カテゴリー
news

AppleがIntel CPU採用?

これまでにも何度も話題になったことがありますが、AppleがIntelのCPUの採用を検討しているということがThe Wall Street Journalに取り上げられていますが、PC専門誌などではなく一般紙ということで各新聞などでも話題になっているので、それなりに信憑性は高いのかもしれません。

そもそも今のMac OS XのベースとなっているNeXTはマルチプラットフォームのOSであり、Intel版も存在していたので、技術的には大きな問題はないのではないかと思います。しかし、Steve Jobsが折に触れMacの優位性を語る場合に「Intel Pentium 4に対してPowerPC G5は…」とCPU性能で比較してきたので、簡単に身を翻すことはないでしょう。しかし、現在のPowerPC G5は消費電力が100Wに達しようとしているため、PowerBook等のノート型PCに搭載するにはバッテリと放熱が問題となっているようなので、Pentium M系の省電力タイプの導入は考えられないことではないようです。

しかし、実際にハイパフォーマンスだからということでMacを選択している人がどれだけいるのかということは疑問です。Macユーザの多くは「クリエータにとって使いやすい」「デザインが洗練されている」というようなところが選択理由なのではないでしょうか。「Windowsよりもセキュア」というような人もいるかと思いますが、それは単にターゲットが少なく攻撃の効率が良くないからではないかと思いますし、「UnixベースなのでWindowsよりも安定している」というのも最近のWindowsも安定してきているのであまり理由にはならないような気がします。結局、Appleは高級PCとしてもMacと、ハイセンスでクリエイティブなOSとしてのMac OSを売るというのでも商売になるのではないかと思いますが、どうでしょうか?

Intelだからといってx86アーキテクチャというわけではないのですが、Mac OSの本来のOSたる部分、GUIを除くベースの部分であるDarwinについてはオープンソースプロジェクトとなっていてすでにx86版が存在しています。しかし、特徴的なGUIの部分についてはAppleが公開していないので実際どの程度現実味のある話なのかよくわかりません。しかし、これまでは自社で開発したいくつかのハードウェアでの動作が保証できていればよかったのですが、汎用のPCで動作させるとなると数限りない組み合わせのパターンで動作することを考えなければならず、Appleにそれだけの力があるとは思えませんし、採算の合う話とも思えないのでまずありえないような気がします。Athlon64ユーザでもある私としてはAMDのCPUを選択してほしいとも思いますが、それはなおさらなさそうな話ですね…

カテゴリー
misc

WWDC 2004

今日遅ればせながら、AppleWorldwide Developers Conference (WWDC)の基調講演のストリーミング中継を観ました。1時間半ほどもある見応えのあるものでしたが、Steve Jobsの巧みな話術のおかげでさほど飽きもせず最後まで見てしまいました。

MacWorld Expoがなくなってしまった今となってはAppleの新製品の公式発表の唯一の場にもなりつつあるのですが、今回の話題の中心はiPod+iTunes Music Storeの音楽関係と、30インチのCinema DIsplay、と何といってもMacOS X 10.4 “Tiger”でした。

30インチ(3200x2560pixels!!)の大画面なんて何に使うのかと思ってしまいますが、メインターゲットであるクリエータの方々にとってはいくらでも使いようがあるのでしょう。しかし、一画面の表示に2本のDVIケーブルが必要で、対応できるのは今のところPowerMacだけということですが、そのうち対応製品も増えてくるのでしょう。まあいずれにしても私には到底手のでる金額のものではありません。そもそも個人ユーザ向けではないでしょうし。

Tigerの方は細々とした機能が追加され、使い勝手の向上が図られているようですが、様々なエフェクト関係に妙に凝ったところがあるのが実にAppleらしいです。Dashboardの機能がKonfabulatorに酷似していると、Konfabulatorの開発者らは激怒しているそうですが、使用時のみWidgetsを画面に表示できるというのはKonfabulatorでは今のところできない機能なので、全く真似というわけでもないと思います。また、表示する部品を同じ”Widget”という名前で呼ぶのも真似だと言う人も日本にはいるようですが、これは「小さな道具」を意味する普通の名詞ですし、GUIの分野では以前から広く使われている言葉なので、いくらなんでも的外れな指摘だと思います。

というわけで、色々期待させてくれる講演だったわけですが、Tigerの発売は来年前半ということでまだまだ先なので、しばらくは今のPantherを使い続けることになります。

カテゴリー
gadget

iBook G4

AppleからiBookが発売されましたが、「PowerBookが欲しいけど持ち歩くならiBookの方が頑丈だっていうし、でもG3じゃ頼りないからやっぱりPowerBookにしたいけど、せっかくだからPantherが出るのを待とう」(長い!!)と考えていた私にはまさに渡りに船、ということで飛びついてApple Storeで即日オーダーしてしまいました。
それがようやく一週間ほどで手元に届いたのですが、想像以上にいいです。もともと自宅ではFreeBSDを使っていて、メーカー純正のUnixマシンが欲しいと思っていた私にはまさにぴったりです。Windowsとは流儀の違うところがあちこちあって、そういう意味でもいろいろ楽しめて実に楽しいです。
ただ、今Emacsをインストールしたりして、メールも今まで通りWanderlustを使っていくつもりだったのですが、なかなか意味不明のエラーでうまく動かなかったり、せっかくアドレスブックやiCal,iChatなどのツールとの連携もあることだから純正のMail.appを使った方がいいのかな、などと迷っています。一番踏み切れない理由はことえりの使いにくさにあるのですが、SKKに慣れてしまった今となってはATOKでも大差ないでしょう。でも、今気づきましたが、ことえりって同音異義語の説明も出たりするんですね…生意気にも。