Archives

Pebbleがfitbitに買収される

あくまで主語はPebbleです。

今週、私は非常に悲しいニュースに触れて打ちひしがれています。私が初代Pebble、第2世代のPebble Timeを購入して愛用してきて、もうすぐ第3世代のPebble Time 2を発売するはずでそれを待ちわびていたPebbleが開発メンバーと知的財産権をfitbitに売却し、スマートウォッチの製造を打ち切るというのです。Pebble Time 2と同時に発表されたPebble 2は一足先に量産が始まっており、すでにユーザーの手元に渡っていますが、当初11月に発売予定だったTime 2は生産に移ることなくプロジェクトを終了し、入金済みの人には返金するとのことです。

PebbleといえばクラウドファンディングサイトKickstarterの最高の成功事例として知られたものですが、Pebble 2 / Pebble Time 2で1200万ドル以上集めても行き詰まってしまうということは、会社が大きくなりすぎたということではないでしょうか。単発のプロジェクトには有効でも、継続的に運営する企業活動にクラウドファンディングは向かないということなのかもしれません。考えてみれば、商品開発に先行して現金を集めることはできても割安に提供しなければならないとなればそれだけ利益は目減りしてしまいますし、一時的に大きな金額が集まってもその後継続的な収益がなければ経営は成り立たないでしょう。

製品としてのPebbleやPebble Timeは非常に素晴らしいもので、携帯電話を持つようになってから腕時計をしなくなっていた私もしっかり毎日腕にはめるようになりました。何が良いのかというと、一番役立つのは電話やメールの着信とその他の通知をバイブレーションで知らせてくれて、その一部を画面で見ることができるということです。これによって電話に出そびれたり、長い間メッセージに気付かないといったことがなくなりました。もちろん時計の文字盤を色々変えられるとか、アプリが使えるといったことも楽しいのですが、それよりもこの通知機能が一番役立つのです。

この先も既存のPebbleがこれまで通り使えるように努力してくれるとは言っていますが、それもいつまで続くのかは怪しいものです。もうファームウェアのアップデートはしないとも言っていますし、文字盤やアプリのストアもいつまで運営してもらえるのかわかりません。ここでユーザコミュニティから立ち上がる人がいて、非公式にサポートを続けてくれるという可能性もないではなく、他力本願ながら私はそこにも期待しています。

一つ明るいニュースは、個人でCloudPebbleを立ち上げてその後Pebble開発チームに合流した、コミュニティの一番の功労者であるKatharine Berry氏はfitbitには移らず、Intelで新しいデバイスの開発に携わると表明していることです。これはいつかIntelからなにか面白いものが出てくるという可能性を示唆するものですので、私はその何かわからないものを楽しみに待つことにしたいと思います。そして少なくともそれまでの間、私の左腕には常にPebble Timeがあり続けることでしょう。

Pebble Time

「もっといいやつ」

電子ペーパーを使うことにより1週間程度のバッテリーの持ちを実現したということでかなり実用性の高いスマートウォッチとなっているPebbleですが、アップルウォッチの登場まではスマートウォッチ自体の一般における認知は低いものでした。アップルウォッチ後は私のPebbleを見て「アップルウォッチ?」と聞かれることもたびたびでしたが、その都度「もっといいやつ」と言ってきました。そして先日、「さらにいいやつ」であるPebble Timeが再びKickstarterのファンディングを経て出荷され、かなり遅くはなりましたが私にも届きました。

届くやいなや使いはじめる前に、汚れや傷が付く前にまずカスタマイズです。前回のPebbleではしばらく使っているうちに表面に引っかき傷が着いて消えなくなってしまったので、その反省で保護フィルムを貼ることにしました。Pebble Timeはゴリラガラス使用で傷は付きにくいとされていますが、Pebbleでも表面強化処理されているというのを過信して傷になってしまったので油断はできません。今回はGadgetWrapsのBrushed Aluminum Wrapで文字盤周囲の金属部分を飾りつつ保護し、ガラス部分にもClear Screen Protectorを貼っておきます。私は電話などの画面に保護フィルムを貼るのは好きではないので決して貼らないのですが、時計はやはりふとした時にぶつけてしまうことがあります。

もう一つ、時計ならではのカスタマイズとしてベルトも交換しました。Google Plusのコミュニティで紹介されていたClockwork SynergyのRally Racingというものが格好良かったので、私の白いPebble Timeに合うと思いブルーのものを注文していたのです。Pebble Timeの純正ベルトもクイックリリースとなっていて工具なしに簡単に交換できるようになっていますが、このRally Racingも同じくクイックリリースであっという間に換えることができました。大きな穴の空いたデザインもいいのですが、厚さ3mm程はあるかなりしっかりした固めの革が非常に良い質感で、大変気に入っています。

ということでPebble Time専用のアプリをインストールしたiPhoneとBluetoothで接続し、認識させます。自動的にファームウェアのアップデートが行われ、またPebbleでインストール済みだったWatchfaceやアプリも自動的にインストールされます。PebbleではWatchfaceとアプリを合わせて8つまでという制約がありましたが、Pebble Timeではメモリー容量が飛躍的に増えたためこの制限はなくなっており、メモリーの許す限りインストールできるそうです。

Pebble Time最大の目玉はなんといってもカラー化された文字盤で、Pebble社はColor e-Paperと言っていますがカラーeInkではなく、実際にはシャープ製のメモリー液晶 (PDF) だということです。いずれにしても表示の書き換え時にのみ電力を消費するということでバッテリーの長寿命化に貢献しているわけですが、やはり液晶の原理的な問題からeInkのようなコントラストの高さは残念ながら実現できていません。しかし、反射型液晶のおかげで日光のもとではくっきりと綺麗に見ることができますし、室内でも見難いというほどでもありません。

また、Pebble Timeではプロセッサの処理速度も向上していて、これを活かして各種操作時に可愛く楽しいアニメーション効果が入るようになっています。操作に対する応答性もよいので、アニメーションが邪魔に感じられることもないと思います。まあ時間が立つと飽きてしまうかもしれませんが、その頃にはアニメーションを無効化するようなオプションも設けられるのではないでしょうか。

以前にも書いた通り、Pebble Timeで最も楽しみにしていたのは各国語対応で、これは一足早くPebbleでも言語パックとして実現されていたのですが、Pebble Timeではメモリー容量が増えて言語パックの容量制限も事実上なくなりました。Pebble用では文字サイズや文字種を限定してなんとか容量内に収めるという苦し紛れとも言える対応となっていましたが、Pebble Time用としては全文字サイズにあるフォントに含まれている日本語の漢字をすべて入れても全く問題がないということです。ただ大きな問題は、現行のiOS版Pebble Timeアプリには言語パックをインストールする機能がないことで、私も長男のAndroid機を借りてインストールしました。これは一刻も早い対応を望みたいところです。

ということで、入手以来大変気に入っていますが、相変わらず「アップルウォッチ?」と聞かれるのは仕方がないのでしょうね。

CloudPebble

素晴らしいとしか言いようがありません。

Appleがいわゆるスマートウォッチを開発しているというのはしばらく公然の秘密となっていましたが、ついに先月の発表会でApple Watchという名前で公の場に登場することになりました。同時に発表されたiPhone 6/6 PlusがAppleらしからぬ、というよりJony Iveらしくない何の変哲もないデザインとなってしまったのも、Watchの方にかかりっきりだったと考えれば納得できるほど、力の入ったデザインであることは覗えます。発売はまだ来年ということなので製品としての完成度は未知数ですが、実用性はともかく、とりあえず身に付けているだけで自慢できるアイテムになることは間違いないでしょう。

しかし私はこのApple Watchにはほとんど食指が動いていません。物欲旺盛なのは自他ともに認めるところですが、そんな私が心を動かされずにいるのは、昨年から使用しているPebbleがそれだけ素晴らしいからです。モノクロ電子ペーパーディスプレイなので画面の見栄えには劣るかもしれませんが、直射日光のもとでもはっきりくっきり見えるというのは時計というものには非常に重要なポイントです。バッテリーもそれほど大きな容量があるわけではありませんが、少なくとも2日は持ちます。またポリッシュ仕上げのApple Watchには見劣りがするかもしれませんが、そもそも価格が違いますし、樹脂製であるために非常に軽量で疲れません。

私にとって唯一の欠点は英文フォントしか含まれていないため日本語が表示できずいわゆる豆腐(□)になってしまうことですが、日本語が表示できるように改造したカスタムファームウェアが公開されていて、これをインストールすることで通知などは日本語でも表示できるようになります。文字種が1200と限られていることと、日本語は1種類のフォントしか含まれていないため異なる大きさなどは表示できないのが問題ですが、これでも嬉しいという日本語話者は少なくないでしょう。私も一旦インストールしてみましたが、対応しているフォントでは小さすぎて運転中などには読めないので用をなさないため、ファームウェアのバージョンアップを期に正規版に戻してしまいました。しかしながら、これ自体非常に素晴らしい取り組みだと思いますし、正規ファームウェアリリースの翌日には日本語ファームウェアもリリースされていて、その迅速さには感服しました。

さて、スマートウォッチのスマートたる所以は各種アプリをインストールして、様々な用途に使用できるというところです。Apple WatchでもWatchKitというSDK/フレームワークを使用してアプリを開発できることになっていますが、PebbleにもWatchApp SDKというものが用意されていて、これを使用して時計の文字盤を自由にデザインしたり、スマートフォンと連携したアプリなどを開発することができるようになっています。ただ、開発リソースの制約もあるのですが、このSDKは残念ながらインストールが容易ではなく、使い勝手もあまり洗練されたものではないためだれにでも使えるような簡単なものではありませんでした。しかし実はそれも過去のものです。今はCloudPebbleというウェブベースの開発環境が用意されていて、これが非常に素晴らしい出来のものであり、また今でも着実に進化を続けています。

CloudPebbleでプロジェクトを作成し、その中にファイルを作成して開くと、文法ハイライトにもしっかり対応したエディタを使用して編集を行うことができます。画像やフォントなどのリソースもアップロードして使用することができ、オフラインのSDKの機能は全て備えているのではないかと思います。私はひとまずプロジェクトを作成し、既存のソースコードをコピーして手を加えて文字盤を作ってみました。コンパイルもボタンを押すだけでCloudPebbleのサーバ側で実行され、オブジェクトファイルが作られます。そしてできたファイルはダウンロードすることもできますが、CloudPebble上の操作で手元のスマートフォンからアプリ経由でPebbleにインストールすることができてしまいます。特に難しい設定は何もせずに、コーディングから実機での実行までシームレスに行えてしまうというのは非常に驚くべきことです。

エディタに関しては使い慣れたものを使いたいという人はいるかもしれませんが、その程度であればファイルごとコピー&ペーストしてしまえば済むことです。またバージョン管理についてはGitHubとの連携にも対応しており万全です。既存のプロジェクトを簡単にインポートするような機能もあれば言うことないところですが、それも近いうちに対応されてしまうのではないでしょうか。

ということで、日本語さえ表示できればPebbleはもうApple Watchには十分勝てると思っています。そう遠くないうちに次世代機も出てくることになるのでしょうが、血迷ってカラー液晶にしてしまうような事はせず、解像度とメモリー容量、バッテリー容量を上げて高速化するというような堅実な進化を遂げてほしいものです。そしてその時はきっと私も新機種に買い替えることでしょう。