Archives

Atomic Blonde

映像も音楽も何もかも。

いわゆる東西陣営のいがみ合いにより国家が2つに分断されている、と言うと今では南北朝鮮を思い浮かべるかと思いますが、かつては東西に分断されていたドイツがその代表でした。さらにドイツがややこしいのは分断前の首都だったベルリンは当時の東ドイツ領内にありながら、ベルリン自体も東西に分けられ分割統治されていたということで、東側からの人口流出を食い止めるためにその境界に東ドイツが築いたのがベルリンの壁です。

このベルリンの壁は1961年から1989年に崩壊するまでの30年弱に渡って東西の行き来を阻んでいたわけですが、ちょうど今北朝鮮からの「脱北」が命懸けで行われているように、当時の東から西への脱出は逮捕、射殺、落下、溺死の危険を伴ったもので、運のいい一部の人だけが逃れることができたのでした。私はまだベルリンに行ったことはありませんが、当時イギリスに住んでいたことがあり、(西)ドイツも何度か訪れていたため、比較的肌に近いところでこの緊張感に触れていたものです。そしてこの壁が崩壊した1989年、日本でこのニュースを聞いた時には鳥肌の立つ思いだったことを今でも覚えています。

ということで前置きが長くなりましたが、公開初日の昨日観た映画「アトミック・ブロンド」はこの事件の直前のベルリンを舞台とした映画です。といっても壁の崩壊そのものとは直接関係なく、冷戦下のベルリンで暗躍する東西のスパイの戦いを描いたフィクションで、Antony JohnstonとSam HartによるThe Coldest Cityというグラフィックノベルを原作としたものです。

The Coldest City

posted with amazlet at 17.10.21

Antony Johnston Oni Pr 売り上げランキング: 4,811

Amazon.co.jpで詳細を見る

主役はMI6のエリートエージェントであるLorraine Broughtonですが、それを演じているのはCharlize Theronで、このLorraineが美しくカッコよく、最高にクールです。本作のレーティングは日本ではR15となっている通り、血しぶき飛ぶバイオレンスだけでなくちょっとエロティックなシーンもありますが、そうでないシーンでもかなりセクシーです。

そして本作が素晴らしかったのはストーリー、キャスト、アクションだけではなく、時代背景とそれに合わせた音楽もです。BGMにはこの80年代後半に流行っていたヨーロッパの音楽が使われていて、当時よく聴いていた私はノリノリで観ることができました。99 Luftballons、Cities in Dust、The Politics of Dancing、Father Figure、Under Pressureなど、とても懐かしい曲もあったので、帰宅後迷わずサウンドトラックを購入してしまいました。

Ost: Atomic Blonde

posted with amazlet at 17.10.21

Original Soundtrack Backlot Music (2017-07-28)売り上げランキング: 450

Amazon.co.jpで詳細を見る

ところで少々ネタバレになりますが、本人がカメオ出演している「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス」その他、最近David Hasselhoffの名前を耳にする機会が多いような気がするのですが、何なのでしょうか。実はベルリンの壁崩壊にまつわるエピソードがあるなんていうことを私は知りませんでしたが、そんな小ネタまで仕込まれています。

ということでこの映画を観て、北朝鮮も突然崩壊して一気に統一が果たされる、ということになるかもしれないし、あるいは韓国の方がということも無いとは言えないかもしれない、なんてことを考えてしまいました。当時もドイツがいつまであの体制かなんていうことはわかりませんでしたし、どうしたら冷戦が終わるのかなんていうことは実際にそうなってみるまでわかりませんでしたからね。

Passengers

誰が彼を責めることができようか。

今日4月1日は毎月1日の映画の日ですが、土曜日であり春休み中ということもあって各地の映画館は混み合っていることでしょう。しかし私はそんな絶好の映画日和の前日に映画「パッセンジャー」を一人で、レイトショーで観てきました。というのは、この映画は観るだろうと思っていたので少しでも安くということで前売り券をムビチケで買っていたからなのですが、地元のシネコンでは先週末の公開なのに今週から字幕版はレイトショーの1回のみの上映という酷い扱いになってしまっているのです。したがって、せっかく前売りで安く買ったつもりだったのに結局普通に当日購入した方が安かったという、残念なことになってしまいました。よほど人気がないのかもしれませんが、私自身は結構楽しむことができました。

Homestead IIという植民惑星への120年間の航海の間、乗員と乗客5000人は人工冬眠状態で過ごし、その間宇宙船Avalonは自動操縦で進みます。本来、乗客が冬眠から目覚めるのは到着の4週間前とされていますが、主人公のJim PrestonとAurora Laneの二人だけは残り90年というところで目覚めてしまい、その絶望的状況に向き合うことになります。5000人乗りの宇宙船というと、私達が乗ったLiberty of the Seasよりさらにちょっと大きいくらいになりますが、明け方に下のデッキに降りていくと誰もおらずひっそりしていたので、あの感じがずっと続くというのが近いのかもしれません。

設定上登場人物がかなり少ない作品になりますが、主役の二人を演じるのはChris PrattとJennifer Lawrenceです。Chrisはガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのStar Lordやジュラシック・ワールドのOwen Gradyなど人気作品の主役でおなじみですね。一方JenniferはX-MenシリーズのMystiqueや「ハンガー・ゲーム」シリーズのKatniss Everdeenなどでも大人気ですが、実はかなりの実力派でアカデミー主演女優賞も22歳にして獲得しており、この作品でも素晴らしい表現力で魅せてくれます。そして背が高くスラッとしており、とても美しい…これはこの作品では大事な点でしょう。

そして美しいといえば、この二人が乗るAvalonという名の宇宙船のデザインもとても美しいと思います。進行方向に向かって反時計回りにゆっくりと回転しながら進む様子はとても優雅です。その中で孤独に人生を終えようとしているということを際だたせるために、その美しさもやはり重要です。これが仮に無骨で使い古されたような船であったなら、だいぶ違った印象を与えることになるのは間違いありません。

また、私は音楽もとても良かったと思います。「ウォーリー」とよく似た音楽だなあと思いながら聞いていたのですが、案の定音楽は同じくThomas Newmanの担当でした。といっても、最近のJames Bond作品など数多くの作品を手がけているので似たような曲ばかりというわけではなく、たまたまそういう曲もあったというだけのことでしょう。作業などのBGMとして流しておくとじゃまにならず良さそうです。

ところで、邦題が「パッセンジャー」なのはまだ許せますが、公式サイトなどでその邦題の下に”PASSENGER”と単数形で書かれているのは看過できません。これが単数であるか複数であるかというのは英語において非常に大きな意味の違いがありますが、そういうところを軽々しく変えてしまうというのがとても不思議です。もしかしたら2008年の同じ原題の映画「パッセンジャーズ」と区別するために安易な手を取ったのかもしれませんが、それなら英語表記まで変えて区別する必要はありませんよね。

Jack Reacher: Never Go Back

やっぱりスターですね。

本当かどうかはよくわかりませんが、日本のマスコミには親日派として扱われているTom Cruiseが最近来日して、映画「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」のプロモーションのために笑顔を振りまき、テレビでも一流のファンサービスを見せています。今年54歳になるというのにあの若々しさはどういうことなのかと、自分の54歳はあんなではないだろうと思ってしまうわけですが、それはともかくその映画をまたしても公開初日に観に行ってきました。

映画としては2012年公開の「アウトロー」の続編に当たるジャック・リーチャーシリーズ2作目、Lee Childによる小説「ジャック・リーチャー」シリーズの18作目”Never Go Back“を原作とした作品です。このシリーズは格闘アクションだけでなく複雑な展開もありますが、謎解きにはそれほど重きが置かれているわけではなく、複雑な陰謀に主人公Jack Reacherとヒロインが巻き込まれていくというのが共通の特徴になっているような気がします。まあJackは自分から首を突っ込んでいっているわけですが。

ネバー・ゴー・バック(上) (講談社文庫)

¥ 994

(2016-11-12現在)

ネバー・ゴー・バック(下) (講談社文庫)

¥ 994

(2016-11-12現在)

今回のヒロインはアメリカ陸軍憲兵隊の少佐Susan TurnerでCobie Smuldersが演じていますが、軍人らしい健康美で下着姿もまったくいやらしく見えません。アベンジャーズシリーズでもMaria Hillの役で凛々しい姿を見せていますが、ああいうキリッとした役がとても似合っているのではないでしょうか。またもうひとり、Danika Yarosh演じるSamantha Daytonもヒロインといえるかもしれません。Danikaは現在18歳ということですが、アメリカ人にしては実年齢よりも少々若く、幼く見えるかもしれません。

それにしてもこういう映画を観ていていつも思うのは、どうしてこうポンポン人を殺してしまうのだろうかということです。いくらアメリカでもそこまで殺人が多いというわけではないと思うのですが、私が知らないところにこういう世界があるのでしょうか。あくまでフィクションとはいえもう少し人命を大切にしてほしいと思ってしまいます。

それはともかく、今作の一つの特徴は、警察ではなく憲兵が捜査の主体であるということでしょう。日本の自衛隊にも警務官という憲兵に相当する職があるようですが、アメリカ軍の組織はとても複雑でなかなか日本人には馴染みのない組織なのでわかりにくいところもありますが、それが新鮮とも言えるのではないでしょうか。基本的には基地の外では民間人に対する警察権を持たないようですが、一定の条件を満たす退役軍人は対象になったりする、というようなくだりもちょっと面白いところです。