Archives

福岡&佐賀日帰り旅行

大変充実した1日。

日頃、一人で車を運転して出掛けることの多い私ですが、先日は勤務先のZさんに誘われて、二人で新幹線に乗って九州まで行ってきました。なんでも阪急交通社トラピックスの商品で、ひかりかこだまか、どの列車になるかは分からないが博多まで新幹線の往復で1万円というものがあるので行ってみないか、ということだったのですが、そんな面白そうなものに私が乗らないはずもなく、二つ返事でOKしました。普通に切符を買ったら片道でも14000円ほどかかりますので、なんとその3分の1強で済んでしまうのです。どの列車になるかがわからないというのもミステリーツアーのようで面白かったものの、組み合わせによっては6時間ほどしか博多にいられないようだったのですが、蓋を開けてみれば10時過ぎに着いて8時前に発つということになったので10時間近くも滞在できることになり、レンタカーを借りて隣の佐賀県まで足を伸ばそうということになりました。このレンタカーもZさんが1日で2500円ほどで済むものを見つけてきてくれたので、とても安上がりなものになりました。

佐賀を目指したのは呼子でいかの活き造りを食べることができる、これはインスタ映えする! ということですが、インスタ映えはともかく珍しいものなので私もぜひ食べてみたくなりました。活き造りを出す店は呼子にいくつもあるのですが、お魚処 玄海というところはインターネットで予約ができるということだったのでここにしましたが、到着した12時には空いていたもののその後続々と客が来て、やはり予約しておいた方が確実なようですし、ネット予約しておくと消費税分割引になるという特典もあります。なお、私たちは魚づくし会席「小潮」というメニューにしましたが、活き造りもさることながらその後造りでゲソを天ぷらにしてもらったものがこれまでに食べたことがない美味しさでした。

満腹になったあとは呼子港のマリンパル呼子というところからイカ丸という遊覧船に乗って天然記念物の七ツ釜を見に行きました。これは海岸の岩場に侵食によりいくつもの洞窟ができたものですが、その一つに船で入るというのが呼び物になっています。これは初めての体験でなかなか面白いものでしたが、この岩場は玄武岩の柱状節理が大変見事で、私はそちらの方に目を奪われてしまいました。柱状節理といえば東尋坊が有名ですが、七ツ釜のそれはさらに細かく、またうねっているのも見応えがあります。なお、この七ツ釜はダイバーJacques Mayolの原点と言える地だそうです。

また、呼子の近く、隣町の玄海町には浜野浦の棚田という入江に面した棚田があるということなので行ってみました。残念ながらすでに刈り入れは終わっていて、トラクターを入れて耕しているところだったので絶景という訳にはいきませんでしたが、それでも田んぼの土にくっきりと緑色であぜ道が見えるので、そんなに悪いものでもありません。とはいえ、できれば水の張られたころか、金色の稲穂が垂れる頃に見に行ってみたいものです。

その後、渋滞などもあって遅くなってしまい、次の目的地の篠栗町の南蔵院に着くのはちょうど日没の頃になってしまいました。ここにはブロンズ製の涅槃像としては世界最大という釈迦涅槃像が横たわっています。ちょっと暗くはなってしまいましたが、境内は他に人がほとんどいなかったため好きなように写真を撮ることができ、また薄暗い中で灯籠に明かりが灯された様子や、薄暗がりに立つ荒神像などはとても雰囲気があって逆に良かったのではないかと思います。最後は慌ただしくなってしまいましたが、行った甲斐はありました。

このあとは博多駅近くへ戻ってレンタカーを返し、駅ビル内のマイングでお土産に伊都きんぐのあまおう苺入りわらび餅「博多あまび」とやまやの辛子明太子を購入した後、同じく駅ビル内のデイトスにあるおおやまでもつ鍋をいただきました。博多といえばラーメンも捨てがたく、他にも魅力的な食べものはいくつもあったのですが、もつ鍋は日頃そうそう食べられるものではありませんし、非常に美味しくいただくことができました。昼食もそうですが、ちょっと前に胃を悪くしていたのがなんとか治って本当に良かったと思います。

こってりしたものを食べたあとはまたマイングの伊都きんぐに戻って、「あまゴリスムージー」という名前のあまおう苺入りスムージーを買って帰りの新幹線に飛び乗りました。このスムージーはたっぷりの冷凍イチゴと牛乳、砂糖だけをミキサーに掛けたもので、見ている前で作ってくれます。600円となかなかの値段ですが、それだけの価値は間違いなくあります。また、お土産に買った「博多あまび」も翌日家族で食べましたが、これもまるでイチゴを食べているかのような、いやそれ以上のフルーティーさで、これも1620円と値が張りましたが皆で感動しましたので、その価格にも納得できました。

ということで、帰宅したのは深夜12時近くとなってしまいましたが、朝から晩まで非常に中身の濃い旅行となり、とても日帰りとは思えない満足感がありました。誘ってくれたZさんに感謝です。また今回、九州には様々な美味しいものがあるということもわかりましたので、ぜひ再び足を運んでみたいと思います。

ぷらっとこだま

転んでもただでは起きない?

実は先週、私の叔父が急逝したとのことで葬儀に参列するため、週末は東京に行っていました。もちろん遊びに行ったわけではありませんし、楽しいことでもなかったのですが、折角の機会ということでできるだけ楽しんでしまおうというのは少々不謹慎でしょうか。

私の住んでいる姫路から東京に行く場合、普通は新幹線のぞみを利用するでしょう。姫路駅にも東京行きののぞみが1時間に1本は停車するようになり、一度乗ってしまえば3時間で到着してしまうので大変便利なのですが、片道15000ほどかかってしまうのと、「面白くない」というのが問題で私は個人で行くときにはほとんど利用しません。

その他の選択肢としては神戸空港から羽田行きの飛行機、特にスカイマーク便を利用するという手があります。チケットは12000円前後で購入でき、飛行時間も1時間ほどなのですが、神戸空港までの電車賃と待ち時間を考慮するとのぞみとほとんど変わりません。でも、新幹線より飛行機の方が旅行している感があって私は好きなのでたまに利用しています。他には高速バスという手段がありますが、日程が厳しいときには夜行バスは良いですが疲れてしまいますし、昼行バスはとても安くて良いのですが8時間もかかってしまいます。

今回は何か別のルートはないかと探していると、同僚S君が「ぷらっとこだま」というのを教えてくれました。これはJR東海の関連会社JR東海ツアーズが提供しているツアー商品になりますが、こだまの指定席に飲み物1本がついて新大阪・東京間が10500円、さらに1500円出すとグリーン車に乗れるというものです。「これは面白い。ネタになる。」ということでいそいそと申し込もうとしたのですが、チケット配送が必要なためかインターネット予約は5日前までということでできず、仕方ないので代理店であるJTBの窓口へ行って購入してきました。もちろん往復ともグリーン車です。

これはツアー商品であり切符ではないので他の列車への振替などはできず、乗り遅れたりした場合には無効になってしまうということで少々緊張しますが、JR東海の企画ということで新大阪出発なので新大阪までは在来線の新快速を利用しました。新幹線に比べると30分ほど余計に時間がかかりますが、新幹線特急料金はばかにならないので、特に急いでいるわけでもない私には新快速で十分です。新大阪では駅弁にぎわいというところで全国100種類以上の駅弁が購入できるというので、ここで稚内駅の三宝めしという弁当を購入したのですが、写真で見て予想していた以上に小さくてびっくりしたものの満足度はなかなかでした。

この弁当を手に恐らく人生初のグリーン車に乗り込んでみたのですが、行きの列車はN700A系車両だったのでとても快適で、100V電源もあって助かりました。あまりの静かさについウトウトしてしまうほどでしたが、帰りは違いました。700系の初期の車両だったらしく電源はなく、中年男女8人ほどのグループが私の後ろの席で昼間からビールを開けて騒々しく、せっかくのグリーン車が台無しにされてしまいました。こういう本当の「マナー」を理解できない年配が増えているのは本当に困ったものです。

ということで、新幹線自体はこれまでに何度となく利用してきているので特に珍しいものでもなかったのですが、割安に利用でき、こだまがのぞみより1時間ほどよけいにかかるといってもバスよりは遥かに速く、たびたび停車するだけで走っている間は高速なので特に苛立ちを感じることもありませんでした。まあ、もともと急いでいる人が利用するようなものではないので、まったくこれで問題ないと思います。

ちなみにJR西日本の区間でも日本旅行がバリ得こだま・ひかり号という似たようなものを提供していますが、こちらはその名前の通りひかりでも利用できるようです。これだと姫路から博多までわずか6700円で行けてしまうとのことで、大変お得ですね。座席指定はできないとのことですが、グリーン車には500円で乗れるなど、ぷらっとこだまとはいろいろ違いがあるのも面白いですが、またぜひ利用してみたいと思います。

QLine

きれいなうちに乗ってみたい。

アメリカでは公共交通機関で満足に移動できるのはニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコといった数えるほどの大都市だけで、その他の地域では日本に住んでいる人には想像できないほどの車社会になっています。しかし、実は第二次世界大戦の頃まではそこまでではなく、鉄道網がそれなりに整備されていて、各都市には路面電車などが走っていたのですが、長距離の移動は飛行機に、近距離は自家用車に置き換えられてしまったのでした。

アメリカのモータリゼーションの中心地であるデトロイトもその例外ではなく、1863年から1956年までの100年弱の間、市内を路面電車が走っていたとのことです。結局それはバスによって置き換えられることになってしまったのですが、終焉から50年後に復活が検討され始め、それからさらに11年後の今年、つい先週末にQLineという愛称で再び走り始めることとなったのでした。

工事は私が駐在している2013年末頃から始まっていたので、帰国までに完成して乗ることができないだろうかと思っていたもののそれは叶わなかったのですが、Twitterの公式アカウントなどで状況を逐次確認しながら楽しみに待っていて、ようやく晴れの日を迎えたということでめでたく思っているところです。最初の週は無料で乗車できるということだったので市内も賑わったのではないかと思いますが、復活しつつあるデトロイトの街にまた明るい話題となってくれているようです。

路線はミシガン州の州道1号線の一部でもあるWoodward Avenue上のほぼ真っすぐの路線であまり面白みのあるものではありませんが、利用者が多くなれば路線の延長や追加も検討されるのではないでしょうか。悪名高いデトロイトの中でも比較的治安の良い地区を走っているのはもちろんですが、ダウンタウン中心部からの5kmほどの沿線にはDetroit Tigersの本拠地Comerica Park、来シーズンからDetroit Red WingsとDetroit Pistonsの本拠地となるLittle Caesars Arenaがあり、Detroit LionsのFord Fieldもすぐ近くで、さらにデトロイト美術館の前も通るようになっています。Amtrakの駅にも接しているので、鉄道の利便性も上がるでしょう。

料金は3時間以内$1.50、一日$3.00ということなので、気軽に利用できるのではないでしょうか。私が住んでいたアナーバーのバス料金も1回$1.50でしたが、乗り換えは1回のみ、一日券は$4.50だったのでそれよりは安価です。なお、チケットは電停の端末の他にiOSかAndroidのアプリやウェブでも購入できるということで、こういうところがアメリカの先進的で柔軟なところだと思います。

車両はアメリカのBrookvilleという会社のLiberty Modern Streetcarsというものが6編成購入されたようです。リチウムイオン電池を搭載していて、架線のない区間も走行できるようになっている先進的なシステムにより、路線の60%の区間は架線が設置されていないとのことです。アメリカ人によるアメリカのための路面電車として売っているようですが、各地で見直されてきているのでそれなりの市場規模があるのでしょうか。

ということで、私はまだ写真や動画でしか見ていないので、早くこの目で見て、できれば乗ってみたいと思っているのですが、出張の間にデトロイトのダウンタウンへ行くというのは難しいかもしれません。