「comedy」タグアーカイブ

Delta Studio / The Secret Life of Walter Mitty

The Secret Life of Walter Mitty - Ben Stiller as Walter Mitty期待していなかった割に楽しめました。

私は今週、一足早く夏休みをいただいて家族でアメリカ国内の旅行に出かけたのですが、今回は飛行機とレンタカーの組み合わせで移動することにしました。最寄りのデトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港デルタ航空ハブ空港であるため、航空会社はもっぱらデルタを利用することになるのですが、そのデルタが旅行直前の8月1日から「飛行時間が1時間半以上の世界の全便で無料のエンターテインメントプログラム『デルタ・スタジオ』を提供する」という発表がありました。配備が整った機内Wi-Fiを使って、スマートフォン、タブレットやPCから機上のメディアサーバに接続し、映画などをストリーミング配信するというシステムですが、もともと国内線の機材では通常エンターテイメントは提供されていなかったので、数時間の退屈しのぎにはもってこいです。航空会社側としても装備への投資を最小限に抑えて大きな費用対効果を得ることができる素晴らしいシステムなのではないでしょうか。

ということで、導入翌日に搭乗した私も早速なにか観てみようと思い、予告を見てちょっと気になってはいたけれども映画館で観るほどではないと思っていた「LIFE!」を観てみることにしました。原題は”The Secret Life of Walter Mitty“といいますが、これは同名の1937年の短編作品の、1947年の作品に次ぐ2度めのリメイクとなっています。
The Secret Life of Walter Mitty - Walter climing Himalaya
もちろんストーリーは現代的なアレンジが加えられていて、主人公Walterの勤務する雑誌「LIFE」の編集部が、ウェブ版への移行のため次号で最終号となる、というところから始まります。Walterは写真のネガの管理を担当していますが、写真家Sean O’Connellに指定されたネガが見つからず、それを探すために旅が始まるというものです。

監督と主演がBen Stillerということで、コメディとしての面白さは一流です。無理に笑わせようとしないのに自然に笑いが起こる感じで、英語が100%理解できなくても楽しめると思います。設定として面白いのは主人公に妄想癖があるところで、その妄想シーンがかなり作りこまれていて、作品に派手さを与えて退屈させません。また、あくまでファンタジーということでかなりありえないことが起こりますが、それはそれとして楽しむべきでしょう。

ということで作品としても楽しむことができましたが、Delta Studio自体もDVD程度の画質ではありましたが画像や音声にノイズが乗るようなことは全くなく、非常に快適に鑑賞することができました。望むべくは現在40タイトル程度であるライブラリの充実で、最新作から名作旧作まで選択肢が広がるということがないのですが、アメリカの国内線でも4時間程度のフライトでは最初から最後まで観ることができるのは1本だけでしょうから、あまり贅沢を言っても仕方がないのかもしれません。

Groundhog Day

Groundhog Dayどうやって精神状態を維持するのかが問題。

いつの間にか2014年に入ってから1ヶ月も経って2月になってしまいましたが、北米では2月2日はGroundhog Dayという一種の祭事が行われる日とされています。グラウンドホッグというのはリスの一種でモルモットのような動物ですが、2月2日に冬眠から目覚めるグラウンドホッグが外に出て自分の影を見るかどうかで春の到来時期を知る、というようなもので、イベントは北米各地で行われ、テレビでも伝えられます。今日はそのGroundhog Dayにちなみ、原題はそのまま”Groundhog Day“という「恋はデジャ・ブ」を観てみました。これまたセンスのない邦題ですが、20年以上前の作品なので許してあげましょう。

恋はデジャ・ブ [DVD]
恋はデジャ・ブ [DVD]

posted with amazlet at 14.02.02
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2011-01-26)
売り上げランキング: 3,864

Bill Murray演じる主人公のPhilはテレビの気象予報士で、Groundhog Dayの取材のためにディレクターのRitaとカメラマンのLarryと共にペンシルバニア州のPunxsutawneyという田舎町を訪れます。ここにはPhilというグラウンドホッグがいて、そのPhilによる占いが有名となっているのです。取材を終えた後Philらはピッツバーグに戻ろうとしますが、吹雪のためPunxsutawneyに足止めを喰らい、ホテルに泊まって目覚めてみると、なんと再び2月2日のGroundhog Dayとなっているのでした。これはPhilだけが自覚していて、その後もPhilは同じ2月2日を何度も何度も果てしなく繰り返しますが、Phil自身は少しずつ変化していき、やがて…というような感じです。

似たような着想の作品は他にもいくつかあったかと思いますが、SF的味付けは非常に薄く、ロマンティック・コメディ仕立てにしつつ、なおかつ色々と考えさせられるところもあるという、なかなか絶妙なバランスの作品でした。何度でもやり直すことができると何でも出来てしまうようですが、必ずやり直さなければならないということは何をしても意味が無い、となってしまいがちですが、実は自分だけは覚えているので成長できる、というのは面白いポイントです。

ちなみに、PunxsutawneyのPhilは実在していて、実際にこの町から毎年伝えられているようなのですが、映画の撮影が行われたのはイリノイ州のWoodstockという町で、この町ではこの撮影のポイントを保存してウォーキングツアーの地図を公開していたり、町興しとして利用しているようです。私はGoogle Street Viewで見てみましたが、さすがに20年分の変化はあるものの確かに映画で繰り返し出てきたあの町角です。一回観ただけの映画でもちょっと行ってみたくなりましたから、自分の好きな映画のロケ地が同じようにマップ化されていたりしたらいいでしょうね。スター・ウォーズファンの私はチュニジアにだって行ってみたくなりますからね。

Kick-Ass 2

Kick-Ass 2 - Kick-Assやっぱり普通の女の子には戻れなかった。

およそ二年半ほど前、映画「キック・アス」が公開されましたが、どういうわけか日本ではカルト映画扱いになってしまい、大手の配給とはならなかったためか上映館が限定されたため、私はわざわざ神戸三宮まで観に行き、しかもデジタル上映なのにSD画質という酷いものでした。しかしながら作品そのものは非常に楽しむことができたので、続編の製作が始まったと聞いてからはそれをとても楽しみにしていました。そしてついに昨日「キック・アス2」が全米公開となったので、早速その初日に仕事を終えて急いで観に行ってきました。

普通の高校生David Lizewskiが通販で購入したコスチュームを着て悪者を懲らしめる実在のスーパーヒーローKick-Assになる、というのがこのシリーズですが、前作でマフィアのボスを倒してからしばらくおとなしくしていたものの、やはりじっとしていられずに活動を始め、やがてはそれが取り返しの付かないことになるというのが今回の展開です。もちろん、前回大活躍して多くのファンを掴んだHit-GirlことMindy Macreadyは今回も登場し、前回は無かった普通の高校生としての姿も見せてくれることになりますますファンは大喜び、といったところではないでしょうか。

Kick-Ass, Hit-Girlそして敵役のRed Mist改めThe Mother FuckerことChris D’Amicoは前作通りのキャスト、Aaron Taylor-Johnson, Chloë Grace Moretz, Christopher Mintz-Plasseがそれぞれ演じていますが、今回はまた新たなキャラクターたちが登場しています。中でも大物はColonel Stars and Stripesとして登場するJim Carreyですが、あの若干狂気じみたキャラクターを演じるにはピッタリのキャスティングではないでしょうか。もしかすると別にそれを意図したわけではなく、Jimが演じているためにそう感じてしまうだけだったりするのかもしれませんが…
Kick-Ass 2 - Chloë Grace Moretz as Mindy Macready
しかしやはり今回もChloëの魅力全開です。前作の時点よりもだいぶ成長して「小さい女の子なのに強い」から「女の子なのに強い」に変わってしまいましたが、その分女の子らしい表情を見せるシーンなどもあります。タイトルキャラクターですしDaveとKick-Assを中心に展開するので主役が彼なのは間違いないのですが、Chloëの出番も負けず劣らずです。

それにしてもこの作品、R指定ということで暴力シーンや下品な言葉遣いが満載なのですが、その分レーティングに遠慮してソフトになってしまっている作品とは違う骨太さがあります。とはいえ残虐さを売りにしているわけではないので、ちゃんと飛び散る血などは描かれているものの残虐なシーンの直接的な描写はあまりありません。しかしながら現実のスーパーヒーローには相当な痛みが伴うものだということは感じさせてくれます。この映画を観て「自分もスーパーヒーローになりたい」と思う人は少ないでしょう。

ちなみに、前作を観た時に私は

このKick-Assが世間に知られるようになるきっかけがYouTubeへの投稿だったり、Kick-AssがMySpaceに自分のページを構えていたりという辺りは現代的ですが、MySpaceではなくFacebookならもっと良かったでしょうね。

と書いていましたが、今回Kick-Assが使っているのはしっかりFacebookになっていました。今やMySpaceなんて見る影もない状態ですから、当然のことでしょうけどね。