「japan」タグアーカイブ

白川郷

白川郷予想以上の規模で見応え充分。

サービス業などで通常通りに勤務されている方などにはあまり関係の無いことですが、早くも後半にさしかかってしまった今年のゴールデンウィーク、皆さんは如何お過ごしでしょうか? 高速道路を上限千円で利用できる最後の連休になるということで大都市近郊では大渋滞となっているようですが、地方都市にいると何十キロもの渋滞などとは無縁でいられるのは良いものの、想像するのもおぞましく、実際に遭遇してしまったらかなり疲弊してしまうことでしょう。

そんな私も折角の連休なのでどこかへ出かけよう、ということで、思いつきで白川郷に行ってきました。白川郷といえば荻町地区の合掌造りの集落で知られ、富山県側の五箇山と共に「白川郷・五箇山の合掌造り集落」としてUNESCO世界文化遺産に登録されており、世界遺産巡りの一環としていつかは行きたいと思っていたものです。4月30日に、カレンダー上は平日なので込み具合は比較的マシなのではないかということで行ってみました。
荘川でとろろそば
一昨年全線開通したばかりの東海北陸自動車道を利用するとかなり近くまで高速道路で行けるようなのですが、白川郷観光協会のウェブページによると「名古屋方面からは荘川ICのご利用を推奨しております。」とのことなので、それにしたがって荘川ICに到着したのはちょうど正午頃でした。長男がそばを食べたいというので「あるかなー」などと言いながら高速道路を降りようとしていたのですが、荘川というのはそばの産地なのですね。観光地ではないので店が並んでいるわけではありませんでしたが、白川郷に向かって国道158号を走っていて見つけた「そばの里荘川 心打亭」というところに入りました。うなるほど美味しいというわけではありませんでしたが、さすがに産地だけあって上々です。ここは駐車場横の巨大な五連水車があって目を引きますが、それよりも4月末だというのに雪が山になって残っているのにちょっと驚きました。

腹ごしらえを終えたらまた国道を北上し白川郷へ向かいます。この区間は途中からスノーシェッドやトンネルが続きますが、大型トラック同士はすれ違えないような細いトンネルになっているので注意が必要です。また、樹齢500年という見事な荘川桜の脇を通りますが、今回はあまり時間もなかったので横目に見つつ通過してしまいます。
明善寺
荻町地区にさしかかると多数の観光バスや自家用車と共に、いくつもの合掌造りの家屋が目に入るので、目的の場所に到着したことがすぐに分かります。渋滞に遭うこともなく、駐車場にも余裕があったのは読み通りでしたが、それでも沢山の観光客で大変な賑わいになっていました。特にアジアを中心とした外国人の割合が高いのが少々意外でしたが、日本らしさで言えば京都に次ぐ観光地ではないかとも思えるのでもっともなことかもしれません。

私が車を停めたのは集落の中心から川を隔てたせせらぎ公園の駐車場だったので、橋を渡ってその中心部へ向かうと私が思っていた以上にしっかりと集落が保存されていることに驚きました。集落の様子は写真では何度も見たことがありましたが、そこに写っているものが全てではなかったようで、かなりの数の合掌造りの茅葺き屋根が目に入ります。そんな中でも特に見事だったのは明善寺の鐘楼で、すぐ横の桜の花びらがひらひらと舞っているのとセットで見ると素晴らしいものでしたが、この鐘楼や本堂も茅葺き屋根なのが特徴的です。
合掌造り
ということで、これぞ日本の原風景、などと知りもしないのに言ってしまいたくなるものですが、外国人の目にはどのように映るのでしょうか。白川郷を見たあとで秋葉原などでハイテク製品を見るとき、どのように感じているのかは興味のあるところです。茅葺き屋根は火災には非常に弱いものですし、保存には相当な労力や費用がかかるのでしょうが、なんとかいつまでも遺していって欲しいものです。

井倉洞

井倉洞 入口思いもよらず秘境探検気分。

先週末の朝、家族で食事を取っている時に次男が「春休み全然遊びに行ってないよー」と。思わずみんなで「毎日遊んでばかりいるくせに」と言ってしまいましたが、どういうところに行きたいのかと聞いてみれば「車に乗ってちょっと遠くにお出かけしたい」ということなので、そういうことなら早く言えと。たしかに春休みに入ってからも長男の春期講習があったのでろくに出かけられませんでしたし、正月から考えても結婚式があったりでほとんどどこにも連れていってやれませんでした。

ということで、秋頃に義妹らが行ってきたというのを聞いて知った「井倉洞」という鍾乳洞に行ってみたいと思っていたので、早速出かけてみることにしました。鍾乳洞というのは自然の神秘が感じられて何とも魅力的で、私は子供の頃から大好きなスポットだったのですが、我が子らも銀山の坑道では大喜びしていたのできっと気に入ってくれるに違いない、と期待しつつ…
井倉洞 くらげ岩
井倉洞があるのは岡山県北東部の新見市で、鉄道なら伯備線井倉駅からすぐ、自動車なら中国自動車道新見ICから国道180号線で20分ほどとなっています。しかし、私はカーナビに騙されて北房ICで降りてしまい、そこからローカルな細い道路を走っていったので、距離的には近かったのかもしれませんが結局余計に時間がかかってしまったような気がします。特に最後の井倉峡へのアプローチは背後の崖の上から高低差240mを一気に降りることになってしまい、位置エネルギーの無駄遣いでした。

なんとかいくら今日にはたどり着きましたが、ここで注意しなければいけないのが駐車場です。南の岡山側から行くと手前側に井倉洞の入り口っぽいアーチがかかったところがあるのですが、これは一日千円ほど取る民間駐車場の入口らしく、そのちょっと先に市営の無料駐車場があるのです。これは井倉洞のウェブサイトや付近の看板でも注意を促そうとしているのですが、事前に調べて知っていなければわかりにくいので、うっかり騙されてしまう人も少なくないでしょう。
井倉洞
着いてみてびっくりしたのはあまりに人がいないことです。一応駐車場には数台の車が止まっていましたが、観光客はチラホラといるだけです。ちょうど昼時についたのですが、入り口までにある食堂などもガラガラで、入場券を買って中へ入ってみても出会ったのは二組だけ。ちょうど桜が綺麗に咲いていて、天気も良かったし観光日和だったのですけどね…

ただし、中へ入ってみればそんなことは関係ありません。秋芳洞に次いで西日本第2位の規模を誇る鍾乳洞ということですが、期待していた以上に長さがあり、また洞内を流れる地下河川と滝、大きく発達した石筍や様々に作り出された自然の造形でかなり楽しむことができます。全長1200m、高低差90mということで思いのほか運動になり、年間通じて気温が15~16℃だというのに私はかなり汗をかいてしまいました。横歩きをしたり屈まないと通れないようなところも結構ありますし、お年寄りにはちょっと辛いかも知れません。

残念ながら洞内は暗いのでまともに写真を撮ることが出来ませんでしたが、子どもたちも喜んでくれたようですし、やはり鍾乳洞は楽しいところです。ぜひ他の鍾乳洞にも行ってみたいと思っていますが、この井倉洞の近くには「満奇洞」というまた違った雰囲気の鍾乳洞もあるらしいので、今度はこっちに行ってみようかと思います。またやはり日本一という秋芳洞にも行ってみなければいけませんね…
続きを読む 井倉洞

沖縄1泊2日

沖縄の海ちょっと住みたくなりました。

今年に入ってまだ2ヶ月しか経っていないというのに、大きな地震が立て続けに起こっています。1月12日のハイチ地震では20万人もの人が亡くなり国中が大混乱に陥っているようですし、まだまだ記憶に新しい2月27日のチリ地震ではマグニチュード8.8という大きさの割に軽い被害に留まったものの、遠く日本まで津波がやってきたということで大きく報じられていました。そんな中でチリ地震と同じ日に沖縄近海でもマグニチュード6.9という大きな地震があったのですが、揺れは震度5弱に留まり目立った被害も無かったのは幸いでした。実はこの週末、私たち家族は義妹の結婚式のために沖縄にいくことになっていたのでした。

地震を知ったのは当日の早朝6時、神戸空港に着いた時だったので、まず最初に飛行機が欠航になっていないか、そして一足早く現地入りしている家族は無事かを確認しましたが、どちらも全く問題はないということで一安心でした。その後那覇空港に到着し、実際この目で街の様子を見ても特に被害が見当たらず、また当地の人々も全く平静を装っているので拍子抜けしたくらいです。ともあれ朝5時に自宅を出発して、レンタカーのアテンザ(先代)に乗って式場のあるルネッサンスリゾートオキナワに着いたのが11時頃でした。
Wedding
ホテルで家族と落ち合って、食事をしたりしているうちに式の始まる1時が近づきましたが、もともと本人たちだけで挙げるつもりだったところに家族が押しかけたという形なので、始まってしまえば30分ほどで一通りの儀式は終わってしまい、撮りたいだけ写真を取ったらもう終わり、呆気ないものです。もちろんそれを承知で行っているわけですから文句はありませんし、青い海をバックに真っ白な教会で挙げる結婚式というのもなかなかロマンチックではありました。
美ら海水族館
ということで、式さえ終わってしまえばあとはもうリゾート・観光モードです。まずは子供連れで沖縄といえばということで、美ら海水族館へ移動しました。しかし、大人数での移動ということもあって出発に時間がかかってしまい、途中で割引チケットを購入して水族館に着いたときは既に4時半過ぎでした。閉館は6時半ですが夕食の予約をしていたので6時頃には出発しなければいけないということでかなり慌ただしい見学になってしまいましたが、ジンベイザメのいる巨大な水槽を中心に見どころは押さえることができ、みなそこそこ満足することができました。水槽の数はそれほど多くはありませんが、メインの水槽の大きさとそこにいる魚の数は圧巻で、これまでに本土で見たどの水族館もやはり敵わないのではないでしょうか。

夕食は私が食べログなどを参考に選んで予約していた名護市の百年古家 大家(うふやー)という店で食べました。通りからちょっと外れた藪の中にある店で、かなりエキゾチックな雰囲気を楽しむことができ、また料理も沖縄らしいものを色とりどり、お腹いっぱい食べることができて、こちらも皆満足することができたようです。夜はコース料理のみなので少々敷居が高いかもしれませんが、昼は沖縄そばなど軽いものも食べることができるようなので、また機会があれば昼にも行ってみたいものです。
珊瑚
翌日は19時の飛行機で帰ることになっていたのですが、昼過ぎにはレンタカーを返してしまい、空港のコインロッカーに荷物を置いて沖縄一番の繁華街という国際通りをブラブラしてみました。ゆいレールに乗って牧志駅で降りたのですが、この国際通りには観光客目当ての土産物屋が目立つばかりでそれほどめぼしいものがなく、なんだか残念な感じです。しかし、ここから1本横に逸れて市場本通りという通りに入ってみると、地元の人が買いに来るような、私達からするとちょっと変わったものを売っている店があったりして、こちらの方は楽しむことができました。本当は公設市場があるので通りにこの名前が付いているのですが、行ったその日が1月に一度の休日に当たってしまっていたので市場の方は見ることができなかったのは残念です。

ということでその後県庁前まで歩いて再びゆいレールに乗って空港まで行き、飛行機に乗って無事に神戸空港に着いたのは夜9時頃、それからファミレスに寄って遅い夕食を摂って自宅にたどり着いたのは11時を回った頃でした。結局まるまる2日間かけての沖縄旅行でしたが、たった1泊しかしていないとは思えないほど内容の濃い充実した旅になったと思います。行っている間は関西もそれなりに暖かい日が続いていたようですが、沖縄は最低気温が17度というような暖かさ、日中は25℃という汗ばむ陽気でとても2月とは思えません。年間を通じてこれだけ暖かいところにいたら、暮らしぶりも性格も全く違ってくるだろうな、とつくづく感じてしまいました。私も仕事さえあれば移住したいくらいですが、全てを投げ打ってまでする勇気はないので、せいぜいたまに旅行に行くくらいですね…