カテゴリー
gadget

iPod shuffle

iPod shuffle携帯ミュージックプレイヤーの国内シェアは実にその6割をAppleiPodシリーズが占めているとも言われていますが、私自身はこれまでRio VoltからRio Chibaと今は亡きRio Audioの製品を使い続けてきて、それで満足とは言わないまでも大きな不都合はなかったのでiPodの購入には踏み切れずにいました。しかし長らく快調に使い続けてきたChibaをつい先日うっかり1mほどの高さからコンクリートの床に落としてしまい、それ以来電源を入れてもすぐに切れてしまい音楽を聴くことができないという状態が頻発するようになり、とうとうそれに耐えられなくなり私もiPodを購入するに至りました。といっても私の利用状況から考えるとコストパフォーマンス的にiPod shuffleが選択としてベストと判断しました。

Apple iPod shuffle 1GB グリーン MA951J/A
メーカー:アップルコンピュータ
アップルコンピュータ (2007/01/31)
ISBN/ASIN:B000IDJA6E

ということで念願のiPodファミリーを入手したわけですが、その包装からして無駄に贅沢です。どうせろくに使い道があるわけでもないのにアクリルのしっかりしたケースに入れられて高級感を演出していますが、これこそがiPodのシェアが高い一因でもあるのでしょう。包装をブリスターパックなどにして安く抑えることで売価にして数百円は抑えられてしまうのではないかと思われますが、仮に9800円のものが9500円になったとしても販売台数が増えるようなことはないでしょう。それよりは高級でハイセンスなイメージを持たせて、そのイメージで売る方がいいという判断です。

以前から私は音楽をすべてPCのiTunesで管理しているので、iPodの導入も至ってスムーズです。DockのUSBコネクタをPCに挿し、iTunesを起動してDockにiPod shuffleを挿すだけで設定を始めることができ、簡単ないくつかのステップを踏むだけですぐにライブラリから曲をiPodに転送することができました。まあその辺りは今さら説明するまでもないでしょうが、これまでいちいちiPodからRio ManagerというRio Audioの管理ソフトにDrag and DropしていたのがiTunesだけで完結するようになったのが当然のことながらとにかく便利に感じられます。

それにしてもこのクリップの形をしたアルミ製のボディが本当に小さく軽く、その辺で落として無くしてしまうのではないかと心配になるくらいです。しかしながら音の方はなかなかしっかりしていて、ややドンシャリ気味な感じはするもののさほど悪くはありません。私はSennheiser PMX100というヘッドフォンを使っていて添付されてきたものは使っていないのですが、ひょっとすると添付のヘッドフォンに最適化されている可能性もありますね。音量以外には音を調節する機能を持っていないので、音質が気に入らないとどうしようもありませんが、さすがに特に問題はなくホッとしました。しばらくこれで満足して使えそうですが、きっとそのうちライブラリを丸ごと持ち出せる大容量のiPodがまた欲しくなるのでしょうね…

カテゴリー
news

Boot Camp

Boot Campすでに各所で報道されていて、asahi.comでも記事になっているほどですが、AppleがIntel CPU搭載のMacでのWindowsの起動を可能とするBoot CampというソフトウェアのPublic Beta版の公開を始めました。

Intel Macが発表されたときから「MacマシンでWindowsも使えるようになるのではないか」というのと「Windows PCでMac OSが使えるようになるのではないか」という2つの憶測があり、前者についてはつい先日MacでのWindowsの起動を競うコンテストも開催されてそのハック手順も公開されるなどしていましたが、それがついに公式に可能なものとなってしまいました。Appleとしてはさらにクラックが進んでしまうのを恐れたのかとも思いますが、今Windowsを使っている人がMacへの移行を考える場合にWindowsも使えるということであれば安心感がありますし、Macのデザインはいいけど使い慣れた、あるいはソフトウェア資産のあるWindowsでないとという人には障害が一つ取り除かれることになりますね。

しかし、私もかつてWindowsとFreeBSDをデュアルブートできるようにして使っていたことがありますが、切り替えるためにはいちいち再起動しなければならないというのはやはり使い勝手のいいものではありません。結局別マシンを用意してKVM切替器で切り替えながら使うか、CygwinのXサーバやsshを使ってネットワーク経由で同時に使えるようにした方が便利なので、私も今はそのようにしています。まあ、そのためにはPCが2台必要であり、設置スペースや電気代の問題などもあるのでデュアルブートほどの手軽さはないことになりますが。

ちなみに、LinuxをBootable CD化したKnoppixも起動したという情報もありましたが、UnixベースのMac OS XがあればあまりLinuxを使わなければいけない理由がないような気はします。KDEGnomeのようなデスクトップ環境を使いたいという人もいるかもしれませんが、Mac OS Xのデスクトップはカスタマイズの幅こそ狭いですが、ユーザ本意に考えられていて良くできたものなので、よほど凝ったことをしようという人以外はMac OS Xで十分満足できるだろうと思います。

それにしても、Appleが公式にこういうものを提供してくることになるとは予想できませんでしたが、ユーザの利便性を考えれば頑なに拒むのも得策ではないと考えたのでしょうね。一方「Windows PCでMac OS Xが起動できるようにする」というのはMacのハードウェアの売り上げへの影響が予想されるので、互換機で失敗したAppleは拒み続けることになるでしょうか。私自身はIntel Macを購入するあてもないので関係ないのですが…

カテゴリー
news

Pentium Macが現実のものに…

既にあちこちで話題になっていますが、WWDC (World-Wide Developer Conference)でのAppleのCEO、Steve Jobsの基調講演で、噂されていたIntelプラットフォームへの移行が本当であるということが発表されました。今まで何度も浮かんでは消えていた噂でしたが、今回はWall Street Journalによる報道ということで一段と真実味を増していたのですが、実際に発表されてみると驚かざるを得ません。

Pentium系のi386アーキテクチャが採用されるということですが、PCとしてのハードウェアはApple独自のものになるでしょうから、いわゆるAT互換機でMacOSが動作するというわけではないでしょう。しかし、同系列のCPUが採用されれば相互のアプリケーションの移植は比較的容易になるでしょうし、それよりもこれまでWindows専用というハードウェアが多くて泣いていたMacユーザにとって朗報となりそうなのは、ファームウェアレベルのMacOSへの対応がかなり楽になるので使えるハードウェアが大幅に増えるのではないかということではないでしょうか。

MC68000系からPowerPC系への移行や、MacOS 9からMacOS Xへの移行の際にもエミュレーションによりアプリケーションの移行をスムーズに行ってきたAppleですから、今回もi386によりPowerPCをエミュレートして動作させると発表してきました。その技術にRosettaと名付けてしまうあたりがAppleらしいセンスで関心してしまいますが、Rosettaとは言うまでもなく大英博物館で展示されているロゼッタ・ストーンのことでしょう。3種類の文字が一枚の碑板に刻まれていて、そのうちの一つがギリシャ語であったということからその他の言語の解読が可能になった、というアレです。子供だった私は何気なく展示を見ていましたが、今考えるとかなり凄いものです。

それはさておき、PowerPCからi386へのスイッチというとかなりの決断が必要だったと思われますが、ゲーム機用CPUに軸足を移したIBMに嫌気がさしたところへIntelのラブコールがあったということでしょうか。OS X開発当初からi386用のコードも存在したということですが、Darwinだけではなくその上のレイヤもすでに動いていると言われていたというのが本当だったとは少々驚きです。

アプリケーションの開発はXCodeを使用すればどちらのプラットフォーム向けのものも開発できるようになっている、と言われていますが、エンディアンが違うというのは気にしなくていいようで微妙に違いがあったりしますので、アマチュアが作るアプリケーションについては初期はそれにまつわるバグが目につくかもしれません。私は日頃ビッグエンディアンのCPUに触れる機会の方が多いので、それに慣れてしまうとビッグエンディアンはどうも取っつきにくいのですが…私だけでしょうか。そのほかについても、CPUのアーキテクチャとしてはPowerPCの方が設計的に新しく洗練されていると思うので、i386に統一されてしまうというのはどうも残念な気がしてしまいます。