Archives

「ウナギは食べていいのか」って?

だいたいワシントン条約で規制されているものを食べるなんてどうかしていませんか。

アレルギーで食べられないという方は除くとして、日本人でうなぎの蒲焼が嫌いだという人はそうそういないのではないでしょうか。実は私は海外で冷凍だか真空パックだかの美味しくないものを食べていたせいで子供の頃は嫌いだったのですが、帰国後に美味しいものを食べてからは「これが本当のうなぎか」と好物の一つになりました。現在では別に土用の丑の日でなくとも食べたいと思いますが、今は食べるべき時ではないでしょう。

それはもちろん言うまでもなく、ニホンウナギが国際自然保護連合の絶滅危惧種に指定され、まさに種の存続の危機に瀕しているからです。環境省のレッドリスト2017でも同じく絶滅危惧IB類(EN)に指定されており、「IA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの」とされています。IA類(CR)とは「ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの」というものなので、IB類はまだ多少の猶予はあるけれども積極的な保護が必要とされていることは間違いないでしょう。

今年はじめには「ウナギ稚魚、極度の不漁=過去最低更新の恐れ」と報道されました。鹿児島では漁獲高が前年同期の1%程度、などとされていますが、私にしてみれば「まだ獲っていたのか」というような驚きです。「養殖業者らは危機感を強めている。」なんて言っている場合ではないでしょう。いえ、このまま進めばシラスウナギの絶滅は間近ですから、産業としてのウナギ漁と養殖も成り立たなくなることは間違いなく、その点に関して危機感を強めていただいて、どうすればこれまで通りウナギが穫れる状態に戻せるのか真剣に考えてもらわなければなりません。

私がどうしてこんな記事を急に書くのかといえば、ITmediaのねとらぼに「結局“絶滅危惧種”ウナギは食べていいのか 水産庁と日本自然保護協会に聞いてみた」という記事が掲載され話題となっているためです。記事のタイトル通り、素直に水産庁と日本自然保護協会に質問してみたところ、全く正反対の回答が得られたということです。「消費者が購入を控えることに意味はありますか」という質問に対して「あまり意味はないと思います。」と回答してしまっていますが、「水産物は持続的に利用してくことが重要」という文言からも分かる通り、ウナギをあくまで水産物としてしか考えていないのです。結局のところ、水産庁というのは漁業関係者の利益を代表している役所なので、これはこの役所の立場としては正しい回答なのかもしれませんが、これを一般市民が聞けば単純に「ああ、食べてよかったのか」となってしまうでしょう。

まあ単に聞く相手が違えば答えも違うというだけの話で、「ウナギを絶滅させてはならない」という前提であれば環境省に聞くべき質問であり、水産庁に聞けばこういう回答になるのは仕方のないことです。質問を変えれば「ウナギを絶滅させるべきか、それともウナギ漁とうなぎ料理を絶やすべきか」ということになり、いずれにしても滅びるしかない食文化なのであればニホンウナギという種を犠牲にして守ったところで意味は無いわけで、他の魚などで代用するか、そうでなければ廃業・業種転換でもするしかないのではないでしょうか。いま水産庁としてすべきことは、そのサポートなのではないかと思います。

そして我々がすべきことは、天然/養殖、国産/中国産などにかかわらず、うなぎを食べることを諦めることです。

フィッシングメールにご注意

みんな気を付けてよ!

先日、いつもどおり始業時刻の1時間前に出社してPCを立ち上げると、勤務先のメールボックスに他部署の業務に関する、しかし明らかに私には無関係な内容のメールに対して、まったく関係なさそうな他の部署の人が「宛先違いなので自分を宛先から除いてください」と全返信で返しているメールが入っていました。元のメールは入っていないのに返信だけ入っているというのも妙だったのですが、それをわざわざ送り主以外の全員に返信する意味がわからないなあと思って眺めていました。そもそも、送信先に私のアドレスは入っていなかったのですが、どうやら勤務先全従業員を対象にしたエイリアスを誤って送り先に入れてしまったようで、事業所のトップ以下数千人にそのようなゴミメールを送り付けてしまっていたはずです。

それだけなら「困った人だ」くらいで済むのですが、その後徐々に出社してきた人がPCを立ち上げて「私も…」とやり始めて、結局20人程度の人が同じようなゴミの投げ合いを始めてしまいました。最初の数人はまだしも、そんなメールが何通も届いているのを見て「何か変だ」とは思わないものなのでしょうか。まあ、数千人のうちの20人なので全体の1%にも満たないわけで、その程度の割合では避けられないものなのかもしれません。

それとは直接関係ないのですが、今日は私の私用のメールボックスにAmazon.co.jpから「注文通知」という件名の見たことのないメールが届きました。内容は「請求書」となっていて、Launchpad MiniなるUS$114.99の製品をトルコの人に配達することになっていて、「この注文があなたのやり方でない場合は、この注文をキャンセルしてください と表示されます」という妙な文章のうち、「この注文をキャンセルしてください」の部分がハイパーリンクになっています。

日本語のたどたどしさ以外にも、日本のAmazonなのに価格がUSDだったり、キャンセル方法だけが詳しかったりと怪しい所だらけでいかにもなフィッシングなのですが、もちろんこのハイパーリンクこそが釣り針で、短縮URL経由でどこかの怪しいウェブサイトへ飛ばされていくようです。ご丁寧にも短縮URLはamzauthlogなんてそれっぽい文字列にしてありますので、ちょっとだけ注意深くURLを確認してみた人もうっかり引っかかってしまうのかもしれません。

このメールはどうもあちこちに送られているようでITMediaやInternet Watchなどでも報じられているようですが、上で述べた「1%」に当てはまるような人のうちのまた何分の一かの人が釣られてしまうのでしょうね。インターネットのおかげであらゆることが便利になっていますが、犯罪者にとっても便利になってしまっているということも忘れないようにしましょう。

Novation パフォーマンスコントローラ Launchpad Mini MK2

posted with amazlet at 17.09.22

Novation (2015-08-28)売り上げランキング: 3,008

Amazon.co.jpで詳細を見る

東芝が東証二部に降格

よもやこんなことになるとは。

今日はついにというかなんというか、衝撃的なニュースが舞い込んできました。日本のいわゆる総合電機メーカー三社の一角、あの東芝がとうとう8月1日付で東証二部に降格されることが決まってしまったとのことです。

東芝といえば1875年創業の電信機工場に端を発する日本国民の誰もが知る伝統ある企業でしたが、2006年に買収した原子力会社Westinghouse Electricの巨額の損失と、それを隠すための粉飾決算とで社会的な問題となり、ついにここまで没落してしまいましたが、その責任のすべては経営陣にあると言って間違いないでしょう。100年以上の歴史も崩れ去るのはあっという間、いとも簡単に地に落ちてしまうものです。

メーカーと言えど、良いものを作っているだけでは成り立たないというのも明らかになりました。我が家の家電製品で東芝製のものはテレビくらいのような気がしますが、これは今でもまったく問題なく活躍しており、当時大枚はたいて購入しただけのことはあると思っています。また、そうして目に見えるもの以外にも、フラッシュメモリを始めとして各種製品に組み込まれている電子デバイスも数知れないでしょう。そういえばFlashAirも東芝製でした。このように有力なブランドであっても、吹き飛んでしまうのです。

二部に落ちたからと言って潰れてしまうわけではないのでそう悲観する必要はないのかもしれませんが、20年以上前の私の就職活動中に視野にあった三洋やシャープもあのような残念なことになってしまいましたし、これらとは一線を画す一流企業だと思っていたあの東芝が、というのが非常にショックです。私はなぜか東芝を選択肢に入れませんでしたが、東芝に入社した私の友人もいますし、何かが違っていたら私も当事者になっていたかもしれません。ちなみにその友人はすでに転職して難を逃れているようです。

実は私の勤務先も入社して間もなく「経営の危機」などと言われて緊縮政策がしかれたりして、その後なんとか持ち直して今は安定しているように見えますが、まさに一寸先は闇、今後何がどうなるかはわかりません。中国を始めとする各国が日本を追い越そうとしていますので、安泰というようなことはないのだと思います。明日は我が身と思って気を引き締めて参りましょう。