Archives

IIJmio meeting 15 大阪会場

IIJmioかなりマニアックでした。

我が家では一昨年の帰国以来、通信環境が携帯電話にIIJmioみおふぉん、インターネット接続にはIIJmioひかりというIIJmio独占体制となっているのですが、平日の昼休み時間帯のデータ通信と夜9時以降のインターネット接続の混雑が激しく速度が著しく低下する以外、特に不満を感じていません。

まあ、「以外」とは言ったもののかなり致命的な問題ではあるのですが、これはどの会社を選んでも同じような状況で誰でも感じていることでしょうし、夜の通信速度が遅いとは言ってもアメリカにいた頃のCATVのピーク速度よりもまだ速いので、単に上を見れば切りがないということかと思います。また、我が家の場合はマンションのVDSLがボトルネックとなっている可能性もあり、その場合はどこかが戸別に光回線を引いてくれるようになるまではどうしようもないでしょう。

ところで、IIJでは3ヶ月に一度、東京都大阪の2か所でIIJmio meetingなるイベントを開催しています。曰く、

IIJmioの開発・運用・サポートを行っている中の人と、スマホやMVNOに興味がある皆さんとでざっくばらんにお話しするフリートークや、スマートフォン・モバイル通信に関する技術・法律の話題を紹介するトークセッションを開催しています。

とのことで、どのような話になるのか今ひとつわからなかったものの、ちょっと興味を感じたのでIIJmio meeting 15 大阪会場に申し込んでみました。それが2週間ほど前のことだったのですが、その後参加が受け付けられたのかどうか確認のメールなどもなかったためすっかり忘れてしまっていて、前日の金曜日になって「このメッセージを受け取られた方は、会場でご参加頂くことが可能です。」というメールが届いて慌ててしまいました。幸い特に予定を入れていなかったため急遽参加することにしましたが、しっかりカレンダーなどに登録しておくべきだったと反省しています。

それはともかく、会場は大阪梅田グランフロント大阪内のナレッジキャピタルというところです。私の自宅最寄り駅である姫路駅から大阪駅までは90kmほどの距離があるのですが、JR神戸線新快速に乗るとちょうど1時間ほどで着いてしまうので、首都圏での距離感とはだいぶ異なると思います。とはいえ、運賃は距離の分だけ必要なので経済的な障壁はそれなりにあります。
IIJmio SIMカード型クリップ
大阪駅到着後に腹ごしらえを済ませてから会場へと向かい、受付を済ませて中へ入ると、ひっそりしたフロアの中でその一室だけが熱気に満ちていました。今回で15回目となるイベントながら私は初参加なので少々状況が掴めずにいましたが、席について開会を待ちました。席には1枚ものの簡単な資料とアンケート用紙、協賛のHUAWEIのパンフレットと一緒に、SIMカードの形を忠実に再現した特製オリジナルクリップが配布されていました。そのちょっとした裏話がありましたが、ちょうど良いツカミになっていたように思います。

プログラムはIIJの堂前氏の司会進行で進められましたが、まず初心者セッションとして「みおふぉん教室『SIMロックを解除してau, SoftBankのスマホを使うとどうなるのか?』」という堂前氏の話から始まりました。SIMフリーとして売られているスマートフォンではなく、三大キャリアから購入したもののSIMロック解除の仕方、解除後にどのタイプのIIJmioのSIMカードが使えるのか、といったようなことを笑いを交えてわかりやすく、時にマニアックな情報も付け加えながら話していただけて、とても興味を持って聞くことができました。

休憩を挟んでその次は競合するライバルのmineoから上田氏、杉野氏のお二人と、IIJの佐々木氏と堂前氏による「mineo × IIJmio スペシャルトーク」と題したトークセッションでしたが、ITmedia mobile編集長の田中氏のモデレーションにより様々なトピックに対するそれぞれの考え方を聞くことができて、これもなかなか面白い内容だったと思います。mineoを運営するk-opti.com関西電力参加の企業であり大阪を拠点としているためか、このセッションは大阪会場のみとなっていて、代わりに東京会場では総務省の方からの講演があるようです。

最後は佐々木氏による「IIJの目指すフルMVNOサービス」という内容の「中級者〜上級者向け」というセッションでしたが、これは難しいというよりもとても堅い話で、私もちょっと関心を持つことができませんでした。ただ、「フルMVNO」というのが何のことを指しているのか、それによってIIJは何を得てどうサービスが変わっていくのか、ということは理解できたので一応内容は伝わっているのではないでしょうか。

その後、HUAWEI nova liteを賭けてのジャンケン大会と、質疑応答の時間がありましたが、会場から次々と質問が出てくるのは凄いと思いました。ただ、どういう関心を持ってそういう質問をしているのか、それを知ってどうするのかというような質問もあって、私にはそれがちょっと理解できないところがありました。結局、この人達はそういう方面のマニアなのだろうと解釈して納得しましたが、本当のところはどうなのでしょう。

ということで一通りの内容が終わり、この後懇親会もあるということでしたが私は苦手なのでさっさと退散しました。今回とにかく感心したのは堂前氏のいわゆるマシンガントークで、とにかくとめどなく言葉が溢れてくる流暢な喋りに自社の製品・サービスに対する愛と熱意を感じました。氏は技術広報担当課長とのことですが、エンジニアがそういう職についているというのはあまりないことではないでしょうか。それとも技術を売りにする会社にはあたり前のことなのでしょうか。

なお、今回の資料は一週間後の東京会場が終わったところでIIJmio meeting ARCHIVEの方で公開されるそうですし、また東京会場の様子はインターネット中継も行われるということなので、関心のある方は覗いてみてはいかがでしょうか。

Passengers

Passengers - Jennifer Lawrence as Aurora Lane & Chris Pratt as Jim Preston誰が彼を責めることができようか。

今日4月1日は毎月1日の映画の日ですが、土曜日であり春休み中ということもあって各地の映画館は混み合っていることでしょう。しかし私はそんな絶好の映画日和の前日に映画「パッセンジャー」を一人で、レイトショーで観てきました。というのは、この映画は観るだろうと思っていたので少しでも安くということで前売り券をムビチケで買っていたからなのですが、地元のシネコンでは先週末の公開なのに今週から字幕版はレイトショーの1回のみの上映という酷い扱いになってしまっているのです。したがって、せっかく前売りで安く買ったつもりだったのに結局普通に当日購入した方が安かったという、残念なことになってしまいました。よほど人気がないのかもしれませんが、私自身は結構楽しむことができました。

Homestead IIという植民惑星への120年間の航海の間、乗員と乗客5000人は人工冬眠状態で過ごし、その間宇宙船Avalonは自動操縦で進みます。本来、乗客が冬眠から目覚めるのは到着の4週間前とされていますが、主人公のJim PrestonとAurora Laneの二人だけは残り90年というところで目覚めてしまい、その絶望的状況に向き合うことになります。5000人乗りの宇宙船というと、私達が乗ったLiberty of the Seasよりさらにちょっと大きいくらいになりますが、明け方に下のデッキに降りていくと誰もおらずひっそりしていたので、あの感じがずっと続くというのが近いのかもしれません。
Passengers - Starship Avalon
設定上登場人物がかなり少ない作品になりますが、主役の二人を演じるのはChris PrattとJennifer Lawrenceです。Chrisはガーディアンズ・オブ・ギャラクシーStar Lordジュラシック・ワールドのOwen Gradyなど人気作品の主役でおなじみですね。一方JenniferはX-MenシリーズのMystiqueや「ハンガー・ゲーム」シリーズのKatniss Everdeenなどでも大人気ですが、実はかなりの実力派でアカデミー主演女優賞も22歳にして獲得しており、この作品でも素晴らしい表現力で魅せてくれます。そして背が高くスラッとしており、とても美しい…これはこの作品では大事な点でしょう。

そして美しいといえば、この二人が乗るAvalonという名の宇宙船のデザインもとても美しいと思います。進行方向に向かって反時計回りにゆっくりと回転しながら進む様子はとても優雅です。その中で孤独に人生を終えようとしているということを際だたせるために、その美しさもやはり重要です。これが仮に無骨で使い古されたような船であったなら、だいぶ違った印象を与えることになるのは間違いありません。

また、私は音楽もとても良かったと思います。「ウォーリー」とよく似た音楽だなあと思いながら聞いていたのですが、案の定音楽は同じくThomas Newmanの担当でした。といっても、最近のJames Bond作品など数多くの作品を手がけているので似たような曲ばかりというわけではなく、たまたまそういう曲もあったというだけのことでしょう。作業などのBGMとして流しておくとじゃまにならず良さそうです。

ところで、邦題が「パッセンジャー」なのはまだ許せますが、公式サイトなどでその邦題の下に”PASSENGER”と単数形で書かれているのは看過できません。これが単数であるか複数であるかというのは英語において非常に大きな意味の違いがありますが、そういうところを軽々しく変えてしまうというのがとても不思議です。もしかしたら2008年の同じ原題の映画「パッセンジャーズ」と区別するために安易な手を取ったのかもしれませんが、それなら英語表記まで変えて区別する必要はありませんよね。

TWICE

TWICE我ながらちょっと意外。

おそらく音楽的な好みが決まるであろう中学生時代をイギリスで過ごした影響が大きいのだと思いますが、私はいわゆる邦楽もほとんど聴かず、英米の音楽を中心に聴いているのでK-Popには一切興味を持たずに来ました。ただPSY江南スタイルくらいはアメリカでも爆発的に売れていたので私も知っていますが、それ以外は本当に知りません。まあそんなことは強く主張する必要もないのですが、そんな私が、日本のアイドルや女優にもほとんど関心を持たない私が、なぜか急に気になってしまったのがTWICEです。

1ヶ月ほど前に急にテレビ各局が「TTポーズが話題」と言い出して紹介していたので多くの方がご存知だと思いますが、TWICEというのは韓国人5人、日本人3人、台湾人1人の9人組ガールズユニットです。韓国では2015年10月にデビューしていましたが、今年6月28日に日本デビューとのことなので、急に露出するようになったのはその準備のための第1弾ということで仕掛けられたものだったのでしょうか。

実は私はテレビで見るようになるちょっと前に、次男が学校で聴いて気に入ったというのを聞いて、YouTubeで「TT」を試しに聞いていました。その「TT」はキャッチーでポップな曲で、歌詞は韓国語の中に英語のフレーズが入るような感じなのでもちろん意味はわからないのですが、それでも可愛らしく楽しく、なんとなくまた聴いてしまいたくなるような感じでした。

そしてそのうちPV以外にYouTubeで見ることができる動画を漁るようになったのですが、特に気になってしまったのが日本人メンバーの一人、モモこと平井ももです。京都府京田辺市出身の彼女は3歳からダンスを習っていたらしくTWICEの中でもパフォーマンス担当として「ダンスならモモ」という感じになっているようです。私が何に惹かれてしまったかといえば、20歳にしては幼すぎるようにも見えるものの、ちょっとたどたどしく、若干舌足らずに韓国語を喋る姿かもしれません。でも、テレビなどで喋れるほどに外国語を習得するというのは並大抵のことではありませんよね。それだけでも日本人メンバー3人は応援したくもなるというものです。ちなみにモモの他の2人も大阪と兵庫の出身で、揃って関西出身というのも親近感が湧いたりしています。

ということで、「TT」の動画再生回数がピコ太郎を超えたとか、TTポーズとかはどうでもいいことで、彼女らにはちょっと頑張って欲しいと思っているのですが、マスコミに無理やり持ち上げられたせいでデビュー前にすでに飽きられてしまっていないかがやや心配です。この記事もすでに今更感が漂っていて、どうしようかと思っていたくらいなのですが…