Archives

アートの島・犬島と日生のカキオコ

程よく充実。

先日、デイリーポータルZのデジタルリマスター版(2007年の記事を写真画像を大きくして再掲載)として公開された「日生のカキお好み焼きを食べてきた」という記事を見つけ、以前食べに行ってとても美味しかったので「年明けにでも食べに行こう」とFacebookでシェアしたのですが、この時会社のZさんから食いつきがあり、この正月休みの間に一緒に食べに行こうということになりました。自宅から日生までは一般道でも1時間強で着いてしまう距離なのですが、せっかくなのでどこか寄るところはないだろうかと考えたところ、前からちょっと気になっていた犬島がいいのではと思いつき、行ってみようということになりました。

犬島へは宝伝港から高速船に乗って渡ることになりますが、10分足らずで着いてしまいます。また車で渡ることはできませんが、とても小さな島なので歩いて回っても十分なので、宝伝港周辺にある有料駐車場に停めていくことになります。フェリーの代金は300円、往復とも宝伝港で係の方に現金で支払うことになりますので、小銭を用意しておいた方が良いようです。

犬島には何があるのかというと、有名な直島とあわせてベネッセが運営するアートの島となっており、島内に現代美術作品が点在しています。作品は瀬戸内国際芸術祭の一環で製作・展示されているものですが、トリエンナーレ形式で3年に一度開催されるもので前回は2016年、次回は2019年なので今はちょうど端境期であり、また直島ほど有名ではなく規模も大きくないので落ち着いている状況です。

私も特に現代美術に造詣が深いわけではありませんが、芸術などというものは個人個人が思いのままに楽しめば良いものだと思っているので、難しいことは考えず直感で捉えるようにしており、「これはなんかいいな」くらいで楽しんでいます。当日は天気も良かったのでブラブラと散歩がてらアートを鑑賞するという感じで島内を回りましたが、私が特に気に入ったのはF邸「Biota (Fauna/Flora)」です。館内では撮影禁止とのことなので写真に収めることはできませんでしたが、「Fauna」の部分がなんとも言えない優しい雰囲気を持っていて好きです。

また、最も大規模なのが犬島精錬所美術館という、20世紀の初め頃に稼働していた銅の製錬所の遺構を利用したもので、美術館全体が「ヒーロー乾電池」という一つの作品になっています。三島由紀夫をモチーフにした作品で、三島作品をちゃんと知っていればもっと楽しめたのだろうと悔やまれますが、そうでなくともなかなかグッと来るものがあり、見に行った甲斐があったと思います。なお、作品のタイトルである「ヒーロー乾電池」の箱が書棚の上にひっそりと置かれているのを発見しました。

週末に限り、美術館では犬島で生まれ育ったおばあちゃんが島の歴史などについて解説してくれるということだったのですが、本土に戻る船の便数が少なくタイミングを逃すと1時間以上待たなければならず、作品を見終わったところでちょうど船の出発10分前だったので急いで港に戻って本土に渡りました。このため夕食までにちょっと時間ができたので近くの西大寺観音院を軽く見学し、その後満を持して日生のカキオコに挑むことにしました。

私は2年ほど前にも一度、カキオコを食べに行ったことがあり、その時に入った「タマちゃん」でもとても美味しくて満足したのですが、今回はまた別の店に行ってみようということで、「カキオコ発祥の店」を謳うほりに行ってみることにしました。ここも有名店の一つなので週末の昼時には長い列ができるようですが、午後4時頃という中途半端な時間に入ったためすぐに座ることができました。しかし、地元の方々に親しまれているらしく、そんな時間でも満席に近い状態でした。

私たちはカキオコのカキ増量玉とカキモダン焼を注文してシェアすることにしたのですが、最初に私があえてカキオコと違うものにしようとしてカキちゃんぽん焼をお願いすると「お好み焼きじゃなくていいのか」と言われてしまい、お勧めなのであればということでモダン焼きに変更したのでした。地元民ではないのでよくわかっていないと思われたのでしょうが、親切心で教えてくれたことはわかったので悪い印象はありません。

焼いているところを目の前で見ながらしばらく待っていると、私たちの前にカキオコとモダン焼がやってきました。お好み焼きの上にたっぷり10粒の牡蠣が載り、その上に塗られたソースの照りがさらに食欲をそそる美しさです。何枚でも写真を撮っていたくなりますが、そうも言っていられないのでできたての美味しいうちにさっさといただくことにします。カキオコの素晴らしいのは、牡蠣を焼く時にお好み焼きの生地で蒸し焼き状態になるため、牡蠣が縮まずぷりぷりした状態で焼き上がっているということです。今回は増量したことで1人10粒もの牡蠣をいただくことができて、腹持ちのいい粉物でもあり、質量ともに大満足で帰路に就くことができました。

ということで、播磨地方からの日帰り旅行の理想的なプランとなったわけですが、カキオコだけであれば会社帰りにも行けないことはない距離なので、この冬の間にでももう一度、また別の店を試してみたいと思います。また、犬島の方は今回の旅でほぼ網羅できたので、今度は直島の方へ足を伸ばしてみたいところです。

鳥取二十世紀梨記念館 なしっこ館

梨だけでここまでやれば。

日本の梨の名産地といえばどこを思い浮かべるでしょうか。生産量で言えばふなっしーの船橋市がある千葉県が全国一位のようで、現在はそれに大きく水を開けられてしまってはいますが、鳥取県は長らく日本一の座にあったせいか梨の産地というイメージが強いように思います。しかし、鳥取県の主力は二十世紀であるため、幸水や豊水といった赤梨に人気が移ってしまった今は押され気味ということのようです。

その鳥取県は私が住む兵庫県の隣りにあり、私の自宅から鳥取県庁までの道のりが100km少々ということで、ちょっとしたドライブで行くことができます。山陰は空いている道路が多いので快適なドライブが楽しめるので私はちょくちょく走りに行っているのですが、夏から秋にかけては道の駅や直売所で売られている梨を買って帰るのも楽しみの一つになっています。規格外のものなどを格安で買うことができたりするのは産地ならではのことでしょう。

地理的にこの鳥取県の中心部にある倉吉市には鳥取二十世紀梨記念館 なしっこ館という、梨というたった一種類の果物をテーマにした博物館があります。しかも館名に「二十世紀梨」という品種まで掲げてしまっており、そこまで二十世紀に依存してしまっていいのか心配になってしまいますが、実際の展示内容はもちろん他品種も含め梨全般に渡ったものになっています。

300円という微妙な金額の入館料を払って館内に入ると大きなホールに出ますが、中心には「二十世紀梨の巨木」が骨格標本のように見事な枝ぶり根の張りを見せて展示されています。そしてこのホールの周りに展示室が並んでいる形になっていて、様々な品種や鳥取県における梨栽培の歴史、梨の栽培方法などが解説されています。また、キッチンギャラリーでは梨の試食を提供しており、私が行った時には全部で5種類の梨の食べ比べができるようになっていました。よく冷えていたせいもあってどれも非常に美味しかったのですが、一番気に入ったのは「新甘泉」という品種でした。

また、「梨と生きる『二十世紀梨』ものがたり劇場」では梨栽培の歴史を10分間の映像とロボットとで教えてくれます。30分に1回の上映となっており、たまたま私がここに行ったのが開演3分前だったので座って観てみることにしましたが、梨農家風の劇場を独り占めして落ち着いて観てしまいました。それほど特別驚くようなことはありませんでしたが、なかなか臨場感はあるのではないでしょうか。

展示を見終わった後は、同じ建物にあるフルーツパーラーで梨を中心とした果物を使った各種のデザートを楽しむことができます。私は梨ソフトクリームを買って外に出て食べてみましたが、二十世紀梨をピューレにして使っているというだけあって、梨らしい爽やかさがとても美味しいソフトクリームでした。梨ソフトクリーム自体は鳥取砂丘など県内のいろいろなところで食べることができますので、ぜひ一度お試しいただきたいと思います。

なお、このなしっこ館の館内にもおみやげコーナーはありますが、ちょっと高級な梨しかないようだったので私はここでは買わず、いつも帰りに立ち寄る物産館みかどという直売所で、新高梨をケースで購入して帰りました。普段食べているものよりも大ぶりの梨なので冷蔵庫で冷やすのにも時間がかかりますが、1個剥いてもらって食べたところ瑞々しく甘く、とても美味しかったです。私が最も好きな果物はマンゴーや桃ですが、日常的に食べられる果物の中では梨が一番かもしれません。

太陽公園 白鳥城

本物も多少浮いてますが…

姫路といえば白鷺城こと世界遺産姫路城というのは誰に聞いても同じかと思いますが、実は姫路にはもう一つの城があります。それは2009年に完成した「白鳥城」という、ドイツのノイシュヴァンシュタイン城をモチーフにした西洋風のものです。この白鳥城は太陽公園というテーマパークの中にあるのですが、私が太陽公園に行ったのは城の工事中だった2008年のことで、城が完成してからは近くを通る度にその威容を眺めてはいましたが、間近で見たことはなかったのでした。そこで今日、午後は暇だったのでまたちょっと自転車に乗ってこよう、と自宅から8kmほどなので行ってみることにしたのでした。

以前は白鳥城がある「城のエリア」と世界中の石像のレプリカが並ぶ「石のエリア」とで入場料が別れていたような気がするのですが、行ってみると両方共通で1300円となかなかの値段で、城までのモノレールの料金が含まれているとのことでした。今回はふらっと行ってみただけですし、外から見るだけでもいいかなと思ったのですが、まあせっかく来たことだし珍スポットも中を見ないと語れない、ということで入ってみることにしました。

モノレールというのは嘉穂製作所というところが作っているスロープカーというものだそうで、40人乗りのものが2両連結されているという、この手のものにしては大型のものです。これが20分おきに往復していて、乗車時間は約3分となっているのですが、城が山の上にあり歩いて登るにはなかなか急なので、少なくとも上りは乗った方がいいでしょう。上側の車両が城の方を向き、下側は麓の方を見下ろすような形になっていますが、私が乗ったのは下側の車両です。

山上でモノレールを降りて城の入口の方に歩いて行ってみると門がありますが、なかなかそれっぽくできています。ただ全体的に小さく見えるのは気のせいではなく、ノイシュヴァンシュタイン城の3分の2のスケールになっているとのことです。まあうまく写真を撮ればわからないのではないでしょうか。城の中へ入ってしまうと完全な現代のプレハブ建築の内装で、趣もへったくれもないという感じなのは非常に残念です。ただ、内部はイベントスペースのような感じになっていて、今は「服部正志の3Dトリックアート展」なるものをやっていました。さすがに一人では盛り上がれないので、私はこれらをまったく見ずに素通りしてしまいましたが、家族連れやカップルは楽しんでいるようでした。

ということで、結局外で見るだけで十分だったような気もしますが、やっぱり入ってみないとそれも言えませんからね。しかし、オリジナルのノイシュヴァンシュタイン城も実は鉄骨とコンクリート、モルタルでできているということですから、多少古いだけで大差ないのかもしれません。そう聞いてしまうとわざわざ観に行くほどのものでもないような気がしてしまいますが、コンクリートだろうが石だろうが何でできているかで価値が決まるようなものではありませんよね。