありませんが、さすがに上記GUのビッグポロのようなことはないでしょうから、普段着には十分ではないでしょうか。私にはそれを着て電車に乗れるかどうかという一つのボーダーラインがあるのですが、とりあえずそのラインはクリアできると思います。件のビッグポロはそれ以前の問題なので、申し訳ありませんが恐らくこれ以上着ずに車磨き用にでもなるのではないでしょうか。まあそれにしても、安いですよね。もともと衣類は原価率が低いので、それを下げても回転が良ければ儲かるのでしょうか。

ちなみにH&Mのレシート、どちらも「ファンシージャージー」となっているのですが、これは一体何なのでしょうか。「ファンシージャージー」で検索するとH&Mがたくさん出てくるのですが、そうでないものもあって、それもどう見てもジャージではないのに「ファンシージャージー」と明記してあって…ファッション業界の専門用語なのでしょうか。ちょっと検索してもわからないのでとても気になりますが、それほど気にしている人もいないようなのが非常に不気味です。

Amazon AutoRip

あの円盤の価値は…?

近年のiPodやiPhoneの普及で音楽を購入する時にAppleのiTunes Storeを利用しているという人も多いのではないかと思いますが、最近私がもっぱら利用しているのはAmazon MP3です。iTunes Storeに対してそれほど有利というわけではないのですが、私にとってはiTunesという専用のアプリケーションを使用しなければならないというよりも、普通にウェブブラウザの使い慣れたインタフェースを利用できるということにメリットが感じられます。価格は作品によって違いはあるもののほぼ同程度で、Amazonは変動が大きく買い時を逃すと悔しい思いをすることがあるという面はありますが、頻繁にセールが行われるためタイミングが合えば非常に安く購入することができます。

オーディオフォーマットはiTunes StoreがAAC、Amazon MP3はMP3という違いがあり、音質的にはAACの方が有利とは言われるものの、256Kbpsという高ビットレートなので私の耳でわかるような違いはありません。MP3にはDRMの機能がないので登場当初は驚かされましたが、現在はiTunes StoreでもDRMフリーになっているためDRMに関しては同等です。

DRMフリーというと誰にでもコピーし放題ということになるわけですが、実際に金を払って購入した楽曲をわざわざインターネットに公開するような人がそんなにいるはずもなく、せいぜい友人知人の間での限定的なもので、それは購入したCDの貸し借りと同じレベルのものです。少なくとも音楽に関しては、歴史的にレコードやCDというコピープロテクトの無いメディアで流通してきたという経緯はあるかと思いますが、結局DRMには何の意味もなかったということになるのではないでしょうか。

ところで、このAmazon MP3でまた画期的なサービスが始まりました。その名も”AutoRip“というものですが、AmazonでCDを購入すると収録されている曲のMP3もダウンロードでき、またAmazon Cloud Playerでも聴くことができるというものです。現時点では対象アルバムが50000点以上ということで全てというわけではないのですが、過去に購入したアルバムにも遡って適用されるというのが素晴らしいところです。私のところにもメールが送られてきて、昨年購入した2枚のアルバムが対象となっていたためCloud Playerのライブラリに追加されました。MP3については既にCDから自分でリッピングしているため、今回はダウンロードしていません。

AutoRipという名の通り、このサービスはユーザが購入したCDをわざわざリッピングする必要がなくなる、というのが利点なのだろうと思いますが、たしかに最近購入した私のMac miniには光学ドライブがありませんし、そういう人には便利なサービスと言えます。最近はCDを購入しても実際のケースを開けてCDメディアを目にするのも最初にリッピングする時だけになってしまっていますが、もう開封すら必要なくなってしまうということになります。非常に便利ではありますが、もうブックレットを見るためだけに開封するということもないでしょうから、購入してもそのまま棚にしまっておくということになってしまいそうです。

しかしよくわからなくなるのは、Amazonで対象アルバムを見ているとMP3よりもCDの方が安いものもあるということです。そうすると、あの銀色の円盤の価値はいったい何なのか、また送料などはどこから出てくるのか、逆にMP3の価格は不当に高く設定されているのではないか、と疑問が色々湧いてきてしまいます。これもしばらくすればどこかに落ち着くのかもしれませんが、実際のところはどうせ購入しても開封しないようなものなら必要ないということですよね。物理メディアが手元にあるとなんとなく安心するというのが今まではありましたが、災害や盗難のリスクを考えたらいつでもダウンロード出来るという方が安全なのかもしれません。

ということで、今のところアメリカのみのサービスですが、近いうちに日本でも開始されるのではないでしょうか。CDそのものが消えていく過程の過渡的なサービスですが、これがCDのみならず他の物理メディアにも引導を渡すことになるのかもしれません。

PayPal

地味だけど結構いい。

知っている人にとっては今さらですが、みなさんはPayPalってご存知でしょうか。現在は世界最大のオークションサイトeBayの傘下にある決済サービスの会社です。特にアメリカでは小規模なネット通販サイトなどで幅広く利用されているのですが、あまり日本では普及していないようで利用できるサイトはこれまでに見た記憶がありません。

先日、私はとある物をアメリカのネットショップで購入したのですが、この時の決済がPayPalでした。私も普段はクレジットカードで決済することが多いのですが、このサイトではPayPalのみの対応だったのです。PayPal自体は過去に何度か利用しているのですが、今回実際に利用してみて改めて便利さを感じたのでこうしてちょっと書いてみようという気になったわけです。

PayPalを使うと何が良いのかというと、まず一つは決済に関わる情報を小売店側に知られずに済むということです。クレジットカードの場合にはカード番号を知られてしまうことになるので、後は相手を信じるしかないということになり、やはり若干の不安がつきまといます。またこれは小売店側にとっても大きなメリットであって、情報管理に関わるコストを省くことができます。過去に何度か楽天の店舗が決済情報を漏らすというトラブルがあったかと思いますが、過失か故意かに関わらずそういったリスクを背負わずに済むわけで、小さなショップほどありがたいものではないでしょうか。

もう一つ良いのは決済アカウントと住所を紐付けられるということです。これはただ単に商品送付先の入力の手間を省けるというだけではなく、誤入力のリスクが減りますし、また通販サイトでの第三者による不正利用を難しくするというメリットもあるのではないかと思います。とはいえ、私は最初この住所の登録を間違えていて、待てど暮らせど商品が届かないという思いをしてしまったわけですが、それは単に私の確認不足だったので普通は無いことでしょう。

PayPal自体にも口座の働きがあって、ここにまとめて入金しておくとその範囲内の利用はそこから差し引かれていくことになります。また、不足の場合は登録されたクレジットカードでの決済ということになるので、あらかじめ入金しておかなければならないというものでもありませんし、実際日本ではまだこの入金という操作はできないようです。しかしこれも、クレジットカードを持てない学生や一部の職業の方などには助かるサービスなのではないでしょうか。

ということで、フィッシングメールのせいで怪しく見えてしまっているかもしれませんが、日本でももっと使えたら便利なのではないかな、と思っています。アメリカでは寄付などにも利用できることが多いですからね。