Archives

Cinzano Rosso

Cinzano私には薄いの1杯で十分。

私は昔からアルコールが全然ダメで、若い時にはなんとか強くなろうと努力してみたりもしましたが一向に変わらず、飲み会というのが嫌で嫌で仕方ありませんでした。ある程度年を取ってからは立場的にも社会情勢的にも無理やり飲ませるような人はいなくなって、ソフトドリンクだけで過ごせるようになったので宴会の席自体は楽しむことができるようになりましたが、完全に割り勘負けしてしまうのはいつものことです。まあそれ自体はまったく気にしていないのですが。

しかし私は酒が嫌いなのではなく、アルコールに非常に弱いというだけなのです。飲み慣れていないので焼酎など美味しさを知らない酒類はありますが、受け付けないのはビールくらいでしょう。ビールが駄目なのは若い頃に無理やり飲まされたせいではないかと思います。そんなビールは乾杯だけお付き合いすることもありますが、小さなコップ数センチ分飲んだだけでも顔が真っ赤になるくらいアルコールに弱いのです。

先日の健康診断の際には、血液検査のためにアルコール消毒した箇所が後で真っ赤になっているのを見て、やはり体質的にダメなのだということを実感したりもしました。私の父は今の私くらいの歳になってから嗜む程度に飲めるようになったそうですが、母はまったく駄目なので遺伝的なものもあるのでしょう。父にも母にも酒飲みの兄弟はいるのに不思議なものです。

ウィスキーは昔一人で頑張って飲んでいたこともあり、結構好きです。当時はショットグラスにストレートで飲んでいましたが、今はロックでちびちび飲むのが好みです。そう、量を飲むことができないので、濃いものをちびちびやるのがいいのです。

もう一つ私が好きなのが、チンザノ・ロッソです。イタリア・トリノの特産であるベルモットですが、ハーブが入っていることからちょっと薬っぽい味がするのが好みなようです。これを先日の職場の飲み会の二次会で行ったバーで見つけたので久しぶりに飲んで、とても良かったので自分でも購入してみたというわけです。

チンザノ ロッソ 1000ml [並行輸入品]ベルモット
チンザノ
売り上げランキング: 9,911

私は近所の酒屋で購入したので1800円だったと思いますが、Amazonではアルコールまでずいぶん安く買うことができるのですね。今回は自分のためにアルコールを購入するなんて20年ぶりくらいのことですし、次があるとも思えませんが、何かの時にはAmazonで買うことになるかもしれません。

チンザノはバーで飲んだときと同じようにソーダで割って飲んでいますが、やはりプロが作ってくれた時の方が美味しいような気がします。ソーダを注ぐだけのことなのに一体何が違うのかわかりませんが、プロにはプロの技があるのでしょうか。まあおそらくは雰囲気の違いだろうとは思うのですが、それでもそれなりに美味しく飲むことはできているのでいいのではないでしょうか。ただ、調子に乗って飲んでしまうと簡単に二日酔いの頭痛になってしまうので気を付けなければいけません。実はアルコール分のないものがあれば自分にはその方が良いのではないかなとも思うのですが。

琵琶湖へドライブ

びわ湖テラス晴れていて涼しい時にもう一度行きたい。

ちょくちょく一人で長距離日帰りドライブをしている私ですが、たいてい東側は京都までで、それより先へ行くことはあまりありません。琵琶湖までの距離はそれほどでもないのですが、京都を超えていくのに時間がかかってしまうのと、京都を素通りすることがなかなかできないといった感じでしょうか。しかし、ちょっと前のことになってしまうのですが、先日は珍しく滋賀県まで足を伸ばしてきました。

滋賀県といえば何といっても琵琶湖ですが、その西側にびわ湖バレイというスキー場があります。夏の間はハイキングコースやジップラインなどのアクティビティを提供しているのですが、そこに最近オープンしたらしいびわ湖テラスというカフェのテラスから琵琶湖が一望できるらしく、どこかのウェブサイトできれいな写真で紹介されていたので行ってみよう、ということで一人で行ってきたのでした。

私はよくわかっていなかったのですが、びわ湖バレイの駐車場からびわ湖テラスがある山上まではロープウェイに乗って行かなければならず、びわ湖バレイそのものに入場料は不要ながらそのロープウェイの運賃が往復2200円もかかります。駐車場はそれとは別に1日500円です。そして大きなロープウェイで上に上がってまっすぐ琵琶湖テラスへ向かいましたが、実はこの日は台風の影響で曇っていて、ロープウェイに乗っているときから雲に囲まれていたのでテラスからも何も見えず真っ白です。それでもテラスに座って食事ができればと思ったのですが、テラスの座席は非常に少なく埋まっていて、ウェブサイトの写真のサンドイッチが美味しそうだからと思って楽しみにしていたのに、ビニールに包まれたまま出てきてがっかりでした。結局、ここでは何千円もかかってしまっただけで全然いいことがありませんでした。
白髭神社
しかし、なんとか気を取り直して次の目的地へ向かおう、と12時頃に下山してみると、上りのロープウェイは満員になっていて、駐車場もだいぶ埋まってきていたので、どうやら人気のスポットにはなっているようです。晴れた日ならさぞかし気持ちいいだろうという感じではあったのですが、曇っていても結構混み合うのですね。

そして私が次に向かったのは白髭神社です。琵琶湖の水中に浮かぶ鳥居が印象的な神社ですが、近江最古の神社と謳っており、本殿は1603年造営ということで400年以上の歴史を持つ重要文化財となっています。しかし、やはり写真映えするのは湖中大鳥居ということでそちらへ向かうのですが、駐車場からは国道161号線の横断歩道もないところを渡らなければなりません。これは子供には結構な試練なのではないでしょうか。
韓国から来たライダー
湖と言っても琵琶湖はやはり大きく、対岸の建物などが見えないので厳島神社の海中鳥居よりも絵になるかもしれません。拝殿に派手さがないので観光客はそれほど多くありませんが、私が写真を撮っているとバイクに跨ったまま写真を撮っている人がいて、ナンバープレートを見ると韓国のプレートでした。聞いてみるとやはり韓国から来たライダーで、日本中を回っていて近畿が最後のエリアだとのことでしたが、やはりそういう人には見逃せないスポットなのかもしれません。
メタセコイア並木
このあとはさらに北へ進み、メタセコイア並木へと向かいました。ここは草原の中にメタセコイアが左右にきれいに並んだ並木道のようになっていて、どの季節でもそれぞれ絵になる景色を楽しむことができます。今回は夏真っ盛りなので、葉っぱが青々と茂ってとても涼しげです。並木道は南北2つに別れたようになっていて、まっすぐ続いて見える平坦な南側も良いですが、私はちょっとした起伏のある北側の方が好みです。また、南から来る人が多いせいか南側の方がたくさん人がいて、北側は比較的静かなのも良いと思います。

ということで、最後はちょうど通りがかったので立雲峡に登って竹田城跡を眺めて帰りました。竹田城も私が行った2010年はまだ直ぐ側の駐車場まで車で上がることができて、観光客の姿もまばらでゆっくり過ごすことができましたが、すっかり有名になってしまった今は麓の駐車場に車を置いていかなければならず、週末ともなればごった返すようになってしまいましたね。この日はもう夕方だったので立雲峡も車が数台着ている程度でしたが、麓に臨時駐車場があるくらいですから混むときは混むのでしょう。一度うまい具合に雲海が広がっている時に通りがかったので寄ろうかと思いましたが、早朝だったのに満車と言われて立ち去ったことがあります。この変化もインターネットのせいなのでしょうか。

Steven Rhodes

Steven Rhodesまだ何枚も欲しい。

私がいつもチェックしているThe Awesomerというウェブサイトがあるのですが、ここはネット上のいろいろなイカした商品を紹介してくれる、非常に危険なところです。ここで見つけてついつい購入してしまったものが実はいくつかありますが、先日私の目に留まってしまったのはPyrokinesis for Beginners Shirtsという記事で紹介されたシャツです。なんというかレトロなタッチのイラストでパイロキネシス(念力着火)というオカルトなテーマが私の琴線に触れてしまいました。私はこういうのが非常に好きです、というか今まであまり意識していませんでしたが好きなようです。

Steven Rhodesというデザイナーの作品とのことで、記事にあるリンクから販売サイトを見てみると、様々なデザインをTシャツやスウェットシャツからポスターやマグまで様々なものにプリントしてくれるようです。Tシャツなどの場合は地の色や生地も選ぶことができるので、とりあえず私は色を変えて3枚ほど購入してみることにしました。今は送料無料のセールをやっているようですが、私が購入した時には$15ほど送料が必要だったので、ついついまとめ買いして見かけの送料を安くしようとしてしまいます。まあ送料無料は$80以上購入時ということなので、結局はまとめ買いせざるをえないようですが。
アメリカからこんなTシャツを買ってみた。最高。
私が購入したのはPyrokinesis For BeginnersLet’s Summon DemonsWelcome to Twin Peaksの3枚です。いずれもTriblendというソフトな生地のものにしたので色数はちょっと少なめですが、普通のTシャツにするとPyrokinesis…の場合は23色もの中から選ぶことができます。デザインによって選べる色が違うということは、イラストとの組み合わせで細かい調整が行われているということでしょうから、しっかりこだわったものと言えそうです。

商品の到着は最近あまりないくらい待ち遠しかったのですが、届いたものを見て大変満足しました。どのデザインも品質が高く、実際の生地の色も私のイメージ通りで、文句の付け所がありません。子供達にも見せたところ、次男もLet’s Summon Demonsは欲しいとのことなので、次に注文する時には買ってあげようと思っています。だって、Sell Your SoulとかLet’s Sacrifice Tobyとか、凄くないですか? Stevenにはファンレターでも書きたいくらいです。