人魚の眠る家 (小説)

自分の身に起こることは想像もしたくありませんが。 元エンジニアということで理系的に筋の通った所があるような気がして東野圭吾氏の作品が好きなのですが、最近「マスカレード・ホテル」を読んで以来、その続編に続いて久しぶりにいろ

Continue reading

マスカレード・ホテル (小説)

映画も観てみたい。 昨年暮れ頃から映画の予告で頻繁に流れていて、その頃ちょうど瀬戸弘司のゲーム実況で通称「キムタクが如く」こと「JUDGE EYES:死神の遺言」を観ていたので好感度が上がってしまっていた木村拓哉と長澤ま

Continue reading

容疑者Xの献身

これも一つの愛の形 というわけで、「探偵ガリレオ」に引き続き、現在映画も公開中の「容疑者Xの献身」を読んでみることにしたのですが、ガリレオシリーズの全2作が短編集の形になっているのに対し、この「容疑者Xの献身」はシリーズ

Continue reading

探偵ガリレオ

世の中には2種類の人間がいる。論理的に考えられる人とそうでない人だ。 最近ろくにテレビを観なくなってしまい、特にドラマについては全くと言っていいほど観ないのでつい最近まで知らなかったのですが、「ガリレオ」というドラマが面

Continue reading