shinsuke のすべての投稿

Michael Jackson – Thriller

Thriller個人的には現実のMichaelの方が怖いような気もするのですが…

ひょっとしたら今の若者たちにはあまりピンとこないのかもしれませんが、”The King of Pop”ことMichael Jacksonと言えばあまりにも有名で、伝説的な存在となりつつあるスターです。最近でこそ結局冤罪であった性的虐待疑惑での裁判沙汰や、そのための裁判費用やそれに伴うイメージダウンなども原因に違いない経済的危機により自宅ネバーランドが競売に掛けられそうになっているなど、悪いニュースばかりが目に付くようになってしまっていますが、彼の音楽的才能と強烈なカリスマ性を否定する人はおそらく誰一人としていないでしょう。

さて、このMichaelを一躍スターダムに押し上げることとなったのは何といってもアルバムThrillerの驚異的なセールスでしょう。歴史上最も多くの売り上げを記録したレコード・CDということで全世界で1億400万枚もの売り上げを記録しているという恐ろしい作品ですが、今年はこのアルバムのリリースから25周年ということで、それを記念して最新デジタルリマスター、7曲のボーナストラックと30分の映像DVDという豪華な構成の期間限定のリミテッド・エディションと受注生産のリミテッド・デラックス・エディションという2種類の限定盤が発売されています。どちらもCDとDVDの内容は同じもののようなのですが、とりあえず私も聴いてみました。

スリラー 25周年記念リミテッド・エディション(DVD付)
アーティスト:マイケル・ジャクソン , 他
SMJ(SME)(M) (2008/02/20)
ISBN/ASIN:B00122DUNE
スリラー 25周年記念リミテッド・デラックス・エディション(DVD付)
アーティスト:マイケル・ジャクソン , 他
SMJ(SME)(M) (2008/02/20)
ISBN/ASIN:B00122DUN4

このアルバムは「最もシングルカットされた作品が多いアルバム」でもあるということで耳慣れた曲が多く懐かしい感じも強いのですが、やはりThrillerという曲は凄い力を持った名曲であると再認識してしまいます。デジタルリマスターの効果がどれほどのものなのかはよくわかりませんが、今聴いても決して古くささは感じさせず、それでいて重厚なオーケストレーションは逆に最近の曲にはない作り込まれた重みのようなものを感じさせるものです。またこの曲は独立した映像作品としても評価できる長編のプロモーションビデオでも話題となりましたが、それがDVDの方で楽しめるというのも嬉しいところではないでしょうか。

ボーナストラックではwill.i.amAkonFergieKanye Westといったそうそうたる面々とのコラボレーション曲が収められているのですが、そうそうたる面々とはいっても彼らにとってはMichaelとの共演などというのは夢にも見なかったものかもしれませんね。

また、ボーナストラックの初めにはThrillerの終盤にナレーションを入れているホラー俳優Vincent Priceがそのナレーションを録った際の音声が収録されているのですが、このナレーションはそれを聴いているだけでも「これぞホラー」と喝采したくなるような素晴らしい声です。これだけの魅力溢れる声を持つ俳優や声優というのは現代にもいるのでしょうか。私はこれだけを繰り返し何度も聴いてしまいましたが、こうしてCDに収録されているということは私だけがおかしいわけではないでしょうね。

このアルバム以外にも普段から80年代の曲を聴くことが多い私なのですが、やはりあの頃には今はない何かがあったと思うんですよね。それともそんな風に感じるのは単に若かったあの頃を懐かしむオヤジになってしまっただけなのでしょうか…?

自宅で美味しくコーヒーを飲む方法

コーヒー豆どうせ飲むならちょっとした心がけだけでグッと美味しく。

つい先ほどWikipediaを見ていて「私の頭痛の原因はカフェイン中毒なのではないか」とハッとしてしまった私は大のコーヒー好きで、しょっちゅうコーヒーばかり飲んでいるのですが、最近どうも自分で淹れるコーヒーが美味しくて困っています。いえ、もちろんそんな困っているわけはないのですが、それほど特別なことをしているわけでもないのにちょっとしたことの積み重ねで自分の好みに一番あったコーヒーを淹れることができるようになってしまったようなのです。もちろんプロに敵うわけはないのでしょうが、私の好みを熟知しているプロは今のところいないはずです。

ということでふと思い立ってしまったので、偉そうにその「ちょっとしたことの積み重ね」を勝手に10箇条にして列挙してみたいと思います。

  1. 豆を選ぶ。高級な豆より好みの豆を。
  2. 豆で買う。直ぐに飲むなら挽いてもらってもいいが、あっという間に酸化して味が落ちて行くので、できるだけ自宅で挽きたい。その方が挽き方も好みに合わせられるはず。
  3. 淹れ方はペーパードリップ。ゴミは増えるようだが処理は容易でコストもわずか。エスプレッソもたまにはいいが、一言で言えば「大袈裟」。
  4. お湯の温度は90℃強。ぬるいのはもちろん、グラグラに沸騰したのもいい結果にはならない。
  5. ドリップは蒸らしが肝心。全体を湿らせて30秒待つ。これが後で大きな差に。
  6. 後は土手を崩さぬようまんべんなく湯を注ぎ、最後まで落ちきってしまう前に上げる。最後には雑味が浮いているので、惜しまず捨てること。
  7. コーヒーはお気に入りのカップに注ぐ。あくまで嗜好品なのだから、そういう気分も大切な要素なので手は抜かない。
  8. 出来たコーヒーは酸化が進む前に飲み切ること。せっかくの美味しいコーヒーは美味しいうちに
  9. そして何より大事なことは、体調のいい時に飲むこと。病み上がりで飲むコーヒーはどうも美味しくないし、逆にコーヒーの味で自分の体調までわかるもの。
  10. 愛する人や気の合う友人と飲む、というのは?と思うかもしれないが、それではコーヒーが脇役になってしまうので、ここではあえて一人で。もちろんそういう楽しいひとときは否定しないけれど。

大したことはありませんね。当たり前のことばかりなので誰でもすぐに、ちょっとずつでも実践できるはずです。もちろんこれ以外にもコツや作法はいくつもあるはずで、コーヒー通の方は「これを忘れるとは」と思うようなこともあるのではないかと思いますが、そういう場合はコメントなどで教えていただけると幸いです。

まあ実際どれもこれも何かの受け売りのようなことばかりで、全てを自分で編み出したわけではないのですが、自宅でコーヒーを飲まれる方は試してみてください。私にとってはやはりセラミックコーヒーミルを購入したのが一番大きかったと思いますが。

Mixed Tape 19

Mixed Tape 19全ての別れは出会いのために

明日3月3日は私の誕生日だったりするのですが、実は3日前から風邪を引いてしまって2日も会社を病欠する羽目になり、最悪の状態で誕生日を迎えることになるのかと半ば覚悟しかけていたところでなんとか治り、ホッとしているところです。そしてそんな私の状況とは無関係に、こうして2,3日ほど寝込んでいる間に私のメールボックスには1000通以上のメールが届いているのですが、そのうち90%以上はspam、残りの10%弱は各種のダイレクトメールとメールサービスの類で、個人的な私信は1通もないというのはいつものことです。しかし、この中に1通、特に嬉しいメールがありました。

“Mixed Tape is back.”という単刀直入のそのタイトルで全てが伝わりましたが、昨年7月の18番目で一旦終了とされていた、Mercedes Benzが世界中のカッコいい音楽をセレクトしてコンピレーションアルバムの形でMP3ファイルで提供してくれていた、Mixed Tapeが復活したということです。私もこれまでに何度もここで取り上げてきたこのシリーズですが、いかにも大人のドライブのBGMにもってこいというような選曲で様々なジャンルの曲を聴かせてくれていましたが、「別の形で続けていきたい」ということだったのでどういう形で復活したのかと早速アクセスしてみました。

ウェブページの構成は従来のものよりもさらにインタラクティブで洗練されたインタフェースのものとなり、以前のものが数年前から変化のないものだったことを思えばその数年分の技術の進歩がそのまま反映されたものとも言えます。Mercedes-Benz.tvのHOME PAGEにアクセスするなりKilian Reichertなる人物が出てきてドイツ訛りの英語で説明を始めますが、ここではLifestyle, Vehicles, Motor & Sports, History & Legends, Innovationというジャンルに分かれた様々な映像が提供されているようで、Mixed Tapeはこのインタラクティブサイトの中で音楽を紹介する1コーナー、Music Magazine and free MP3 downloadという形で再開したようです。

映像の方はJennifer Lopez4Heroなどのプロモーションビデオが観られたりしますが、もちろん従来同様のMP3アルバムも提供されています。今後は2ヶ月おきに更新されていくということですが、映像とナレーションで収録アーティストについて紹介してくれるというのはこれまでにないもので、より一層アーティストへの興味をかき立て親しみを持たせる素晴らしいものではないかと思います。

今回収録されている曲の方は全体的にちょっと落ち着いた、しっとりした雰囲気の曲が多いのではないかと思いますが、相変わらずカッコいい曲ばかりなのです。世界中には一体どれほどのいい曲が埋もれてしまっているのかと、もしもMixed Tapeが無ければ一人の日本人にも聴かれずに終わってしまう曲もあったでしょうし、それがMixed Tapeのスタッフのアンテナに引っ掛かったがためにインターネットを介して世界中の数万・数十万、もしくはそれ以上の人に聴かれることになっているのかもしれないと思うと、ぜひともこのMixed Tapeという活動は一企業の損益の枠の外で継続していってもらえないものかと切に願うばかりです。まあ、単に私のアンテナが低くて今まで知らなかっただけ、ということもたまにはあるようなのですが、それはこの際置いておいて…

ちなみに今回は2曲目にTak Miyazawaという日本人ギタリストの曲が収録されています。まあ、それを知らなければ日本人の曲だということは全くわからないので意識する必要もないような気もしますが、この人はMixed Tape 16でもギタリストとして参加しているということで、今後もMixed Tapeからさらに活躍の幅を広げて世界中で聴かれることになりそうです。同じ日本人として海外で活躍する人というのは素直に応援したくなりますね。