shinsuke のすべての投稿

静嘉堂文庫美術館 茶碗の美

曜変天目茶碗そもそもこんなところに美術館があったとは知りませんでした

既に一週間以上前の話となってしまいましたが、国宝・重文をめぐる旅の3日目はいよいよ本命の静嘉堂文庫美術館へ行きました。東京都世田谷区、二子玉川駅からバスで10分ほどのところにある美術館なのですが、私は元々この近辺で育っているというのについ最近までその存在を知りませんでした。まあ子供だったので無理もありませんが…街中に突然ちょっとした林が現れ、その中に静かに建っているという何とも贅沢なところです。

この美術館は三菱の創設者、岩崎弥太郎の弟でその跡を継いだ弥之助が創設した私設文庫「静嘉堂」を起源としているということですが、その後の曲折を経て現在は三菱グループ経営の私立美術館となっています(cf. Wikipedia)。そのコレクションは国宝が7点、重要文化財が82点も含まれているという相当に価値の高いものとなっているのですが、今回のお目当てもこの国宝のうちの一つ「曜変天目茶碗」で、現在「茶碗の美 -国宝・曜変天目と名物茶碗-」と題した展覧会でこの茶碗を目にすることができるということではるばる駆けつけたというわけです。

曜変天目茶碗というのは見る角度により様々に色を変える独特の斑点が美しい茶碗で、世界中に3点しかないと言われており、その3点がいずれも日本の国宝として国内に存在するというものですが、そのうちの1点は先日大阪の藤田美術館に行った際に目にしてきました。しかしこの3点のうちで静嘉堂文庫にあるものが最も華やかで斑点の数も多く見事なものであるということだったので、ぜひとも見ておかなければということだったわけです。

ちなみにもう1点の曜変天目茶碗は京都の龍光院というところにあるということなのですが、残念ながらこちらは非公開の方針を貫いているということらしく、全く見る機会は得られないようです。国の宝であるはずのものをこうして抱え込まれてしまうというのはどうにかならないものかと思いますが…誰の目にも触れないように持っているということに一体どういう意味があるのでしょうか。まだ高い金を取ってでも見せてくれた方がありがたいのにと思います。

それはさておき、実際に目にした曜変天目は確かに藤田美術館のものより華やかさがあり、素晴らしいものであるのは間違いありません。しかし、藤田美術館のものにあった重厚さ、威圧的でさえあった存在感というものがやや弱いように感じられました。まあ、1年近く前に見たものなので記憶自体は曖昧で比較できるものではありませんが、そのような印象を受けました。何となく藤田美術館のものは黒の部分に力があったように思うのです。とはいえ、間違いなく国宝として人の目を釘付けにするだけの素晴らしいものでした。

ところで、展示されているのはもちろん曜変天目だけではありません。唐物、高麗、樂など時代の流れに沿って分類されて展示されていて、なかなか勉強にもなったのですが、様々なものをまんべんなく展示しているように見え、一美術館がこれだけのものをコレクションとして収めているというのも大したものです。大手の美術館に比べればこぢんまりとした展示ではありましたが、この中にも目を引くものがいくつもあり、遠くから出かけていった甲斐があったと言えます。

なかなか見応えがあったのでここでは図録を買って帰ろうかと思い、パラパラとめくってみたのですが、どうも見覚えのない茶碗の写真が載っています。その番号を確認し展示の方を見てみると確かにその茶碗はあるのですが、写真で見るのとはずいぶん印象が違うものでした。写真では光の加減が違っていたり、大きさがつかめないのでこういうことがあるのでした。写真ではいいと思っても現物はそれほどのものでもなかったり、逆に展示を見てとても気に入ったものでも写真写りが今一つで魅力が伝わらなかったりと難しいものです。まあこれは人の写真でも同じことで、誰でも経験があると思われることなんですけどね…

東芝がHD DVD撤退を検討

HD DVD引き際が肝心…しかし既に遅すぎる気が。

新聞各紙の1面トップを飾っていたり、数多くのブログ記事で触れられていたりしますので既に多くの方がご存じのことでしょうが、「次世代DVD」の一つであるHD DVDを先頭に立って推進してきた東芝が撤退を検討しているという内容が昨夜報じられました。これに対し、当の東芝からは

現在市場の反応を見ながら今後の事業方針について検討はしているが、報道のような決定をした事実は無い

声明が出されたそうですが、「決定をした事実は無い」というのは「決まってはいないがその方向で検討中」という事実上の肯定の意味で使われることが多く、ウソをつかずに済むギリギリのコメントというところではないでしょうか。

それまでHD DVDとBlu-ray Discとの両方のサポートを行ってきたWarner Bros.が今年1月のCESにあわせてBlu-rayへの一本化を発表して以来急激に旗色が悪くなり、HD DVDをサポートしてきた他のスタジオも見切りを付けるのではないかという憶測が飛び交い、今月に入ってからは小売り大手のBest-BuyWal-Martなども支持を打ち出すなど敗色濃厚というのは誰の目にも明らかでした。そんな中でも東芝は低価格プレイヤーの新機種を発表したりもして、まだまだやる気を見せていたのですが、ここへ来てこういう内容の報道があったというのは撤退したい内部関係者からのリークがあったと見るべきなのでしょうか。

3年前には私も「Blu-ray DiscとHD DVDの両規格が統一か」という記事を書いている通り、規格統一のチャンスがあったようなのですが、その後「次世代DVD規格分裂」という記事の通り残念な結果になっています。もしもこの時双方が妥協できていたら、今回のような不幸な結果を招くこともなく、またこうして「次世代」と呼ばれたまま何年も普及しないというようなこともなかったのではないかと思われるのですが、大人の事情があって物別れに終わってしまったのでしょうから仕方ありません。

それにしてもいわゆる「次世代DVD」が普及しないのにはいくつもの訳がありますよね。

  • 規格が分立してしまっていてどちらを買えばよいのかわからない
  • 機器が高い
  • ソフト/メディアが高い
  • 高画質は必要ない

ちょっと考えただけでもこれだけの理由が思いついてしまうのですが、これらはほとんど私自身にも当てはまります。液晶やプラズマなどHDテレビをお持ちの方はもうDVDの画質では見るに堪えないと思われるようですが、私は普段ほとんどテレビは見ないので今のテレビが壊れるかアナログ地上波が停波されるまでは買い換えないだろうと思われますし、映画DVDもほとんどPCで見ていますので今のところ「ハイデフが欲しい」というほどには盛り上がっていません。まあ、新しい物好きの血は騒がないこともないのですが、優先順位は低いですね。

これに加えてHD DVDの方は

  • 名前が悪い
  • 容量が中途半端

というのが購買意欲を削いでいるような気がします。アルファベット5文字というのが日本人には非常に呼びにくいですし、いかにも「DVDの後継はこちら」という名前が逆に変わり映えのなさとなってしまっているのが大失敗ではないでしょうか。また、従来のDVDとの製造上の互換性を重視してしまったためにBlu-rayの1層25GBに対して1層15GB、さらに8層200GBまで試作に成功しているBlu-rayに対して2層30GBまでというのはいかにも見劣りがします。製造ラインのコストなんていうのは普及するまでの過渡的なものでしかないというのに、そこに拘ってしまったというのは普及に焦ったということなのでしょうか。結局Blu-rayの製造コストも技術の進歩でどんどん下がってきて今や大差が無くなっているということですから、ますます何だったのだろうというようなものです。

ということで、東芝はここで撤退することで数百億円という巨額の損失を計上することになるだろうということですが、この数字に含まれないダメージもかなり大きいでしょうね。ハリウッドを巻き込んでの争いというのは所詮東芝には難しかったということなのでしょうか。一方のソニーにとっては「ベータの雪辱」などとも言われていますが、家庭用ビデオという全く新しいジャンルでの規格争いであったVHSベータマックスとは違い、今回はDVDの後継という単なる規格変更でしかないので消費者はちょっと距離を置いてしまっていたのではないでしょうか。まあ今回の泥沼を教訓として、次はCDやDVDの時のようにすっきりと一本化してもらえるといいですね。

会津若松: 天鏡閣とさざえ堂

会津磐梯山はるばる行った甲斐が十分すぎるほどありました

先の3連休の国宝・重文をめぐる旅の2日目は、真冬で前日には東京でもそこそこの大雪が降ったというのに東北地方にまで足を延ばして会津若松に行ってきました。関西からはるばるやって来るその一番の目的は雑誌Brutus Casa9月号特集「日本建築、デザインの基礎知識Part 2。」で紹介されていた「会津さざえ堂」をぜひこの目で見てみたいということだったのですが、スキーでもないのに冬の東北を訪れるというまたとない機会なので色々と見て回りました。

天鏡閣まず最初に訪れたのは明治41年に建てられた、有栖川宮威仁親王の別邸であったという「天鏡閣」です。猪苗代湖の湖畔から数百メートル山側に上ったところに建つ建物ですが、この日は60~70cmの積雪で辺りがひっそりと静まる中、晴れ渡った青空の素晴らしい光線に照らされて実に美しい佇まいでした。真っ白な雪景色と青空のコントラストの中で白い建物がますます映えます。新緑に囲まれる姿も見事なものなのではないかと想像されますので、ぜひその頃にももう一度訪れたいものです。重要文化財に指定されるこの建物は内部も公開されており、当時の皇族の暮らしぶりの一端を伺わせる見事な家具や調度品を見ることができます。特に撞球室なんていうのはちょっと浮世離れした感じがしますよね。

猪苗代湖の鴨さて、次は猪苗代湖の湖岸から美しい磐梯山の写真でも撮ろうと道路へと降りていったのですが、湖岸の駐車場やその周辺が妙に賑わっています。次の瞬間、水辺に目を移した私は思わず驚きの声を上げてしまったのですが、そこには夥しい数の鴨とそれに混じって数十羽の白鳥が、人の与える餌に群がっているのでした。これは思いがけないものだったのですが、猪苗代湖は白鳥の飛来地としてちょっと有名だったようですね。湖畔ではパンの耳を一袋100円で売っている人がいて、これを買ってあげている人もいれば自宅から持参したような人もいるようでしたが、相当な数の鴨がいたのでいくらやっても一向に足りないのではないかというくらいで、かなり食いつきが良く一緒に行った後輩Mの2歳の息子Y君もこれは楽しかったようです。

極太手打ちチャーシューメン鴨や白鳥を相手にひとしきり戯れたあと、昼食の時間も大幅に過ぎて2時を回っていたのでご当地ラーメンのハシリでもある喜多方ラーメンを食べようということで、本来の目的地からは離れることにはなりますが喜多方市の方へ向かうことにしました。喜多方には120件ものラーメン店がひしめいているということで店選びには迷うところなのですが、都合のいいことにMの車に積まれていた全国各地のラーメン店を紹介した本はMの経験的に地元の評判に近い評価となっているということだったので、この本を参考に「食堂なまえ」という名前の店に行ってみました。住宅地の中の細い路地に面したかなりわかりにくい場所でしたが、それだけに地元に密着した知る人ぞ知る名店なのではないかと期待が高まります。

元々喜多方ラーメンというのは澄んだ醤油ベースのあっさりしていて懐かしい感じのするスープに縮れ麺という組み合わせのものが一般的ですが、この店の看板メニューらしい「極太手打ち麺」というのはその名の通りひときわ太い縮れ麺が特徴です。私が頼んだのは「極太手打ちチャーシューメン」でしたが、チャーシューメンと普通の極太手打ちラーメンの違いはチャーシュー2枚分だけのようなので、特に肉を食べておきたいという人でなければ極太手打ちラーメンで十分かと思います。しかしそれにしても、この極太麺はかなり味わいのあるもので、「食べている」という実感があり絶品です。博多ラーメンの硬めの極細麺も好きですが、これはこれでまた別の美味しさがあり、お腹はいっぱいでも口ではもっと食べたいという気になります。

さざえ堂ということでかなり寄り道が過ぎて時刻は既に4時を回ろうかというところでしたが、この日の本命「さざえ堂」にようやく向かいました。白虎隊で有名な飯森山の中腹に建つこの建物のいったい何が特徴的なのかといえば、その名の通りさざえに似た外観を持つ理由となっている、二重らせんの内部構造です。行きと帰りの参拝者のすれ違いで混雑しないようにとの配慮からの構造だそうですが、建立が1796年というその時代に木造でこれだけ複雑なものを作り上げたということが技術的にだけではなく発想的にも感銘に値するのではないかと思います。わざわざ関西から見に来るというのは建築の専門家でなければ余程の物好きだけではないかとも思いますが、これにはそれだけの価値があったと自信を持って言えます。何しろ大正天皇以降の歴代の天皇もご訪問なさっているそうですし。

結局私たちがさざえ堂を出たところで戸締まりを始めたというくらいギリギリの時間となってしまったので、このあとは予定を切り上げて東京に戻ることにしました。最初は東京に戻ってから食事をしようかとも考えたのですが、それでは10時を過ぎてしまいめぼしい店は開いていないということで、経路上にあった宇都宮で有名な餃子を食べて帰ることにしました。しかし、今が旬の餃子ですが(ウソ)、宇都宮にも餃子が食べられる店が100店近くあるらしいのでいったいどこに行くべきかがわからず、高速を降りてから書店に寄って当地の餃子店ガイドを購入し、地元の人に親しまれていそうな郊外の店舗に行ってみました。

宇都宮中国飯店の餃子向かったのは「中国飯店」というこれまた住宅地の中の普通の中華屋っぽいところだったのですが、店に着いてみると既に看板の照明は消えてしまっています。しかし、戸を開けて聞いてみるとまだ大丈夫ということで、中では地元のおじさんおばさんが店主も交えて楽しそうにビールを飲み交わしているところでした。私たちは餃子とチャーハンを注文しましたが、この店の餃子の特徴は本場中国式でニンニクを使っていないということです。ニンニク好きな私ですが、本場と同じなら美味しくないわけがありません。出てきた餃子を食べてみると、ショウガがよく効いていてそんなことは忘れるくらい美味しいものでした。有名店「みんみん」の餃子も美味しいのでしょうが、こちらはこちらで大満足ですし、人の良さそうな店主とお客のおばさんたちも愉快で楽しいひとときでした。

ということで、長い長い一日でしたが、この日も日帰りとは思えないほど充実した旅でした。というより、3日間の旅行の中のたった1日とは思えない濃い内容だったのですが、2泊くらいしてもいいくらい見どころ遊びどころは他にもありそうなので、次はぜひ家族で泊まりがけで訪れたいと思います。まあ冬はスタッドレスなしでは無理ですから、その時は夏休みということになるでしょうか。また違った季節というのもいいでしょうが、その時は白鳥はいませんね。