Archives

Star Trek Beyond

LLAP50!

今でもアメリカでは熱烈なファンがたくさんいるStar Trekですが、いわゆるTOS、日本では「宇宙大作戦」として放送された最初のテレビドラマシリーズが始まったのが1966年ということで、今年でちょうど50年になるそうです。50周年なら盛大に祝っても良さそうな気もしますが、どこかでイベントなどは行われているのでしょうか。ウェブサイトでは記念の動画が公開されたりはしているようですが、私が知らないだけでしょうか。

そういう記念の年である今年、劇場版としては13作目となる「スター・トレック BEYOND」が日本でもいよいよ公開されましたが、この作品は珍しく前売り券をムビチケで買い、公開初日の昨日さっそく観に行ってきました。アメリカではすでに7月から公開されていたので待ち遠しかったですね。

この作品の全米公開直前の今年6月、Pavel Chekov役で出演しているAnton Yelchinが自宅前で亡くなっているのが見つかるという不幸がありました。27歳というのはあまりに若すぎる死ですが、このシリーズでもとてもいい味を出していて、私も好きなキャラクターの一人だったのに大変残念なことです。しかしこれを受けて、公開を間近に控えているにも関わらずAntonの出演シーンを増やしたり、追悼するようなシーンの追加撮影を行ったりしたという噂もあり、実際Antonの出番がやけに多いような印象がありました。しかしそれは不自然なほどではなく、本当だとしたら素晴らしいことです。

J. J. Abramsが監督した2009年の「スター・トレック」以降の現代的でダイナミックな映像は監督が「ワイルド・スピード」シリーズのJustin Linに交代したこの作品でも健在で、最後まで息つく間もない非常に面白い映画になっていると思います。しかしまた相変わらずなのが異星人の造形表現です。ほとんどの異星人が地球人と同じように頭と胴体と四肢を持つ人間型、ヒューマノイドであるというのはもともと同じ種であるという設定なのでいいのですが、逆に頭に凹凸が付いていたり肌に模様があったりという違いがある方が必然性が理解できず違和感が拭えないのです。Star Warsに登場する宇宙人は地球人と見分けがつかないか、あるいはもっと大胆に違う事が多いのでそのような感じはないのですが、Star Trekでは昔から変わりませんね。まあこれがStar Trekということであえて変えないのかもしれません。

なお、初代SpockであるLeonard Nimoyが昨年亡くなってしまったというのもStar Trek界隈では大きなニュースでしたが、本作はLeonardにも捧げられており、作品の中にも大変印象的なシーンが挿入されています。またもちろん、エンドクレジットにはLeonardとAntonへの献辞があります。Antonの事故は思いもよらない事でしたが、さすがにシリーズも50年ともなるとこういうことも増えてきてしまうのでしょうね。

The Martian

どうしてそんな平凡な邦題をつけてしまうのか…

昨日14日はバレンタインデーでしたが、高校生の長男は部活の友人らと男子4人でUSJに遊びに行ってしまったので、残された家族3人で今大評判の映画「オデッセイ」を観に行ってきました。この映画は理系志望らしい長男には第一に見せたい作品でしたが、彼は一足早く昨日友人と観に行ってしまっていたのでした。

本作はAndy Weirという人がウェブサイトで連載していた小説「火星の人」をまとめて、Kindleでわずか99¢で売り出し大ヒットしたというものが原作となっています。私より1歳だけ年下の人ですが、幼い頃からのSFファンで、15歳の頃から国立研究所でプログラマーとして働き出し、その後UCSDでコンピューター・サイエンスを学び、多くのソフトウェア会社で働いた、という経歴にはなるほどと思わされるものがあります。

舞台となるのは火星、有人探査ミッションARES 3の遂行中に猛烈な砂嵐に巻き込まれ、ミッションを放棄が決断されましたが、撤退の途中で主人公の植物学者Mark Watneyは折れて吹き飛ばされたアンテナの直撃を受け、クルーは彼が死亡したと判断して地球への帰還を始めます。しかし奇跡的にもMarkは命を取りとめており、火星に一人取り残された彼は4年後に次のミッションがやってくるまでの間生き延びるために格闘する、というものです。

Markを演じているのはMatt Damonですが、彼はインターステラーでも惑星上に一人置き去りにされる役を演じており、何かの関連性を感じてしまいます。実際にはそんなことはないのでしょうが、彼ならなんとか生き延びてしまいそうな気がしますね。

本作の監督はエイリアンやブレードランナー、最近ではプロメテウスを監督したSF映画の巨匠Ridley Scottです。登場する宇宙船ヘルメスは彼の過去の作品に登場したものとの類似性が見られますが、御年78という年齢による衰えなど微塵も感じさせない冴え渡る映像に魅せられてしまいました。

この作品を見終わった直後の私の印象は、「まるで『実話を元にしたフィクション』のようだ」ということです。それだけ細かい科学考証がなされて、いかに現実性をもたせるかに力が注がれたということなのでしょう。現代の技術ではまだ火星への有人ミッションというのは実現していませんが、まるでそれが本当に行われているかのようなリアリティがありました。しかし実際にはいくつか辻褄の合わない点があり、例えば大気が薄いはずなのに猛烈な砂嵐が起こっていたりしているのですが、そんなことは気にならないくらいなのです。

一つ気になったのは、ちょっと無理矢理に中国が登場することです。今はハリウッドもチャイナマネーに頼らざるを得ないのでしょうが、あからさまなご機嫌取りのように感じてしまいました。一方、ちょっと嬉しかったのは船長が往年のディスコミュージック好きでそればかりを持ち込んでいたという設定で、懐かしい曲が何曲もBGMに使われているということです。これらの曲はCDにまとめられているので、この機会に聞いてみるのも良いのではないでしょうか。

Songs from the Martian

¥ 1,460

(2016-02-14現在)

Johnson Space Center / Space Center Houston

“Houston, Tranquility Base here. The Eagle has landed.” – Neil Armstrong

私は今、テキサス州の州都、オースティンに来ています。日本からの出張者のお供として先週こちらに来たのですが、週末に戻る予定が変更になり、今週まで滞在を延長することになりました。もともと延長になる可能性はあったので若干の余裕は持たせていたものの、衣類の洗濯が必要になるなど少々の面倒があります。また、週末を挟むことになってしまうので、出張者に退屈させずリフレッシュしてもらうことも考えなければなりません。

ということで近辺になにか面白いものはないかと調べてみたのですが、オースティンはおしゃれで美味しい飲食店が数多くあったり、清潔で安全な素晴らしい街ではあるものの、残念ながら観光地ではありません。3月のSXSWなどは見てみたいものですが、それはそれで大変な混雑になってしまいそうなのでむしろその時期でなくて良かったのではないでしょうか。テキサス州会議事堂はちょっとしたものですが、ゆっくり見ても小一時間ではないでしょうか。

そこでオースティンから近郊へ足を伸ばしてみようかと地図を眺めていたところ、ヒューストンが日帰りできる距離であることが分かりました。ヒューストンは全米第4の人口、第2の面積を持つという大都市ですが、ここに何があるのかといえば「こちらヒューストン」ということでNASAのジョンソン宇宙センターです。私は1年ちょっと前にはケネディ宇宙センターにも行って、ヒューストンの方にもぜひ行ってみたいとは思っていましたが、出張者も興味があるので行きたい、ということだったので片道3時間少々のドライブに我慢いただきお連れすることにしました。

実際に訪れるのはジョンソン宇宙センターに隣接する、見学者用の施設であるスペースセンターヒューストンです。入口横にはスペースシャトル輸送機であるN905NAがシャトルの模型であるIndependenceを背負って展示されていますが完全ではなく、これは近日公開ということのようです。

まずここに入場すると最初にアメリカの宇宙開発史をまとめた映像をDestiny Theaterで観て、気分を盛り上げることになります。その後いくつもの実物展示を見て、メインのアトラクションであるトラムツアーへと移ります。こちらはISSのモジュールが並べてあるところを見に行くツアーと、実際の管制室を見に行くツアーとがあり選ぶことができますが、モジュールはモックアップだということなので、本物志向で管制室の方のツアーに並ぶことにしました。なおツアーは30分毎に出発するもので予約は不要です。

トラムは出発するとChristopher C. Kraft Jr. Mission Control Centerへと向かいます。ここではもっぱらISSの管制を行っているようですが、今回見学できたのは実際にISSを管制しているところではなく、21世紀仕様の管制室として作られ、現在リハーサルが繰り返されている新しい管制室とのことでした。訪れたのが土曜日なので職員はいませんでしたが、平日は実際に使用されているようで、前方のスクリーンにはISSの現在位置などがリアルタイムに表示されていてなかなかのものです。映画などで見た管制室との大きな違いは机上の画面が全て大きめの液晶パネルになっていることでしょうか。

ここではNeilという年配の男性が詳しく説明してくれたのですが、そのNeilが名乗った時一瞬空気が止まり、そして直後に「でもあのNeilじゃないよ」といって笑いが起こるのはお約束なのでしょうがちょっと面白かったところです。残念ながらあのNeilは既に亡くなっていますからね。このほか様々な細かいジョークを交えながら楽しい解説を行ってくれたので、このツアーに参加して良かったと思えました。

この後またトラムに乗って移動し、今度はRocket Parkというところでいくつかのロケットやそのエンジンが展示されているのを見ることができますが、目玉となっているのはSaturn Vです。アポロ計画やスカイラブ計画で使用されたこのロケットはケネディ宇宙センターにも展示されていましたが、こちらの方が同じ高さで見ることができるのはいいかもしれません。トラムツアーはこれで終了で、館内へ戻って時間が許す限り残りの展示を見るという感じになるでしょう。

ケネディ宇宙センターがロケット等の打ち上げを司っているのに対し、ジョンソン宇宙センターは打ち上げ直後から航行を司るものになっているのですが、ということはここにはロケットやシャトルなどの実機は来ていないということで、ケネディ宇宙センターにあったようなロケットやその発射台、輸送機などはここでは基本的には見ることができないということです。その代わりに開発時のエピソードに関する展示や管制室といったものを見ることができるので、どちらが好きかは別として、結構違うものでした。私はケネディ宇宙センターでのシャトルAtlantisにいたく感動したのであちらの方が好きですが、こちらはこちらでそれなりに楽しむことができました。なんといっても本物の管制室を見る経験というのはなかなかないものではないでしょうか。